« 〔教育改革情報〕 被災地のチャータースクール 再建・新設・拡張を支援 | トップページ | 〔NEWS 解説〕 大統領 かく語りき 「10・6ブッシュ演説」を読み解く »

2005-10-07

〔教育改革情報〕 ハリケーン被災の子らに、チャータースクールを臨時開校

 ハリケーン「カトリーナ」の被災者が避難する米テキサス州ヒューストン市の教育委員会は、閉校した公立校の空き校舎を、被災家庭の子どもたちのための、臨時のチャータースクールとして活用することを決めた。

 地元紙、ヒューストン・クロニクルが10月1日に報じた。

 新設されるチャータースクールの名は、「NOW・カレッジ・プレップ」。N(ニュー)O(オルリーンズ)W(ウエスト)……ニューオルリーンズの西の、大学進学を目指す学校、という意味。

 委託先は、ヒューストンを発祥の地として、全米にチャータースクールを45校、展開している教育NPO・KIPP(知識は力、プログラム)。

 K-8(幼稚園から第8学年まで)の子どもたち600人を受け入れる。すでに400人が入学の意思表示をしている。

 教師になるのは、大学新卒のボランティアたち。

 開設期限はとりあえず、来年8月までの今年度いっぱい。

 ヒューストン市教委はその後も、運営委託先を選考し直して、チャータースクールとして存続させる方針だ。
 

Posted by 大沼安史 at 07:23 午前 2.教育改革情報 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/6288489

この記事へのトラックバック一覧です: 〔教育改革情報〕 ハリケーン被災の子らに、チャータースクールを臨時開校: