« 病院で45人の遺体を確認 ニューオルリーンズ | トップページ | シンディー・シーハンの〈9・11〉 »

2005-09-13

ニューヨーク チャータースクール建設費の3分の2を補助

 米ニューヨーク市のクライン教育長はこのほど、チャータースクールの建設費を最大3分の2まで公費補助する方針を明らかにした。

 補助金の総額は、2億5000万ドル。チャータースクールの校舎建設費に対する、これだけの公費補助は、全米でも例がなく、同市におけるチャータースクール運動の進展に弾みをつけるものと見られる。

 これに対して、同市内でチャータースクールを4校、運営するNPOKIPP(「知識は力プログラム」)の代表者は、「必要性がようやく認められた」と、歓迎の意を表明した。

 クライン教育長はまた、ニューヨーク州が設けている「州内100校」のチャータースクール開設枠について、撤廃するよう働きかけていくことを言明した。

 ニューヨークでは昨年、チャータースクールが9校、開校し、ことしはさらに15校が誕生しており、同市内ではこれで47校を数えるに至った。

 州内のチャータースクール数は、現在、同市内分を含め85校。

 チャータースクールは全米各地で、校舎の確保難と資金不足に苦しんでおり、今回のニューヨーク市の決定は、こうした「壁」を突き破るものとして注目されている。

 

Posted by 大沼安史 at 03:10 午後 2.教育改革情報 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク チャータースクール建設費の3分の2を補助: