2015-04-06

〔パトリック・コバーン記者 中東レポート〕◆ 「イスラム国」支配下のティクリットを、「イラク政府」側が奪還するも、米軍の空爆支援下ではゲリラ戦術に転じて正面戦を回避する「イスラム国」側の撤退戦術か? / 「イラク政府」側の侵攻、イラン軍将校らの指揮下に行なわれた疑い! 

 ★ イラン軍が、シーア派つながりで、どうやら「イラク政府」の直接支援に乗り出しているらしい! 

 サウジなどスンニ派アラブの反発は必至だ! 

 ティクリットはバグダッドの北、イラン国境から、そう遠くない位置にある。

 「イスラム国」軍はこんご、首都・バグダッドに対し、西方――ファルージャ側から襲うのではないだろうか?

          *

 【新刊案内】◆ パトリック・コバーン著、『イスラム国の反乱 ISISと新スンニ革命』(緑風出版)

 ⇒ http://honto.jp/netstore/pd-book_27077869.html

          *

          *

 〔★は大沼〕◎ 英紙インディペンデント: War with Isis: Iraq declares victory in the battle for Tikrit - but militants make make ominous advances in neighbouring Syria's capital

 (1日付け)⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/war-with-isis-iraq-declares-victory-in-the-battle-for-tikrit--but-militants-make-make-ominous-advances-in-neighbouring-syrias-capital-10150360.html?origin=internalSearch

          *

 
 ・ Isis appears to have decided that it would not fight to the end in Tikrit, where its forces would have to engage in a slogging match against greatly superior numbers backed by artillery. The jihadist group is at its most effective when its forces act as guerrillas rather than as a regular army defending or attacking fixed positions.

Over the winter it suffered its first serious defeat when it failed to take the Syrian-Kurdish town of Kobani in a siege of 134 days during which it suffered heavy losses from some 700 US air strikes. Over the last week, the US has started to use its air power in Tikrit, though Shia militias said they would not fight in the city if there were American air attacks.

 ・ For all the official euphoria, the slow pace of the assault on Tikrit, a small Sunni Arab city that once had a population of 200,000, is not a good omen for further advances. The attack began on 2 March with some 20,000 Shia militiamen encircling the city with only 3,000 government soldiers, some special forces and 1,000 Sunni tribal fighters. The operation appears to have been under the control of Iranian officers and the Iraqi government was only told about it at the last moment.

Posted by 大沼安史 at 10:04 午前 1.いんさいど世界 |

2015-04-04

〔パトリック・コバーンさんの「イスラム国」報道〕◆ バグダッド西方40マイルのファルージャを制圧 1年以上が経過 / モスクをアフガニスタンやアラブ諸国から来た聖職者が占拠 7世紀の厳格なイスラム支配に回帰 ★ ファルージャは米海兵隊が侵攻・占拠した、バグダッドの門前都市。「イスラム国」軍は、バグダッドのすぐ目と鼻の先まで迫っている!

Isis_area_of_control
[← ◎ 英紙インディペンデントより]

 〔★は大沼〕◎ 英紙インディペンデント : Life under Isis: The everyday reality of living in the Islamic 'Caliphate' with its 7th Century laws, very modern methods and merciless violence
 (3月15日付け)⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/life-under-isis-the-everyday-reality-of-living-in-the-islamic-caliphate-with-its-7th-century-laws-very-modern-methods-and-merciless-violence-10109655.html
          *

 ◎ パトリック・コバーンさんの新著、『イスラム国の反乱』は、⇒ こちら
          *

 ◆ コバーンさんのレポートのファルージャに関する部分

   A crucial success came when Isis-led forces seized the city of Fallujah, 40 miles west of Baghdad, on 3 January 2014 and the Iraqi army failed to win it back. This was the first time that Isis had ruled a large population centre and it is important to understand how it behaved and how and why this behaviour became more extreme as Isis consolidated its authority. The stories of two men, Abbas (generally known as Abu Mohammed) and Omar Abu Ali, who come from the militant Sunni strongholds of Fallujah and the nearby town of al-Karmah, explain graphically what happened during those first crucial months when Isis was in power.

  Abbas is a 53-year-old Sunni farmer from Fallujah. He recalls the joyous day when Isis first entered the city: “At the beginning… we were so happy and called it ‘the Islamic Conquest’. Most of the people were offering them feasts and warmly welcoming their chief fighters.”

  A gunman makes a radio call in rebel-held Fallujah, just west of Baghdad in Iraq. A gunman makes a radio call in rebel-held Fallujah, just west of Baghdad in Iraq. 
Isis told people in Fallujah that it had come to set up an Islamic state, and at first this was not too onerous. A Sharia Board of Authority was established to resolve local problems. Abbas says that “everything was going well until Isis also took Mosul. Then restrictions on our people increased. At the mosques, local imams started to be replaced by people from other Arab states or Afghanistan. During the first six months of Isis rule, the movement had encouraged people to go to the mosque, but after the capture of Mosul it became obligatory and anybody who violated the rule received 40 lashes.” A committee of community leaders protested to Isis and received an interesting reply: “The answer was that, even at the time of the Prophet Mohamed, laws were not strict at the beginning and alcoholic drinks were allowed in the first three years of Islamic rule.” Only after Islamic rule had become strongly entrenched were stricter rules enforced. So it had been in the 7th century and so it would be 1,400 years later in Fallujah.

Posted by 大沼安史 at 10:48 午前 1.いんさいど世界 |

〔イラク核協議合意〕◆ イラン、中東のアメリカの警察官に? 「それはありうることだ」 ―― 英紙インディペンデントの中東専門家、ロバート・フィスクさんが解説記事 / 「米国、サウジアラビアとの関係見直しも」  ★ スンニ・シーア派対立激化 「イスラム国」軍、バグダッド進攻の可能性も! 

 ★(〔★は大沼〕) フィスク(ベイルート駐在)さんは、インディペント紙が誇る、中東報道の2枚看板のひとりである(もうひとりは、バグダッド駐在のパトリック・コバーンさんだ)。

 そのフィスク記者が、こんごの中東情勢を占う、大胆な観測記事を書いた。

 イランが、シャー時代(パーレビ王政)のように、中東における米国の同盟国(ポリスマン)の立場に戻るかもしれない、と。

 フィスクさんによれば、これが今回の「枠組み合意」で、サウジが怒っている(最大の)理由だという。

 しかし、フィスクさんの観測で、なによりも驚かされるのは、米国がサウジとの関係を見直すかもしれないと指摘している点だ。

 これは、フィスクさんの同僚のパトリック・コバーンさんが、新著の『イスラム国の反乱』でも詳しく述べていたことだが、サウジアラビアの国教である、イスラムのワッハービズム(スンニ派に位置づけられる。イランはシーア派)は、「イスラム国(IS)」などイラク・シリア内で暴れ回っている聖戦士集団と同じか、それに近いものである。

 アルカイダのビンラディンも、9・11のハイジャック・テロリストの多くも(19人中15人)もサウジの出身。

 「イスラム国」など聖戦士集団にしても、サウジなど湾岸諸国(スンニ王政)からの資金援助で、軍事的勝利を収めているのが実態だ。

 こんご、米国がイランにさらに接近することがあれば、サウジが反発を強めることは必至。

 サウジなどの支援を受けた「イスラム国」が、イラクのシーア派政権の首都・バグダッドへ侵攻する可能性もまた高まったと言わざるを得ない。

 中東のシーア派対スンニ派の対立は、こんごさらにいっそう激化することになるだろう。

          *

 〔★は大沼〕◎ Iran nuclear deal: A powerful Tehran turned into America’s policeman in the Gulf? It could happen / This week’s Lausanne deal could trigger a political earthquake
⇒ http://www.independent.co.uk/voices/commentators/fisk/iran-nuclear-deal-a-powerful-tehran-turned-into-americas-policeman-in-the-gulf-it-could-happen-10154920.html

 ・ ……the framework could one day return the 36-year-old Islamic Republic to the status of a regional superpower which last existed under the Shah.

 Which is why the Saudis are so angry. For Iran as America’s new best friend may seriously damage Saudi Arabia’s privileged alliance with the United States.

 ・ …… Iran could, over time, become America’s “policeman in the Gulf” as it was under the Shah’s reign.

 ・ And who would be surprised if the US begins to re-examine its relationship with the Wahhabi Saudis who gave the world Osama bin Laden and 15 of the 19 hijackers of 9/11? Their state religion is the same as that of the Taliban and, alas, of the more gruesome rebels in Iraq and Syria. Saudi Arabia as a state will do its best to pose, as usual, as the symbol of the local “anti-terrorist” struggle. But the times they are a-changing, albeit slowly.

Posted by 大沼安史 at 10:23 午前 1.いんさいど世界 |

2011-03-14

〔いんさいど東北〕 ウィキペディア、「SENDAI地震」と命名! 負けるな「東北」と英紙が激励!

 東北を襲った地震・ツナミ・原発事故のトリプル・カタストロフィーで、英紙インディペンデントが13日付の電子版フロントのトップ・ニュースに、こんな見出しを掲げた。⇒ http://www.independent.co.uk/

 Don't give up, Japan. Dont give up, Tohoku !

  ギブ・アップすんじゃないぞ、日本!  ギブ・アップすんじゃないぞ、東北!

 ギブ・アップするな! 負けるんじゃない!

 仙台市在住の僕としては、とくにこの、Dont give up, Tohoku ! には励まされた。
 
 ####

 僕は地震が発生した夜、近くの国見小学校の体育館に避難した。地域の避難場所の体育館は停電で真っ暗、もちろん暖房もない。

 白人の赤ちゃん連れの若い夫婦も避難していた。200~300人が逃げ込んだ体育館に、市役所から毛布が60枚届いた。

 お年寄りと赤ちゃん、小さなお子さんがいる方だけにお配りします。とりにきてくださいとアナウンスがあった。日本語だから、白人のファミリーは気付かない。教えてあげようとした瞬間だった。市役所の若い女性が黄色い毛布を持って、飛んで来た。英語でこういって毛布を渡した。This is for you!

 避難所の小学校で朝、炊き出しでスイトンが出た。お子さんと老人の方から、どうぞ、というので、おなかをすかしていた僕も列に並んだ。

 あのお~、62歳なんですが、大丈夫でしょうか?――と聞いたら、僕より年上のボランティアの女性が、あんたまだまだ若いよ、(老人だなんて)70になってから言いなさい、と言って、笑いながら一杯、スタイロフォームのおわんに分けてくれた。

 うまかった。

 近くのツバキ薬局の旦那さんが薬を持って、差し入れに来た。

 毎日新聞の販売店の若者が、朝刊を無料で配っている。

 ここにいるのはみんな被災者だけど、みんなヒーロー。みんなで助け合っている。
    
 ####

 そのインディペンデント紙に、今回の地震がどれだけの威力を持っていたか、出ていた。

 マグニチュード8.8(9.0ならもっとすごい)の地震は、TNT火薬15億トン――1メガトンの核爆弾1500発分の威力だそうだ。これはアメリカの電力消費量のまる1ヵ月分。
 この地震で地球の地軸が25センチ近くズレ、日本の海岸線は数メール、動いたはずだという。

 実際はM9.0.これは8.9の倍のエネルギーだ。ということは、メガトン核、3000発分……

 ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/asia/qa-the-day-the-earth-moved-and-a-nations-east-coast-shifted-by-24-metres-2240511.html

 ####

 電気、電話、ガス、水道が止まっているので、買い出しに出て、近くの生協に2時間、並んだ。1000人以上の長蛇の列。1時間過ぎたところで、あと一時間で閉店します、と、生協の人が連絡しに来てくれた。

 50分待ってみたが、生協は角を曲がったはるか先。

 断念した……

 列に並んだ人は落ち着いていた。初めて見る人たちだが、見直した。

 みんな偉い! パニックなんか無縁の仙台市民!

 ####

 今回の地震は、ツナミにチェルノブイリ日本版も加わったトリプル・カタストロフ(三重破局)。

 だから、世界は日本に、東北に、福島を注視した。

 ニューヨーク・タイムズには、「インタアクティブ・マップ&フォト」というのが載っていた。

 グーグル・マップ(衛星写真)と現場写真を組み合わせたものだった。
 ⇒ http://www.nytimes.com/packages/flash/newsgraphics/2011/0311-japan-earthquake-map/index.html

 ツナミのように世界を席捲した、日本発のニュース。

 対岸のカリフォルニアではツナミを警戒し、避難した人たちも出た。

 サンタクルズのヨットハーバーはダメージを受けた。

 サーファーたちはそのツナミを待ち受けた。

 ツナミは来たが、8フィートの高さだった。

⇒  http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,2058546,00.html

 ####

 今回、ツナミが押し寄せた仙台の荒浜海岸は、僕が学生の頃から通った浜辺だ。

 海水浴ではなく、砂浜をただ歩くために。歌をつくるために。

 荒浜は、春先からサーファーたちがウェットスーツで波乗りを楽しむ、仙台のサーフィン・スポットである。

 犠牲になった人、出たんじゃないかな?

 一度、あいさつを交わしたことのある、あの老サーファー、無事だったらいいな。
 
 ####

 今回の地震とツナミ、世界的にはどう呼ばれているのだろう?

 どう「命名」されているのかどうか?

 ウィキペディアをのぞいたら、「2011 Sendai earthquake and tsunami」として早くも、詳細な解説が載っていた。
  ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/2011_Sendai_earthquake_and_tsunami

 ウィキペデイアは世界1のオンタイン百科辞典だから、きっと、この「2011年仙台地震&ツナミ」で呼ばれることになるんだろうな!

 ####

 電気が復旧、パソコンのメールを開けたら、教え子から、地震の前、東の空に閃光を見た、とのメールが来ていた。

 HAARP(アラスカに配備されているといわれる米軍の統合地球物理学兵器=地震兵器)じゃないか?、とも。

 僕は大学では、HAARPのこと、一言も話していない。
 教え子は、僕のブログとユーチューブでのラジオでの解説を見て、メールをくれた。

 ネットで調べたら、HAARPは事前に起動していたようだ(と、HAARPの波形の証拠画像も添付して)指摘する英文のブログも、ネット上に現れている。⇒  http://gizadeathstar.com/2011/03/japan-earthquake-and-haarp/

 疑い深く信じやすい元新聞記者の僕には、以下のような点が気にかかる。 

 ① 「メア発言」暴露のあとの発生!

 ② まったく同じ時間、1分40数秒ずつ、北から南へ、3ヵ所で岩盤が崩れた、今回の「センダイ地震」。

 ③ なぜか、現場海域に突然、現れた米空母「ロナルド・レーガン」。

 ④ TPP促進のための脅し? 日本原発、海外売り込みの阻止?

 疑問はいくらでも湧くが、もちろん、憶測の域を出ない……。 

 ####

 停電なのでパソコンを使えず、ラジオのNHKニュースを聞き続けた。

 東電の事故で怒った!

 弁を開ける時、どうして事前に警告しないか、と怒り狂ったのだ!

 風向きと合わせて、ラジオで広報するのがNHKの務めではないか?

 案の定、100キロ離れた、女川原発でモニターされた!

 当時は南南西の風!

 女川は東電原発のほぼ真北!

 ということは、仙台市内にも放射性物質が流れ込んで恐れがある!

 ####

 さて、冒頭の、「ギブアップするな、日本&東北!」に戻るが、英紙の見出しでも分かるように、僕らは今、孤立してないんか、いないのだ。

 世界は、僕ら日本にエールを贈ってくれている。(そして、日本の政府の対処の仕方を注目している)

 僕が連帯するウィスコンシンから、僕の安否を問い、僕を励ますメールが届いていた!

 これは亡くなった加藤周一さんが、最後の著書、『日本文化における時間と空間』にお書きになっていたことだが(本箱が倒壊し、いま、その本が見つからないので、記憶で書くが)、日本人は危機に際し、驚くべき連帯心を発揮し、克服しようとする――のである。

 その日本文化の伝統は、僕の住む東北でも――仙台でも――仙台の国見地区でもなお生きている。

Posted by 大沼安史 at 08:20 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-03-08

〔いんさいど世界〕 怒! 那覇のスタバでコーヒーをぶっかけられた、ネオコン男、ケヴィン・メイよ、沖縄を、日本を舐めてはいけない!

  それにしても、「官房長官」を「拝命」している「枝野幸男」という男には、あきれ果てる。

 あの、米国務省のメイ日本部長の「オキナワをアメリカは舐めてます」発言に対する、この男の、日本政府を代表した対応を知って、情けない気がした。

 こいつはほんとにバカもんだな、こんな男に官房長官をさせてはならないか、と思った。一刻も早く、辞めていただこう。

 ⇒ http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030801000644.html

 ####

 もう、みんさんご承知のことだから繰り返さないが、こんな「トンデモ発言=〔日本人は合意重視の和の文化を「ゆすりの手段に使う」「沖縄はごまかしの名人で怠惰」〕」が、外国政府の日本当局者からなされた場合、ふうつは、その国の大使を呼びつけ、即刻、クビにせよ、と日本政府として厳重に抗議するものだ。最低でも。

 ところが、この枝野という男は、アメリカ大使の「ルース氏の申し入れ」で電話に会談し、「万が一、事実なら極めて不適切で、沖縄県民や日本人の心情を著しく傷つける。容認しがたい」と抗議した、という。

 日本の報道機関(共同通信)の報道を、「万が一、事実なら」という、この枝野というバカ男よ!(共同通信よ、枝野という男に抗議したらどうか!) 

 「容認しがたい」と抗議した、だと!

 ふざけてはいけない。

 抗議するのであれば、電話をかけて来たルース大使に「こら、お前、電話で済ませることじゃないだろうが。こっち来んかぁ」と呼びつけた上でするのが、まっとうなやり方ではないか!

 しかも、この枝野というガキ、メイが日本部長の職にとどまるかどうかに関し「米政府が任命しているので、一義的には米政府が考えることだ」と指摘。「米側はしっかり対応すると言っている。具体的にはルース大使や国務省が適切に対応すると思う」との見方を示した――というからあきれる。

 一義的に米政府が考えることだと?

 一義的に日本の政府が抗議すべきことだろうが!

 ####

 このケヴィン・メイという男、総領事として沖縄にいる時から、札付きのワルだった。

 思想家・平和運動家のダグラス・ラミスさん(沖縄在住)は那覇のスタバで、この男と席を隣り合わせたことがあるという。⇒ http://www.counterpunch.org/lummis11132009.html

 ある時、ラミスさんの夫婦の隣の席に、この男が座って、沖縄の少女とこんな会話を交わしていたそうだ。

 メイ(泣きの入った日本語で):「友だち、一人もいません。沖縄の人は『メイ・ゴーホーム』というし……」

 相手の沖縄の少女(ひめゆりの末裔):(おそらくは、ただ単に、調子を合わせて……沖縄の人は優しいから……)「カワイソ~!」

 ####

 ラミスさんによれば、このメイという男は、ジョージ・ブッシュによって任命された「ネオコン」だそうだ。

 2008年に、米軍兵士が石垣島に上陸しようとした。島民たちが抗議をデモを行った時、このメイという男は、日本語で「バカヤロー」と怒鳴ったそうだ。

 「ウィキペディア」のよれば、沖縄の少女が米兵に強姦された際、この男は姿をくらましていたという。

 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%A2

 ####

 こんな傲慢なネオコン男が、国務省の日本部長のポストに就いているアメリカ!

 こんな傲慢なネオコン男が国務省の日本部長のポストに就くのを、指をくわえて黙って見ていた日本政府(外務省)!

 ####

 2009年4月8日のことだった。

 ラミス夫妻も時々、出かけていた、例の那覇のスタバで、「ヤマモト・カズオさん」という、43歳になる男性が、ケヴィン・メイにコーヒーをぶっかけ、「沖縄から出てゆけ」と言って、日本の警察に逮捕された。⇒ http://www.stripes.com/news/man-arrested-for-throwing-coffee-at-u-s-diplomat-on-okinawa-1.90018

 米軍「星条旗」紙によれば、コーヒーは、ケヴィン・メイのズボンと靴にかかったそうだ。

 「ヤマモト・カズオさん」はたぶん、分かっていたのだ。

 このメイという男が、どんな男か、と言うことを。

 メイを男を前にして、自分の考えが――自分の印象が正しいことを直感したのだ。
 だから、コーヒーを顔にではなく、下半身にかけ――プロテストのエチケットを守り――ぶっかけたのだ。

 ####

 それで、逮捕だと~!?

 普天間の近隣住民は、コーヒーどころか、耐え難い金属音を常時浴びせかけられているのだ。

 その殺人未遂的な基地暴力をさしおいて、沖縄の日本警察は何をしているのか?

 ヤマモトさんを逮捕?……枝野よ、菅よ、これを筋違いなことだとは思わんのか?

 君たちは、日本国民の代表なのか?

 ####

 メイの本音発言で、ハッキリしたのは、アメリカは沖縄&日本をなめている、ということだ。

 日本の右翼は、こうした事態に対して、どんな見解をお持ちなのだろう?

 60年にも及ぶ「対米従属」が、メイなるネオコンのゴーマン発言を許した来た!

 コーヒーをズボンにぶっかけるくらいの気概を、君たちは――自民党は、民主党は、持っているのか?

 ####

 日本のふだんはやたらと元気な保守メディアの諸君!

 沖縄のヤマモトさんのつめのアカを、コーヒーに煎じて、飲んでから物を言え! 

 枝野よ、菅よ、ヤマモトさんのコーヒーで顔を洗ってから物を言え!

Posted by 大沼安史 at 07:47 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-03-03

〔いんさいど世界〕 レ・ミゼラブルの歌を聴け!

 ニューヨーク・タイムズが社説で、「“破産した”との虚ろな叫び(The Hollow Cry of‘Broke’)」と題する社説を掲げた。
 ⇒ 

http://www.nytimes.com/2011/03/03/opinion/03thu1.html?src=twrhp

 破産、破産、破産。

 ウィスコンシンのスコット・ウォーカー知事(共和党)をはじめとする保守派の大合唱を批判する社説だった。

 破産――だから、州公務員の組合を潰す。

 そうしたロジックを、「ナンセンスなものでしかない」と、タイムズの社説は斬って捨てた。

 ####

 そんなタイムズ(NYT)の社説を読んで、菅直人政権の「財政危機⇒消費税UP」路線を思い返した。
 財政危機を招いた者の責任を問わず、カラクリに手をつけず、民衆に付け回しして、事を済ませようとする、菅直人の無能さ加減よ!

 これはこのブログで先に紹介したことだが、ノーベル賞を受賞した権威あるエコノミストのポール・クルーグマン教授が、タイムズのコラムにこう書いていた。

 ウィスコンシンの財政を危機に追い込んだのは、組合でもなんでもなくて、真犯人は、ウォールストリートで大儲けしているオリガーキー(少数独裁者)であると。 

 同様に、日本の財政を危機に追い込んだのは、日本の民衆ではない。

 ####

 こうした「新自由主義」の「虚ろな叫び」に対して、アラブ世界のみならず、アメリカ本土において、断固なる、反撃の叫びが上がっている――それが今のウィスコンシンに代表される状況だ。

 ではウィスコンシンの民衆の叫びは、なぜ「虚ろ」でないか?

 それはもうハッキリしている。それは、彼らの叫びが、生活に――苦しい生活の現実に根ざしたものだからだ。

 ウィコンシン州の職員の平均所得は、年間4万8348ドル(395万5千円)。それを平均で7%、低所得層では10%、手取りベースでカットする(保険・年金代を引き揚げることで)――それが、共和党のウォーカー知事の狙いだ。公務員の団体交渉権も制限して、一気に組合つぶしを図る……。

 ウィスコンシンの州職員の闘いに対して、一般の州民が、ふつうの大学生が…………そして黒人が連帯した!
  ⇒ http://www.themadisontimes.com/news_details.php?news_id=843

 これが今のウィスコンシンの姿である。現状である。

 そのウィスコンシンの闘いを、五大湖の湖をはさんだ、カナダ・トロントの新聞、トロント・スター紙は、「州政府対組合;ウィスコンシン戦争」と形容した。⇒ http://www.thestar.com/opinion/editorials/article/947642-states-vs-unions-wisconsin-s-war-on-workers

 ####

 「ウィスコンシン戦争」――しかし、戦争を仕掛けたのは、民衆ではない。ウィスコンシンの民衆が、「階級戦争(クラス・ウォー)」を仕掛けられたのだ。

 「金融バブル」の崩壊でマイホームを追い出され、失業にあえいでいるのは、ウィスコンシンの民衆である。

 そこへ、よりによって、ウォーカーという、ネオリベによって金で買われた「州知事」による組合つぶしの攻撃!

 ここは、民衆(ピープル)として、立ち上がるほか、ないのである。

 マディソンには黒人運動指導者、ジェシー・ジャクソン師も現地に入って、闘いへの連帯を表明しているが、その意味するところは、今回の「ウィスコンシン戦争」が1960年代の「公民権運動」的な様相を深めて来たことである。

 アメリカの公民として、生きる権利の確証――これが最早、人種を超えた「ウィスコンシン戦争」の闘いの基底にあることではないか!

 ####

 現実に根ざした闘いの響きは虚ろではない。

 先ごろ、マディソンの州議会議事堂に、こんな歌声が、演奏が広がったそうだ。

 ミュージカル「レ・ミゼラブル」の「Do you hear the people sing(民衆の歌が聴こえますか?)」が、議事堂内で歌われたそうだ!

 レ・ミゼラブル――虐げられた、惨めな人々の歌が、ウィスコンシンのプロテストの主題歌として歌われたのだ。⇒ http://www.youtube.com/watch?v=MZPlN3IbUig
  http://www.cbsnews.com/8301-504784_162-20037799-10391705.html

 その歌詞(一部、替え歌になっているようだ)は、下記に掲げるが、こういう歌がマディソンで歌われている!……これは日本のわれわれも、知るべきことだろう。

 ♪ 明日は来る! 明日は来る!

 ####

 ♪ 民衆の歌、聴こえますか?

 マディソンに連帯する民衆の運動は、たとえばニューヨークにおいても見られることだが、それはウィスコンシンの「声」を我が物とした上でのことだろう、

 マディソンの民衆の歌声は――この日本にも響き渡るものでなければらない。

 ####

 日本のプレカリアート諸君!

 たとえば、ことしのメーデーにおいて、日本のレ・ミゼラブルを総結集し、ウィスコンシンの人々が決起したように、われわれもまた、日本の国会議事堂を占拠しようではないか!

 ベタでクズな国会議員どもを追放し、国会を、日本のマディソン――日本のカイロ・タハリール広場にしようではないか!

 ☆ ☆     

 レ・ミゼラブル 歌詞

Do you hear the people sing
Singing the song of working men
It is the music of a people
Who will not be slaves again

When the beating of your heart
ehoes the beating of the drums,
there is a life about to srart
when tomorrows comes?

Will you join? in our crusade?
Who wiil be strong and stand with me?
Beyond the mass parade,
is there a world you long to see?

Then join in the fight that
will give you the right to be free

Will you dedicate your all
So that our freedom may advance?
Some will stand and some will fall
Will you stand up
and take your chance?

Let's fill the Rotunda
till everiobe joins in the chants

tomorrow comes! tomorrow comes! tomorrow comes!

Posted by 大沼安史 at 08:14 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-02-26

〔いんさいど世界〕 世界はひとつ 痛みもひとつ One World, One Pain

 米ウィスコンシン州の州都、マディソンで19日、共和党のスコット・ウォーカー新知事が強行する「組合つぶし」に抗議する大規模なデモが行われた。

 労組員、学生ら8万人が結集した州議会議事堂の前で、カイロのタハリール広場で撮影された一枚の写真が、参加者の間で回覧された。

 若いエジプト人の男性が、英語でこんな連帯の言葉を掲げている写真だった。

 Egypt supports Wisconsin workers: One world, one pain.

 エジプトはウィスコンシンを支援する。世界はひとつ、痛みもひとつ。

 エジプトの民衆の決起と、ウィスコンシンの州政府職員らの抵抗を、ひとつにつないだ言葉だった。

(「デモクラシーNOW」、エイミー・グッドマンさんのコラム参照 ⇒ http://www.truthdig.com/report/item/uprisings_from_the_middle_east_to_the_midwest_20110222

/ )

 ####

 経済学者のポール・クルーグマン教授もニューヨーク・タイムズのコラムで、共和党連邦下院議員の、こんな素朴な驚きの声を紹介していた。

 「まるでカイロがマディソンに移って来たみたい」だ。

 共和党を支えるアメリカの保守派のイデオローグたちは、エジプトの民衆革命を非難し、ムバラクを支援するようオバマに迫った。

 そんな保守派の「ネオ・リベ=コン」どもにとって、「カイロ」が「マディソン」にやって来たことは、おぞましい悪夢でしかないのだろう。

 ####

 エイミー・グッドマンさんの上記コラムによると、19日のデモのプラカードには、「ウォーカー(州知事)は、ミッドウェストのムバラクだ」とも書かれていたという。

 アメリカのミッドウェスト(中西部)、ウィスコンシンのウォーカーと、中東(ミドル・イースト)のムバラクを、ひとつに繋いだ言葉だった。

 ####

 なぜ、エジプトとウィスコンシが、ムバラクとウォーカーが、ひとつに結びつくのか?

 クルーグマン教授によれば、「オリガーキー(oligarchy 少数独裁、あるいは寡頭政治)」の問題が、両者に共通するものとしてある。

 「オリガーキー」、すなわち権力を握る少数の独裁者が、デモクラシーを空洞化させ、民衆の権利を踏みにじっている……

 これが、これまでのエジプトと、現在のウィスコンシンに共通するものなのだ。
 
 タハリール広場の若者は、アメリカの(そしてウィスコンシン)の権力の正体をちゃんと見抜いていたのだ。

 ####

 それでは「アメリカの権力」の正体である、オリガーキーとは何か?

 クルーグマン教授によれば、ワシントンの政治屋どもに規制を外させ、自分らは大儲けした挙句、バブル崩壊でアメリカの経済を――ウィスコンシンの財政を――イッキに破局に追い込んだ「超リッチなプレーヤーたち(superwealthy players)」による少数独裁に他ならない。

 「組合つぶし」に狂奔する、スコット・ウォーカーなる共和党のウィスコンシン州知事は、アメリカのオリガーキーを構成する、そうした「超リッチなプレーヤーたち」の「手先」に過ぎないのだ。

 ####

 先日、ウォーカー知事が、オリガーキーの「手先」であることを自ら証明し、広く天下に知らしめた「事件」があった。

 州知事選でウォーカー知事に多額な寄付をしたみられる、アメリカ有数の大富豪、「デイビッド・コーク」を名乗る男と、電話で親しく、こんな話を交わしたことが暴露されたのだ。

 アメリカの調査報道ジャーナリストのイアン・マーフィーさんが「デイビッド・コーク」氏になりすまし、「組合退治」に立ち上がった知事に電話を入れ、会話の全てをネットにアップしたのだ。

 「コーク」氏 野球のバット、持って行ったらいい。私なら、そうするね。

 ウォーカー知事 オフィスに一本、持ってますよ。(バットでガツンとやれたら)最高ですね。私の名前を書いたバットで一発、ドカンとやってもらいますか。

  ………………

 「コーク」氏 で、これ、私からの提案だが、連中をたたきのめしたらね、カリフォルニアに飛んでおいで。招待するから。いっぱい楽しませてあげよう。

 ウォーカー知事 いいですね。そいつは素晴らしい……いろいろご支援、ありがとうございます。私たちの自由を取り戻すことですから……

 「コーク」氏 全く、その通り。それにね、われわれはちょっとばかり既得権を持っているしね(笑い)

 ウォーカー知事 百万遍もサンクスです。

 「コーク」氏 バイバイ

 ウォーカー知事 バイ

  コモンドリームズ ⇒ http://www.commondreams.org/headline/2011/02/23-2
  ユーチューブ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=WBnSv3a6Nh4&feature=related
 
 ####

 名前をかたられたデイビッド・コーク氏とは、兄のチャールズ氏とともに「コーク兄弟」として知られる、アメリカの実業家であり、超富豪だ。

 保守派NPO「アメリカのための繁栄」を通じるなどして、ウォーカー知事ら、とくに「茶会」系の共和党右派を資金面でバックアップ、「小さな政府」「地球温暖化デマ論」など保守派の政治運動を支えて来た人物だ。

 ことし1月、カリフォルニアのランチョ・ミラージュの別荘で、保守派の会議を主催した時には、環境団体の「グリーンピース」が飛行船を上空に浮かべて抗議。

 2月には、「コーク社は地球温暖化を否定する団体への資金提供を中止します」との、ニセのプレス・リリースがネットに乗る
 ――など、全米のリベラル・環境保護派から目の仇にされている人物だ。
  
 アメリカ株式会社ならぬ「アメリカ多国籍企業」の看板(ポスター・チャイルド)と呼ばれているほど。

 つまり、ウィスコンシンのウォーカー知事の「組合つぶし」の背後には、コーク氏に代表されるアメリカのオリガーキーが控えており、それを知っているから、(アメリカのオリガーキーの犬だったムバラクの専制下にあった)エジプトの若者も、あの連帯の言葉を書いたのだ。

 世界はひとつ、痛みはひとつ。
 エジプトとウィスコンシンの民衆の痛み、苦しみは同じだ――と言ったのだ。

 ####

 英国のジャーナリスト、ニコラス・シャクソンさんが先ごろ刊行し、世界的な反響を呼んでいる『宝島(Treasure Islands)』という本がある。副題は「タックス・ヘイブンと世界を盗んだ男たち」。

 米欧の多国籍企業、及び超富裕層がタックスヘイブンを使って「合法的(?)な脱税」を続け、まるまると太り続けている実態を暴き出したレポートだが、そこに、こう書かれている。

 「アメリカのトップ0・1%の高額所得者に対する税率は1960年に60%だった。それが2007年には33%に下がった。所得が大幅に増えているにもかかわらず、だ。その0・1%が1960年の税率で所得税を払うだけで、連邦政府はその年、2810億ドルの増収となったはずだ」

 ####

 世界はひとつ、痛みもひとつ――元凶もひとつ。

 オリガーキー、つまりは「金権少数独裁」。

 むろん、これはなにもエジプト、ウィスコンシンに限ったことではない。

 年金デモが起きたフランスにも、学生デモが起きた英国にも共通することなのだ。

 そしてそれは、大企業に減税し、庶民に増税する、この日本にも通じること……。

 ####

 グローバル・オリガーキー。

 この支配を打ち破る闘いは、民衆の抵抗運動として始まる。それはどこでも、いつでも同じなのだ。

 世界はひとつ、痛みもひとつなら、闘いもひとつである。

 

Posted by 大沼安史 at 04:39 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-02-25

〔いんさいど世界〕 カダフィ・アルカイダ・ハゲタカ

 カダフィがリビア民衆の決起を、「アルカイダ」に操られたものだと、突然、言い出した。

 まるで、オバマに「対アルカイダ」共同戦線を呼びかけるような、トンデモ・レトリックである。

 息子の一人まで調子を合わせ、父親のカダフィは新しい世界秩序づくりに取り組む用意がある、などと言い出した。

 土壇場で米欧にすり寄るカダフィ。
 生き残るのに必死だ。

  ⇒ http://www.ft.com/cms/s/0/bc99db2e-3f74-11e0-a1ba-00144feabdc0.html#axzz1EvhA3vls

   http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-12570279

  http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-12307698

 ####

 ウィキリークスの暴露電によれば、カダフィの独裁政権は、「リビア投資オーソリティー(LIA)」という国営ファンドを通じ、石油収入を米欧での投資に回しているが、2010年初めの時点で、現金だけで320億ドルを保有、「アメリカの投資銀行数行がそれぞれ3~5億ドル、運用している」のだそうだ。

 「LIA」はまた2009年に、ロンドンの「FMキャピタル・パートナーズ」に対し、数億ドルの運用を委託している。

 カダフィ政権はつまり、ウォールストリートやロンドンのシティーと「油と金の絆」で結ばれていたわけだ。

 カダフィが「息子たちにアルカイダの言うことを聞かせてはならない」などと、突然、言い始めたのも、こうした米欧の金融権力とのつながりを頼りに、事態の打開を図りたい、との思いに駆られてのことだろう。

  ⇒ http://www.abc.net.au/news/stories/2011/02/25/3148558.htm?section=business

    http://www.reuters.com/article/2011/02/24/us-libya-wealth-idUSTRE71N2AT20110224

    http://www.ft.com/cms/s/0/1563ae26-3fa5-11e0-a1ba-00144feabdc0.html#axzz1EvhA3vls

 ####

 一部報道によれば、カダフィのいちばん下の息子、サイフが、(アルカイダの言うことを聞いてしまい)ベンガジで民主化を求めるデモに参加したという。 ⇒ http://presstv.com/detail/166900.html

 サイフによれば、父親は自決するか南米へ逃亡するしかない。

 ####

 しかし、カダフィ個人の運命がどうなるかなど、実はほんとうの問題ではない。 

 リビア再建のためにも、「LIA」を通じたオイル・マネーの流れを――カダフィ以下権力者たちが奪取したオイル・マネーの流れを――それが最終的に彼らの海外秘密口座に蓄積されている実態を解明する必要がある。

 エジプトのムバラクの場合もそうだが、欧米の金融権力の指南よろしく、私財を膨らませて来た独裁者の「財テク」の実態は、なかなか表に出ない。

 独裁者の血塗られたオイル・マネーが、ウォールストリート、シティーで、どんな使われ方をして来たのか、この点の追及なしに「政権交代」だけで幕を引くわけにはいかない。

 ####

 ムバラクに次いでカダフィを打倒するだけでは不十分だ。

 背後で糸を引く、米欧主導の「軍事・石油・金融複合体」こそが、打倒すべき元凶である。

 「アルカイダ」だ?
 冗談はよしてくれ。 

 世界の食料を、資源を高騰させているのは、「アルカイダ」ではない。

 金もうけに目がくらんだ、ウォールストリート・カジノのハゲタカどもである。

Posted by 大沼安史 at 07:46 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-02-24

〔いんさいど世界〕 トリポリ空港の笑い

 英紙インディペンデントのロバート・フィスク記者が23日、わずか45分の短い滞在時間ながら、リビアの首都、トリポリに入った。
  ⇒ http://www.independent.co.uk/opinion/commentators/fisk/tripoli-a-city-in-the-shadow-of-death-2223977.html

 冬の雨が降っていたそうだ。パン屋は全てシャッターを下していたそうだ。
 トリポリは食料のない街になっていた。
 通りを数人の警察官と、年老いた男女が歩いているだけだった。「緑の広場」もガランとしていた。
 
 「死の影の街=トリポリ」――氏の報告記事についたタイトルだ。

 ####

 フィクス氏によれば、カダフィが支配下にある(はずの)トリポリで、軍の戦車や装甲車両を見かけなかった、そうだ。

 これは何を意味するか?

 これは僕の希望的な観測だが、リビア政府軍はエジプト軍のように様子見をしているのだ。

 カダフィについたらいいか、情勢を見守っている……。

 なぜ、こう考えることができるか?

 ニューヨーク・タイムズのコラムニスト、ニコラス・クリストフ氏が、トリポリへ電話取材を行い、こんな事実を確認した。

 リビア海軍の艦艇が東部のベンガジを攻撃するよう、カダフィの命令を受けた時、カダフィ支持派と非支持派の乗組員の間で論争が起きたそうだ。カダフィの言うとおり、反乱分子を攻撃するかどうか議論になった。

 カダフィ支持派は艦内の少数派。結局、この艦艇は出動を見合わせたそうだ。

 ⇒ http://www.nytimes.com/2011/02/24/opinion/24kristof.html?ref=opinion

 ####

 フィスク氏によれば、2日前、リビアの自家用ジェット機がレバノンのベイルート空港に接近、着陸許可を求めた。管制官に乗客8人の身元を明らかにしなかったことから、追い返された。

 そして昨夜(23日夜)、アル・ジャジーラが、カダフィの娘、アイシャを乗せたリビア・アラブ航空機がマルタに着陸しようとして拒否された――と報じた。

 カダフィの実の娘さえ、国外脱出を企てるリビアの現実。

 カダフィに残された時間はあまりない。

 ####

 フィスク氏はトリポリの空港で目の当たりにした光景を、記事の最後で紹介していた。

 帰国したリビア人の男が入国窓口で、「長生きを! われらが偉大なる指導者、ムアマール・カダフィさま!」と叫んだそうだ――。
 そして、笑い出した。

 リビアの入国審査官たちもつられて大笑いしたという。

 独裁者の末路は、爆笑がはじけるほど物悲しい。

 カダフィよ、どうせ、「地獄へ逃避」するしかない身、潔く「辞任」を表明すべきではないか!!

Posted by 大沼安史 at 08:27 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-02-22

〔いんさいど世界〕 カダフィの「地獄への逃避」 

 カダフィはトッラクの座席のようなところに座って、まるで他人事のように、こう言った。

 グレーの傘を、左手で差しながら。

 「トリポリにいる私の姿を見せたい。ヴェネズエラにいるのではない」

 「野良犬どもの(テレビ)チャンネルを信じてはならない」

 「(トリポリの)緑の広場にいる若者たちに言いたいことがある。彼らと夜遅くまで一緒にいたい」

 「しかし、雨が降って来た。神よ、ありがとう。これはよいことだ」

  ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/video/2011/feb/22/muammar-gaddafi-tv-address-video?intcmp=239

 ####

 降り始めた雨を、「ありがたい」と、カダフィは言った。

 恵みの雨。

 広場のデモ隊を濡らし、意気を殺いでくれる、とでも思ったのだろうか?

 それとも、雨を理由に、広場に行かずに済んで――若者たちと対話せずに済んで、ホッとしていたのだろうか?

 傘を差しながら、ぼそぼそと語る、リビアの独裁者の姿は、落ちぶれた老喜劇役者のように見えた。

 国営放送で流れた28秒間の国民へのメッセージは、老人の独り言のようだった。

 ####

 カダフィがふりまいて来た、奔放かつエキセントリックな「リビアの指導者」のイメージを、突き崩したのは、「ウィキリークス」だった。

 ウィキリークスが暴露した「トリポリ大使館発の米国務省機密電」は、カダフィの実像を露にするものでもあった。 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/us-embassy-cables-documents/227491

 2009年9月の機密電は、こう記す。

 ・ ウクライナ人の看護婦と一緒でも旅行できない状態だ。

 ・ (高所恐怖症で)上の階にいるのを怖がる。 

 ・ 海の上を飛行機で飛ぶのが嫌だそうだ。競馬とフラメンコダンスが好き。

 ・ 女性警備隊にあまり依存しなくなったようだ。ニューヨークには一人、同伴させただけだった。
 (カダフィは、女性だけの警備隊をつくり、自分を警護させていた)

 ―― カダフィは、怖がる老人になっていたのだ。ウクライナ人女性を看護婦に置いておかねばならない年寄りになっていたのだ。

 独裁者が弱々しい老人になっていたことを、リビアの――とくに若者たちは、ネットを通じて知っていたのである。

 ####

 中東報道のベテラン、英紙インディペンデントのロバート・フィスク氏は、30年以上前、トリポリでの軍事パレードで、初めてカダフィを見た時のことを書いていた。 ⇒ http://www.independent.co.uk/opinion/commentators/fisk/cruel-vainglorious-steeped-in-blood-and-now-surely-after-more-than-four-decades-of-terror-and-oppression-on-his-way-out-2221687.html

 延々、7時間も続いた軍事パレード。

 カダフィは黒のウエットスーツを身にまとったフロッグマンの部隊に対し、敬礼を送ったそうだ。

 フィン(ひれ)をつけての行進。

 ドタバタと音を立てて、歩いてゆくフロッグマンたち。

 ####

 フィスク氏は、「残忍で、とびきり自惚れが強く、血の海に浸かりきったカダフィよ。40年以上に及ぶテロと弾圧の後、お前は権力の座を去ろうというのか?」という、22日付けの記事の中で、ベオグラードの非同盟諸国の国際会議に、ラクダ(ミルクを飲むために)を空輸した逸話など、カダフィのエキセントリックさ加減を振り返ったあと、つい数日前、実際にあったこととして、こんなエピソードを書いていた。

 カダフィはアラブ人の友人との4時間にも及ぶ話し合いの中で、「顔の皺を伸ばしてくれる、いい整形外科医はいないか?」と、なんと20分間も言い続けたというのだ。

 民衆のデモが起きている最中の、この言葉!

 高所恐怖症のこの老独裁者は、最早、地上の現実を直視する能力を――冷静な判断力をなくしていた……

 ####

 2008年8月のトリポリ大使館発、米国務省機密電は、カダフィを、自己流哲学者で、自分の考えを人に聞かせたくてうずうずしているような男、と描き出していた。 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/us-embassy-cables-documents/167961?INTCMP=ILCNETTXT3487

 フィスク氏によれば、「妄想狂で幼児的なところある」カダフィは、かつて、なんと「地獄への逃避」という本を書いたことがあるという。

 「まるで、いまの状況を表すようなタイトル」の本を。

 ####

 軍に武力弾圧を命じ、血の雨を降らせた自分の残忍さに気付かなず、「雨が降って来たから、緑の広場に行って、若者と対話するのは止めた」というカダフィ。

 「逃避先」は今や――ほかにはない。

 

 

Posted by 大沼安史 at 10:47 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-02-21

〔いんさいど世界〕 アメリカにブサかわ・セレブ犬が登場!

 日本の人気ナンバーわん犬といえば、秋田犬の「ブサかわ・わさお」君ですね。

 日本ユネスコ協会連盟から、「世界遺産保護・特別大使犬」に任命されたり、映画に主役として出演したり、東京見物で東京タワーを見たり。

 そんな日本の「ブサかわ・いさお」君に負けじと、アメリカにも、新しい、わんちゃんセレブが登場しました。

 名前は「ヒッコリー」。

 ていねいな言い方をすれば「ヒッコリー」ちゃん。
 「君」(くん)ではなく、「ちゃん」。なにしろレディーですから。

 ####

 で、この「ヒッコリー」ちゃん。
  どうしてこの子がアメリカの「NEW・ドッグ・セレブ」なのかというと、伝統の「ウェストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグ・ショー」で見事、2011年チャンピオンに選ばれたからなんです。

 ニューヨークで毎年、2月に開かれる、このドッグ・ショーは、わかりやすく言うと、「アメリカの犬の甲子園」(?……えっ、なんだからよく分からないですって――ごもっとも!)。

 全米犬界に君臨するトップ犬を選出する場なんです。

 優勝すれば、ハリウッドのスター並みの超VIPなセレブになれる! 

 全米注目の、凄いドッグショーなんです。

 ####

 で、この「ヒッコリー」ちゃんなんですが、スコティッシュ・テリア……じゃなくて、「スコティッシュ・ディアハウンド」という犬種。

 「ウェストミンスター」はことしで135年にもなる伝統のドッグ・ショーなんですが、スコティッシュ・ディアハウンドって犬種が優勝したのは、初めてことなんだそうです。
 (ちなみに、2010年の優勝犬はスコティッシュ・テリア、2009年はスパニエル、2008年はビーグルでした)

 「スコティッシュ・ディアハウンド」――大体が名前からしてスゴい。

 スコティッシュというのは英国のスコットランドのことですが、「ディアハウンド」ですから。

 ディアとは鹿。鹿をハウンドして(追いかけて)倒しちゃうような犬なんですね。

 ####

 「ウェストミンスター」のコンテストはこの15日に開かれたのですが、「ヒッコリー」ちゃんの優勝が決まった瞬間、カメラマンたちが殺到した。

 その時、女性の飼い主がこう叫んで、カメラマンたちを制したそうです。

 「静かに! この犬、ディアハウンドなのよ!(つまり、あんたたち、下手するとかみ殺されるわよ!)」

 す、すごい女犬がトップ・ドッグになったものですね!
 ま、まるで闘犬の土佐犬!

 ####

 ところで、この「ヒッコリーちゃん」のホームグラウンドは、バージニア州のフリント・ヒルというところの農場。

 そこで彼女、ふだん何をしてるかというと、実際、追っかけ回しているんだそうです。

 ウサギ。そして鹿を。

 彼女、テリアとかチワワといった、かわいらし系じゃないところがいいですね。どちらかといえば、不細工なお顔立ち。でも、よく見ると、かわいい。

 まるで「ブサかわ・わさお」君みたい。

 田舎育ちってところも似ていますね。

 カントリー(田舎)育ちの犬がトップ・ドッグになったってニューヨーク・タイムズに出てましたが、なんか拍手おくりたいような気がします。

 #### 

 で、さっき、ちょっと言いかけた、「ヒッコリーちゃん」のセレブ・フィーバーぶりですが、ニューヨークの摩天楼、エンパイア・ステート・ビルの屋上展望台に立って、おのぼりさんっぽく下界を眺めたりしている(その、晴れのお姿に対して、カメラマンたちが一斉にシャッターを切っている)。

 それから、ニューヨークに「サルディ」って有名な高級レストランがあって、ここで毎年、「ウェストミンスター」の優勝犬に、ステーキをご馳走するならわしなんですが、この優勝ディナーに、「ヒッコリーちゃん」、早速、招待された。

 で、その超一流レストランで、「セレブな女王さまぶり」を発揮して、全米のドッグファンから拍手かっさいを浴びた。

 この「サルディ」は優勝犬に、オウナーシェフ自ら料理したステーキを銀の皿に載せてお出してしているのだけれど――それもオウナー自ら、食べやすいようにナイフで切り分けてお出しするのだけれど、「ヒッコリーさま」(いつの間にか、ちゃん、から、さま、に変わっちゃいましたが……)なんと見向きもしなかった。

 飼い主が「お食べ」といって勧めても食べなかった!

 す、すご。ニューヨークの最高級レストランの最高級のステーキに、よだれも垂らさなかった!

 田舎者のワンコというなかれ! 

 う~ん。気品ありますねえ! さすが女王犬! 気位も高い。

 ふつうなら、ガツガツ食べて、お皿までなめたりするものを、さすが「ヒッコリーさま」、格が違う!

 ####

 で、最高級のステーキを、彼女はなぜ食べなかったのか、その原因追究が始まったわけですが、優勝ディナーに出されたこのステーキ、実は極上牛肉のフィレミニョン。

 「サルディ」では毎年、このフィレミニョンを銀の皿で出す――これがこの店の伝統なんです。

 この伝統が禍した?…………

 そう、「ヒッコリーさま」は「ディアハウンド(鹿狩り犬)」。

 私に向かって牛の肉を食べろだなんて! 鹿の肉を出しなさいって、抗議の意味を込めて、お食事拒否をなされた――なんて見方が出ているそうです。

 ####

 さて、「ヒッコリーさま」、かの「ミス・アメリカ」のように、これから1年間、さまざまイベントに出場したり、セレブ生活に入るわけですが、ニューヨーク証券取引所の始業の鐘を鳴らしたり、すでに多忙の日々。

 「ミッドウェスト航空」って航空会社なんか、特別ボーディングパスと専用席をご用意して、ご旅行の便宜を図るっていうんですから、凄すぎですね(でも、機内食に鹿肉を出さないと、またソッポ向かれるかもしれませんね!)。

 ####

 なんといっても超セレブですから、「ヒッコリーさま」、ハリウッドのスターのように、ひょっとしたら、日本にいらっしゃるかも知れませんね。

 もし、来日することが決まったら、もう、やることは決まってますね。

 カントリー出身のブサかわ同士のご対面。

 男と女。

 ブザかわ同士、一目惚れでラブラブカップルになったりして!

 秋田犬だって、昔は鹿狩り、していたはず。その男らしさに、「ヒッコリーさま」、いっぺんにメロメロになったりして!

 ⇒ http://www.nytimes.com/2011/02/16/sports/16best.html?ref=westminsterkennelclubdogshow

http://www.nytimes.com/2011/02/17/sports/17dog.html?_r=1&ref=dogs 
 
 

Posted by 大沼安史 at 07:17 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-02-20

〔いんさいど世界〕 アラブ 民衆による世俗の革命

 英紙インディペンデントのロバート・フィスク氏がバーレーン入りし、首都マナマからレポートを続けている。

 第一報。19日付け、マナマでいちばん大きな「サルマニア病院」のルポ。

 18日の軍による武力弾圧の犠牲者たちが運び込まれた救急窓口のルポ。 ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/robert-fisk-in-bahrain-they-didnt-run-away-they-faced-the-bullets-headon-2219267.html

 ####

 医師たちは叫んでいた。「虐殺だ。これは虐殺だ」

 医師の一人はわざわざフィスク記者を呼びとめ、軍、ひいてはハリファ王家に対する怒りを、こう説明した。「これはイスラエルがパレスチナ人にしているようなことではない。これはアラブ人(バーレーン人)が同じアラブ人にしていることだ。バーレーン政府は自分の民衆にこれをしている」

 目の前で、18歳か19歳の若者が死にかけていた。頭蓋の半分を完全に破壊されていた。治療をあきらめた医師が、こちらを振り返った。医師は泣いていた。涙が血まみれのガウンに迸った。

 虐殺現場から負傷者とともに病院に戻って来た職員のひとりは言った。「バーレーンの民衆は変わった。彼ら(デモ参加者)は逃げなかった。体で銃弾を受け止めた」

 ####

 バーレーン政府は――ハリファ王家は、なぜ平和的なデモを行っていた民衆に対し、実弾を発射させたか?

 フィスク氏は、上記ルポ記事の中で、こう書いた。「おそらくサウジの重い手が、そう離れたところにあるからだろう。サウジ王家はマナマのデモが、シーア派住民の多い、サウジ東部、クウェート隣接地帯に飛び火するのを恐れている」

 ####

 第2報、20日付けのレポートで、フィスク記者はサルマン皇太子が武力弾圧から一転、シーア派との対話路線へと転換したことについて、「ホワイトハウスから電話が何度もかかったからではないか」と書いた。⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/blooms-replace-bullets-in-bahrain-while-the-region-hits-boiling-point-2220132.html

 血の弾圧が招く、民主革命の大爆発を恐れるオバマ政権。

 しかし、「サウジ(王家)はこれと正反対なことをバーレーンの王家にアドバイスして来た」とフィスク氏。

 正反対なこととは、もちろん、徹底的な武力弾圧のこと。

 今後、バーレーンが平和的な民主化の道に進むか、武力での徹底鎮圧に再度乗り出すかは分からない。しかし、どう転ぶにせよ、行き着く先はひとつだ。

 ステータス・クオ(現状)の改変。

 中東・アラブ世界が変わろうとしているのだ。
 民主化運動のサウジへの波及は不可避な情勢ではないか?

 ####

 第2報、20日付けの現地ルポ(上記記事)でフィスク氏は、再開された民衆デモで参加者たちが、×印=バッテンをつけた「サダム・フセイン」や「ムバラク」「ベン・アリ」の写真を手にし、「ハマド王制の打倒」「ハリファ王族の追放」を叫んでいた、と書いた。

 国王を、王族を、サダムらと同列に引きずり下したバーレーンの民衆。 

 デモ隊のシーア派はバーレーンの多数派だ。スンニの王政は、よほどの譲歩をしなければ、生き残れないのではないか。

 ####

 フィスク記者は20日付けのインディペンデント紙(電子版)に、一連のアラブ革命について、示唆に富む解説記事を書いていた。「(西側の)誰もが宗教を非難しているが、これらは世俗の民衆の反乱である」 ⇒ http://www.independent.co.uk/opinion/commentators/fisk/robert-fisk-these-are-secular-popular-revolts-ndash-yet-everyone-is-blaming-religion-2220134.html 

 決起した民衆に追放された、エジプトのムバラクも、チュニジアのベン・アリも、イスラム過激派が陰にいると非難して生き残りを図ったが、バーレーン政府(王政)も、「ヒズボラ」(神の党)が――つまり「イラン」のイスラム原理主義者支配者が裏で糸を引いている、と言い出している。

 しかし、それは衛星チャンネルでコメントを続ける「愚かな‘専門家たち’」の発言同様、プロパガンダに過ぎない、というのが、フィスク氏の指摘だ。

 あくまでも民衆のよる、不正義に対する決起。

 そこに「ビンラディン」は存在し得ない、世俗的な民衆革命。

 フィスク氏は皮肉まじりにこうも指摘する。

 「ヨーロッパの独裁者は倒された――ファシストが、共産主義者が――。偉大なアラブ世界で、それが起きないとどうして言えるか?」

 ####

 フィスク記者の言うように、今回の一連のアラブ世界の民衆革命は、歴史として語り継がれるはずのものだ。

 そこに「イスラム」が関わるとすれば、それは「不正に対する戦いこそ、まさにコーランの精神そのもの」だからだ。
 
 「コーラン的精神」に駆動されたアラブ・イスラム世界の民衆革命。

 イスラム主義を超えた、より大きな、覚醒した民衆による、歴史のうねり。

 ####

 フィスク記者は20日付けの解説記事の最後で、世界の読者に対して(つまり、私たちに対して)こう呼びかけた。

 「宗教のことは、しばし忘れよ」と。

 私たちはフィスク氏の忠告に従い、あくまでも民衆の巨大な革命運動として、イスラム世界で続いている人々の決起を見守り続けなければならない。

 そこに、私たちと同じ、不正義に怒る「民衆」を見なければならない。

Posted by 大沼安史 at 08:37 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2011-02-13

〔いんさいど世界〕 エジプト パンと怒りの革命

 もう20年も前のことだ。新聞社の特派員としてカイロに赴任した翌日、私は早朝、ホテルを出て、街を歩き回った。

 路上で「アイシュ」が売られていた。エジプトの平たいパンだ。買って立ち食いした。

 「アイシュ」――には「命」の意味もある。

 ####

 「カイロ」は、アラビア語では――ということは地元の人は「アル・カーヘラ」と発音する。意味は「勝利」。

 今回のムバラク追放で、カイロは文字通り、勝利の街、アル・カーヘラになった。

 ####

 なぜ、「エジプト革命」が民衆の勝利のうちに、その第一幕を終えることができたか?

 なぜ、圧倒的な反政府マルチチュードが全国的に生まれたか?

 理由のひとつは、「アイシュ」に代表される、食べものの価格の高騰である。

 エジプトでもまた、食料品の価格はこれまで3年間にわたり、上昇の一途をたどって来た。「食料インフレ」は年17%にも達している。

 貧困が蔓延し、全人口の4割が一日2ドル以下で暮らすエジプト。

 民衆の多くは、食べるものさえ買えず、「命」を維持することも難しい、切羽詰まった状況に追い込まれていた。

 ⇒ http://news.yahoo.com/s/ap/20110127/ap_on_bi_ge/ml_egypt_protests_economy

 ####

 では、エジプトの「食料インフレ」を引き起こしたものは何か?

 ムバラク政権の無能もさることながら、もっと問題なのは、世界的な「フード・バブル」である。

 アメリカの在野のエコノミスト、エレン・ブラウンさんによれば、「フード・バブル」は、「ウォールストリートが「ドル・キャリ(ドル・キャリートレード)」で、怒涛の「買い投機」を続けて来たせいで発生した。

 ⇒ http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=23079

 ####

 ムバラクはアメリカのディクテート(意)の通りに動く、傀儡ディクテーター(独裁者)として、中東・アラブ世界での「アメリカ=ワシントン」の権益を守る、(アメリカの政治権力にとっては何者にも代えがたい)死活的に重要な役割を果たして来た。

 それが皮肉なことに、アメリカ世界権力のもうひとつの源泉である「アメリカ=ウォールストリート」の金融権力の食料投機で体制的な危機に追い込まれ、総決起したエジプト民衆に石もて追われることに……。

 ウォールストリートの暴走は、アメリカの政治権力が長年にわたって築き上げて来た、「ムバラク」という中東の防波堤を、一気に決壊させてしまった形だ。

 ####

 こうして見てくると、問題の根は、ムバラク政権の腐敗を超え、ウォールストリートをコントロールできない、オバマ政権の無能にあった、と言える。

 ####

 アメリカとしてはエジプトを、今後とも「中東の防波堤」として使い続けたい考えだろう。

 オバマはだから、エジプト情勢を沈静化するため、「ムバラク斬り」を急いだのだ。

 今回の「ムバラク辞任」は、ムバラク・スレイマン禅譲路線に反発する、エジプト軍の将軍たちの「クーデター」だとする報道も出ているが( ⇒ http://www.nytimes.com/aponline/2011/02/11/world/middleeast/AP-ML-Egypt-The-Coup-Analysis.html?ref=aponline )、将軍たちの背後にアメリカの意志があったことは間違いない。

 ####

 とりあえず全権を掌握したエジプト軍だが、最高軍事評議会の議長となった、タンタウイという元帥は高齢(75歳)の上、「ムバラクのプードル」と言われて来た人物。

 ムバラク子飼いの将軍たちが率いるエジプト軍に政治・経済危機を乗り切る能力を期待することはできない。

 となると、エジプトの経済危機は――食糧危機はさらに深化して行く。

 そして軍首脳がもし、自由選挙の実施を拒むようなことがあれば、「エジプト革命」は第2幕の本番に突入することになる。

 軍自体の統制が崩れ、パレスチナ=イスラエル問題が触媒になって、今のところは表面化していない「反米」が一気に噴出し、全アラブ世界を巻き込んだ動乱へと発展する可能性、なきにしもあらず、だ。  

 ####

 カイロにいた頃、ある夜、ある場所で、エジプト人男性の歌を聴いたことがある。

 ホテルのバーで、ではなく、ごく内輪の、飲食の席でのことだ。

 歌った男性は、プロ歌手ではなかった。ふつうのエジプト人。

 腹の底から発せられた、うめきのような歌だった。

 私はアラビア語が分からないから、そこに誘ってくれた人に、歌の内容を聞いて驚いた。

 欧米の支配者に対する、激しい怒りに満ちた歌だった。 

 

     

Posted by 大沼安史 at 12:43 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-02-06

〔いんさいど世界〕 「日本の国技」に世界からBOOING 土俵に清めの塩を撒け!

 日本の国技、大相撲での八百長スキャンダルに、ロンドンの賭け屋(ブッキー)が「嘘でしょ!」と、驚きの声を上げていた。 ⇒ http://www.bookmakersinc.co.uk/bookmakers/bookie-japan-shockedassumowrestlersadmittedtomatchfixing/

 「八百長」になぜ「ブッキー」たちが神経を尖らせるか? 誰も賭けなくなって、商売上がったりになるからだ。

 「ブッキー」はだから神経だけでなく耳も尖らせる……。

 アメリカではアメフトのプロ球団が、地獄耳の「ブッキー」と連携して、自分のチームのプレーヤーの「不正」に目を光らせているそうだ。

 ・△・⇒*△*⇒★△★

 SUMOは日本のナショナル・スポーツ(国技)だ。

 単なるスポーツを超えた、国技! 日本の代名詞、相撲!

 その「国の技」――「国技」が揺れている。
 その、揺れる日本のSUMOを、世界が注視している。

 フランスにはシラク元大統領をはじめ、相撲をひいきにする人が多い。そのフランスを代表する新聞が、こんな見出しで記事を掲げた。⇒ http://www.lemonde.fr/sport/article/2011/02/03/le-sumo-a-nouveau-ebranle-par-des-affaires-de-corruption_1474325_3242.html

 Le sumo à nouveau ébranlé par des affaires de corruption

 八百長で「揺さぶり」をかけられる大相撲

 力士という巨漢が、おろおろ、よろめいているイメージが重なる……。

 ・△・⇒*△*⇒★△★

 フランスだけではない。英国のBBC放送も(⇒ http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12342670 )、米国のニューヨーク・タイムズも(⇒ http://www.nytimes.com/2011/02/05/world/asia/05sumo.html?_r=1&scp=2&sq=sumo&st=cse )――おそらくは世界各国の主だったメディアが、「八百長相撲」を報じている。

 日本人としては、なんとも情けない事態だ。

 それも、今に始まったことではなく、昔から問題視されていたこと。

 腐敗のマグマが積もり積もって、今回の「春場所」中止となって爆発した。

 ・△・⇒*△*⇒★△★

 冒頭に紹介したロンドンの「ブッキー」のネット記事に、菅直人首相の発言が引用されていた。

 「これが事実なら国民に対する裏切りだ」

 マニフェストで選挙に勝ったあと、マニフェストを放り投げた菅直人が「国民に対する裏切り」とは、よくも言えたものだと思う。

 NHKのネット報道でも、枝野官房長官が、内閣総理大臣杯の授与を見送るかどうかの問題について「八百長がまん延している状況は、公益性を持った団体と言えるかどうかは問題だ」と言ったそうだ。⇒ http://www.nhk.or.jp/news/html/20110204/t10013853161000.html

 この発言を聞いて、沖縄の人はおそらく(国民の多くもたぶん)、普天間・辺野古問題(その他)と重ね合わせ、「政治的な八百長がまん延している状況で、菅直人政権は公共性を持った団体と言えるのか?」と思ったことだろう。

 これは別に「揚げ足」でも、単なる「あてこすり」でもない。

 日本の「国政」(政治風土)と、日本の「国技」の間に、好ましくない共通性があると指摘したいだけだ。

 アウンノコキュウ・メクラマシ・サキオクリ・ダンゴウ・ソデンノシタ・マルナゲ・セキニンノガレ・ヨコヤリなど、腐敗の48手が幅を利かせ来たから、菅政権が居直りを続け、大相撲協会が延命していられるのだ。

 ・△・⇒*△*⇒★△★

 アメリカの経済学者、スチーブン・レヴィット、マーク・ダガンの両氏が、学会誌の『アメリカン・エコノミック・レビュー』誌に「勝つことは全て、ではない――スモーレスリングの腐敗」という学術論文を発表し、確率論的に「八百長」の存在を明らかにしたのは、今から8年以上前、2002年10月のことだった。⇒ http://pricetheory.uchicago.edu/levitt/Papers/DugganLevitt2002.pdf

 このうち、シカゴ大学教授のレヴィット氏は、ニューヨーク・タイムズのステファン・ダブナー記者とコンビを組み、「Freakonomics(フリーコノミクス=異常経済学)」というブログを通じ、社会的な事象に鋭く切り込むことで有名なエコノミスト。⇒ http://freakonomicsbook.com/

 レヴィット教授は、ダブナー記者との共著で、この「SUMOの八百長疑惑」論文のエッセンスも取り込んだ研究結果を、『フリーコノミクス』という本にして出版、これが世界的なベストセラーになり、「SUMO八百長」問題も世界中に知れ渡ることになった。

 この本の邦訳は『ヤバい経済学』とのタイトルで2007年に出版され、相撲界の八百長を、数字で示した本として注目されたことは記憶に新しい。
 
 ・△・⇒*△*⇒★△★

 さて、大相撲で、レヴィット教授らが注目したのは、千秋楽の一番。

 7勝7敗で千秋楽を迎えた力士が、8勝6敗の力士に勝つ確立は80%に達することを確かめたのだ。(勝率は50%以下でしかないはずなのに……)

 (これに対して、相撲ファンのアメリカ人ブロガーが、レビット教授らの本が出た当時、追い詰められた7勝7敗力士が勝つのは、それだけ気迫のこもったタチアイをするからだ、などと批判的な意見を書いていたが、実態が暴露された今となっては、身びいきに過ぎた……。 ⇒ http://faroutliers.blogspot.com/2005/05/freakonomics-of-sumo.html )

 同じチャンコで育ち、同じ土俵でシコを踏んで来た仲間の「負け越し」を、自分が勝って決めるのは人情にしのびないのは分かるが、こうした力士の目にも涙の義侠心がいつの間にか慣例化し、ヤクザに付け入られるようになったのは、子どもの頃からの相撲ファンとして、僕も残念でならない。

 ・△・⇒*△*⇒★△★

 「国政」の方は、例の「あかんなあ・ほんと・うとか~」で、再生の見通しは立っていないが、大相撲は「国技」――この国の技であるのだから、万難を排して再生に取り組んでいただきたい。

 取り組みを前に土俵に塩を撒く――その意味を、再確認すべき、国技千秋楽の幕が開いた。

Posted by 大沼安史 at 12:01 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-02-01

〔いんさいど世界〕 最新鋭「イージス艦・あたご」――われ、体当たり攻撃の「父子船」の撃沈に成功せり!――の嗚呼! 

 防衛省は、自衛隊は、海上自衛隊は――恥ずかしくないのだろうか?

 国を、国民を守るのが、あなたたちの「務め」であるはずなのに、このザマはなんだ!?

 海上自衛艦イジース艦「あたご」の「父子船撃沈事件」の裁判――。

 起訴された自衛官2人が、最終陳述でこう言ったそうだ。

 (毎日新聞によれば)衝突時の当直士官・長岩友久被告(37)は「不正な捜査で作り上げた航跡で起訴された」と検察側を批判。直前の当直士官・後潟(うしろがた)桂太郎被告(38)も、検察側が論告で「両被告の過信が最大の原因」と指摘したのに対し「過信を改める(べきな)のは検察官」と声を強めた――という。⇒ http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110201ddm012040111000c.html

 ####

 私は、この起訴された2人が気の毒でならない。まるで、あのBC級戦犯に対する裁判。

 手を下した現場の人間だけが、槍玉にあげられる裁判。

 問題は、この2人の個人的な「過失」(かりにあったとしても)ではない。問題は防衛省=海上自衛隊の統制上の問題であり、組織的な過失である。

 2人に責任をかぶせて、恬として恥じない、防衛省=菅直人政権のあくらつ非道さよ!

 ####

 被告の立場に立たされた2人の胸のうちを思うと気の毒でならない。

 ほんとうの責任は彼らにはない。

 仮にあの「父子船」が一方的に「体当たり」して来たとしても、それをかわせなかった、「あたご」それ自体に問題があるのだ。

 敵の不意打ちミサイル攻撃に対しても対処できる、ハイテク・イージス艦ではなかったのか?

 敵のテロ攻撃に――たとえばミサイル攻撃に、常時監視の目を光らせ、敵味方の行動を瞬間的に識別した上で、即対応するのが最新鋭のイージス艦の役割であるだろう。

 それを「あたご」はできなかった。

 それは艦長の責任であり、海上自衛隊のトップの責任であり、防衛大臣の責任である。建造メーカーは、建造費を国庫に返納すべきであるだろう。

 ####

 今回の「あたご」による「父子船撃沈」事件で浮き彫りになったのは、海上自衛隊のハイテク・イージス艦は、領海内においてすら、日本国民を守るどころか、日本の国民を海の藻屑と化して平然としていることである。

 海上自衛隊のトップも、防衛相も、本来なら引責辞任ものである。

 ####

 「あたご」に撃沈された父子船の父と息子は、いまだ行方不明のままだ。

 防衛省よ、海上自衛隊よ、君らに日本国民をほんとうに守りたい気があるなら、行方不明の父と子を徹底して捜索したまえ!

 打ち切りなどせず、父と子の遺体を見つけるまで探し続けたまえ!  
 
 ####

 何が「最新鋭のイージス艦」なものか!

 生活の海に出漁する父子船を、体当たり撃破しおって、なにが「海上自衛隊」なものか!

 父子船を撃沈してしまったことを恥じ、自己批判し、罪に服すべきは、防衛大臣以下、当局者の責務ではないか!

 父と子を撃沈しおって、それが最小不幸社会の自衛艦船とは片腹痛い!

 父と子をいっぺんに失う――こんな(極大的)不幸なことは、ない。

 #### 

 父と子の船の名前は「清徳丸」。

 清く、徳のある、そういう漁をする船だという思いでつけた船名であるだろう。

 そのつつましやかな「清徳丸」が、勝手にぶつかって来たんだと言い張る、自衛隊=防衛省のこの卑しさよ!

 君たちは日本国民を――「清徳丸」の父と子さえも守ることをできなかった。

 できなかったのだから、できなかったと素直に認め、申し訳ないと謝るのが、モノゴトの筋ではないか!?

 ####

 何が自衛隊なものか?

 自分たちを守りたいだけのことではないか!
 

Posted by 大沼安史 at 07:52 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-01-31

〔いんさいど世界〕 戦車と落書き エジプト・オレンジ(?)革命

  英紙インディペンデントの世界的な中東記者、ロバート・フィスク氏がエジプト入りし、カイロの街頭に立った。

 氏のカイロ・ルポが、同紙電子版(30日付)に掲載された。

  ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/middle-east-unrest-spills-on-to-streets-of-egypt-2194484.html

 4万人が広場に集まっていた。人々は「泣いていた、叫んでいた、歓喜の声を上げていた」。

 広場に、米国製のエジプト陸軍の戦車がいた。フィスク氏はその戦車によじ登った。数百メートル先の内務省付近で、武装警官隊がデモ隊に発砲していた。

 しかし、武装警官隊は戦車のいる広場には近づかない。

 「ムバラクの戦車が、ムバラクの独裁政治から、首都カイロを解放しつつある……」

 あのビン・ラディンと何度も単独会見に成功した、歴戦のベテラン記者は書いた。

 「歴史的な祝祭……これは、あの(チャウシェスクを打倒したルーマニアの)ブカレストの解放に等しいものではないか。(戦車に登った私は)あのパリ解放のニュース映画を思い出すばかりだ」

 ####

 ムバラク政権はアメリカに支えられた政権だった。中東アラブ社会をコントロールし、石油を確保し、イスラエルを守る――そのために、惜しみもなく「援助」を続けて来た。

 アメリカの後ろ盾で権勢をふるい続けた政権だった。

 そのアメリカが――オバマ政権が、ムバラクを見限っている……。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2011/jan/29/white-house-aid-egypt

 オバマ大統領自ら、デモ隊に対する暴力的弾圧を辞めろ、と言い、「エジプト民衆がより大きな自由と、より大きな機会、さらには正義の中で生きることができる、そんな未来を導く政治変革の道筋」を拓く「エジプト民衆の権利を高める具体的なステップ」と要求している。

 それどころか、ホワイトハイスの報道官は、年間15億ドルの援助(大半が軍事援助)を「見直す」、と圧力をかけている。

 オバマ政権の「見限り」の狙いはハッキリしている。「笑う牛」という仇名のムバラクを切って、チュニジアから始まった、怒涛のアラブ革命の勢いを殺ぎたいからだ。

 サウジ、ヨルダンへの波及を阻止したいからだ。

 ####

 僕がカイロにいた1990年代の初めの頃、すでにムバラクの評判は悪かった。

 息子に「第2エジプト航空」を経営させるなど、一族だけが肥え太っている……イスマイリアの宮殿に、女性たちを集めて、堕落したパーティーを開いた……

 そんな噂をよく耳にしたものだ。 

 ####

 最後のあがきでムバラクは、スレイマンという諜報機関の長官を副大統領に据える、乗り切り人事を発表した。

 フィスク記者はカイロの広場の戦車のそばで、その「ニュース」を、周りにいたエジプトの若者たちに伝えた(フィスク記者はアラビア語が堪能だ)。

 それを聞いて、若者たちは、どっと笑ったそうだ。

 そんなことで済む事態じゃないだろ? 「笑う牛」さんよ――若者たちの「大笑い」には、そんな時代認識が――新しい時代が到来したという思いが込められていたはずだ。

 ####

 フィスク氏のルポは、こうも報じている。

 若者たちは、広場の戦車の車体に「ムバラク出てゆけ」と落書きした。「落書き」を――「言葉」が書かれるのを、戦車の兵士たちは黙認した。

 「ムバラクよ、お前の独裁は終わった」――こんなステッカーがカイロ中の戦車のほとんどに貼られている。 

 戦車のクルーに、デモ隊がオレンジを差し入れた。
 (このエピソードから、今回のエジプト革命は「オレンジ革命」と呼ばれることになるかも知れない……??)

 ####

 ところでフィスク氏はこの「カイロ街頭ルポ」の中で、見落としてはならないことをちゃんと確認し、記事に書いている。

 それは戦車のそばで歓喜する若者らデモ隊のそばで、エジプト最大の野党である「ムスリム同砲団」のメンバーが祈りを捧げていたことだ。

 イスラム主義を掲げる「ムスリム同砲団」は貧困地区に診療所を拓くなどして勢力を拡大したが、ムバラク政権によって、これまで徹底して抑え込まれていた(ここから出た最過激派がアルカイダに合流したことは、よく知られた事実である)。

 「ムバラク後」の政治情勢の中で、「ムスリム同砲団」がどのような動きをするか?――そこに今後のエジプト情勢……いや中東アラブ世界の全体の動きを占い鍵が潜んでいる。

 ムスリム同砲団 Wiki ⇒  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A0%E5%90%8C%E8%83%9E%E5%9B%A3

 ####

 「チュニジア・ウィキリークス革命」「パレスチナ文書」の暴露に続く、今回の「エジプト革命」――。

 フィスク記者は、「カイロの街頭は、米欧の指導者たちが真実を摑み損ねていた事実を軽く証明した。君たちが考えているような)時代は終わったのだ」と書いているが、米欧の「米」の中には、追随国家である、われらが「日本」も含まれていよう。
  

Posted by 大沼安史 at 10:13 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-01-29

〔いんさいど世界〕 自爆・トルストイ・平和

 ロシア最大の国際空港、モスクワのドモジェドボ空港国際線ターミナルでの自爆テロから1週間――。

 200人以上が死傷した自爆攻撃を決行したのは、チェチェンの南に位置する、北カフカスのイスラム武装過激派、「ノガイ」ではないか、との見方が出ています。

 「ノガイ」はチェチェン戦争で独立派とともにロシア軍と戦った人々。最近、指導者を殺害され、その復讐に出たのではないか?――との観測です。

 昨年3月には、モスクワ地下鉄で爆破事件がありました。女性2人組によるテロ。17歳の女性が自爆した。

 憎しみのスパイラル、悲劇の連鎖……解決の道はどこにあるのでしょう?

 ####

 1昨年(2009年)12月6日、チェチェンのスタログラドフスカヤ村で、一人のロシア人作家をしのぶ記念館がオープンしました。

 「トルストイ記念館」。

 あのロシアを代表する「文豪」の記念館が、なんとチェチェンの地に建ったわけです。
 (この記念館は1980年に開設されましたが、チェチェン戦争の影響で、これまで活動停止を余儀なくされていました。今回の「開館」は、正確に言えば「再開館」なわけです)

 この「(再)開館」の話はニューヨーク・タイムズでも報道された(⇒ http://www.nytimes.com/2010/01/02/books/02tolstoy.html?scp=20&sq=chechen%20%20video&st=cse  )ので、トルストイのファンの方なら存知かも知れませんが、「もぐりのトルストイアン」(僕はそれほど立派な人間ではないので、「もぐり」と……)である僕としてうれしかったのは、その記事の中で、こう書かれていたことです。

 「トルストイはチェチェンで広く敬われている」
 
 ####

 つまり、トルストイはロシア人だけれど、(独立派がロシアと戦っている)チェチェンで、トルストイは広く尊敬されている、というのですね。

 そうでなければ、記念館が出来るはずがないのですが、タイムズの記事によれば、チェチェンにはトルストイの名を冠した村さえあるそうです。「トルストイ・ユルト」という村が……。

 ####

 チェチェンのスタログラドフスカヤ村の「記念館」は、トルストイゆかりの地、ゆかりの建物につくられたのだそうです。

 トルストイは1851年、23歳の時、ロシア軍に志願してカフカスの戦線で戦ったそうですが、その時、2年半ほど駐屯していたのが、チェチェンのこの村であり、記念館に改築されたコサックの兵舎だったそうです。

 トルストイはこのスタログラドフスカヤ村で、あの『幼年時代』という自伝的な出世作を書き、文壇にデビューするのですが、気高いチェチェンの人々を知ったのも、この村でのこと。

 曾々孫のウラジミール・トルストイさん(ヤースナヤ・ポリャーナの「トルストイ記念館」館長)によれば、若きトルストイはチェチェン人の友だちがいて、付き合っていたそうです。

 しかし、チェチェンの人々がなぜ、こんなにもトルストイを敬服しているかというと、たぶん、それはトルストイがチャチェン人を小説に書いているからです。

 トルストイの死後に発見された、トルストイ最後の小説に『ハジ・ムラート』というのがあります。

 チェチェンの孤高の英雄を描いた物語ですが、トルストイはなぜ、チェチェン人がロシアと戦うか、ちゃんと書いている。その残酷さに対する反発だと書いている。そして、チェチェンの戦士を人間として書いている。

 チェチェンの人たちがトルストイを敬うのは、こういうことがあるからなんですね。

 ####

 では、そのトルストイは、現代のロシアで、どんなふうに見られているか?

 昨年(2011年)――の「11月20日」(昨年といっても、たった2ヵ月前のことですが)は、実はトルストイの「100回忌」でした。1910年のその日、トルストイは、鉄道の駅舎で82歳の生涯を閉じた。

 ロシアを代表する世界的な文豪の100回忌ですから、ロシアを挙げて、盛大なイベントが行われてもいいはずなのに、ほとんど、音なしで、過ぎてしまった。

 昨年はロシアの劇作家、チェーホフの生誕150年の記念の年でもあったわけですが、チェーホフは華々しく回顧されたのに(メドヴェージェフ大統領がチェーホフ生誕の地を表敬訪問)、トルストイの方は、なぜかほとんど無視されてしまった。

 これは年明けに出たニューヨーク・タイムズ紙の記事(⇒ http://www.nytimes.com/2011/01/04/books/04tolstoy.html?partner=rss&emc=rss
 )の見出しの表現ですが、「トルストイとロシアにとって、ハッピー・エンディングはまだない」――これが、トルストイをめぐるロシア国内の状況なんですね。

 ####

 どうして、こういうことになったのか? 
 ロシア政府はどうして、文豪・トルストイを讃えるイベントを積極的に行わなかったか?

 それを解く鍵はたぶん、トルストイの「絶対平和主義」の中に潜んでいる……。

 トルストイはカフカスでの軍務のあと、クリミア戦争でも戦い、戦争の悲惨さを目の当たりにして、絶対的な平和主義者になって行くわけですが(そして日露戦争にも反対し、非戦論を叫ぶわけですが)、これまでチェチェン戦争を戦って来た、現在ロシア政権としては、トルストイの「反戦思想」が、どうにも気に入らない――だから、トルストイの偉業を讃えない――これがコトの真相なのではないでしょうか?

 ####

 トルストイが今の時代に生きていたら、チェチェンや北カフカスなどの問題で、どんな意見を述べ、ロシア政府に何を求めるか?

 僕には、これを考えることが――トルストイならどうする?――と考えることが、モスクワの空港や地下鉄での惨事の再発を防いで行く、もっとも有効な近道であると思えるのですが、こうした見方は、甘すぎるでしょうか? 理想主義の夢想に過ぎないのでしょうか?

 ####

 ロシアの詩人、アナトリー・ライマンさんは、「私たちの忘れたトルストイ」という文章(⇒ http://themoscownews.com/news/20101122/188220569.html?referfrommn  )の中で、こう指摘しています。

 「トルストイはナイーブとは程遠い人だった。理想主義者ではなかった。彼こそ、世界の変革が人間の道徳を変えることに始まることを最初に理解した一人だった」
 
 そして、「トルストイはロシアに――そして全世界に対して、希望を与えてくれた。トルストイは人間の心を変えることができなかったとしても、人間の心を動かしたことはたしかだ」とも。

 ####

 殺戮が続く世界――私たちの、2012年の世界。

 ナイマンさんの言うように、「私たちの忘れてしまったトルストイ」を思い出すべき時のようです。

 

Posted by 大沼安史 at 12:47 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-01-27

〔いんさいど世界〕 最大不幸国家=アメリカ オバマ State of the Disunion 演説

 オバマの一般教書(State of the Union)演説を、サラ・フーロさんという女性が、ボストン・グローブ紙への投書で痛烈に批判していた。

 巨額の戦費を費やし、数千人の若いアメリカ人兵士をカタワにしているイラク・アフガン戦争を、オバマはまるで「進歩と平和のための、もうひとつの、素晴らしきアメリカのプログラム」のように語ってみせた、と。

 サラさんの息子さんは米軍の兵士。米軍兵士の母の言葉は、ストレートに、真実へと向かう。

 We can’t win this war, and we can’t afford it.
 (勝てないし、戦い続けることもできない)

 そしてこう結論づける。

 「愛する者が戦争に中にいる私たちは、イラク・アフガン戦争が財政的・道徳的な破産で終わるほかないことを知っています。この国の負債を積み上げたのは福祉ではなく、終わりなき戦争です」

 ⇒ http://www.boston.com/bostonglobe/editorial_opinion/letters/articles/2011/01/27/state_of_the_union_gets_lost_in_the_fog_of_war/

 ####

 サラさんは、「発言する軍人家族(Military Families Speak Out)」のメンバーだそうだ。

 2002年に出来た組織で、4000人近くが参加している。

 そのサイトに、オバマの一般教書演説に対する会としての声明が出ていた。⇒ http://www.mfso.org/article.php?id=1436

 イラク戦争の戦費650億ドルがあれば、それだけで、100万人以上の失業者を雇うことができる、と。

 声明の中で、モンタナの帰還兵士の妻の訴えが紹介されていた。「夫は3回目の手術を受けたばかりだが、体の75%が不自由なまま。失業手当もカットされた。私がフルタイム働いた稼ぎではやってゆけない」

 モンタナの妻の批判もストレートだ。

 「議員たちはオバマ演説に拍手しているけれど、私はね、請求書を払えればいいだけなの」

 ####

 オマバが米国民にバラ色に語った、「アメリカの現状(State of the Union )」の真実の姿は、日本の総理大臣流に表現すれば、こうなる……。

 「最低不幸国家=アメリカ」

 「最大不幸国家=アメリカ」

 「最悪不幸国家=アメリカ」

 そこにはネーションとしての「Unionn(統一)」は、ない。

  Disunion(分裂)、あるのみ。

  

 

Posted by 大沼安史 at 09:40 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-01-16

〔いんさいど世界〕 チュニジアでウィキリークス革命

 チュニジアの民衆革命について、ウィキリークスによる初めての革命だとする見方が出ている。

 たとえば、米国の外交誌、「フォリン・ポリシー」(電子版)。

 The First WikiLeaks Revolution?

  ――と、クエスチョン・マークつきながら、ウィキリークスによる米トリポリ大使館発電の暴露が、今回の、「ベンアリ国外脱出」に繋がったことを指摘している。⇒  http://wikileaks.foreignpolicy.com/posts/2011/01/13/wikileaks_and_the_tunisia_protests

 英紙、デイリー・メールは、クエスチョン・マークなしに、「最初のウィキリークス革命」と断定している。⇒ http://www.dailymail.co.uk/news/article-1347336/Tunisia-riots-blamed-cables-revealed-countrys-corruption-dubbed-First-Wikileaks-Revolution.html

 いずれにせよ、ウィキリークス自体がツイッターを通じて、そうした報道を紹介しており、今回の「チュニジア民衆革命」で、ウィキリークスによる「情報の開示」が大きな役割を果たしたことは、間違いのないところ。

 このまま情勢が安定し、言論・報道の自由が回復されれば、ウィキリークスの暴露を軸に、民衆の決起がどのような形で進んでいったか、よりハッキリすることだろう。

 (ただし、情勢は予断を許さない。マフィアと権力が武装反革命に出ている……)

 ####

 ウィキリークスで、どんな腐敗が暴露されたか?

 ベンアリのレイラ夫人が私立学校の建設にからみ私財を肥やしたこと、ベンアリ政権がチュニジアの経済を支配するマフィアのボスと繋がっていることなどが明るみに出たが、ベンアリの娘婿のエル・マタリ(28歳)のやりたい放題には、チェニジア人でなくてもあきれ果てる。

 英紙ガーディアンが昨年(2010)12月7日に報じた、2009年7月27日、トリポリ大使館発の機密電によると、「チュニジアにマクドナルドを誘致したがっている」この男は妻のネスリン(ベンアリの娘)との、2週間にわたる、サントロペ(フランス南部の保養地)滞在から帰ってきたばかりだが、そのサントロペから自家用機でアイスクリームとフローズン・ヨーグルトを取り寄せ、ディナーを楽しんだ。

 この娘婿の邸宅には「パシャ」という名の虎がペットで飼われていて、1日4羽のチキンを食べる。

 この娘婿はまた、クルージングや製薬会社を持ち、ポルシェやルノーなど外車の独占販売権を持っている……。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/us-embassy-cables-documents/218324

 ベンアリは1987年の無血クーデターで政権に就いた男で、ブルギバ政権の進歩政策(宗教的な寛容、女性の地位など)を引き継いだ者だが、23年もの長期独裁の中で腐敗し、こうした馬鹿な「婿ど」のご乱行を許し、民衆の憎悪を呼んでいたわけだ。

 ####

 ウィキリークスによる、こうした米国務省電の暴露を、チュニジアの民衆――とくに若者たちはネットを通じて知り、ブログやケイタイを通じて共有するようになった。

 ベンアリ政権は、偽のFacebookサイトに誘い込む手口などを使ったり、ベイルートのアラビア語紙のサイトへの接続をブロックしたりして対抗したが、民衆側は、ブラウザのファイアフォックスにアドオンをつけるなど対抗策を講じてコミュニケーションを確保。

 ウィキリークスを支援する世界的なハッカーグループ、「アノニマス」も、政府サイトへの攻撃を開始するなど、ベンアリ政権を追い詰めて行った。  
 ⇒ http://www.ft.com/cms/s/0/4a18b4d6-1da9-11e0-aa88-00144feab49a.html#axzz1BBLee2vI

 ####

 しかし、チュニジアで、こうしたオンライン革命が起きたのは、むろん、そこに民衆の権力に対する怒りの蓄積があったからだ。

 昨年12月17日、チュニジア中部、シディ・ブージドで。モハマド・ビアジジさんという、26歳の失業中の男性(大卒だった)が抗議を焼身自殺を遂げた。

 許可なしに果物を売っていて、それを警察に妨害されたそうだ。
 ⇒ http://www.counterpunch.org/ridley01142011.html

 これが積年の不満に火をつけ、民衆デモの引き鉄を引いたと、英国人の女性ジャーナリストは書いている。

 今回の抗議行動で民衆の側に23人の死者が出ているが、実際はその3倍の66人が亡くなっている。

 独裁者はおのれの権力の維持を民衆の命より上位に置くから、チェニジアでの民衆の決起も、死を賭した抗議行動にならざるを得なかったわけだ。

 ####

 英紙ガーディアンに、チュニジアの詩人、アブール・カシム・エチェビ(1909~1934)の「世界の独裁者に」という詩が紹介されていた。⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2011/jan/15/tunisia-poet-tyrants-arab-world

 いま、それをウィキペデアに掲載された英訳( ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Ela_Toghat_Al_Alaam )から重訳すれば、こうなる。

  そこの汚い暴君たちよ
  闇を愛する者たちよ
  命の敵よ
  罪もない人々の負傷をあざける
  血まみれの手の平
  存在の喜びを歪め、土の上に悲しみの種子を育てながら
  お前は闊歩し続ける

  ……(中略)
  気をつけろよ 灰の下では炎が燃えている

  棘を育てる者は傷を収穫する者
  ……
  血の海にお前たちは溺れ、嵐に焼き尽くされることだろう

 
 ####

 今回のチュニジアでの民衆革命を最も深刻に受け止めているのは、北朝鮮をはじめとする世界の独裁者たちだろう。

 これに最も勇気づけられているのは、もちろん、権力の腐敗に苦しむ世界の民衆である。

 ウィキリークスなどオンラインのメディアの情報開示とリンクした民衆のプロテストは、こんごとも、世界の各地で続くに違いない。

 それは、格差=貧富の差の拡大が続くこの日本でも、十分、起こりうることである。

Posted by 大沼安史 at 07:30 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-01-15

〔いんさいど世界〕 アラスカを救う 大和なでしこ 榊原千絵さんガンバレ! フランク安田も応援してるよ!

 「フランク安田」(さん)を、ご存知ですか?

 明治元年(1968年)、石巻(宮城)の生まれ。渡米して捕鯨船でアラスカに行き、北米最北の地、バローで、最北の先住民(イヌイット)、「イヌピアト」の人々と暮らし始めて現地の女性と結婚、ついにはその指導者となり、人々を連れて疫病の広がるバローを脱出、600キロ離れた場所(のちのビーバー村)に新天地を切り拓いた人。

 まるで「出エジプト記」を思わせるその偉業から「アラスカのモーゼ」と言われる日本人です。

 新田次郎氏の小説、「アラスカ物語」のモデルで、映画にもなった偉人。

 フランク安田こと安田恭輔さんは、アラスカの先住民とともに生き、先住民を守り抜いた、すごい人なんですね。

 フランク安田 Wiki ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E5%AE%89%E7%94%B0

 ####

 「フランク安田」(さん)の乗り組んだアメリカの捕鯨船が北極の海で氷に囲まれ、身動きがとれなくなったのは、1893年(明治26年)、フランク安田(さん)、25歳のときでした。

 救助を求め、フランク安田(さん)は独り、船を下り、バローに向かって歩き出します。

 そしてバローの手前で倒れる。

 そこにバローのイヌピアトが橇で通りかかって、フランク安田(さん)を助ける。そうやって、捕鯨船の乗組員たちも助け出される。

 それがフランク安田(さん)と、バローのイヌピアトの人々の出会いでした。

 フランク安田(さん)はそのままバローに留まり、ネビロさんという女性と結婚し、捕鯨などで活躍しながら、イヌピアトのリーダーになって行くのですが、やがイヌピアトの人々を麻疹が襲いかかります。

 そのうえ、欧米の捕鯨船によるホッキョククジラの乱獲で、食糧危機にも追い込まれる……。

 そこから、「アラスカのモーゼ」、フランク安田(さん)のイヌピアト集団移住という、もうひとつのドラマが始まるわけですが、いま、このバローの町を、「新たな脅威」が襲いかかろうとし、現地の人々を助けようと、ひとりの若い日本人が闘い始めている……。

 それが、今日の話題です。

 ####

 で、いま、バローに住むイヌピアトの人々に襲いかかろうとしている脅威とは何か?

 それはアラスカ沖の北極の海、「ボーフォート海」で近々、開始される(かも知れない)海底油田の開発プロジェクトです。

 バロー沖の「ボーフォート海」から、その西側、「チュクチ海」の海底に石油が眠っていて、地震波を使った探査活動はすでに始まっている。

 ほんとうは去年(2010年)の夏から、本格的な油田開発が始まるところでした。

 もも4月にメキシコ湾で原油が噴出する事故が発生したせいで、オバマ政権の最終的なGOサインを出せないでいる。

 どうなるか、分からない……というより、いつGOサインが出てもおかしくない状況のようです。

 で、この海底油田開発が、なぜ、先住民のイヌピアトにとって死活問題かというと、この先住民たち、実は伝統的な「沿岸捕鯨」で生きている人たちだからです。

 油田開発が始まれば北極の海は汚れ(氷に閉ざされた海なので、一度汚染されると、なかなか元に戻らないのだそうです)開発の影響で、音に敏感なホッキョククジラはどこかへ行ってしまう……。

 そこで現地では反対運動が湧き上がり、これを放っておくにはいかないと、ひとりの若い日本人が運動の先頭に立っているわけですが、この、まるで「フランク安田」(さん)の生まれ変わりのような日本人――実は、ほんとにかわいらしい、大和なでしこなんです。

 榊原千絵さん。

 アメリカのアパラチア州立大学の准教授。

 愛知県の出身、アメリカに留学し、先住民の研究でPHDを取得した方。

 お見受けしたところ(年齢計算もしたところ)、まだ30歳前後のお若い方!

 このチエ・サカキバラ博士が昨年暮れ、イヌピアトのピンチを訴えるアピール(以下のリンク参照)を発表して、世界の環境保護運動家などの目を、アラスカの北端に向けた!
  ⇒ http://www.climatestorytellers.org/stories/harvard-ayers-chie-sakakibara-inupiaq-people-ask/

 チエさんのこの論文は、さまざまサイトに転載され、僕が毎日必ず覗いている、ネット誌「コモン・ドリームズ・オルグ」にも載り( ⇒ http://www.commondreams.org/view/2010/12/22-5 )、いまこうして、この記事を書いているわけですが、彼女のこのアピールで、イヌピアトの人々と連帯し、北極海底油田の開発を阻止しようとする世界的なネットワークが生れた!

 フランク安田(さん)も、チエさん、よく書いてくれたね!――って喜んでいるのではないでしょうか?
 〔フランク安田(さん)は、キョウコさんとサダさんという2人の娘さんを亡くしてますから、チエさんのことを、生まれ変わりと考えているかも知れませんね……〕
 
 ####

 で、このチエさんのことを、さらに調べてみると、ただ単にフィールド・ワークをこなし、論文を書いて、それで一丁あがり、って研究者じゃないんですね。

 バローの現地の人の、ちゃんと「家族の一員」(?)になっちゃっている!

 海底油田開発も反対するだけでなく、バローの人たちの伝統音楽、口承文学の復興運動にも力を注いでいる。
 (バローでは1946年に、アメリカの女性学者によって、ドラム音楽や口承文学が録音されているそうです。チエさんはその録音の「里帰り」のお手伝いもしている)

 チエさんって人は、イヌピアトの「環境」だけでなく「文化」を守ろうとしているわけですね!

 ####

 チエさんによると、アラスカ(北米)最北のバローの町にも地球温暖化の危機が忍び寄り、(フランク安田さんがいたころの)古い住まいの70%以上がすでに水没しているそうです。

 1970年代には、海面上昇で、市街を3.2キロ、移動させることになったそうです。
 ⇒   http://www.udel.edu/udaily/2009/mar/inupiaq032409.html

 そういう状況の中で、海底油田の開発が進められでもしたら、イヌピアトの人たちは生存の危機にさらされかねない。

 ####

 イヌピアトの人たちって、同じモンゴロイドですから、日本人そっくり。

 タンバリンのような太鼓(クジラの胃袋を張った)を叩いている写真なんか見ると、まるで、日本のお坊さんたち!

 ####

 北極海底油田開発の当面の山場は、ことし夏に向けた、ワシントンでの春先の動き。

 オバマがGOサインを出したら、本格的な戦いが始まります。

 私たちもチエさんに負けず、アラスカの現地の人々に声援を送り、支援しなくちゃなりませんね。

 ####

 チエさんによると、イヌピアトの人たちのドラム(太鼓)音楽って、太鼓をたたくことでクジラの心の中に入り込むことなんだそうです。

 ホッキョククジラたちも、北極の海が汚されることに、危機感を(本能的に)募らせているはず。

 (さすがに、地球環境の危機がここまで深化し、気象パターンの崩壊がここまで進行すると――)僕らの耳にも、チエさんの導きで、クジラの心が、イヌピアトの人たちドラムの音になって聞こえてくるような気がします。 
 
 「チエさんガンバレ」って音になって響いて来るから、不思議ですね。

Posted by 大沼安史 at 11:48 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2011-01-09

〔いんさいど世界〕 アリゾナの22歳、最後のメッセージ

 米アリゾナ州ツーソンのスーパーで自動小銃を乱射し、地元選出の女性連邦下院議員らを殺傷したジャレッド・ロフナー容疑者(22歳)が、当日の午前5時頃、ユーチューブにアップした「僕が最後に思うこと(My Final Thoughts:Jared Lee Loughner!)を見た。⇒ http://www.youtube.com/watch?v=nHoaZaLbqB4&feature=player_embedded

 22歳の若者は、なぜギフォーズ下院議員の対話集会で自動小銃を乱射しなければならなかったか?

 オバマの国民健康保険法案に賛成したことで、サラ・ペイリンらに「銃眼の照準」を合わせらられ、抹殺を呼びかけられていた、このギフォーズ議員を、この若者はなぜ殺そうとしたのか?――それを解く鍵は、やはり、この最後のメッセージにあるのだろう。

 ####

 3分47秒に及ぶ「最後のメッセージ」は、不思議な言葉で始まる。

 「アメリカで夢見る人間は5%に足らない!」

 次に出て来るのは、やたら数字が並んだ不可解な画面だ。
 (この22歳は、自分が生きる「現在」を歴史的に相対化=無化したがっているようだ。自分を、単なる「今」を生きている者に過ぎないと必死になって思おうとしているように見える……)

 「BCEの年は始まることができない。かくしてADEの年も始まることができない」

 キリスト前の紀元(BCE)も、キリスト後の紀元(ADE)も、ともに始まってもいないと言い切る、この歴史を超越(否定)する構えは、いったい何処から出て来たのか?
(この若者の、歴史とも途切れた、絶対的な孤独よ!)

 しかし、この若者はこれに続いて、自分が否定したはずの「キリスト後(ADE)」を、僕らの中で永遠のものだと言う。「だから、ADEに終わりはない」と。

 この若者にとって、今を生きるとは、歴史のない歴史を永遠に生きることなのだ。その虚無の永遠を!

 そういう歴史意識を告白したあと、この22歳はなぜか(自分がなし得なかった)希望を語るのだ。

 もしも僕が8歳の子に新しい文字(アツファベット)を教えることができれば、その子は古い文字に代わる、新しき文字を綴り、発音することができるだろう――と。

 それも、たったの20分で!(殺戮の時間をたぶん、この若者は20分と想定していたのだ!)

 そしてこの若者はこう言う。

 精神的に力のあるものは皆(Every human who's mentally capable)は常に、「新しい通貨」の発行者になることができる、と。

 (殺戮の決行5時間前に、この若者は、「新しい通貨(マネー)」に言及している、これはいったい、どうしたわけか? 私〔大沼〕は、かつてアリゾナ州ツーソン在住のトーマス・グレコ氏の地域通貨論を訳して出版したことがある。犯行現場のツーソンもまた、地域=コミュニティー通貨運動が盛んなところだ。この若者は、自滅的=自殺的行為の直前に「新しい通貨」に言及していた! これは何を意味することなのか!?)

 自分が発行する新しい第2、第3の通貨の発行!

 (私は人々が自分で発行する「コミュニティー通貨」に、私たちの未来がかかっている、と思っている人間だが、このアリゾナの22歳もまた、たぶんそう思っていた……これは驚きである)

 アリゾナの22歳は、「自分の通貨を創造し、流通させるのだ」と言ったあと、連邦政府に君たちの文法構造(グラマー・ストラクチャー)のコントロールを許してはならない、と主張する。

 そして22歳は、自分で自分の「言語」を創造せよ、と、ユーチューブの視聴者であるアメリカ人(および、われわれ)に迫るのだ。第2、第3の言語を創造せよ、と。

 ここまでが、この5時間後に殺戮者となる若者が、どうしても言い残しておきたかったことであろう。

 ####

 メッセージは一転して、「人は誰しも眠りが必要だ。ジャレッド・ロフナーは人間である。だから、ジャレッド・ロフナーにも眠りが必要だ」と、自分の眠り=死の必要性を語り始める。

 そう、彼の自動小銃の乱射は、彼の自殺行為であるのだ。
 何かを破壊した上での……(あのアキバの加藤被告と同じ心理状態である)

 ジャレッド・ロフナーは殺戮を「眠り」の中で決行しようとする。
 自分は夢遊者(スリープウォーカー)であると言って。

 目覚ましのベルを切って、起き上がった夢遊者であると、自分を規定する、午前5時の22歳よ!

 そしてこの22歳は自分を「意識はありながら夢見ている、まだ眠っている」男だと主張する。

 そして、いきなり(彼にとってはおそらく自然の成り行きとして)「テロリストは」――と書く。

 そして、テロリストを定義づけるのだ。テロル、テロリズムを「政治的な武器」として動員する男だと。

 そうなのだ、このアリゾナの22歳は、自分を政治的なテロリストとして(になるために)、自分に自動小銃の引き金を引かせたのだ。

 しかし、彼はそうテロリストを定義しているにも拘わらず、自分をテロリストと呼ぶことを「人身攻撃」だと言って非難する。

 僕はたしかにテロスリトだが、君たちにテロリスト呼ばわりされるいわれはない、ということか?

 ここから、おそらくは彼の犯行の直接的な動機となった、彼の経験が綴られる。

 アリゾナのフェニックスの米軍ルリクルートセンター(MEPS)で、入隊試験の前に、ポケットサイズの「ミニ聖書」を手渡されたというのだ。
 (ふん、何が聖書なものか!――ということか? ……この22歳は、この米軍入隊試験をパスしなかったそうだ……)
 
 そう記したあと、この22歳は突如、米国市民の大多数は合衆国憲法を読んだこともない、と言い始める。

 読めば分かる。連邦政府の法律など受け容れる必要のないものだと言い始める!

 「聖書」からイッキに、「連邦政府の統治の否定」へ突っ走る、このアリゾナの22歳!

 その批判は、すぐさま「茶会」的な色彩を帯びる。資産家や政府の役員が奪取しなければ、アメリカの土地も法律も、今なお(独立戦争の)革命家の手にあったはずだと。

 「結論として」と、この22歳は言う。

 「僕は、今の連邦政府を信じていない」と。「政府は、文法をコントロールすることで、マインドコントロールた洗脳を行っているから」と。

 そして、(これまた唐突に)「僕は金や銀に裏付けられていない通貨による借金を支払うつもりはない」「僕は神を信じない」と。(この22歳は借金の返済に苦しんでいたのかも知れない……)

 ####

 ジャレッド・ロフナー、22歳がユーチューブの最後のメッセージの最後に乗せた一文は、こうである。

 What's goverment if words don't have meaning?

  もしコトバが意味を持たないなら、「政府」って何なんだ?

 ####

 新しいコトバの文法、新しい経済をつくる通貨――その実現の不可能性の悪夢を正夢と信じ、ジャレッド・ロフナーよ、君は自分と世界の破壊に踏み出したのか?

 マッチョのサンシャイン・ステート、アリゾナの地で、あの「茶会」のコトバに踊らされ、君は他者の存在を認めず、歴史を、政治を、神を、そして自分を葬り去ろうとしただけではなかったか?

 コトバを、これだけ綴ることができる君が、アメリカ人であることの孤独な自己愛、政府を構成できないエゴイズムの罠に引きずり込まれ、こんな悲劇を引き起こしたことは返す返す残念なことだ。

 君の苦しみは分かる。それはアメリカ人の苦しみだから、その苦しさは理解できる。

 でも君は、こう自問すべきだったのだ。

 もしコトバが意味を持つなら、僕は僕の人生を生きることができるはずだ、と!

 君のADE(個人紀元)は、ADE22年であり、この先が、――君の23年が、24年が……50年が、60年があったはずである。 

    

Posted by 大沼安史 at 09:34 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2011-01-08

〔いんさいど世界〕 ハイチのミレーさんの話

 ハイチ大地震(2010・1・12)から1年――。
 23万人の命を奪い、130万人もの人々を震災難民にした、あの巨大地震から、早くも1年が過ぎようとしています。

 この1年前のハイチ地震のことを、震災孤児たちは、こう呼んでいるのだそうです。

 「グードウ・グードウ」

 激震が襲って来たときの音なんだそうです。

 ####

 コレラが流行したりして、復旧作業は1年が過ぎようとしているのに軌道に乗っていないそうです。テント生活を続ける人は、なお100万人以上。

 それでも、ハイチの人は負けずに生きている。

 今日は、そんな1人――ハイチのパトリス・ミレーさん、という方を紹介したいと思います。

 ####

 Millet、ミレー。

 そう、あのフランスの、「落穂ひろい」や「晩鐘」の画家、フランスソワ・ミレーと同名の人(ハイチはフランス語も公用語です)。

 このハイチのミレーさんの、ハイチの子どもたちを元気づける「闘い」が、英紙インディペンデントに出てました。⇒ http://www.independent.co.uk/news/appeals/indy-appeal/independent-appeal-dead-man-walking-and-the-worlds-worst-slum-2149750.html

 49歳になるこの「ハイチのミレー」さん、震災難民の子どもたちのために「サッカー」をプレゼントしている人なんです。

 自分は末期がんと医師から宣告を受けているのに、こどもたちのため、ポルトープラーンスのスラム、「太陽の町」の外れで、サッカー教室を開いている方です。

 ####

 ミレーさんが末期がんの診断を受けたのは、大地震の1年前――今から2年前のことでした。

 ミレーさんはもともと、建設屋さん。仲間と共同経営していた建設会社の株を売って、人生最後の一仕事に取り掛かった。

 それがハイチのスラムの貧しい子どもたちのためのサッカー教室の開催でした。

 自分でサッカー場を3つ、つくって。

 サッカーの練習のあと、子どもたちと話し合いをする。

 社会のことを、人生のことを。自分たちのの夢のことを。

 ####

 ハイチ大地震で、3ヵ所あったサッカー場のうち、きちんと整地された2ヵ所は、たちまちテント村に変わったそうです。

 空港近くのスラムの、野原のような1ヵ所だけが残った。

 そこでミレーさんはサッカー教室をこれまで続けて来た。

 集まって来る子(8~15歳)は1日1食の子どもたち。「痛々しいほど痩せ細った」子もいるそうです。

 練習後、ミレーさんからお米やパスタ、ミルクなどをもらって帰る。

 お兄さんを亡くした(救助作業中、家の下敷きになったそうです)11歳のオーグスト君は、「家族みんなで、日曜日に食べるんだ」と、インディペンデント紙の記者の方に言ってました!

 オーグスト君らテント生活を送る震災難民の子にとって、ミレーさんのサッカー教室は、唯一、プレーを楽しめる場。

 子どもたちには食べ物だけでなく、プレー(遊び)が必要なんですね。

 ####

 さて、心配なのは、ミレーさんの病状ですが、これまで3度、危機的な状況に直面したにもかかわらず、いまは医者も驚く「小康状態」。

 サッカーで甦ったのは――元気を取り戻したのは、子どもたちだけではないようです。   

 ####

 それからもうひとつ――。ちょっとすごいのは、ミレーさんのチーム、U15(アンダー15)の地区大会で優勝し、なんとフロリダのトーナメント戦に出るんそうです。

 ただの(?)サッカー教室と違うですね。

 ボランティアですが、ちゃんとしたコーチもいる。だから、レベルが高い。

 (日本のPKO部隊の自衛隊のみなさんも、チームを組んで、一度、対戦してみたらいい! そのうち、ミレーさんのとこの選手が、ベガルタ仙台に入ってきたりして!!)

 ####

 フランスの画家のミレーには、有名な「種まく人」(岩波書店のマークにもなってますよね)って絵がありますが、「ハイチのミレー」さんもまた、サッカーで未来の種をまいている人ではないでしょうか……。

 人生の秋に、最後の種をまき続けるミレーさん。

 その姿は、遠く離れた日本の私たちの心にも、希望と勇気の種子を、芽吹かせてくれるものです。

Posted by 大沼安史 at 11:07 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2011-01-01

〔いんさいど世界〕 2011 初笑い

 明けまして、おめでとうございます。
 
 元旦、ブログ書初め。初ブログです。

 ####

 さきほど、教え子から初電話がありました。その子は僕のところへ、ここ数年来、ずっと、定期的に電話をかけて来るのですが、初電話でその子の「初笑い」声を聞き、こちらも「初笑い」できて嬉しかった!

 彼女は中・高で、教師による体罰と言葉によるいじめに遭い、その時、受けた「傷」がなかなか治らず、苦しんでいた子ですが、昨年あたりから、その「暴力センコー」を「替え歌」で笑い(歌い)飛ばすことができるようになりました。

 で、僕が聞かせてもらった、新年の「初替え歌」は、なんとあの「歓喜の歌」!

 「笑い」は、心の傷を癒してくれるんですね。

 ####

 去年は――去年もまた、この国(日本)の学校で、ひどいイジメが起きました。

 この国の教室には、陰湿な憎悪や恐怖が蔓延していて、安心することができない。だから、笑えない。

 どうして、こんなことになってしまったのでしょうか?

 ####

 愛読する英紙インディペンデントに、英国で子どもたちの「コメディー学校(School of Comedy)」運動が広がっている、という記事が出ていました。 ⇒ http://www.independent.co.uk/news/education/schools/afterschool-comedy-clubs-heard-the-one-about-the-teenage-standups-2167475.html

 ローラ・ローソンさんという、「マーヴェリック・パイオニア(型破りな先駆者)が始めたもので、同名(スクール・オブ・コメディー)のテレビ番組を持っているほか、ロンドン西部の劇場で、子どもたちによるスタンダップ・コメディー(漫談・漫才)のショーを開いているそうです。

 出演する子どもたちの先生役は、プロの大人のコメディアンたち。

 ローラさんの「スクール」は今のところ、一ヵ所だけですが、新年早々、さらに2ヵ所増設する予定。ゆくゆくは英国すべてのふつうの学校に「コメディー・クラブ」をつくりたい――なんて言ってます。

 ローラさんに負けずに、ジェームズ・キャンベルさんという男のコメディアンの方も、「子どもたちのためのコメディー・アカデミー」というプロジェクトを、全英で繰り広げている。
 
 インディペンデント紙の記事によれば、英国では、お笑いを正課にしている大学もあるそう(「ソレント大学」)。

 さすが、シェークスピアの国のことだけ、あります。

 ####

 でも、子どもたちがスタンダップの漫才に挑戦する動きは、別に英国に限ったことではありません。

 たとえば、アメリカのニューヨークでだって、「キッズ・コメディー」というのがあって、ちゃんとした劇場で、笑いを連発している。
 ⇒ http://gocitykids.parentsconnect.com/attraction/kids-n-comedy-at-gotham-comedy-club-208-west-23rd-street-new-york-ny-10011-5805-us

 英国のローラさんたちに負けず、アメリカにも「スクール・オブ・コメディー」って、テレビ番組があります。 ⇒ http://www.channel4.com/programmes/school-of-comedy/4od

 ####

 英国やアメリカで、こうした「笑いの学校」が成立しているのは、それだけ、子どもたちの間で、「笑い」というものが、大事なものになっているからでしょう。自分の「天職」だと考える子どもたちも出ているそうですから、これは凄い!

 社会を、世界を、ユーモアで包み込みながら、笑い飛ばし始めた子どもたち!

 インディペンデント紙は、情報化の進展で、子どもと大人を隔てる壁が消え、子どもたちも「コメディーが生れる社会基盤」を大人と共有できるようになっていることを、一因として挙げていますが、鋭い指摘ですね。

 子どもたちもまた、大人社会に対する目を、大人と同じに持っていて、大人社会を笑い始めた――。

 日本でも、若いお笑い芸人たちが続々とデビューしていますが、コレって、ひょっとしたら、新しい世代による、笑いによる世直し、かも……??

 ####

 「初笑い」にまつわる、「笑い」の話題を、もうひとつ、紹介しましょう。

 オーストラリアに「ラップ・ニュース」という、人気のお笑い番組があるのですが、この「ラップ漫才」が素晴らしい!

 ラップですから、ちゃんと「韻」を踏んでいる。そして、ドンドン、突っ込みをかける。

 僕がユーチューブで見たのは、「ウィキリークス」による米国務省機密文書暴露問題をネタにしたものですが、小気味よい風刺がズンズン・ズンズン、リズムに乗って続き、スゴイ楽しい!(たとえば「ヒラリー」を登場させ、「アメリカ」なる「ブランド」が一気崩壊したことを嘆かせているあたり、う~ん、なかなか、やるジャン!)
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=hl4NlA97GeQ

 「ラップ漫才」――これ、日本でも始まらないかな!

 ####

 「笑い」による社会批判、コメディアンによる世直し――といえば、アメリカの社会派コメディアン、ジョン・スチュアートさんに触れないわけには行きません。

 この年の瀬、アメリカの連邦議会の上院で、「ジェームズ・ザドロガ法」という法律が成立しました。

 この「ジェームズ・ザドロガ」さんという方はニューヨーク市警の方で、あの「9・11」の際、現場で救援活動にあたり、有毒な粉塵を吸い込んで、その後、何の補償も受けられないまま、お亡くなりになった方です。

 そのザドロガさんの名を冠したこの法律は、「9・11」の現場で闘い、後遺症で苦しむ消防士や警察官らを支援するため補償を行うというものですが、共和党の議員たちのサボタージュで、廃案になりかけていた。

 その問題を、自分のテレビ・コメディー番組で、立て続けに4回も取り上げ、流れを変えたのが、ジョン・スチュアートさんだったわけです。⇒ http://www.nytimes.com/2010/12/27/business/media/27stewart.html?_r=2&src=ISMR_HP_LO_MST_FB  

 ####

 連帯としての笑い。憎み合い、いじめ合うのではなく、笑いとユーモアで、心と社会を明るく、楽しくする笑い。

 日本の学校で「コメディー」を、たとえば、総合学習なんかでやり出したら、きっと、「イジメ」なんかなくなるんじゃないでしょうか?

 ####

 2011年――さらに厳しい年になりそうです。

 そういう年だからこそ、僕たちは、なおさら「笑い」を忘れず、笑って生きてゆかねばならない。

 あの惨憺たる南北戦争を克服し、無利息マネーを発行してアメリカ社会の再生に成功した、かのリンカーン大統領は、こんな言葉を遺しているそうです。

 I laugh because I must not cry. That is all. That is all.

 ####

 本ブログを、ことしも、よろしく!

Posted by 大沼安史 at 11:46 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-12-25

〔いんさいど世界〕 発表! 「2010年 世界年男・年女」 (ただし、本ブログの選定)

 2010年――たいへんな年でした。

 夏は暑かったですね。米国のNASAゴダード研究所によると、2010年は観測史上、最も熱(暑)かった年になる見通しだそうです。

 さて、いよいよ、年の瀬、どん詰まり。

 本ブログ選定の「2010年 世界年男・年女」を発表したいと思います。

 まずは「2010年年男」から。

 ####

 「年の人(Man of the Year)」の選定では、アメリカの雑誌「タイム」のが、有名ですね。

 僕は、「タイム」の読者投票で、ウィキリークスの編集長、ジュリアン・アサンジさんがぶっちぎり1位だったので、そのまますんなり、決まるのかな、と、思っていましたが、結局、「タイム」誌として決めたのは、「Facebook」の創業者のマーク・ザッカーバーグさん(23歳)、でした。
 23歳のネット・ビリオネーア……。アイデアと若さの勝利、ということでしょうか?

 これに対する論評(?)はさて置き、本ブログが白羽の矢と立てたのは――――

 マークさんより10歳も若い、フェリックス君(13歳)です。

 フェリックス・フィンクバイナー(Felix Finkbeiner)君。

 ドイツ・ババリアに住む、眼鏡をかけた、まだあどけない顔の男の子です。

 どうしてこの子を、「輝け! 机の上の空 2010年・年男」 に選んだか、というと、このドイツの男の子、僕らの地球(環境)を救ってくれそうな子ども、だから。

 この前、メキシコのカンクンで国連の地球環境サミットがありましたよね。

 そのカンクンへ、このフェリックス君、世界規模で植樹運動を続ける、 「地球のために植樹する(Plant-for-the-Planet)」の子どもたちを引き連れて、乗り込んだです。

 で、そこで何を訴えたかというと、これがズバリ、「言い訳、やめて! 木を植えて!(Stop Talking, Start Planting)」!!!

 各国代表のオジサン、オバサン、経済成長がどうの、国際競争力がどうの、と、ゴタゴタ・グズグズ、タワゴト言ってる場合じゃないでしょ。そんな暇あったら、二酸化炭素を吸収してくれる木を植えなさい、とアピールしたわけです。

 可笑しかったのは、フェリックス君たちが作ったポスター。

 大人の口の前を、子どもが手で塞ぐ図柄。

 フェリック君たちにしたら、カンクンの会議開幕2日目に、「京都Ⅱに反対」とブチ上げ、会議をぶち壊した日本政府の代表の口の前に、手の平を差し出したかったことでしょう。

 それはともかく、フェリックス君の凄いのは、今から3年前、2007年の年に――ということは、9歳の年に――小学校の4年生の時に、地球を緑化して環境を守ろうと決意し、クラスのみんなの前で、「世界の国が各国100万本ずつ植樹しよう」と提案し、運動を開始したんです。(ドイツではフェリックス君の呼びかけで、昨年、100万本植樹を終えています)

 そんなドイツのババリア地方から始まったフェリック君の運動が、昨年11月、韓国の大田(テジョン)での、「環境の正義のための子ども宣言」につながり、「地球のために植樹する(Plant-for-the-Planet)」の子どもたち」の結成に結実した。

 すごい子ども(たち)が現れたものです。

 もしかしたら、フェリックス君ら子どもたちって、本能的に感じているのかもしれませんね。

 交渉とか駆け引きしてる場合じゃない。今、植樹しないと、僕たち・私たちの生きる地球は――未来は、ダメになっちゃう、と。
 ⇒ 
http://www.democracynow.org/blog/2010/12/10/global_childrens_campaign_to_climate_delegates_stop_talking_start_planting

 http://www.plant-for-the-planet.org/ 

 ####

 さて、本ブログ選定の「2010年 世界年女」は?――

 それがなんと、91歳のおばあちゃん。

 オルガ・コテルコさんに決定!……~~~っ!!!

 コテルコさんなんていうと、日本風に(コ抜きで)照子おばあちゃん、なんて言ってしまいたくなりますが、和暦では大正8年――西暦では1919年の3月生まれの、オルガ・コテルコおばあちゃん、知る人ぞ知る、世界のスーパースターなんです。

 カナダのバンクーバーに住む、ふつうのカナダのおばあちゃんですが、ことし(2010年)11月、ニューヨーク・タイムズ紙がその「マガジン」で特集記事を組んで、フツーに知られるようになった人です。⇒ http://www.nytimes.com/2010/11/28/magazine/28athletes-t.html?_r=1&ref=homepage&src=me&pagewanted=all

 で、どこが凄いかというと、その運動能力。身長152センチと小柄な方なんですが、91歳の現役アスリート。陸上競技のシニア世界チャンピオン、女王さまとして君臨している方なんです。

 「数字」を見れば、オルガおばあちゃんがどれだけ凄いか、一目瞭然!

 「ワールド・マスターズ」認定の「世界記録」を、これまで「23個」も獲得。

 今、所属する「90~95歳級」でも、「世界記録」を「17個」も保持。 

 一例を挙げると、昨年の「ワールド・マスターズ」シドニー大会で、「100メートル=23.95秒」を、たたき出しています。

 100メートルを24秒近くで――(当時)90歳で、この走り! 凄いなあ! 

 で、このオルガおばあちゃん、スポーツを始めたのは、学校の先生を定年で退職したあと。

 最初はソフトボールだったそうです。

 ピッチャーで鳴らしたそうです。

 そのうち――といってもオルガさんが77歳の時ですが、チームメートから「陸上、やってみたら」とアドバイスされ、やる気になった。

 オルガさんの偉いのは、ちゃんと専門のコーチについて、基礎から――基礎体力から鍛錬を始めたそうです。

 一念発起で走り出して、足腰を痛めてしまうような無謀なことはしていなんですね。

 そうやって、だんだんと力をつけて行った。

 自分でも研究熱心で、自己流の、ベッドの上でできるマッサージ・プログラムを開発したそうです。

 「OKプログラム」――OKは自分の名前(オルガ・コテルコ)のイニシャルです。

 向上心がある方、なんですね。

 食生活にも気を使っている。パスタの大盛りなんか、絶対に口にしないそうです。 
 
 そうやって今、世界のスーパー・アスリート(シニア)女王の座に!

 あまんまり凄いものだから、その秘密を解き明かそうと、ことし、カナダの大学が「身体検査」を行いました。

 そしたら、ふつう、65歳を超えると、筋肉の線維に異常が見られるものなのだそうですが、1個も見つからなかった!

 研究者が彼女に、「体力の秘密は?」と聞いたら、答えは「自分にとってもミステリーです」。

 続いて、「自分を何歳くらいの体力の持ち主と考えてますか?」と聞いたら、答えは「50歳くらい」でした。

 う~ん、自分を50歳と言える、91歳のスーパーおばあちゃんは凄い!

 なんか、うれしくなる話ですよね(とくに、僕のような前期老人なんかには)

 オルガおばあちゃんは、日本の厚生労働省のカテゴリーで言えば「後期高齢者」に含まれるのでしょうが、日本でそんな「分類」してると知ったら、きっと鼻でお笑いになることでしょう。

 あんた(厚労省の幹部官僚)ら、ゴルフで、さんざん体力鍛えてるそうだけど、それじゃあ、一丁、この私と100メートル競争してみるか、と挑戦しに来日したりして!

 さて、ニューヨーク・タイムズの記事によれば、何事にも「新星」が現れるもの。

 このオルガさんの後を追って、記録の更新を着々と狙っている、第2のスーパー・アスリート、おばあちゃんがいるそうです。

 それがなんと、日本のおばあちゃん、現在88歳の守田満(モリタ・ミツ)さん(熊本県在住)。

 まだ「85~89歳級」ですが、200メートル走では、オルガさんの記録より10秒近くも早いタイムをたたき出しているそうです!

 ####

 新年はウサギ年。

 オルガおばあちゃん(きっとウサギ跳びもできるんじゃないかしら)の向上心と、フェリックス君の勇気に学び、私たちの「飛躍の年」としたいものです。 

Posted by 大沼安史 at 12:22 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-12-23

〔いんさいど世界〕 あの尖閣の海は米海軍訓練海域だった!

  雑誌「世界」の最新号(1月号)に掲載された、豊下楢彦氏の論文、「『尖閣問題』と日米安保」を読んで、中国漁船「衝突」事件の「謎」が解けた。

 菅直人政権がビデオを「封印」しようとした、ほんとうの理由(のひとつ)が分かった。

 ####

 9月7日午前、第11管区海上保安本部の巡視船が中国トロール漁船を発見したのは、尖閣諸島の久場(くば)島の北西12キロの日本領海内でのことだが、豊下氏の論文によれば、久場島海域は、同じ尖閣諸島の大正島と並び、「米海軍訓練区域」になっているのだそうだ。

 第11管区海上保安本部が「衝突」事件の2ヵ月前、2010年の7月に作成した「アメリカ合衆国軍海上訓練区域一覧表」に、そう明記されてある、という。

 それも「久場島」ではなく、なぜか、中国名の「黄尾■(山ヘンに興)」と表記されているというからあきれる。(大正島も赤尾■と表記)

 ####

 まるで、尖閣諸島が中国領であると、日本政府側から申し立てているようなものだが、それはともかく、久場島海域が米海軍の訓練区域になっていることは、日本側にとって、どんな意味があるのか?

 豊下論文によれば、社民党の照屋寛徳・衆議院議員(弁護士)の質問趣意書に対して、菅直人政権は、この10月22日付けの答弁書で、こう回答している。

 久場島海域のような米軍訓練区域に「地方公共団体の職員等」が立ち入るためには「米軍の許可を得ることが必要である」!
 (海保の巡視船の乗組員は、国家公務員だが、米海軍から許可をもらって、現場海域に立ち入り、中国漁船を「発見」したのだろうか?……)

 ####

 尖閣の久場島海域は、日本領海でありながら、事実上、「米(軍)領海」であったわけだ。
 (これは、日本領空でありながら、米軍が専用のエアスペースを持っていて、気軽にジェット戦闘機をぶっ飛ばすことができている事態の、海バージョンだ!)

 このとんでもない事実がバレるのを恐れ(海保撮影ビデオでは、たしか、現場の正確な位置を、東経と北緯でアナウンスしていた!)、菅直人政権は、ビデオの「封印」を図ろうとしたのではないか?!

 ####

 豊下論文から離れるが、「中国漁船」の問題で、菅政権と主流メディアは、巡視船と「衝突」したことばかりあげつらい、「ぶつかって来た」ことばかり強調していたが、これも問題の核心から目を逸らす、姑息な世論操作である。

 私が1970年代の初め、北海道の根室で新聞記者をしていたころ、北方領土海域に出漁する日本漁船はソ連警備艇に発見され、拿捕されたら最後、色丹島に連行され、船長はハバロフスクの刑務所へ送られたものだ。

 領海侵犯、不法操業!

 今回の中国トロール漁船も、日本領海内で不法操業していたのだから、中国人船長はその容疑で逮捕すべきだった。

 それが本筋ではないか!

 なのに、「衝突」にばかり、日本国民の目を誘導し、挙句の果ては、船長を釈放した菅直人政権!

 ####

 尖閣問題は1978年から日中間で「棚上げ」されて来た非常に微妙な問題だ。

 それなのになぜ、当時、海上保安庁を指揮していた前原・国土交通相は「逮捕」を命じたか? 

 中国漁船が「米海軍訓練区域」に「米国の許可を受けずに」入ったから、いきり立ったのか?

 ####

 菅直人政権がなすべきは、尖閣の海を、米海軍訓練区域のない、平和の海にすることである。

Posted by 大沼安史 at 08:48 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-12-18

〔いんさいど世界〕 「ブラボー中隊」に捧ぐ

 米軍の「星条旗」紙(電子版)に、アフガニスタンで自爆テロに遭い、瓦礫に埋まって圧死した6人の米兵の追悼式の記事が出ていた。⇒ http://www.stripes.com/bravo-company-bids-a-tearful-goodbye-to-fallen-friends-1.129117

 あの「ブラボー中隊(Brabo Company)」の兵士だった。

  記事に生き残った兵士が、仲間の死を悲しむ写真が添えられていた。
 もうじき、クリスマスだというのに……。

 ####

 あの「ブラボー中隊」!

 ウィキリークスが暴露した、2007年7月12日、ニューバグダッドでの、米軍ヘリによるイラク住民機関砲掃射ビデオのあの現場に、地上部隊として駆けつけたのが、この「ブラボー中隊」だった。

 3年前、イラクの前線にいた「ブラボー中隊」は、アフガニスタンの前線にいた!
 ⇒  http://onuma.cocolog-ifty.com/blog1/2010/10/post-0722.html

 ####

 今月(12月)12日午前9時少し前、ストロング・ポイント・デワール前線基地――。

 前夜遅く任務に就いていた中隊の半分がまだ寝ているときだった。

 一台のヴァンが基地に向かって来た。90メートルまで近づいたところで、見張りの米兵が気付いた。

 アクセルを踏み込み、突進して来たヴァンは、基地から20数メートルの距離で爆発した。

 基地の建物は爆風で崩壊。

 難を逃れた兵士が必死に瓦礫を掘り起こしたが、この6人だけは救い出せなかった。

 ####

 追悼式は17日にあった。

 「星条旗」紙の記事は、こう書いている。

 「6つのヘルメットと6足のブーツが一列に並んでいた」

 そして、「すすり泣きが漏れた。続いて、つかの間の笑いが……」とも!

 悲しさに耐え切れない誰かが、苦し紛れの冗談でも飛ばしたのだろうか?

 ####

 「ブラボー中隊」は11月半ばにも自爆テロ攻撃を受け、3人の仲間を失っている。

 「星条旗」紙は、米軍の準機関紙的存在だが、これはいかにも「乾いた」記事だ。

 亡くなった兵士の一人は「沈黙のプロ」だった、と書く、「星条旗」紙の従軍記者よ!

 「ブラボー中隊」の兵士たちの神経は、イラク、アフガンの転戦の中で、引き裂かれ、ささくれ立ち、擦り切れ、麻痺してしまっているのではないか?

 そうでなければ、「すすり泣き」のあとに「笑い」が弾けるわけがない……。

 ####

 イーサン・マッコードさんは、2007年7月の米軍ヘリ機関砲掃射現場に「ブラボー中隊」の一員として駆けつけ、蜂の巣になったヴァンから、男の子を救い出した人だ。

 マッコードさんは退役後、「オペレーション・リカバリー(回復のための作戦)」という名の復員兵の団体を立ち上げている。 ⇒ http://www.ivaw.org/operation-recovery

 イラク、アフガンの前線で傷ついた兵士の心を癒し、戦争に反対する、マッコードさんら「オペレーション・リカバリー」の復員兵たち。

 ####

 あのウィキリークスの暴露ビデオが何よりも明確に示したように、機関砲を撃ちまくるヘリの兵士も、無線で命令を発する指揮官も、常軌を逸しているのだ。

 戦死した仲間の追悼式で笑い声を上げる兵士もそうだが、撃ちまくり続ける兵士もまた、癒されなければならない。

 ####

 「星条旗」紙の同じ紙面(電子版)に、同紙オンブズマンの、「苦言」が載っていた。

 国防総省(ペンタゴン)が、同紙の記者に、ウィキリークスの「暴露」した記事がニューヨーク・タイムズなどに出ても、見てはならない、との「禁止令」を出したことに対する「苦言」だった。

 米軍の兵士だけでなく、米軍を取材する準機関紙の記者までも「目隠し」するペンタゴン!

 これまた、正気の沙汰ではない。

 ####

 「ブラボー中隊」!

 ブラボーとはあのブラボー、いいぞ、素晴らしい、のブラボーだ。

 「戦争の家=ペンタゴン」を本丸とする米軍事権力=軍産複合体が叫ぶ「ブラボー」の中に、兵士の心の痛みや苦しみ、悲しみに対する思いはカケラもない。

 兵器の発注と受注、軍事予算、売上の絶えざる拡大――があるだけだ。

 ####

 生き残った現役の「ブラボー中隊」に、君たちの先輩の、マッコードさんの言葉を捧げたい。

 マッコードさんは、「兵士たちにも癒されるという基本的人権がある」と言っているのだ。

 自分たちが癒されるためになすべきはひとつ――それは「戦争」を止めることである。 

 そのために、事実を直視し、真実を発言することである。

Posted by 大沼安史 at 09:38 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-12-17

〔いんさいど世界〕 エルズバーグ博士の「暴露」

 ホワイトハウスの周辺は白一色だった。雪が降り積もった16日、ホワイトハウスの鉄柵に自らを鎖で縛り付ける、「平和のための復員兵」主催の抗議行動が行われた。
 ユーチューブ ⇒   ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=aUtFF9R6808&feature=player_embedded#!

 その中に、「ペンタゴン文書」を暴露した、ダニエル・エルズバーグ博士がいた。

 79歳。

 お元気そうで、すこしほっとした。

 ####

 「Peace Now(今すぐ平和を!)」――自ら鎖に繋がれ、「人間の鎖」となって結束した参加者たちは、この単純な、当たり前の言葉を繰り返し叫んだ。

 エルズバーグ博士の左隣にいた女性が、歌い出した。未来は、必ず、そうなる、あの We Shall Overcome 。

 参加者たちは3週間前に、オバマに会見を求める手紙を出していた。拒否されていた。

 抗議の意思をこめて、「今すぐ平和を!」の要求を書いたハガキをホワイトハウスの庭に投げ込んだ。

 ####

 参加者たちは逮捕された。一人ずつ、連行された。

 エルズバーグ博士が連行される模様を、平和運動サイト「コモン・ドリームズ」のアシスタントがカメラに収めた。

 ⇒ http://www.commondreams.org/further/2010/12/16-1

 前から、後ろから。

 微笑さえ浮かべながら、連行されるエルズバーグ博士。

 そこに、ホワイトハウス前の寒さに震え上がらない、温かな、確信のようなものを見るのは、私(大沼)だけではないだろう。

 ####

 「人間の鎖」プロテストに先立ち、近くの公園で開かれた集会で、エルズバーグ博士は、こう語った。⇒ 
 http://www.commondreams.org/headline/2010/12/16-2

 「私はブラドレー・マニングは、この国の英雄だと思う。そして、ジュリアン・アサンジは、間違いなくオーストラリアの英雄だ。彼らをテロリスト呼ばわりすることは誤りであるばかりか、不条理そのものであり、彼らの名誉を毀損するものだ。2人とも、私以上に、テロリストではない。そして私は、テロリストではない」

 博士はとくにブラドレー・マニングさんについて、自分の行為と共通性があると指摘し、連邦議会の一部の議員たちが叫んでいるように、もしマニングさんが国家に対する裏切りで処刑されなければならないというなら、アメリカが英国の植民地だった以来、同じアメリカの同胞に情報を伝えたことで処刑される最初のケースになる、と厳しく批判した。

 今回の「国務省機密電」の暴露についてエルズバーグ博士は、「ゴシップ」に目を奪われ、ウィキリークスが「開示」した、ほんとうに重要な問題を見落としてはならないと強調。

 たとえば、米軍がペンタゴンの「否定」にもかかわらず、パキスタンで地上戦に従事している事実が「開示」されたことは、これ以上、危険極まりない――ほかにこれ以上、重要な問題はないくらい大変なことで、これによってパキスタンの不安定化が一気に進み、「イスラムの核」がアルカイダの手に落ちないとも限らない――と警告した。

  ####

 なるほど、そうなのだ。

 ウィキリークスではさまざまことが暴露されているが、最大の問題は何と言っても「戦争」なのだ。今すぐ、「アメリカの戦争」を終えることなのだ。
 
 エルズバーグ博士の「ペンタゴン文書」が、ベトナム戦争の終結へ向けて貢献したように、今回のウィキリークスを通じた暴露でもって、「アフガン・パキスタン戦争」は終結に導かれなければならない……。

 だから、ホワイトハウスの前で、参加者は叫んだのだ。
 「今すぐ平和を!」と。

 ####

 ウィキリークスによる、ネットを通じた暴露の連鎖と伝播は、エルズバーグ博士の時代にはなかったことだ。

 アメリカの軍事権力は、グローバルな規模で広がる怒りと批判によって、実はいよいよ、追い詰められている。

 そのことを承知していて、こんども「戦争をやめさせることができる」と見通しているから、そのこともあって、たぶんエルズバーグ博士は、連行されながら微笑んだのだ。 

 ####

 エルズバーグ博士は、雪のホワイトハウスの前で、自らを鎖に繋ぎ、逮捕されたことで、あの「ベトナム戦争」の過ちと悲劇を「アフ・パク戦争」の「現在」に繋ぎ、その愚かしさを「暴露」して見せた。

 このエルズバーグ博士の「暴露」もまた、ウィキリークスの暴露に、負けずとも劣らないものである。
 
 まるで悪魔祓いの舞台のような、白一色のホワイトハウスの前で、「オバマの戦争」は、エルズバーグ博士の「歴史の開示」によって、「ベトナム戦争の悪夢」に呪われたものになった。

Posted by 大沼安史 at 08:05 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-12-11

〔いんさいど世界〕 ハイチで羽ばたく「空飛ぶ電波マネー」

 年が明けると、間もなく、「ハイチ大地震」1周年(1月12日)の記念日。

 「激動の2010年」の幕開けを告げるような、ものすごい地震でした。

 で、この「ハイチ地震」、実は不思議な地震だったそうです。

 震源は「エンリキロ断層帯」という大活断層、というのが、当初の定説だったそうですが、米航空宇宙局(NASA)のその後の調べで、原因は「地表に近い複数の断層の地滑り(slip on multiple faults)」と分かった。
 ⇒ http://www.jpl.nasa.gov/news/news.cfm?release=2010-337

 ベネズエラのチャヴェズ大統領が、ロシア海軍筋の話として、アメリカの「地震兵器」の誤発射説をぶち上げていましたが、関係あるのでしょうか?

 ####

 いきなり「余談」から入ってしまいました。
 
 早速、本題に――。

 ハイチでは外国のPKO部隊(日本ではありません!)によって持ち込まれたと見られるコレラが蔓延する「二次被害」も起きて、まだまだ大変な状況が続いてますが、歳末助け合いの年の瀬ですから(?)少し心が晴れる――温かくなる――そして、私たちの「希望」にもなる、「いいお話」を紹介したいと思います。

 ハイチで羽ばたく「空飛ぶ電波マネー」のお話です。

 ####

 これ、実は、僕の尊敬する、ニューヨーク・タイムズのコラムニスト、ニコラス・クリストフ記者が、ハイチまで家族連れで出かけて行って紹介した話。自ら体験してビックリした話です。 ⇒ http://www.nytimes.com/2010/12/05/opinion/05kristof.html?_r=1

####

 アメリカの西海岸の都市、ポートランドに拠点を置く、「マーシー・コープス(慈悲団)」という支援団体が、ハイチで進めている、「T-キャッシュ」という震災難民救援プロジェクトがあります。

 現地の「ヴォワラ」というケータイ通信会社と、「ユニ・バンク」という銀行と連携して動かしている支援システム…………これが、実にシンプルで、それでいて、なかなかの優れもの、なんです。かんたん――だけど、すごい!

 「T-キャッシュ」の「T」とは、テレホンの「T」です。「キャッシュ」は「現金」。

 でも「T」のテレホンは電話線のある回線電話ではなく、電波で飛ばすケータイ電話。「キャッシュ」も、現ナマというより、「マネー」の意味。

 そう――被災者のケータイに、電波で義捐金を送金するシステムなんです。
  ⇒ http://www.mercycorps.org/countries/haiti

 ハイチの田舎には銀行の窓口も、現金書留を届けるシステムもありませし、手渡しも、記録をとるなど、手間のかかることですから……。

 ケータイに「送金」する。
 月に1度、一斉に送金する。1人40ドル相当。
 (ハイチの通貨はグールドといいます。100グールド=2。5ドル)
 自分のケータイへの入金を確認したら、早速、ケータイで買い物をする。売買のデータはケータイの電波で送られ、その場で決済が行われる…………。

 〈ニコラス・クリストフさんはハイチのサンマルコという町の、電気のない「ロージー・ブティック」という雑貨屋さんで、ケータイで食料品を「買えた」ときの感動をコラムに書いています〉

####
 
 つまり、ケータイがお財布になっているわけ。ハイチの現地語、クレオール語では「ブゼリエ」――英語では「モーバイル・ウォレット」――代わりに、ケータイが使われているわけです。

 日本でもプリペイドとかなんとか、「ケータイ・お財布」が結構広がっていますが、ハイチの「ブゼリエ」がすごいのは、買い物に使えるだけでなく、「貯蓄や送金」にも使えることなんです。

 彼女、どうやら最近、生活苦で困っているらしい……そうだ! 「ブゼリエ」で送金してやろう!――なんてことが、一発でできちゃう!
 (オレオレ詐欺なんか、要警戒ですが……!)

 秘密の暗証番号で操作しますから、万が一、「ブゼリエ」を盗まれても大丈夫。

 「現金」だと、宵越の金は持たない、とか何とか言って、パッパ、使っちゃいますが、「ブゼリエ」の「残高」としてあると、貯めよう、とか、倹約しようか、ということにもなる。

 そう、その通り。ハイチの人々の生活を守る、正義の味方――ケータイの電波に乗って、ハイチの空を飛び交う「電波マネー」、颯爽と登場!

####

 こうなると、銀行の出先がない地域に住むハイチの震災難民の人も「マネー」の恩恵に預かれるわえですが、「マーシー・コープス」では単なる義捐金の支給だけでなく、労働に対する報酬の支払いにも使っているそうです。

 たとえば、道路の復旧工事に携わった人の「ブゼリエ」に給料を払い込んでいる!

 恩恵を受けている被災世帯は、すでに8700世帯に達しているそうです。

####

 こうしてハイチの人々の生活の建て直しに――地域経済の復興に、「空飛ぶ電波マネー」の大活躍が始まっているわけですが、考えてみれば、これって、私たちの日本でも、大いに威力を発揮しそうなシステムではないでしょうか?

 たとえば、銀行に口座のない人、なかなか銀行まで行けない人、近くに銀行も郵便局もない人――って、いっぱい、いますよね。

 ケータイがカードにも、決済手段にも、預金口座にも、振込み送金機にもなるなら、こんな便利なことはありません。

 たとえば、ホームレスの方々に、ハイチの「ブゼリエ」の日本版「ブゼリエ・ジャポン」(ハイチはフランス語も公用語のひとつです……)を支給し、生活支援のお金を「電波送金」してあげる、とか、一人暮らしの寝た切りの人に生活保護費を「ブゼリエ・ジャポン」で送金するとか……。

 これって地域の銀行のサービス(業務)としても成り立つような気がするんでが、いかがでしょうか?

 ハイチでPKO活動をする自衛隊のみなさんに「ブゼリエ・ジャポン」を支給すれば、日本から特別ボーナスだって「送金」できる。

 クリストフさんは、コラムの見出しに、ここに「未来」がある――と書いていましたが、ここにはもしかしたら、私たち「日本」の未来の姿がある、のかも知れません。

Posted by 大沼安史 at 10:33 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-12-05

〔いんさいど世界〕「名刀(キーン・ソード)」 合同演習だと? 特攻隊は泣いている……

 自衛隊と米軍による過去最大規模の日米共同統合演習「キーン・ソード」( Keen Sword)が始まった。
 ⇒ http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-170905-storytopic-11.html

 沖縄の新聞、「琉球新報」が、そう「社説」で報じていた。

 「キーン・ソード」だと?

 Keen Sword――切れ味のいい刀……つまり、「村正」のような、「抜けば玉散る氷の刃」。

 それが日米合同演習のコードネームになっていた……そう、「キーン・ソード」!

 「日米合同」ということは、この演習名についても、日米「合同」で命名したはずだ。

 仮に米軍の一方的な命名にあとから「同意」したとしても、日本政府が――防衛省が、同意したという事実は、否定できまい。

 ####

 私は、この「キーン・ソード(=名刀)」という命名を見て、怒りが込み上げるのを抑えることができなかった。
 ⇒ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-12-02/2010120202_01_1.html

 「キーン・ソード演習」は、九州を中心とした、日米合同軍事演習――しかも、史上最大規模の演習である。

 鹿児島・宮崎県境をまたぐ「霧島演習場」では、陸自と海兵隊の合同演習が行われるそうだ。⇒ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-12-02/2010120202_01_1.html

 それを知って、なおさら胸が疼いた。怒りが込み上げた。

 鹿児島の知覧特攻基地(現・鹿児島・南九州市)からほど近い霧島演習場で、よくもまあ、「キーン・ソード」演習を行えるものだと。

 ####

 なぜ、怒りが込み上げるか?

 それは、この一枚の写真を見ていただけでは、お分かりになるだろう。

 ⇒ http://www.k3.dion.ne.jp/~j-gunto/gunto_037.htm

 私はこの写真を見る度に悲しくなるのだ。

 キューピーちゃんのようなマスコットを抱き、目を伏せている(閉じている)左端の特攻隊員の、ひとり飛んで右側の隊員が構えた、一振りの「日本刀」の写真……。

 そう、その通り、特攻隊員は、この、なまくらな「昭和刀」の日本刀を、鬼畜・米英をぶった斬る「名刀=キーン・ソード」と信じて、突っ込んで行ったのだ。

 ####

 2001年2月9日、鹿児島県知覧の「知覧特攻平和記念館」を訪れた小泉純一郎は、「展示ケースに両手をついたまま、声を殺してなき続けたそうだ」。⇒ http://www.1101.com/torigoe/archive/2001-08-10.html

 そこにあった辞世の歌は、「桜花と散り、九段(靖国神社)に還るを夢に見つ 鉄艦屠らん 我は征くなり」。

 霧島演習場からほど近い知覧からは、「1036人の若い特攻兵が海の彼方に飛び立ちそのまま帰らなかった」と、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんは書いている。

 ####

 その小泉純一郎が、出身校の慶応大学で、日米同盟を力説する講演をした。

 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=Yzf9D2ubekQ

 では、知覧でのあの涙は、嘘泣きの涙だったか……!

 鬼畜である「アメリカ」に対して、なまくらな昭和刀をひっさげ、突っ込んで行った(突っ込まされた)、あの若者たちを思う涙は、嘘だったのか?

 ####

 小泉純一郎の「変節」はさておき、日本を、日本人を、日本民族を愛する一人として(最近、私のことを「左翼」だと決めつけたブログを見てビックリした。私は「左翼」ではない!)、防衛省記者クラブのみなさんにお願いしたいことがある。

 それは、日米「合同」演習の名前が、なぜ英語の「キーン・ソード」でなければならならないのか?――いったい、誰がそう決めたのか――この演習名について防衛省はどう考えているか、記者会見の席で聞いてほしい、ことだ。

 知覧から「昭和刀」とともに飛び立った、特攻の若者たちの「身になって」問い正して欲しいのだ。

 ####

 名刀?――Keen Sword?――特攻隊員を虚仮(こけ)にするのも、いい加減にしたまえ!!

Posted by 大沼安史 at 09:04 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-12-04

〔いんさいど世界〕 エルズバーグ博士 80歳の戦い

 40年前の1971年、「ペンタゴン文書」を暴露したダニエル・エルズバーグ博士が、米国務省の機密電「開示」の「ウィキリークス」を擁護する戦いに立ち上がっている。

 80歳の抵抗――

 今月16日には、ホワイトハウスの柵に自らを鎖でつなぐ抗議行動に参加する予定だ。

 ####

 エルズバーグ博士が暴露した「ペンタゴン文書」(7000ページ)は、当時のジョンソン政権の、ベトナム戦争をめぐる「嘘」を暴き、戦争の終結へと流れを大きく変えたものだ。

 当時、博士は、米空軍(陸軍航空隊)によってつくられた軍事シンクタンク、ランド研究所の研究員で、国防総省(ペンタゴン)でベトナム戦争を再検証する仕事を続けていた。

 大統領が国民や議会に嘘を言っている。勝てない戦争なのに、勝てるようなことを言っている……。

 内部告発を決意した博士はゼロックスで一枚一枚、機密文書をコピーし、ニューヨーク・タイムズなどに提供した……。

 ####

 博士の内部告発は、米最高裁が同年7月末、ニューヨーク・タイムズに対する記事差し止めを違法とする決定を下したことで、ついに戦いに勝利することになるが、その同じ月――1971年7月の3日、オーストラリアで生れたのが、「ウィキリークス」の代表のジュリアン・アサンジさんだった。

 ホイッスル(警笛)は、こうして次の世代へと受け継がれたのである。

 ####

 「ペンタゴン文書」から40年が経った、ことし2010年は、イラクでの米軍ヘリ住民虐殺事件のビデオ公開など、「ウィキリークス」の1年だった。

 以来、一貫して反戦運動を続けて来たエルズバーグ博士は、「ウィキリークス」による相次ぐ暴露に、「私は40年間、この日が来るのを待っていた」と、歓迎と連帯の意志を表明した。
 ⇒ http://www.democracynow.org/2010/10/22/wikileaks_prepares_largest_intel_leak_in

 ####

 そして、今回の「国務省文書(機密電)」の暴露――。

 エルズバーグ氏はBBCのインタビューに答えてアサンジさんの立場を擁護し、ウィキリークスのサイトを追い出した「アマゾン」に対しては、抗議と決別の公開状を突きつけるなど、ウィキリークスと連帯する運動の先頭に立って動き回っている。

 獅子奮迅――そんな表現がぴったりあてはまる、まるで命をかけたような、必死の戦い!
 
 ####

 何が博士を、そこまで駆り立てているのか?

 それはたぶん、アメリカの軍事権力(軍産複合体)が、ベトナム戦争以降、さらに肥大化し、暴走し続けているからだ。

 アサンジさんら若い世代と連帯し、ここでもう一度、ストップをかけねば、との思いが、博士を衝き動かしている……これに間違い、ない。

 ####

 16日、博士とともに、ホワイトハウスの柵に自らを鎖でつなぐのは、「コード・ピンク」の女性活動家、メディア・ベンジャミンさんや、元ニューヨーク・タイムズ記者のクリス・ヘッジさんら、反戦・平和運動のベテランたちだ。
 ⇒ http://www.truthdig.com/report/item/hope_in_the_21st_century_20101128/

 逮捕覚悟の――少なくとも一晩、ブタ箱で過ごすことを覚悟した決起だ。

 若い頃、ベトナム戦争を経験したベトナム世代の運動家たち。

 ####

 エルズバーグ博士は、ウィキリークスへ機密資料・文書を送付したをみられる、米陸軍特科兵、ブラドレー・マニングさん(22歳)に対しても、共感と連帯の意志を表明している。

 だから博士の戦いは、ウィキリークスの擁護に終わるものではない。

 孫の世代のブラドレー・マニングさんが釈放される日まで終わることはないだろう。

 ####

 エルズバーグ博士は、アサンジさんやマニングさんについて、こう語っている。

 I think they’re being better citizens and showing their patriotism in a better way than when they keep their mouths shut.

 彼らはよき市民であり、口を噤まないことで、よりよい愛国者となっている――と。

 そう、彼らこそ、よりよき世界市民であり、よりよき愛国者である!

 僕もまた、エルズバーグ博士の奮闘に敬意を表し、遠く仙台の地から、(彼らに対しても)、連帯の意志を表明する。 

  ****
   
   エルズバーグ博士 公式HP ⇒ http://www.ellsberg.net/
  Wiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Daniel_Ellsberg

Posted by 大沼安史 at 05:53 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-11-26

〔いんさいど世界〕 「星の王子さま」、アフガンへ

 「星の王子さま=Le Petit Prince」がアフガニスタンに降り立った。
 公用語のひとつ、ダリ語に訳されて。

 5000部が――「5000の王子さま」が、アフガン北西部、バードギース州の子どもたちと語らい始めた………。

 アフガンからのニュースは、破壊や虐殺など、殺伐としたことばかり。そんな中、こんなほっとする話を、英紙インディペンデントで読んだ。
 ⇒   http://www.independent.co.uk/news/world/europe/spain-enlists-little-prince-for-charm-offensive-in-afghanistan-2139128.htm

 ☆☆☆☆

 ダリ語訳「星の王子」さまをアフガンの子どもたちに贈ったのは、スペインのフエンシスタ・ゴザロさんというご婦人。

 世界各国語に翻訳された、フランスのサンテグジュペリの名作、「星の王子さま」の各国語版の蒐集家だ。
 (スペインのニュース・ビデオを見たら、ちゃんと日本語版も集めていらした!)

 ダリ語への翻訳者は、現在、カブールで学校の校長をつとめるグーラン・サキ・ガイラートさん。

 ガイラートさんは今から33年前(の1977年に)翻訳を了え、自費出版していた。しかし(2年後のソ連軍アフガン侵攻に至る混乱した状況下)書い手はあらわれず、やむなく自宅に保管――。ところが、その自宅がこんどは米軍の侵攻により、爆撃で破壊されてしまった。

 ☆☆☆☆

 アフガン戦争の戦火によって失われていた、ガイラートさん訳、ダリ語版、「星の王子さま」!

 フエンシスタさんが今回、アフガンの子どもたちの贈ったものは、このガイラートさんの「幻のダリ語訳」を出版し直したものだ。

 ガイラートさんのせっかくの努力の結晶が爆弾でもって破壊されたことを人づてに聞いたフエンシスタさん、友人たちに寄付を呼びかけて出版経費を捻出、再版に漕ぎ着けた。

 ☆☆☆☆

 しかし再版はしたものの、アフガンは今、戦争のまっただ中、女手ひとつで配布するのは土台、不可能。

 困ってしまったフエンシスタさん、NATO軍に参加して軍隊をアフガンに送り込んでいるスペインの国防省の大臣に手紙を書いたところ、スペイン軍が駐留するバードギース州での配本を引き受けてくれた。

 5000部はすでに現地に到着、学校のテキストにも使われたいる。⇒ http://www.rtve.es/mediateca/videos/20101119/fuencisla-gozalo-reparte-principito-por-las-calles-kabul/936159.shtml

 ☆☆☆☆

 5000の「星の王子さま」たちが降り立ったバードギース(州)とは、現地語で「風が生れる場所」という意味だそうだ。

 アフリカの砂漠ならぬ、アフガンの山岳部で子どもたちに出会った「王子さま」たちは、そこでどんな会話を交わすことだろう。

 バードギースはきっと、星空がきれいなところだから、そこの子どもたちは、「王子さま」たちとずんずん話を弾ませ、夢をぐんぐん広げることだろう。

 「たった一本の薔薇の花や、ほんのちょっとの水の中に、たいせつなものを見つけることができるんだよ……」

  Et cependant ce qu'ils cherchent pourrait être trouvé dans une seule rose ou un peu d'eau...

 ―― といった「王子さま」の言葉も、バードギースのアフガンの子どもたちなら、かんたんに理解してしまうに違いない。

 ☆☆☆☆

 星空に近い山国、アフガニスタンはいま、「戦争」の閃光で目のくらんだ者どもが、空から爆弾と、ミサイルを降り注ぐ、狂乱の戦場と化している。 

 「王子」の有名な言葉、「たいせつなものが見えなくなった(Ce qui est important, ça ne se voit pas... )」帰結としてのアフガン戦争。

 アフガンに舞い下りた5000の「王子さま」たちは、その惨状を目にして、すでに悲しんでいることだろう。

Posted by 大沼安史 at 06:09 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-11-20

〔いんさいど世界〕 「バナナ」もびっくり、アメリカン・プルトクラシー(Plutocracy=金権収奪国家)

 プルトクラシー(Plutocracy)――ご存知でしょうか? 耳慣れない言葉ですね。
 これが今、アメリカで(あるいは英語の世界)で、盛んに使われるようになっている。
 たとえば、「これはプルトクラシーだ、デモクラシーじゃない(This is a PLUTOCRACY, not a democracy. )とか。

 今、挙げた例は、ニューヨーク・タイムズ紙の電子版に出ていた、「読者のコメント」。
 
 こんなふうに、アメリカではフツーに使われるようになっている……。
 しかも、デモクラシーとの対比で。
 デモクラシーの対極としてのプルトクラシー。

 ####

 で、プルトクラシーとはどういう意味かというと――辞書にあたると「金権国家」「金権政治」の意味。

 でも、日本語でたとえば「金権政治」というと、「一部の金権政治家による派閥を通じた政治支配」のことですが、アメリカで言われる「プルトクラシー」とは、より包括的・構造的(あるいは犯罪的)な収奪を意味するものです。

 「スーパーリッチ(これも最近、よく見られる英語の言葉です)によって金で買われた政治」

 「大金持ちのためのボッタクリ政治(あるいは国家)」
 
 つまり、こうした強烈な批判を含意した言葉。

 より正確に日本語に訳すなら、「金権収奪国家」というべきかも知れません。

 (第2次世界大戦中、ベルリンでナチス反対の手書きのカードをばら撒き、ゲシュタポに捕まって処刑されたドイツ人の夫婦がいます。ハンペルさんのご夫婦です。そのカードの一枚に、「ヒトラーのプルトクラーテンに死を」という言葉が、ドイツ語で書かれていました……ナチスも「金権収奪国家」だった!)

 ####

 さて、話をもう一度、アメリカに――ニューヨーク・タイムズの電子版に戻しますと、最近、同紙の人気コラムニスト、ニコラス・クリストフさんが、plutocracy とか pultocrat(金権国家主義者)という言葉を使った、強烈な批判コラムを相次いで発表し、注目を浴びています。

 11月6日付けの「われらがバナナ共和国」
 ⇒ http://www.nytimes.com/2010/11/07/opinion/07kristof.html?_r=1
 と、同17日付けの「ヘッジファンド共和国?」
 ⇒ http://www.nytimes.com/2010/11/18/opinion/18kristof.html?_r=1&src=me&ref=homepage

 とくに「ヘッジファンド共和国?」は、ニューヨーク・タイズ電子版の「最も読まれた記事」のナンバーワンを座を、しばらくの間(このブログを書いている時点で、すでに3日間)守り続けている。

 これはニュースが次々に報じられる日刊紙の電子版では珍しいことで、このクリストフさんの記事(コラム)が、どれだけ注目されているか分かります。

 ####

 それにしても「われらがバナナ共和国」――「ヘッジファンド共和国」だなんて、変なタイトルの記事(コラム)ですね。

 「ヘッジファンド」の方はなんか分かる気がしますが、なんで「バナナ共和国」なんでしょう?

 これって実は、かつての中南米の(バナナしか輸出品がないような)独裁国家のこと。一握りの特権層だけが富と権力を握り、民衆は貧困にあえいでいるプルトクラシーのことなんですね。

 クリストフさんは「われらがバナナ共和国」で、アメリカもその仲間に入ってしまったと批判したわけですが、それに対して読者から文句が出た。

 今のラテン・アメリカは、もう「バナナ」じゃありません、不平等の是正が進んでます――という読者の指摘があった。

 その指摘を受けて、クリストフさんが、アメリカのプルトクラシーの現状にさらにメスを入れたのが、2番目の――注目度ナンバーワンの記事(コラム)だったわけです。

 アメリカは中南米のバナナ共和国並みだなんて傲慢な言い方してごめんなさい。スーパーリッチたちがヘッジファンドでボロ儲けしている「ヘッジファンド共和国」に、お詫びして訂正します………って。、

 ####

 そのクリストフさんの「ヘッジファンド共和国?」の記事(コラム)を読んで、ボクの目から、バナナの皮がむけるように、分厚いウロコがするりと剥げ落ちました。

 今のアメリカって、ザ・プルトクラシー……プルトクラシーそのものだって、ハッキリ、クッキリ見えて来た!

 たとえば、クリストフさんが記事(コラム)で引用している、ワシントンのシンクタンク、経済政策研究所の最新データは、ほんとにもの凄い。

 アメリカの「トップ1%」は今や、アメリカの富の34%を私有するまでになっている!  

 アメリカの「トップ10%」は今や、アメリカの富の70%以上を私有するまでになっている!

 ブッシュの時代にエスカレートした「高額所得者への大減税」が、こんな結果を招いている……。

 アメリカでは先に中間選挙で「お茶会」なる人々が「貧乏人のために、ウチラ、税金、払いたくない」と叫んで中間層の票をガッポリ集めましたが、運動資金をジャカジャカ出していたのは、さるアメリカの大富豪の兄弟。

 もうこうなると、アメリカの政治はバナナ並み。いや、それ以下。

 クリストフさんは、「富の巨大な集中は、どんな国民の魂をも腐食させる(Huge concentrations of wealth corrode the soul of any nation.)」と書いていますが、ほんとうにその通りですね。

 ####

 バナナ以下の国に成り果てたアメリカ!

 「プルトクラシー」というレンズを通せば、「アメリカの病巣」が見えてきます。

 翻って、われらが日本は、どうか?

 日本もアメリカの並の(貧富の格差を表す)「ジニ係数」の国ですから、それほど負けてはいないでしょう。

 バナナ・ニッポン!……プルトクラシーは「対岸のバナナ(?)」ではないようです。 

Posted by 大沼安史 at 05:39 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-11-16

〔いんさいど世界〕 使い捨て兵士

 「兵士」は「使い捨て」か?
 アメリカの復員兵の間から、こんな疑問が――というより、告発が提起されている。

 負傷し、使い物にならなくなった兵士は、余計な(医療費の)金食い虫――戦闘による後遺症を、「持病」にしてしまえば、米政府として補償する必要はない……余計な金を使わずに済む――

 こんなあさましい事態が、いま現実の問題として、アメリカで進行している。

 ####

 ことし9月15日、連邦議会下院の復員兵委員会で、チャック・ルーサー軍曹が証言を行った。⇒ http://www.youtube.com/watch?v=kZd322Wyix8&feature=player_embedded

 2007年、イラクでのこと。砲撃を浴びて重傷を負い、視聴覚にダメージを受けた。
 
 ルーサー軍曹は12年の軍歴の持ち主で、戦功により22回、表彰された根っからの軍人だ。

 負傷して基地に戻ると、軍医が、目が見えなくなったのは、「個人的な不全(personal disorder つまり持病)」によるものだとして、診断に同意する確認の署名をするようルーサー軍曹に求めた。

 持病なんだから、軍に治療費を持つ責任はない、との勝手な「診断」。

 ルーサー軍曹が署名を拒否すると――クローゼットに1ヵ月も放り込まれ、眠ることさえもできない状況に追い込まれた。

 そして、やむなく「同意」の署名をすることになる……。

 ####

 このルーサー軍曹の、悪夢のような体験が、「ネーション」誌で取り上げられると(⇒  http://www.thenation.com/article/disposable-soldiers )、連邦議会としても放置しておくわけにも行かず、リーサー軍曹の証人喚問が行われた。

 ルーサー軍曹によれば、同じような事例は、2001年以降、2560人に達し、戦傷を持病化することによって、軍当局は1420億ドルもの治療費負担を浮かすことができたという。

 ####

 ひどい話ではある。

 使い捨てされる兵士たち……。

 ルーサー軍曹は、ネットで「DISPOSABLE WARRIORS (使い捨て兵士)」というサイト(⇒  http://disposablewarriors.com/
 )を立ち上げたが、これほど痛烈な軍上層部批判=体制批判はない。

 しかし、これはなにも米軍に限ったことではない。「使い捨て」は――捨て石は、旧日本軍でも、フツーにあったことだ。

 しかし、ネットで、その実態を告発したのは、ルーサー軍曹らが初めて。

 日本の自衛隊員も(そして家族の方々も)、この事実を――この真実から目を逸らさず真正面から直視すべきである。

 ####

 戦後65年も経っているのに、日本兵の遺骨収集も進んでいないのは、一銭五厘の兵士の、鴻毛よりも軽い、命の証左であるだろう。

 戦争とは何か?

 それは「行かない人がさせたがる」ものだ。

 行かない人がさせたがる、華々しき兵器の消耗戦=消費戦以外のなにものでもない。

 「9条」の存在理由は、このことだけで足る。

Posted by 大沼安史 at 07:11 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-11-15

〔いんさいど世界〕 スリープル村から届くクリスマスカード

【訂正】 先に「ストリープル」村と表記しましたが、「スリープル」村の誤りでした。お詫びして訂正します。

 追われた母親たち、捨てられた子どもたちを救う、バングラデシュのその「村」は、首都ダッカから北へ車で2時間の距離にある。

 その「村」は、絶望の中に放り出された母親と子どもたちを、それらの母親たちの子どもではない孤児の子どもたちをあたたかく守る「村」だ。

 スリープル村――その「村」のルポを、その「製紙工房のある村」から届くクリスマスカードの話を、英紙ガーディアンで読んで、心を揺さぶられた。

http://www.guardian.co.uk/money/2009/nov/14/charity-christmas-cards-sreepur-bangladesh

 ####

 もう30年以上、続いているプロジェクトなのだそうだ。「スリープル村」が、英国のチャリテイー団体の支援で拓かれたのは、1978年のこと。

 15エーカーの土地には現在、12頭の牛がいて(山羊も数頭いて)、養魚池が2つある。魚は貴重なタンパク源だ。

 村には「シシュ・ポリ・プラス(付属「こどもの村」)というの学舎があって勉強をしている。

 「村」の母親たちはそれぞれ、12人のこども(自分の子どももいれば、孤児もいる)と一緒に暮らし、農作業など「村」の仕事についている。

 子どもたちのうち男の子は12歳になると「村」を出、もらわれて行く。そこでちゃんと育ってダッカの大学に行くものもいる。女子は18歳になるまで「村」で育つ。

 母親たちは3~5年で、村を出て行く。働いて貯めたお金をもって自立の道に歩み出す。

 ####

 「村」で暮らす、そんな母親は100人近く。子どもたちは500人にも達する。

 そんな母親のひとり、「ビナ」さんのことが、ガーディアン紙のルポ記事に出ていた。

 14歳のとき、父親が出奔、嫁がせられた。女の双子が生れて2ヵ月後、夫は亡くなった。
 夫の家を追い出された。どこへも行き場がなかった。 

 「スリープル村」が彼女と乳飲み子を救った。

 ####

 この「村」がすごいのは、慈善団体の世話にはなっているが、自分たちの生活費を、ちゃんと稼ぎ出していることだ。

 自前の「ジュート」で「紙」を漉き、それでもって「クリスマスカード」をつくる。
 自前の製紙工房がある。
 
 母親たちと子どもたちが力を合わせ、「ジュート」を育て、収穫し、紙を漉いて天日で干し、染色して「赤やクリーム色の(台)紙」を生産し、「村」の近隣にすむ絵心のある女性に依頼して、さまざまなカードに仕上げる。

 以下のビデオ(⇒ http://www.guardian.co.uk/money/video/2010/nov/11/sreepur-christmas-cards-bangladesh )に一目瞭然のことだが、色とりどりの靴下が3個、貼り付けられたのや、とても、すてきなデザイン。

 だから売り物になるのだ。

 ワンセット16枚組、12.5ポンド(1660円)。売り上げの90%が「村」の収入となる仕組み。 
 (ことしのカードのデザインは ⇒ http://www.sreepurcards.org/handmade-cards-christmas-2010.html )

 ####

 絶望的な状況を思いやりの心で乗り越える「ストリープル村」の「クリスマスカード」。

 英紙ガーディアンは、「これは最高のクリスマスカードかも?」と書いていましたが、「?マーク」は外してもいいかも知れない。
 (「?」をつけて報道したのは、読者への「挑発」だったのだろう)

 紙づくりの村、スリープルから届く、希望と再生のクリスマスカード!

 図柄のように心が明るく、あったかになりそうな、馬小屋で生れたイエスにふさわしいクリスマスカード!

  「村」のHPは ⇒   
  http://www.sreepurvillage.org/

Posted by 大沼安史 at 02:04 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-11-12

〔いんさいど世界〕 ヴァンダナ・シヴァさん 頌        その2

 インドの環境運動家、ヴァンダナ・シヴァ女史(58歳)が「2010年 シドニー平和賞」に輝いた。

 元々は量子論で博士号を取得した理論物理学者。「核」を批判して環境を守るエコロジー運動にかかわり、有機農業を営む農業者でもある。

 「シドニー平和賞」は1998年以降、世界の社会運動家に対して贈られている、いわば「世直しのノーベル賞」。これまでバングラデュの「グラミン銀行」創始者、ムハマド・ユーナス氏や南アフリカのデズモンド・ツツ氏らに授与されている。

 本家の「ノーベル平和賞」は、かつて日本の総理大臣の白々しい「真っ赤な嘘」をまともに信じて授賞し、昨年は、アフガニスタンで戦争をエスカレートさせたオバマに贈るなど、ケチがついて輝きをやや失っているが、「南のノーベル平和賞」とも言うべき「シドニー平和賞」は、今回、シヴァ女史に授与したことで、その先見の明、人物鑑定眼の確かさを、自ら改めて実証したかたちだ。

 この夏、受賞が決定した際、本ブログで、〈ヴァンダナ・シヴァさん頌 祝・受賞で「動物三題噺」〉という記事(
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/08/post-09be.html )を書いたが、これはそれに続く、シヴァ女史を讃える「頌 その2」――。

        ☆

 ヴァンダナ・シヴァ女史は、知る人ぞ知る、地球環境を守る運動の、世界的な第一人者である。

 女史が英文で書いた『地球デモクラシー』や『石油ではなく土地を』などの著作は各国語に翻訳されているが、その文章が実に素晴らしい。そのレトリックの切れのよさ!

 自在な英語力を駆使したその弁舌もまた素晴らしい。詩的で、なおかつ迫力がある。

 それは今回の「シドニー平和賞」受賞スピーチを見ても分かる(本ブログで全文を拙訳で紹介 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/11/post-0f34.html#more)。

 しかし、受賞スピーチもさることながら、授賞式の前、今月(11月)3日に豪ABCテレビが放映したインタンビューに対する受け応えには、ほんとうに感心させられた。
 ⇒ http://www.abc.net.au/lateline/content/2010/s3055446.htm
 (画面の右側の Video をクリックすると、映像を見ることができる)

 ABCテレビの女性キャスターの鋭い質問を、ものの見事に切り返し、本質に迫る議論を展開するシヴァ女史!

 やりとりの一部を再現すると、こうなる。

 Q(女性キャスター) あなたは「エコ・フェミニスト」と呼ばれています。どういう意味ですか?

 A(シヴァ女史) それはフェミニズムの運動とエコロシー運動をひとつのものとして考えることです。「女性」と「自然」に対する「抑圧」は同じ根から来るものなのです。「自然」を生きたものと見ず、「女性」を非生産的と見る世界観は、同じルーツを持ったものなのです。「自然」と「女性」の命、創造性、生産性を認める時が来ているのです……。

 なぜ、女史は「自然」と「女性」を守る「エコ・フェミニスト」であると自己規定しているのか?

 それは、彼女が若い頃に参加した、「チプコ運動」――インドの女性たちが樹にしがみついて、森を守り、それに支えられた村の生活を守り抜いている運動――を考えると、よく分かる。

 新自由主義(ネオリベ)に歴然とした、マッチョな男性原理による資本主義的な破壊に対抗し、シヴァ女史はインドの農業を営む女性たちと手を携え、地に足のついたエコ・フェミニズム運動を展開しているのだ。

 それが、あの世界に名高い「ナヴダンヤ(9つの種子)」という、インドの固有の作物の種子を守り、固有の農業を守る、女史らの運動。

 シヴァ女史は、遺伝子まで「商品化」する米国主導の「農業の産業化」に反対し、有機の伝統農法の再生と闘っているのだ。

 遺伝子操作した種子、化学肥料、農薬が、インドの農業を荒廃させている。(「シドニー平和賞」受賞スピーチで、彼女が怒りを込めて告発したように)1997年以降、実に20万人もの農民が「負債の罠」にはまって自殺を遂げている。それも売りつけられた殺虫剤を飲んで。

 女性キャスターと女史のやりとりを、もうひとつ――。

 Q 資本主義を採用している国々は経済成長を追及し、高い生活水準を実現しているではありませんか? それがどうして間違いなのですか?

 A 生活水準の高さのほとんどは、かつて植民地と呼ばれていた地域からの資源の移転によるものです。資本が奇跡を起こしたわけではないのです……資本とはそれ自体、創造的な力を持っていません。富の移転が続いていて、それがとどまるところを知らないのです。第三世界は1ドルの「援助」につき、3ドルもの元利の返済に迫られている。第三世界が「負債の罠」から抜け出ることができないのはそのためです……。

 (シヴァ女史は、あるところで、こう指摘していた。インドは英国によって、産業革命で機械化した繊維業の原料供給国にされたわけだが、もともとインドは植民地化される以前、繊維・衣料品の製品輸出国だったという)

 女史はインドの伝統農業を守る運動を続ける一方、地球環境を守る運動の世界的なリーダーとしても活躍している。

 なぜ、農業が地球温暖化を防ぐのか?

 女史によれば、作物(植物)を育てる農地は、二酸化炭素の「吸収材」でもある……。

 しかし、シヴァ女史のすごいところは、実践に裏付けられた、スケールの大きな、世界観・生命観の持ち主である、ということだ。

 たとえば女史は、「エネルギー」とは石油や石炭の中にあるのではなく、私たちの「生」に――「命」の中にあるもの……「生命」そのものがエネルギーなのだ、と指摘する。

 「自然」を産み出し、私たち生物を生み出したエネルギーは、私たちの中に、自然の中に存在する。私たちはそのエネルギーを生かして、生きなければならない、とも。

 このブログで以前、「オズの魔法使い」の物語が実は痛烈な体制批判であることを紹介したことがあるが(⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/10/post-8536.html )、「ドロシー」(という農家の少女で示される、人類の未来)を救う「南の正しい魔女」とは、もしかしたら、ヴァンダナ・シヴァ女史のことかも知れない。
 

Posted by 大沼安史 at 05:46 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-11-07

〔いんさいど世界〕 オバマよ、ガンディーは泣いているよ……

 訪印中のオバマが6日、ムンバイの「ガンディー記念館」を訪れ、ゲストブックに署名した。

 ゲストブックの「1959年」の欄には、マーティン・ルーサー・キングの署名があった。

 オバマが上院議員だったころ、議員室に掲げていたのが、ガンディーの肖像だった。

 オバマが昨年、ノーベル平和賞を受賞した際、そのスピーチで、「指針にする」と言ったのは、キング師だった。

 キング師はその「自伝」で、最も影響を受けたのは、ガンディーだった、と書いている。

 CNNのニュース・ビデオで見た、オバマの顔は真剣だった。
 キング師の署名を見た、オバマの表情は真剣なものだった。
⇒  http://edition.cnn.com/2010/WORLD/asiapcf/11/06/india.obama.gandhi/

 オバマよ、原点に戻るのだ。ガンディーとキング師の原点に立ち帰れ!

 ####

 ガンディーで思い出したことがある。2005年、当時の小泉首相がインドを訪問した時のことだ。

 夕方の民放のテレビのニュースで、インドのシン首相が、ガンディーのブロンズの像(彫刻)を、小泉首相に紹介しているシーンが映し出された。

 ガンディーの像について、何のコメントもなかった。

 シン首相が小泉首相に見せた「ガンディーの像」は、(たぶん)間違いなく、日本人彫刻家による「ガンディー像」である。

 ガンディーはスイスの山荘に、かのロマン・ロランを訪ねたことがある。

 2人が暖炉の前で話し合う、その部屋に、日本人の彫刻家がいた。あの、高田博厚氏がいた。

 ガンディーを見ながら、ペタペタ、粘土を手のひらで、たたいていた。

 ――そういう事実を、おそらく日本の外務省は知っていたはずだ。 でも、それをマスコミに伝えなかった。

 だから、シン首相がせっかく用意した「ガンディーの像」の意味は、われわれ日本人に伝わらなかった。

 ####

 1906年の9月11日、南アフリカ・ヨハネスブルクの帝国劇場に、3千人を超すインド系住民が集まり、彼らを二等市民の地位に貶める人種差別立法、「アジア人法修正令(登録法)」を非難した。

 参加者の一人が立ち上がり、このような法には服従しないと、神の宣誓を行った。その若き弁護士こそ、あのマハンダス・K・ガンディーだった。

 ガンディーは、個人としてのラジカルな行為への共同参画――これについてガンディーは後日、「新しい原則が、その時すでに生まれていた」と語っている――を、「真理の力」、すなわち「サティヤーグラハ」による創造的な閃きと捉えた。それは、史上最も暴力的な世紀だった20世紀を通して、「非暴力」という、偉大なる抵抗の物語を生み出すものだった。
 (拙訳、『戦争の家』(ジェームズ・キャロル著、緑風出版、上巻)

 
 ####

 「9・11」には、ガンディーから続く、もうひとつの流れがあったのだ。

 オバマよ、もはや明らかであるだろう。

 私たちは「テロとの戦争」の口火を切った、「2001年」の「9・11」ではなく、「1906年」の「9・11」に帰らなければならないのだ。

 これこそオバマよ――これそこ、本来、君の出発点ではなかったか。

 ####

 あらためて、オバマに言うことにしよう。君は「ノーベル平和賞」をもらった人間ではないか。

 かのガンディーは、さまざまな妨害に遭い、ついにノーベル平和賞を受賞することがなかったことは、君も知ってのことだろう。

 でも、君は――ガンディーが手にすることのなかった「ノーベル平和賞」を、オバマよ、君は手にしている……。

 その意味の重さを――オバマよ、君は知らねばならない。

 ガンディーの言う、「真理の力」、すなわち「サティヤーグラハ」による創造的な閃きを、オバマよ、君は君なりに、世界に伝えなければならないのではないか。

 ####

 ルーサー師の青インクで書かれた署名を見た時の君の表情には、たしかに厳しく、誠実なものがあった。

 オバマよ、その思いに正直であってほしい!

 かのマイケル・ムーア監督ではないが、それでも民衆は君を好きなのだ。

 希望を込めて、好きなのだ。

 しかし大統領になって以来の君の所業を、ガンディーは泣いているはずだ。キング師も泣いているはずだ。

 ####
 
 ガンディーに見習い、キング師に見習い、オバマよ、もう一度、世界の不正義に立ち向かい給え!

  君よ、立ち向かい給え!

 オバマよ、君はインドでガンディーに会うことができたのだから、正気の道――真理の道へ、もう一度、帰り給え!

 君よ、原点に帰るのだ!

Posted by 大沼安史 at 08:10 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-11-06

〔いんさいど世界〕 布施辰治 生誕130年

 韓国併合から100年――東北から日韓関係の未来を考える「日韓・東北フォーラム」が6日、仙台市民会館で開かれました。

 金正秀・駐仙台韓国総領事は、河北新報の事前インタビューに応え、こう言いました。

 「布施辰治や千葉十七などの先人の顕彰活動をはじめ、東北にも多くのテーマごとに活動実績があるが、もっと幅を広げたい」
 ⇒ http://jyoho.kahoku.co.jp/member/backnum/news/2010/10/20101021t15037.htm

 金総領事が名前を挙げた2人は、宮城県ゆかりの人。ともに、「人」として――「日本人」として、韓国(朝鮮)の人々と心を通わせ合い、堅い絆を結んだ人です。

 奇しくも、韓国韓併合100年のことしは、布施辰治の「生誕130周年」の記念の年。

 (千葉十七は言うまでもなく、憲兵として旅順監獄で、あの安重根を看守として見守り、安重根の人格・祖国愛に心打たれ、魂の交流ともいべきを時を過ごした人だ……。その監獄での出会いも今から100年前、1910年、明治43年のこと)

 そしてさらに、ことしの今月は、布施辰治の130回目の誕生月(誕生日は、11月13日)。

 韓国併合100年の「国恥」の年とあって韓国ではことし、日本による植民地支配を振り返る報道が盛んでしたが、韓国のマスコミは「日本人・布施辰治」を「日本のシンドラー」と言って忘れませんでした。

 ####

 たとえば韓国紙、「中央日報」、「布施辰治」について、こう書いています。
 「暗鬱な日本統治下の被圧迫植民地人の手をつないでくれた人権弁護士」
 「1910年代、『韓国の独立運動に敬意を表す』と述べ、検察の調査を受け……日帝時代に朝鮮人の人権と独立運動家を弁論した代表的な弁護士」
 ⇒ http://japanese.joins.com/search/japanese.php?pageNum=&order=&query=%E5%B8%83%E6%96%BD%E8%BE%B0%E6%B2%BB

 これはほんとに、うれしいことですね。
 布施辰治という、朝鮮半島の人たちから尊敬される日本人弁護士が、私たちの郷土、宮城から出た。石巻から出た。
 誇らしいことです。

 ####

 そこで今日は、布施辰治をめぐる、あまり知られていない、日韓友好につながるエピソードをひとつ(だけ)紹介したいと思います。

 その前に念のため、布施辰治の生涯をかんたんにふりかえると、1880年(明治13年)、石巻の蛇田村に生まれ、1953年(昭和28年)に、72歳でなくなった、弁護士・社会運動家です。

 青年時代にトルストイの影響を受け、生涯にわたって弱者の側に立ち、死刑に反対し、人間の尊厳のために戦い抜いた人です。

 (3男の杜生(もりお)さんの名前は、杜翁=とおう、と呼ばれたトルストイにちなんだ命名。杜生さんは、戦時中、治安維持法で検挙され、栄養失調と結核で、獄死しています。野間宏の小説、『暗い絵』に出て来る「木山省吾」は、この布施杜生さんのことです))

 戦前、自ら投獄されたこともある、反骨の弁護士。

 そして、なんといっても、2004年に、日本人として初(唯一)の韓国の最高栄誉、「大韓民国建国勲章」を受章した人!

 韓国政府から「建国勲章」を受けたのは、関東大震災後の虐殺事件を糾弾したり、朝鮮の独立運動家を助けたり、朝鮮の農民とともに日本人による土地の収奪と戦ったりした、主に戦前・戦時中の功績によるものですが、布施辰治は戦後も、その最晩年においてなお、老骨鞭打ち、朝鮮人のために戦っていた!

 今日、紹介するのは、この戦後のお話です。

 ####

 亡くなる3年前、1950年(昭和25年)10月のこと。朝鮮戦争が始まって、3、4ヵ月、経った当時のことだったそうです。

 辛昌錫(シン・シャンスク)さんという北大農学部を卒業した方が上京して、造船所の前で、「青い目のやからの手先をさえられている……労働者諸君!……巡洋艦を造るな!」とビラをまいて逮捕され、「占領目的阻害行為処罰令」違反で裁判にかけられた。

 その時、弁護をかって出たのが、布施辰治でした。

 有罪なら、アメリカのかいらい、李承晩政権の下へ強制送還され、銃殺になる運命です。

 で、布施さんは法廷で、どんな弁護をしたか?

 辛さんがまいたビラの文句には「米兵」とか「米軍」の文字はなく、「青い目のやから」とあるだけ。

 青い目ならロシア人にもいるし、日本人にもいる、アメリカ人を確定的にさす言葉ではない、と主張し、裁判官に認めさせたそうです。

 主張はなぜ、通ったか? 

 布施辰治という人は、誰に対しても心を通わせようとする人だった。相手が検事でも裁判官でも。

 このとき辛さんが無罪放免になったのも、布施辰治の弁論が裁判官の惻隠の情を引き出したのではないか――と、布施辰治のお孫さんの大石進さんは、『弁護士 布施辰治』(西田書店)にお書きになっています。

(以上、紹介したエピソードは、この大石進さんの本に詳しく書かれています。ことし3月に出たこの本は、実に素晴らしい! ⇒ http://www.nishida-shoten.co.jp/view.php?num=224 
 大石進さんは、日本評論社の社長・会長も務められた方。
 布施辰治に代わって「建国勲章」を東京の韓国大使館で伝達・授与されたそうです。)

 ####

 大石さんによれば、布施辰治は、「天命を信じる楽天主義者」だったそうです。

 「天は私に幸いせざることなし」とする人生観。

 だから、三男の獄死、自らの投獄など、苦難に耐え切ることができた!

 布施辰治はまた、以下の有名な言葉を遺しています。

 「生きべくんば民衆とともに 死すべくんば民衆のために」

 墓碑銘の言葉です。

 ####

 たしかに、私たちの郷土の偉人ではありますが、偉そうな偉人ではなく、ほんとうにすごい人だった。

 朝鮮半島だけでなく、台湾の人たち(農民たち)からも、崇慕された人でもあるわけですから……。

 ことしは『弁護士 布施辰治』というドキュメンタリー映画も完成しました。上映会が国内各地で始まっています。
 ⇒ http://www.fuse-tatsuji.com/  

 「生きべくんば民衆とともに 死すべくんば民衆のために」

 宮城の誇り、郷土の誉れ、日韓の宝、ですね!

Posted by 大沼安史 at 10:50 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-10-31

〔いんさいど世界〕 「風刺」が病巣を抉り、「笑い」で癒されるアメリカ ワシントンで《「正気」の、そして/あるいは「恐怖」の復興のためのラリー》 リベラル派コメディアン ジョン・スチュアート、ステファン・コルバート両氏の呼びかけに応え、全米から25万人が結集 

 政治や経済など時事問題に対する鋭い風刺で大人気のアメリカのリベラルなコメディアン、ジョン・スチュアート氏とステファン・コルバート氏が、米中間選挙の投票日を3日後に控えた30日、ワシントンDCのモールのリンカーン記念館の前で、「正気」の道を取り戻すか、それとも「恐怖」の道をさらに突き進むか選択を求める大集会、《「正気」の、そして/あるいは「恐怖」の復興のためのラリー(Rally to Restore Sanity and/or Fear)》を開いた。

 地元テレビ局の推計によると、主催者側が用意した「6万席(人)」を大幅に上回る25万人に達した。ラリーの模様はネットや電波などと通じ「実況中継」されたことから、視聴。ネット書き込みを通じた「間接的な参加者」を含めれば、数千万――あるいは億人台の人々が加わったことになる。
 ⇒ http://thecaucus.blogs.nytimes.com/2010/10/30/live-blog-rally-to-restore-sanity-andor-fear/?ref=politics 
   http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/30/jon-stewart-rally-restore-sanity

 ニューヨーク・タイムズは「数千人――いや数十億人?が呼びかけに応える」との見出しを掲げた。⇒ http://www.nytimes.com/2010/10/31/us/politics/31rally.html?_r=1&hp 

 ####

 両コメディアンは、米国の「ケーブル・衛星」チャンネル、「コメディー・セントラル」の2枚看板。その時事問題に対する皮肉・批判・ユーモアは、日本の「お笑い」とはまるで違うもので、ある種の本格的な「政治評論」とも言うべきレベルに達している。

 ジョン・スチュアート氏は、ある男性雑誌のランキングによれば、目下、「アメリカで最も影響力のある人物」。
 27日には、自分の番組にオバマ大統領を呼んで、テレビ討論を行い、オバマのこれまでの政治姿勢を厳しく批判、「イエス・ウィー・キャンと言ったあと、どうしてバットがつくの?」と突っ込んで、ますます「威信」を高めたばかり。

 (スチュアート氏はオバマが大統領選に立候補した時、熱烈に支援した人だ。しかし、オバマが大統領になって、公約違反を始めてからは、一転、手厳しい批判者に変身、笑いの「口撃」を続けていた。そんなスチュアート氏の番組にオバマが出演したのは、中間選挙での民主党の「負け戦ムード」に対し、一発逆転の技を仕掛けるため。27日の番組でオバマは、なかなかの「役者」ぶりを見せ、今後に希望をつないだ……〔大沼の感想〕)
 ⇒ http://www.indecisionforever.com/2010/10/27/actual-president-of-united-states-actually-on-the-daily-show-in-actuality/

 一方のステファン・コルバート氏は、自虐的な、アイロニカルなユーモア風刺の第一人者。
 メキシコからの季節農業労働者の支援で、連邦議会の下院聴聞会に乗り込み、「土が地面にあるなんて知らかった」などと「平均的アメリカ人」の愚かしさを自己批判する「証言」を行った、これまた気骨のコメディアンだ。
 ⇒  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/09/post-1426.html

 ####

 この日のワシントンでの大集会のため、スチュアート氏は「正気を復興するラりー」サイトを、コルバート氏は(アイロニカルに)「恐怖を生かし続ける行進」サイトを立ち上げ、それぞれのファンに結集を呼びかけていた。

 スチュアート氏はサイトでこう呼びかけていた。

 「くそったれ! もう、うんだりだ」――こう叫んでみたいと思ったことが一度もない人、いますか? いませんよね。叫び声を上げたい(けど、思いとどまっている)人、全員集合!
 ⇒ http://www.rallytorestoresanity.com/

 コルバート氏のサイトでの呼びかけはこうだった。

 アメリカは3つの大原則の上に築かれた国だ。フリーダム(自由)、リバティー(自由)――そしてフィア(恐怖)の上に。いま、希望に満ちた力が、われわれの「恐怖」を奪い取ろうとしている……。いまこそ、「真実」の復興を!
 (共和党の新自由主義、および(テロなどの)「恐怖」を煽り立てている保守派に対する、あてこすり――大沼)
 ⇒ http://www.keepfearalive.com/

 ####

 両氏が中間選挙直前のワシントンでラリーを開いたのは、オバマ政権に幻滅したリベラル層の「再結束」を企図したものと見られるが(両氏とも、そうは一言も言っていない)、共和党のサラ・ポーリン女史らが9月にワシントンで「名誉復興」ラリーを開催したのに続いて、今月(10月)2日には、FOXニュース(TV)の保守派キャスターが、同じくワシントンで「ワンネーション・マーチ」を行ったことに対する、対抗措置という狙いも込められている。

 つまり両氏の「正気か、恐怖か」ラリーには、保守派のメディアを動員した大攻勢に対する反撃という側面もあるわけだ。

 で、両氏が呼びかけた、30日の「正気か、恐怖か」ラリーのハイライト部分を、紹介しよう。

 ☆☆☆☆

 【スライド・ショー】 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)に、ラリーの模様の写真スライドが掲載されているので、まずはこれを、ご覧、いただきたい。⇒ http://www.nytimes.com/slideshow/2010/10/30/us/politics/20101031-sanity-rally.html

 【ユーチューブ】 ユーチューブにはラリーの実況ビデオがアップされているが、これはそのひとつ。⇒ http://www.youtube.com/watch?v=hgzDn4z3mzw&feature=player_embedded

 あの「オズの魔法使い」の「ブリキの木こり」のような人も映っている! ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/10/post-8536.html 

 【「正気勲章」を授与】 ステージで、正気メダルが、4人の勇気あるアメリカ人に授与された。

 コルバート氏は「恐怖メダル(勲章)」を、(恐怖を煽り立てている)アメリカの報道機関の贈ろうとしたが、誰も参加していないので、代わりの最初の「正気メダル」を、7歳のふつうの女子に授与した。「恐れずに、ラリーに参加した勇気を讃えて!」

 続いて、スチュアート氏から、「正気メダル」を贈られたのは、黒人女性のヴェルマ・ハートさん。

 ハートさんは9月のオバマ大統領とのタウン・ミーティングで、静かに、そして決然と、オバマを面罵した女性だ。
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=sHv1ENYAulY

 「わたしは疲れきっている。あなたを擁護することに疲れきっている。あなたに深く失望している」と、面を向かって言った、その勇気を讃えて!

 (「正気メダル」はこのほか、審判の誤審でパーフェクト試合を逃したメジャーリーグのピッチャーと、ある歌を聴いたことで「平和な心」を取り戻したプロレスラーの2人にも贈られた)

 【スチュアート氏のスピーチ】 ラリーの圧巻は、スチュアート氏によるスピーチだった。

 「このラリーは何だったのか? これは宗教心のある人々を揶揄するものではなかった。活動する人たちを嘲るものでもなかった。自分自身を見下すものでも、熱い議論を蔑むものでもなかった。今の時代が困難なものではない、恐怖するものは何もないのだと言うつもりのものでもなかった。時代は厳しいし、恐怖はある。しかし、私たちは世界の終わりに生きているのではなく、厳しい時代に生きているだけだ。誰かを憎むことはできても、われわれは敵同士ではない」

 But we live now in hard times, not end times. And we can have animus and not be enemies.
  (しかし、私たちは世界の終わりに生きているのではなく、厳しい時代に生きているだけだ。誰かを憎むことはできても、われわれは敵同士ではない)

 英紙ガーディアンは、このスチュアート氏の発言を「オックスフォード引用辞典」へに収録ものだと称賛していた!

 スチュアート氏はさらに、メディア批判を、痛烈かつ清潔に、さらり、こう言ってのけた。

 「プレスは私たちの免疫システムです。それが、なにからなにかで過剰に反応すると、私たちは病気になってしまう……あ~あ、言ってしまってサッパリした。ああ、なんか言い気分だ。おかしなくらい穏やかな気分だ」
 「 メディアのニュースは、この国が破局の淵にある言い立てているが、私たちは一緒に手を組んで取り組んでいないことこと恥である。でも、真実は――(いまこうして)私たちはそれを実行しているのではないか!」

 スチュアート氏は最後に、渋滞のトンネルのメタファー(ニューヨークのハドソン河の下をくぐる「リンカーン・トンネル」!)を持ち出し、横入りや抜け駆けではなく、(出口は対岸のニュージャージに過ぎないが〔笑い〕)譲り合いの精神の大切さを強調し、アメリカ人に再結束を呼びかけた。

 【プラカード】 英紙ガーディアンのブログでは、ラリーで目にとまった、今のアメリカの(政治)状況の本質を衝く、プラカードをいくつか紹介している。その一部を、ここで「再紹介」しよう。

 "War is not free. Teabaggers, pay your taxes."
 (戦争はただじゃない。茶党さんよ、税金を払いなさい)

 〈ティー・パーティーの「私を踏みつけないで!」スローガンを皮肉って〉"Snakes! Watch out snakes!" (蛇だ! 見ろ、蛇がいる!)

 "The Founding Fathers were East Coast liberals."
  (建国の父たちは東海岸のリベラルだったよ!)

 ####

 以上、「正気か、恐怖か」ラリーのハイライト部分を紹介したが、両コメディアン氏の言うとおり、今のアメリカは、この二つの言葉をキーワードに岐路に立つ社会なのだ。

 ブッシュ政権(そしてオバマ政権も)は「恐怖」でもってアメリカ人を怯えさせ、その「恐怖」でもって憎悪を煽り、それが深刻な社会分裂を呼んで、狂気の沙汰のような現状が続いている。

 スチュアート氏はラリーの中で、「われわれが恐れるべきはひとつ――それは、恐怖に囚われることだ」とのルーズベルト大統領の名言を引いて、アメリカ人に対し、「恐怖」からの脱出と、「正気」への復帰を呼びかけていたが、同感と共感の輪は、現場のワシントン・モールを超えて、全米(全世界)の草の根へと広がったはずだ。

 それが中間選挙での「共和党の大勝利」を阻止するものとなるかどうかは分からないが、民主党の支持層のリベラル派の団結を強化したことは、否めない事実だろう。

 ####

 それにしても、今回のラリーで驚かされるのは、先のスチュアート氏のスピーチ(そして、コルバート氏の「自由・自由・恐怖」3原則宣言?)からも分かるように、彼らの言葉づかいの鋭さ、喚起力には驚かされる。

 ニューヨーク・タイムズの文化批評家、ミチコ・カクタニさんは、スチュアート氏の風刺を「ディコンストラクション(解体して再構築する)」力の凄さを指摘していたが、同感である。
 ⇒ http://www.nytimes.com/2008/08/17/arts/television/17kaku.html?_r=1&ref=jon_stewart
 そして、ギリギリのところまで引っ張り、うっちゃりを食らわす離れ業!
 (ブッシュの「(アメリカの子どもたちは学んでいるのだろうか?」という問いかけを、「サブリミナルに(潜在意識に刻みこんだ形で)」の一言で、ジョージ・オーウェルもビックリ(?)の、背負い投げで切り返す言葉のウルトラC!――ミチコ・カクタニさんの記事からの引用)

 さらには、韻を踏んだ対句的な表現で、コントラストを際立たせる、名人芸的な話術!
 (オバマ氏についてスチュアート氏はたとえば、"He ran as a visionary, and he's led as a functionary."(予言者として選挙に出馬したのに、単なる手先になりさがった)というような名科白を吐いている――ガーディアンの記事より)
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/media/2010/oct/03/jon-stewart-barack-obama?intcmp=239

 ####
 
 社会分裂と狂乱のアメリカから、「正気」を取り戻そうとする「言葉」が生まれ、その「言葉」によって、社会再結束の動きが生まれた意義は大きい。

 (保守派のFOXニュースのキャスターは(悔し紛れ?に)「私は(正気でなく)狂気を好む、などと言っていたが……)

 ガーディアン紙は、スチュアート氏やコルバート氏の「言葉」による訴えを、アメリカの人々は「報道そのもの」と見ていると指摘していた。

 当然のことだ。

 スチュアート氏の番組、「デイリー・ショー」(1991年から続いている)は、大統領選報道で2度も受賞している。

 ####

 そして、そのスチュアート氏らの「言葉」に、真偽を嗅ぎ分ける嗅覚を持つ、アメリカの若者たちが、いま、耳を傾けている……。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/commentisfree/cifamerica/2010/sep/22/young-americans-jon-stewart-news?intcmp=239
http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/30/arianna-huffington-rally-for-sanity

 ####

 しかし、今回の「正気か、恐怖か」ラリーに心を揺さぶられているのは、もちろん、若者たちに限らない。

 ニューヨーク・タイムズの電子版の記事に「インタビューの音声」が紹介されていた、カリフォルニアから来た58歳の酒屋さんのようなフツーのアメリカ人も、あるいは、スチュアート氏らによって批判される側に立たされたジャーナリズムの人間もまた、心を揺さぶられているのだ。
 ⇒ http://www.nytimes.com/2010/10/31/us/politics/31rally.html?_r=1&hp
  http://www.guardian.co.uk/media/2010/oct/29/midterms-jon-stewart-rally-washington

 ニューヨークからバス200台を仕立てて乗り込んだ、ネット新聞「ハプポ」を主宰する、歴戦の女傑、アリアナ・ハフィントン女史は、ワシントンに向かうバスの中で、「泣いた」そうだ。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/30/arianna-huffington-rally-for-sanity 

 ####

 アメリカはいま、「言葉」で甦ろうとしているのかも知れない。 

Posted by 大沼安史 at 01:49 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-10-25

〔いんさいど世界〕 太陽燦々 愛のKYOTO・BOX

 キョート・ボックスってご存知ですか?
 僕が知ったのはこの夏。酷暑の盛りの頃でした。
 書くには暑すぎる季節。冷涼な秋の到来を待っていたわけです。

 旧聞(昨年、世界的に有名になりました)に属する話ですが、遅ればせながら、(まだご存知ない方のために)紹介したいと思います。

 KYOTO BOXって人々の暮らしを助け、地球環境を守る、すぐれもの。

 百聞は一見にしかず、で、写真を見てください。⇒ 

 ☆☆

 ⇒ http://www.google.co.jp/imglanding?imgurl=http://www.greenlaunches.com/entry_images/0309/20/Kyoto_Box.jpg&imgrefurl=http://www.greenlaunches.com/alternative-energy/cheap-solarpower-kyoto-box-cooker-for-rural-africa.php&h=414&w=450&sz=47&tbnid=3lQwCkQBDXqmJM:&tbnh=117&tbnw=127&prev=/images%3Fq%3DKyoto%2BBox&zoom=1&q=Kyoto+Box&usg=__bqhBu7MoBp9bovqlOMtxxQ6pLP8%3D&sa=X&ei=FPXETP6zJseGcf6bwM0N&ved=0CCoQ9QEwAw

 長方体のダンボール箱の水槽に入っているのは、クッキングの鍋です。周りは熱湯。全体を長方形の透明なアクリル・ガラスで蓋しています。ダンボールの4つの耳(蓋)にはアルミホイルが貼ってあり、水槽はくまなく真っ黒に塗られている。

 アルミホイルは太陽光の反射板。
 水槽の黒塗装で、太陽光線を吸収する。

 たったこれだけで、水槽の水温はたちまち80度以上の熱湯に達するそうです。その熱を利用して、お鍋で煮炊きする。

 キョート・ボックス(京都箱)って、つまり、燃料の入らない――薪もいらない、ソーラー・クッカーなわけ。

 水槽の水は熱湯消毒(殺菌)されるので、飲料水にできる。病気にならなくてすむ……。

 ☆☆

 実はこのKYOTO・BOXって、英国の新聞、フィナンシャル・タイムズの2009年環境発明賞に輝いたものなのです。

 アフリカのケニアに住む、ヨン・ボーマーさんって、ノルウェーの方の発明。⇒ http://www.greenbiz.com/news/2009/04/09/solar-cooker-heats-75k-climate-change-contest

 で、どうして、これを考え出したかというと、アフリカの女性って、煮炊きの燃料にする枯れ枝の採集に難儀しているのを見たことから。

 片道1時間以上、歩いて、拾い集めて、持ち帰って来る。

 歩くだけで大変。猛獣が出て来ないとも限らない、危険な仕事。

 何より、大切な日中の働く時間を、とられてしまう。

 そこで考案したのが、コレ。黒のペンキ塗りは、小さなお嬢さんが手伝ってくれたそう!

