« 〔イラクから〕 オレンジのまちの荒廃 | トップページ | 〔NEWS〕 NSA テレコム動脈に「裏口アクセス」し、直接傍受 国内・国際通信 NYT紙報道  »

2005-12-24

〔NEWS〕NSA 米国発着 全国際通信を傍受か? 「エシェロン」 対自国適用の恐れ、明るみに

 米紙ボストン・グローブ紙(電子版)は12月23日、米国の秘密情報機関、NSA(国家安全保障局)が米国発着の全国際通信を傍受している可能性がある、と報じた。

 NSAの活動に詳しい専門家の見方を伝えたもので、NSAが中軸となって全地球規模で運営されている諜報網、「エシェロン」が、実は米国外ばかりか、米国内、それも米国市民を対象に運営されている恐れがさらに高まった。
 
 機密のヴェールに包まれたNSAの活動を調査報道で暴露したフリージャーナリストのジェームズ・バムフォード氏らによると、NSAが米国内で、自国民の国際通話の傍受を始めたのは、2001年にブッシュ大統領が秘密命令を出したあと。

 NSAはグローバル規模で衛星通信や光通信網、イナーネネットの中継基地などから情報を収集、電話やファクス、メールなどを盗視・盗聴し、情報をふるいにかけているが、その活動はあくまで米国外を対象としていた。

 米国の情報自由法を使って、NSA関係文書を入手した、ジョージ・ワシントン大学国家安全保障アーカイブ(文書館)のトム・ブラントン氏(ディレクター)によれば、NSAは自国民が受・発信するメールや電話のすべてをモニターできる能力を持っている。

 バムフォード氏によると、その処理速度は1時間あたり200万通信に達するという。
 
 
詳しくは ⇒

http://www.boston.com/news/nation/washington/articles/2005/12/23/wiretaps_said_to_sift_all_overseas_contacts?mode=PF

 

Posted by 大沼安史 at 02:11 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕NSA 米国発着 全国際通信を傍受か? 「エシェロン」 対自国適用の恐れ、明るみに: