« アパルトヘイト化する公教育 | トップページ | イラクの母も知る「平和の母」 »

2005-09-23

24日から、ワシントンでイラク反戦行動 「10万人を超える」と主催者が予測 26日にはホワイトハウスを“包囲”

 9月24日から、米国の首都、ワシントンで行われるイラク反戦の抗議行動は、参加者が10万人を超える見通しだ。

 主催団体が22日に、米マスコミに対して明らかにした。

 予測通りの参加者が集まるとすると、イラク戦争開戦以来、最大規模の、首都におけるプロテストとなる。

 今回の抗議行動は3日間の日程で行われる。初日の24日は、集会、デモのほか、ジョン・バエズによるコンサートも開かれる。抗議行動が頂点を迎えるのは、最終日の26日で、ホワイトハウスを取り囲み、ブッシュ大統領に面会を求める。

 主催団体のひとつ、「ANSWER(戦争をやめ、人種差別をなくすため、いますぐ行動を、という英語の頭文字表記。全米1300の平和団体を抱えるアンブレラ組織)」では、3日間とも集会許可を得ている、としている。

 集会では「平和の母」、シンディー・シーハンさんや女優のジェシカ・ラングさんも発言する予定。

 主催者側は、ヒラリー・クリントン上院議員ら、連邦議会の民主党の議員にも参加を求めたが、ナイト&リッダー新聞連合の報道によると、断られた。

 ブッシュ大統領は、プロテスト初日の24日は、ハリケーン被災地を訪れることが決まっており、ホワイトハウスを留守にする。25、26日の行動予定は不明。

 主催者は新聞広告やテレビCMでもキャンペーンを張っている。

 地元紙、ワシントン・ポスト紙の22日付け紙面の広告は、見開き2頁。

 左面では、「彼らは嘘をついた」との見出しの下、ブッシュ大統領をはじめ政府高官らによる、数々の「大量破壊兵器」発言を列記し、右面では、「彼らは死んだ」の見出しの下、イラクでの戦死者の名前のリストを載せた。

 一方、テレビCMは、シンディー・シーハンさんと、戦死した息子のケイシーさんに絞った中身。

 今回の抗議行動で主催者側は、挑発に乗らない整然とした行動を参加者に求めている。

 ワシントン・ポスト紙によると、すでにワシントン入りした参加者たちは、初経験の人が多いらしい。ブルームバーグ通信は、インディアナ州からやって来た、デモ初体験の61歳の女性を紹介している。

 ベトナム戦争当時のワシントンでの反戦集会は、もっとも多いとき(1969・11・15)で60万人の人々が集まった。今回はそれを下回ると見られるが、米国民の世論は大きく、戦争反対に傾きだしており(16日ー18日に行われたUSAツデー紙とCNN、ギャロップの合同世論調査では、実に67%の人々がブッシュ大統領のイラク戦争の取り扱いを不容認)、アメリカはますますベトナム戦争当時に似てきた。
 
  

Posted by 大沼安史 at 04:34 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24日から、ワシントンでイラク反戦行動 「10万人を超える」と主催者が予測 26日にはホワイトハウスを“包囲”:

» 5から4へ、そして再び4から5へ? トラックバック IPSO FACTO
新たなハリケーンが南部湾岸地域に近づく中、テキサスとルイジアナでは180万人に避難命令が下され、ヒューストン周辺の高速道路は避難を開始したドライバーで埋め尽くされている。AP通信によると、ヒューストン周辺数百マイルの地域にあるホテルやモーテルは全て満室となっているそうで、避難を開始したヒューストン市民の多くがダラス近郊まで移動しなければならない事態となっている。ワシントンでは共和党の下院議員らが中心となって、「カトリーナ」による... 続きを読む

受信: 2005/09/23 17:44:52

» �������������C�����i�Z���t�F���j���� トラックバック �������������C�����i�Z���t�F���j����
�y�������������������I�I�z�������U�����������f�����������������c�������������������c�������R�I�^�������I�b�p�C�������������������������������������������������������c���������������G�b�`�����D�����������`�I 続きを読む

受信: 2005/09/25 2:07:26