« 〔For the Record〕 「戦争での殺人は犯罪」 マハティール氏らがクアラルンプール宣言(全文) | トップページ | 〔いんさいど世界〕 クウェート侵攻 米国が“後押し”  はめられたサダム ブッシュの訓令で女性大使が仕掛けた甘い罠 1990年夏、「バグダッド会談」の黒い霧 »

2005-12-27

〔重要NEWS〕 「北朝鮮」問題でネオコン、ボルトン米国務次官(当時、現米国国連大使)がNSA(国家安全保障局)に盗聴を指示? ターゲットは北朝鮮代表部が接触した前米国国連大使

 米ブッシュ政権内きってのタカ派で、ネオコン・グループのリーダーでもあるジョン・ボルトン国連大使が、前任の国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)時代、米国の前国連大使で現在、ニューメキシコ州知事を務めるビル・リチャードソン氏をターゲットに、全世界規模の盗視・盗聴網、「エシェロン」を運営する秘密情報機関、NSA(国家安全保障局)に指示し、同氏に対する盗聴を行っていた疑いが明らかになった。

 ニューメキシコ州の地元紙、アルバカーキー・トリビューン紙がことし4月28日に報じた、スクリップス・ハワード・ニュースの記事が、ブッシュ大統領の秘密命令による、NSAの米国内盗視・盗聴問題の実態が表面化するなか、あらためて注目を集めている。

 同紙の報道によれば、リチャードソン州知事は2003年1月、北朝鮮の国連代表部の代表2人と同州サンタフェで会い、(核問題をめぐる)対立をどう解決していくか、話し合いに応じていた。
 
 リチャードソン州知事のスポークスマンは、「知事はコリン・パウエル国務長官(当時)との(電話での)会話(複数)が、国内通話なのに傍受された恐れがあることに困惑している。知事は北朝鮮に関する(パウエル長官への)通話(複数)は秘密の通話だったと思っていた」と語った。
 
 リチャードソン州知事は、コネッチカット州選出のクリス・ドッド上院議員(民主党)が、ボルトン次官が10回にわたり、NSAに対し、米国人を含むターゲットに対し、盗聴を要請していたことを暴露したを受け、ドッド議員に電話し、自らの懸念を表明した。

 このボルトン次官の盗聴要請のなかに、リチャードソン知事と、パウエル国務長官やその他の高官との電話での会話が含まれている、とのオンライン・ジャーナリスト、ウェイン・マジソン氏(在ワシントン)の見方を、同紙は紹介している。

(大沼 注)

 ひどい話だが、驚くべきことではない。

 あのクリントン大統領さえ、モニカ嬢に対し、「おれの電話はセキュリティーがかかっているけど、盗聴されている。注意しろよ」なんて、言ったと言われるほどだから。

 
 

http://www.abqtrib.com/albq/nw_local_state_government/article/0%2C2564%2CALBQ_19859_3736152%2C00.html

Posted by 大沼安史 at 09:20 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔重要NEWS〕 「北朝鮮」問題でネオコン、ボルトン米国務次官(当時、現米国国連大使)がNSA(国家安全保障局)に盗聴を指示? ターゲットは北朝鮮代表部が接触した前米国国連大使: