« 〔NEWS〕 「投票所はどこ?」 スンニ派地域 選挙妨害の疑い | トップページ | 〔いんさいど世界〕 追い詰められたシリア・アサド政権 内相「自殺」 謀殺説も »

2005-10-16

〔教育改革情報コラム 夢の一枝 ①〕         「ギャップ年」の勧め、「予約入学」の提案

 「ギャップ年(gap year)」。

  そういう英語があることを、最近のワシントン・ポスト紙で知った。

  10月11日付けの同紙の記事、「大学への道で、ドトールするティーン(10代)らが増えている」で教えてもらった。
 

 大学に行く途中、全国チェーンの、あのコーヒー店に毎日、立ち寄る、それが「ギャップ年」の意味ではない。

 高校卒業後、大学生活をそのまま始めるのではなく、1年間のドトール(detour)、つまり「寄り道」をする。それが、「ギャップ年」だ。

 ギャップとはもちろん、有名衣料チェーンの店の名でもあるが、「溝」といった意味を持つ、これまた英語である。
 日本語にもなっている。「彼とわたし、考え方にギャップがありすぎるのよね」の、あの「ギャップ」。

 ポスト紙によれば、アメリカでも日本同様、「学習」一筋、わき目もふらず、ひた走り、大学に合格したのはよいが、そこで燃え尽き、目的を見失ってしまう若者が増えている。

 そんななかで、かの地では、そんな大学生にはなりたくない、したくない、というまっとうな考え方が、若者の間にも、大学当局の間にも生まれ、それが「ギャップ年」を広げている、という。

 具体的には、どうやって「ギャップ年」をとるのか?

 大学に合格したら、1年間の休学を認めてもらう(大学の側はその申し出を認める)。そして、その1年間を好きに使って、自分を見つめ直す。

 ギリシャのクレタ島で羊飼いをしたり、ロック・バンドで音楽活動をしたり、ロシアの孤児院でボランティアをしたり。

 そんな経験のあと、大学生活をスタートさせる――これが「ギャップ年」、寄り道してからの再スタートである。

 欧州が先進地で、とくに英国では10%以上もの大学進学者が1年間、さまざまな経験を積んでいるそう。ウイリアム王子はチリの南部でボランティア活動し、ハリー王子はアフリカなどの孤児院で働いたという。

 このシステム、日本でだってできないことではないだろう。

 「病気などやむをえない事情」による「休学」の制度を、拡大かつ柔軟に運用すればなんとかなるはずだ。

 「予約入学」制度を新設して、入試合格者には、1年後の「入学」資格を付与するようなことも、考えられる。

 大学全入時代、それくらいの柔軟さがあってしかるべきだ。学生募集のセールスポイントにもなる。

 もちろんこれは、教育行政の検討課題にもなるべきことである。

 「ゆとり教育」を自らつぶし、子どもたちの「夏休み」まで取り上げてしまったのだから、せめてもの罪滅ぼしに、文科省のみなさん、いかがですか?、この「ギャップ年」のアイデア。

 いくらなんでも、考え方にギャップ、ないですよね? 
 
 
 
 

Posted by 大沼安史 at 09:48 午前 2.教育改革情報 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔教育改革情報コラム 夢の一枝 ①〕         「ギャップ年」の勧め、「予約入学」の提案:

» 学年不要論 トラックバック 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ
親愛なるアッティクスへ 昨今、国立大学はその使命を終えたなどという教育制度自体のあり方が問われることが多くなったようですが、確かに現行の制度の概要が形作られた明治初期は、限られた予算で人材の早急な育成を求めねばならず、国立大学で少数のエリート育成を優先することはやむを得なかったと言えるでしょう。 しかし、それから、もう100年が経ち、特にこの10年くらいは、選択肢が増えた教育を受ける側と、教育機関自体の多様化、そして何より、足音もなく近づきつつある少子化というものを考えたとき、現行の学校制度... 続きを読む

受信: 2005/10/20 10:56:57