« 〔For the Record〕 テレビから反戦デモが消えた! | トップページ | 〔教育的な、あまりにも教育的な! NEWS解説〕 「アスベスト校害」と「低学力」 »

2005-09-29

〔教育的(?)なNEWS〕 toto 累積赤字150億円 文科省所管法人 天下りが幹部ポストをほぼ独占 理事長(元文部省局長)給与 1900万円にも

 文科省が所管する独立行政法人「日本スポーツ振興センター」が運営するサッカーくじ(toto)の累積赤字が、04年度決算で150億円に達すると、朝日新聞が9月29日付け夕刊で報じた。
 同様の内容を、共同通信も同日、報じた。
 
 これを受けて、当BLOGを開いている大沼は、同センターが法的義務に基づき、ネットで開示している役員の経歴と、04年度の「報酬等」支払い状況を調べた。

 その結果、以下のことがわかった。

(1)同センター理事長の雨宮忠氏は、元文部省学術国際局長で、04年度の「報酬等」は1919万9千円。

(2)4人いる理事のうちの2人も、文部省のOB(若松澄夫理事は文部省の審議官を、高杉重夫理事は文部省スポーツ・青少年統括官を務めた)。
(3)残る理事のうちの1人は、大蔵省出身。
(4)理事長を除く理事4人の、04年度における合計「報酬等」支給額は、6372万7千円に達する。1人平均、約1600万円。

 巨額の赤字を出しておきながら、ちゃっかり、報酬だけは懐にしていたということか?
 (異論があるなら、本BLOGまでご連絡を)

 こういうマネジメント能力のない天下りたちが、日本の教育を担っていたのか……だとするなら、なんとも情けないところだ。

 もちろん、そうは思いたくない。
 これだけの赤字を出したのだから、経営責任者として、きっと給与を返上したはず。

 そういうことだろうから、センターとして是非、事実を公表していただきたいものである。

☆ 共同通信の記事は、以下でごらんになれます。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005092901002988

☆ また、同センターの幹部名簿や天下り幹部の04年度の「報酬等」については、以下で確認できます。

http://www.naash.go.jp/

Posted by 大沼安史 at 08:26 午後 2.教育改革情報 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔教育的(?)なNEWS〕 toto 累積赤字150億円 文科省所管法人 天下りが幹部ポストをほぼ独占 理事長(元文部省局長)給与 1900万円にも:

» 産経新聞 - サッカーくじ 赤字150億円計上せず トラックバック 言いっぱなしブログ
Yahoo!ニュース - 産経新聞 - サッカーくじ 赤字150億円計上せず. 続きを読む

受信: 2005/09/30 1:20:31