 ☆☆

 カンタン・ローテク・ローコストだから、貧しい人でもゲットできる。

 地元ケニアの人々に歓迎されたは当然のことですね。

 気をよくしたボーマーさん、キョート・エネルギー社を立ち上げ、ダンボールよりもっと耐久性のあるポリプロピレン製のものを商品化した。

 一個約1700円と手ごろな値段。人気も「沸騰」し、いまではケニアのほか、インドネシアや南アにも拠点を構えるようになった。⇒ http://www.kyoto-energy.com/kyoto-box.html
 
 ☆☆

 でも、ボーマーさんて、よほど太陽光につかれた人らしく、BOXだけじゃないんです。

 次々にアイデア商品を開発して、商品化している。

 その中で僕が特に感心したのを1個だけあげると、KYOTO・BAGもなかなか凄い。

 これ、水を10リットル入れることができるプラスチックの袋ですが、バッグの色は例によって、太陽光を吸収する黒。その熱で水をお湯にし、消毒もしてしまう。

 バッグにはシャワー・ノズルもついていて、夜、温水シャワーを楽しむことができるんだそうです。 
 ⇒ http://www.kyoto-energy.com/kyoto-bag.html

 ☆☆

 KYOTO・BOXのキョートって、もちろん、地球温暖化防止の京都議定書のキョート。

 日本発で、いろんなキョート製品が、どしどし、どんどん出て来てほしいですね。
 

Posted by 大沼安史 at 01:40 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-10-22

〔いんさいど世界〕 ドイツとバングラ 「太陽の男」輝く!

 秋の陽はつるべ落とし……。
 先だって、近所のお肉屋さんで、こんな「冗談」(?)を言って、無理矢理、ウケテてもらいました。

 お店の人:「ずいぶん、日が短くなりましね。もう、真っ暗」
 わたし :「日没時間、去年の今頃より、1時間、速まってるそうですよ」
 お店の人:「えっ…………???!!!」 

 ####

 日没時間がいつもの年より1時間も速まったら、異常気象どころの騒ぎじゃありませんね。地球そのものがヘンになっちゃったわけですから……。

 日没がいつになく早いを感じられるのは、ことしの夏の、太陽ギラギラ、酷暑サマーの記憶がまだ生々しいからでしょう。

 でも、のどもと(?)過ぎればなんとやら……で、太陽が恋しい季節になって来たのも事実。

 なっといっても、お天道様。お日様さまさま――です。

 ……ということで(?)、今回は、お日様――「太陽」のエネルギーに関する話題を2つ。というか、話題の人物を2人、紹介したいと思います。

 ####

 最初は、ほんとうに太陽のような人だった、ドイツ人の話を。

 ヘルマン・シーアさんというドイツの方が今月15日にお亡くなりになりました。「緑の世紀のヒーロー」(米「タイム」誌)と呼ばれた方です。

 「太陽光発電」のパイオニアだった。

 66歳――。早すぎ、というか残念ですね。 
 ⇒ http://www.commondreams.org/headline/2010/10/15-6

 シーアさんはドイツで「再生エネルギー法」(2000年に成立)という法律を(国会議員の仲間たちとともに)つくった方です。

 おかげでドイツの人たちは電力の16%(2500万キロワット。ちなみに日本は700万キロワット)を、太陽光発電など再生可能な発電でまかなうことができている。ドイツは2020年までにこれを「30%」まで高めて行く計画だそうです。

 うち太陽光発電による電力は18ギガワット(180億ワット、1800万キロワット)。石炭火力発電所18個分に相当するそうです。

 シーアさんは「太陽光マニフェスト」という本を書き、「ユーロソーラー(欧州再生エネルギー協会)」の代表として、これまで世界をリードする活動を続けてきました。

 そのシーアさんが、急逝される数週間前のインタビュー (⇒ http://www.democracynow.org/2010/10/15/hermann_scheer_1944_2010_german_lawmaker )で、こんなドイツ語の新語を紹介しています。シーアさんらがつくった言葉です――energethisch(エネルリゲーティッシュ) 。

 energish(エネルギーの) と ethish(倫理の)を合体させてるくった新しい言葉(形容詞)。
 
 英語ではenergethical。(日本語では……「エネ倫理」(の)?!)

 この新しい言葉を紹介したあと、シーアさんは新語をつくった理由をこう説明しています。
 「再生エネルギーに取り組まなければならないのは、(エネルギーの必要な)経済的な理由があるからだけではないのです。わたしたちには、倫理的なマスト(must)がある」と。

 太陽光発電には倫理的な時代の絶対的な要請があると言っている。

 ことしのあの夏の異常な酷暑を思えば……たしかに、その通りですね。

 ####

 もうひとつの太陽光発電をめぐる話題は、バングラデシュのお話。

 あのバングラデシュで太陽発電のパネルの設置(つまり発電)が進んでいるんだそうです。
 ⇒ http://www.democracynow.org/2010/9/17/solar_power_in_bangladesh_used_to

 「グラミン・シャクティ」(そう、グラミンとは、あのグラミン銀行のグラミンですね。ただし、グラミン銀行とは直接関係ありません。シャクティは、「聖なるパワー」の意味)という会社があって、電気が来ていない田舎でソーラーパネルの設置事業を進めている。

 お金のない貧しい人々が相手ですから、融資しての設置。

 1996年から事業をスタートし、これまでなんと50万システム(世帯)の設置を終えているというから驚きですね。

 (バングラデシュは全人口の40%、8500万世帯が電気のない生活をしているそうです)

 「グラミン・シャクティ」では、今後2、3年以内に、実に15倍増の7500万世帯にパネルを設置する目標でいます。

  写真 ⇒ http://www.greenenergybd.com/Illuminating.html

 この「グラミン・シャクティ」の創始者(現経営者)は、ディパル・バウアさんて方です。

 この方、直接的には「グラミン銀行」(貧者に無担保で融資する)と無関係な人ですが、生まれ育った村が「グラミン銀行」発祥の地だったそう。

 社会的な企業とはどんなものか? それがどれだけ社会を変えるものか、目の当たりにして育った世代の人なんですね。

 ソーラーで発電すれば、電気のない家でも電話を使えれば、電灯をつけることができる。

 太陽発電による「村起こし・人起こし」……草の根からビジネスを立ち上げることができる。

 これって素晴らしいことですね。

 バウアさんは、インタビューに答え、こんなことも言っています。

 バングラは標高がきわめて低い国。地球温暖化で海面が上昇したら、一番に水没しなければならない国……だから太陽光発電をしてるんだ、と。

 う~ん、この発言も凄い。

 ####

 ドイツのシーアさんにしろ、バングラのバウアさんにしろ、感心させられるのは、その地位づよいリーダーシップですね。

 まるで太陽のような存在! 「太陽男」!

 日本にも早く、シーアさんやバウアさんのような人が現れてほしいものですね。

Posted by 大沼安史 at 02:35 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-10-20

〔いんさいど世界〕 レーベンスラウムのトホホ

 「韓国併合」から100年(そして「60年安保」からも50年)――現代史の節目の年、「2010年」も、残すところ、2ヵ月ちょっと……。
 
 中国で反日デモが続く、願ってもない(?)絶好(?)のグッド(バッド)タイミングで、われらが日本の元宰相、安倍晋三氏が、あっと驚く、「ガチョーン発言」をやってくれた!

 それも「英語」での――アメリカのハドソン研究所の公式スピーチでの発言! AFP ⇒ http://www.afpbb.com/article/politics/2767560/6344102?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

 ダニー・ケイ……いや、天国の谷啓さんも、さぞかし、驚かれているだろう。ハナ肇さんも今頃「あっと驚くタメゴロー」状態で、口をパクパクさせているはずだ。

 ★△★ ×△×

 でも、元宰相としては、「決め科白」を決めたような気持ちで(いまも)いるんだろうな!
 必殺技を決めた、とでも……。トホホ……。

 ★△★ ×△× 

 安倍晋三氏は、英語でなんと語ったか?

 ハドソン研究所がネットで公表したテキストによれば、  

  Since the 1980s, China’s military strategy has rested on the concept of a “strategic frontier.” In a nutshell, this very dangerous idea posits that borders and exclusive
economic zones are determined by national power, and that as long as China’s economy continues to grow, its sphere of influence will continue to expand. Some might associate this with the German concept of “lebensraum.” 
  ⇒  http://www.hudson.org/files/publications/abe%20final.pdf (5ページの最後の部分)

 共同通信の「日本語訳」(カッコは大沼補足)は、

  「(1980年代以降、中国は「戦略的フロンティア」という軍事戦略のコンセプトを続けている。(これはつまり)国力が国境や排他的経済水域を決めるという立場であり、中国が経済成長を続ける限り、活動可能な地理的範囲が広がるという極めて危険な論理だ。これを聞いて、かつてのドイツにおける『レーベンスラウム(生存圏)』という考え方を思い起こす人もいるかもしれない」
 共同 ⇒ http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101901001111.html

 ★△★ ×△× 

 問題はもちろん、この「レーベンスラウム」である。
 ドイツ語、Lebensraum 。

 言うまでもなく、ナチス・ドイツの――あのヒトラーの軍事力による膨張政策を指す言葉だ。

 それを「中国」に重ね合わせて言ってのけたのだ!

 ヒトラーのドイツを中国を重ね合わせる――1930年代を2010年に結びつける離れ業的な決め科白を決めてくれたのだ!

 その「レーベンスラウム」なるものが、実は「日本発」である、という「歴史の事実」をまったく知らずに!

 「レーベンスラウム」とは、戦前の「大日本帝国」が勲章を贈った駐日ドイツ大使館付き武官、カール・ハウスホーファーが、「韓国併合」に成功した日本の膨張主義に着目し、その時の発想を発展させた、地政学的な概念。それがナチスに採用されただけのことだ。

 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%AD%98%E5%9C%8F
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC

 ★△★ ×△× 

 これ、知っていたら、アメリカまで行って、言わずに済んだのに……。
 文科省の歴史教科書に載っていないこととはいえ、それにしてもガチョーン過ぎる。

 (そう、あなたの爺様の、岸信介さんが中心になって「建国」した「満州国」も、日本の「レーベンスラウム」だったわけだ。「生命線」と言ったりしていた!)

 中国は「レーベンスラウム」を追求するナチス・ドイツと手を組んだ「大日本帝国」に侵略され、さんざん苦しんだ国だ。

 それなのに、お前ら、ナチス並みだな、と、ヒトラーの元盟友の元A級戦犯の孫に言われてしまった中国!

 きっと唖然としたことだろう。

 フランスのレジスタンスの連中が、お前ら、ナチス並みだといわれたようなものだから……。

 韓国の人たちも同じように唖然としているはずだ。

 それにしても、韓国併合100周年のこの時に、よりによって、韓国植民地化の過去を思い出させるような、ドイツ語を持ち出すなんて。

 ★△★ ×△× 

 まあ、安倍氏には「従軍慰安婦」問題での「客観的な事実ではありません」発言があるから、「ああ、またか」ということで見逃してくれるかも知れないが、安倍氏たりとも日本の元宰相である。

 日本の政治家のレベルの低さを全世界に知らしめた責任(功績)は重い(大きい)。

 ★△★ ×△× ・△・

 これでますます、われわれふつうの日本人は、国際舞台で、「肩身(レーベンスラウムの意訳です!?)の狭い」思い、しなくちゃならなくなる……。

 日本人の「レーベンスラウム」をますます狭めてくれた、安部ちゃんに、みんなでトホホ・ガチョーンをしよう!

 

Posted by 大沼安史 at 11:30 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-10-18

〔いんさいど日本〕 樺美智子さん 50年後の真実

 詩人で医師の御庄博実さん〔みしょう・ひろみさん 85歳   広島共立病院名誉院長〕は、「60年安保」当時、東京の代々木病院の内科医だった。

 あの「6・15」のあと、愛娘を亡くしたばかりのご両親が医局に見えられ、「娘の死の真相を明らかにしてほしい」と、御庄さんに頭を下げた。

 東大生、樺美智子さんのご両親、樺俊雄氏と光子夫人だった。

 ####

 それから、半世紀――。

 御庄さんは「現代詩手帖」(思潮社)の7月号に「樺美智子さんの死、五十年目の真実――医師として目撃したこと」を書き、隔月誌「市民の意見」の最新122号の特別インタビューに応え、改めて証言を行った。

  「市民の意見」⇒ http://www1.jca.apc.org/iken30/

 ####

 樺美智子さんの死の真相とは何か?

 それは、政府の公式発表の「(デモ隊の)人ナダレによる圧死」は真っ赤な嘘だということだ。

 樺美智子さんは、国会前での機動隊との衝突の中で、殺されていたのだ。

 腹部を突かれて、激しく出血していた。しかも、直接の死因は、扼頚(やくけい)による窒息死! 扼殺!

 「市民の意見」のインタビューから、以下、引用する。

 ####

 (事件の翌日の)16日の診療後、呼ばれて(代々木病院の佐藤猛夫)院長室に行くと、副院長の中田友也先生と日本社会党参議院議員の坂本昭んがいました。坂本さんは、やはり佐藤院長と東大医学部の同級生で、国民救援会の会長もしていた。15日のデモで亡くなった樺美智子さんの司法解剖が、今朝慶應大学の法医学教室で行なわれたばかりで、中田副院長と医師でもある坂本議員がその解剖に立ち会い、執刀医の解剖所見をもらさず筆記したプロトコールを、ぼくが託されました。「伝研(東大医学部の付属機関・伝染病研究所)の草野(信夫)先生にこのノートを見てもらい、解剖学者としての見解を聞き、死因をまとめてもらいたい」と言うのです。
 持って行ったところ。樺さんは、腹部を固いもので突かれたらしい膵臓の激しい出血、そして喉仏の両側の扼頚があることから、直接の死因は扼頚による窒息死というのが草野先生の結論でした。

 ####

 「現代詩手帖」の「手記」では、「草野先生の解剖学者としての見解を語ってもらった」ときの様子を、以下のように詳しく書いている。

 ……ぬいぐるみの熊のような人なつこい、そしてやや怖い感じの草野先生は、しばらくじっと僕を見据えてゆっくり意見を述べられた。僕はこれをメモして樺さんの死因をまとめた。

 ①死体の血液が暗赤色流動性であり、
 ②肺臓、脾臓、腎臓などの実質臓器にうっ血があり、
 ③皮膚、漿膜下、粘膜下、などに多数の溢血点がみとめられ、これらが窒息死によって起こったもの(窒息死の三徴候)であることは疑いないところである。
 ④さらに窒息死の所見以外には、膵臓頭部の激しい出血、
 ⑤および前頚部筋肉内の出血性扼痕があった。

 御庄さんは「手記」の中でさらに「膵臓頭部の激しい出血については、僕ものちに慶応大学法医学教室を訪ねて臓器そのものを見せてもらっている」とも書いている。

 ####

 これだけ明白な真実が闇に葬り去られていたのだ。御庄さんは「現代詩手帖」に、こう書いている。

 五十年前、検察側は国会構内の機動隊の目の前で起こったことをあたかもデモ隊の後方の列で起こった「人ナダレによる」とはやばやと断定し、その後は司法解剖の行なわれた法医学鑑定書を、再鑑定など学問解釈上の体裁をとりながら、虚偽、隠蔽、捏造といったあらゆる手段を用いて、己の都合のよい結論を自ら仕立てた。樺美智子さんの死はこうして隠蔽され、不問に伏せられたのである。

 ####

 検察もまた「虚偽、隠蔽、捏造」するものだとは、今回の大阪地検特捜部の一件で明らかになったことだが、当時の政府権力は、それ以上のことを――「殺人事件」を、人ナダレによる事故死(圧死)、いや「同士討ち」にしていたわけだ。

 この「すり替え」はひどすぎる。

 当時の日本の主流マスコミはみな、あの悪名高き「デモはやめよう・共同宣言」(北海道新聞だけは違った!)で、政府の御用機関に成り下がっていたから、そうなってしまったのだろうが、真相に迫る調査報道がなされなかったことは、つくづく残念なことだ。

 ####

 さて、御庄博実さんが「60年安保50周年」を迎えた今、手記・インタビューで真相を告発したのには、「半世紀」の節目の年であることもさることながら、もうひとつ、大きなキッカケがあった。

 それは、「今年になり、(樺美智子さんと)同じデモの中にいた当時東大の長崎(旧姓榎本)暢子さん〔東大名誉教授〕が、もみ合っているうち気づいたらデモ隊の最前列に押し出され警官隊と対峙していて、お腹を警棒で突かれたり頭を殴られたと証言し」てくれたことだ。(「インタビュー」より)

 「現代詩手帖」の手記によれば、長崎さんはことし4月8日、広島共立病院に御庄さんを訪ね、当時の状況を詳しく証言した。

 それは樺美智子さんが「デモの半ば」にい(て人ナダレに押し潰されたのではなく)たのではなく、デモの最前列の押しだされていたことを裏付ける決定的な証言だった。

 どんな証言だったか?

 長崎暢子さんは「文藝春秋」7月号の座談会でも同じ内容の証言を行なっているので、その部分を以下、引用する。

 ####

 私(長崎さん)も、やはり樺さんは殺されたと思っています。警察は、樺さんはデモ隊の中のほうにいて、警官隊と対峙した場面がないから、そんなことはあり得ないと言っていますが、私の体験からすると、絶対に警官隊と向き合った瞬間があったと思う。
 というのも、私は当日、樺さんよりも(デモ隊の)二列くらい後ろにいたのですが、南門をこじわあけてワッショイ、ワッショイとやっているうちに、後ろや前から押されてどこにいるかわからない状態でした。警棒で頭をポカポカに殴られた記憶しかなく、警官隊と対峙した覚えなんかまったくありません。ところがのちに、樺さんが殺されたことを告発しようと、有名な海野普吉弁護士や坂本昭参議院議員たちと警察に行ったところ、警察が、「これがあなたですか」と小さな写真を出してきた。見ると、列の一番前で警官隊と対峙してスクラムを組んでいる私とあと二人の男性だけ切りとった写真なんです。私でさえ最前列で警官隊と対峙させられた瞬間があったわけで、前にいた樺さんにもそういう瞬間はきっとあったはず。さらに樺さんは羽田ロビー闘争などで活動家として面が割れていたから、狙い撃ちされた可能性もある。
 もうひとつの根拠は、数日後からお腹が痛くて仕方がなくなったことです。それは警棒で腹部を突かれたからなんです。

 ####

 御庄さんはまた、国会前でデモ隊と正面衝突した第4機動隊の現場責任者・岡田理警部補の「ノイローゼ入水自殺」についても疑問を投げかけている。

 「市民の意見」のインタビューから、以下、引用する。

 7月9日……岡田理警部補が『ノイローゼで入水自殺』したとして死体が板橋で見つかりました。坂本議員が調べてくれというので、代々木病院近くの探偵社でアルバイトをしていた詩人仲間に調べてもらったら、死体があったという板橋の場所には水がない。水のない水死体です。戸田橋上流の荒川で水死したとされましたが、船頭組合も水死体が揚がったとは言っていない。遺体確認は親戚大塚の監察医がしましたが、岡田警部補の妻が確認していない。また、岡田家は警察が詰めて遺族に会えない……

 次に、「現代詩手帖」の「手記」より――。

 ……人を頼んで彼(岡田警部補)の日常を調べてもらったが、近所のたちとの付き合いもよく、誠実な人で、柔道の高段者で、ノイローゼとは縁の遠い人であった、自殺という言葉は信じられない、と。

 ####

 御庄さんは慎重に言葉を選んで語っているので、この先は、手記・インタビューを読んだ、元新聞記者としての僕なりの「勘」だが、岡田氏の「入水自殺」も権力のでっち上げの可能性、なきにしもあらずだ。

 岡田氏は機動隊の現場の指揮を任せられた人物である。

 この国もまた、重大事件が起きるたびに、やたら「自殺者」が出る国。
 岡田氏が真実を語ることを恐れた何者かが口封じに出た可能性は全くないとは言いきれないだろう。

 ####

 しかし、それしても、今回の御庄さん(および長崎さん)の「証言」は重い。

 御庄さんは「手記」を、

  ……僕は樺俊雄先生ご夫妻の「美智子の死の真相を!}というご依頼にやっと応えることができたと思う。
 「歴史の流れ」が、音を立てて足元から聞こえてきます。

 と結んでいるが、50年の歳月の流れの中から、今、こうして、1960年(昭和35年)6月15日の夜、国会前で起きた事件の「真実」が明らかになったことは、(哀しいことではあるが)喜ばしいことだ。

 両親はもちろん、樺美智子さんご本人も、御庄さん、そして旧友の長崎さんの努力に、あのひそやかな微笑でもって応えられているのではないか。

 ####

 樺美智子さんの「死」についてはこれまで憶測、疑惑が流れ続けいたが、今回、これだけの証言が出た以上、死因を「圧死」とした「歴史」は訂正されねばならない。

 
 〔注〕 念のために申し添えますと、詩人・医師の御庄博実さんは、ヒロシマの入市被爆者でもあります。

 思潮社から「詩集」が出ています。とくに、組詩「ヒロシマ」の「Ⅳ 消えた福島橋」の「金蝿」の描写は、忘れがたい……。

 「金色の魔性」に対する即物的な告発。

 御庄さんはいま、イラクでの米軍劣化ウラン弾被害を告発する運動にも従事されています。

 以下に、中国新聞の電子版に出ている、御庄さんに対する連続インタビューを。

 中国新聞インタビュー「生きて」 ⇒ http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/ikite/ik100807.html
 ⇒ http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/ikite/ik100731.html

〔アピール〕 今回の「樺美智子さんの死」の真相を突き止めようとする努力は、「代々木・反代々木」の党派レベルを超えたものである。立場の違いは脇に置いて、真相を究明しようという姿勢は尊い。

 立場を超えた真実の追究!―― 60年当時の第4機動隊関係者の方には、ぜひとも証言していただきたい。

 問題と責任はあくまで、国会前でデモ隊の女子大生の命を奪った、当時の政権にある。

 マスコミは今からでも遅くはないから、御庄さんの証言を、報道すべきだ。

Posted by 大沼安史 at 07:07 午後 1.いんさいど世界 |

2010-10-16

〔いんさいど世界〕 「オズの魔法使い」考

  超巨大な「デリバティブ金融バブル」が破裂した後遺症が、回復どころか、悪化の一途を辿っています。

 お札――通貨に対する信頼も揺らぎ、それが「ゴールド(金)高」を招いている。

 あのジョージ・ソロス氏によれば、「究極の金のバブル」が、ぐんぐん膨らんでいる。

 日銀の「包括緩和」(ゼロ金利、量的緩和=QEⅡ)も、「景気を下支え」することに失敗し、結局は「ゴールド・バブル」の膨張に貢献しただけ、という情けない結果に終わったようです。

 お札より金(ゴールド)……。世界はまた、「黄金」の所有者たちが覇権・権力を行使する、「金本位制(?)」に復帰しそうな雲行きです。

  OZOZOZ

 これは、今月7日付の本ブログのコラム、「ゴールド 魔法使い 階級戦争」( ⇒ 
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/10/post-a709.html)で触れたことですが、今の世界の状況が、あのアメリカの『オズの魔法使い』の物語が「風刺」した時代状況にそっくりなことは、もっと知られてよいことだと思います。

 「オズの魔法使い」の風刺、あるいは「告発」といってもいい批判的な視点を持つことは、私たちにとっても大事なことのように思います。

  OZOZOZ

 「オズの魔法使い」が私たちにのプレゼントしてくれる、批判的な視点、あるいは情勢理解の目とは何か?

 それを知る鍵は「オズ(Oz)」という魔法使いの名前に潜んでいます……。
 そう、その通り、Ozって、そもそも、金の重量単位、オンス(約30.1グラム)の略号なわけです。

 ということはつまり、「オズの魔法使い」とは、「ゴールド(金)の魔法使い」の意味を含んでいる。

 これを知ることで、私たちは、現代の「エメラルドの都」の「権力」の実態に迫り、その正体を暴くことができるわけです……。

  OZOZOZ

 さて、映画にもなった『オズの魔法使い』の物語(原作)ですが、アメリカのライマン・フランク・ボームさんという方が、1900年に発表した作品です。
 Wiki ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%81%AE%E9%AD%94%E6%B3%95%E4%BD%BF%E3%81%84
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%A0

 カンサスの少女、「ドロシー」が愛犬の「トト」と、仲間の「カカシ」「ブリキの樵(きこり)」「ライオン」と一緒に、「エメラルドの都」に行き、「エメラルドの宮殿」で「オズの魔法使い」の正体を見破り、「銀」の靴(この「銀」の靴という点に注意!)の魔法の力で、無事、カンサスの家に戻ることができる――という、冒険ファンタジー。

 1939年には、あの「虹の彼方に」の歌で有名な、ジュディー・ガーランド主演のミュージカル映画( Wiki ⇒  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%81%AE%E9%AD%94%E6%B3%95%E4%BD%BF) にもなった名作です。
 
 (原作の題は、The Wonderful Wizard of Oz 。映画では、「ワンダフル」が抜けています。違いはほかにも、いろいろあります。たとえば、原作の「銀の靴」が、映画では「赤い(ルビーの)靴」になっていたり……)

  OZOZOZ

 では、作者のボームさんはなぜ、「エメラルドの都」の「宮殿」の大魔法使いを、ゴールドの単位であるOz(オズ)としたのか?

 どうして主人公の少女、ドロシーを無事、カンサスに連れ戻す靴が、魔法の「銀」の靴でなければならなかったのか?

 で、いよいよ本題の核心に迫って来たところで、ひとつ「種明かし」をしておかなければなりません。

 この寓話に批判的な意味が込められいることは、もちろん、私の「発見」――ではありません。

 ヘンリー・リトルフィールドさんというアメリカの高校の歴史の先生が突きとめ、すでに1964年に発表〔 ⇒ http://cdlee.files.wordpress.com/2007/11/littlefield-wizard-of-oz-parable-on-populism.pdf〕していたものなのです。

 そしてそれを私は、エレン・ホジソン・ブラウンさんという、アメリカの法律家が書いてベストセラーになった、The Web of Debt という本から教わった……。
 ⇒ http://www.webofdebt.com/

  OZOZOZ

 ですから、以下の記述は(もまた)、エレンさんの御本とリッチフィールドさんお論文のおかげなのですが、エレンさんの言うとおり(あるいはリッチフィールドさんの言うとおり)、原作が生れた時代背景を知れば、「オズ」をめぐる謎はとけるのです。

 バウムさんがこの物語を書いた1890年代のアメリカは、大変な不況の時代でした。失業率は20%にも達していたそうです。

 当時は金本位制の時代。「ゴールド」を持った(つまり、Ozを貯め込んだ)ウォールストリートの銀行が、それを元手に高い利息で金貸しをして、民衆(農民、労働者ら)を苦しめていました。

 そういう状況のなかで、ポピュリスト(民衆派)の運動が高揚し、1894年には、ジェイコブ・コクシーさん率いる「コクシー軍」の――利息をとらない政府紙幣の発行(リンカーンの時代に行われた)を求めるデモ行進が、オハイオからワシントンに対して行われたりしています。

 で、バウムさん、実はこの方、このポピュリストたちの運動の支持者。
 運動の指導者のウィリアム・ジェニングス・バイヤンが大統領選に名乗りを上げた時も、応援に乗り出していた人です。

 そして、このバイヤンさんてポピュリストの指導者が大統領候補(の候補)として、1896年に掲げたのが、「金本位制」を止める公約。
 より正確な言い方をすると、1873年まで続いていた「金と銀の複本位制」に戻して、金回りをよくし、借金の山にあえぐ農民らを救います、という公約を掲げていた。

 ここまで来ると、当時の状況――物語の時代背景がのみこめますね。
 つまり、バウムさんの原作は、結局、日の目を見なかった、ポピュリストたちの「見果てぬ夢」を託したものだったわけです。

 それだから、子どもたちだけでなく、「風刺」として「年齢を問わず不変の魅力をもって人々の心をひきつける一篇のクラシック」(ハヤカワ文庫版の訳者の佐藤高子さんの「あとがき」より。佐藤さんの日本語訳は素晴らしい!)にもなった!

  OZOZOZ

 さて、「オズ」の物語の最高のドラマは、全員が「緑の眼鏡」をかけ(させられ)た、緑色の「エメラルドの都」の「エメラルドの宮殿」へ、ドロシーたちが乗り込み、「オズ」という大魔法使いの正体を見破る、あの有名な場面で展開されます。

 (原作では「ついたて」が倒れ、映画では「カーテン」が開きます。オズは魔法使いでもなんでもなく。ネブラスカのオマハから来た「ただの人」だった! そこに隠れて魔法使いのふりをしていただけだった!)

 こうして「7つの廊下」と「3つの階段」(7と3。つまり、複本位制から金本位制にかわった〔18〕73年が暗示されています)のある「エメラルドの宮殿」で、「見えざる手」(この表現は、私・大沼の(C)です!〔笑い〕)でもって「魔法」をふりまき、そこに絶対の権力者がいると信じ込ませていた人為的な「世論=意識操作」が暴露される……。

 このくだりを読んだポピュリストたちは、きっと溜飲をさげたことでしょう。

  OZOZOZ

 エレンさんは、ドロシーの仲間の「ライオン」(勇気のない臆病なライオン)とは、バイヤン(平和主義者でもあったそうです)を指し、大魔法使いのオズだったのは、当時のクリーブランド大統領のことだと指摘しています。

 なるほど、そういうことだったのですね。

 物語はオズに虐げられていた者たちがみな、力を取り戻し(「カカシ(農民)は脳みそを、「ブリキの樵(労働者)」は心臓を、そしてライオンは勇気を)、それぞれの場所で生きて行くハッピーエンディングを迎えますが、なぜ、この「オズの物語」が今になって再び関心を呼び覚ましているかというと、(これは言うまでもないことですが)物語はそこで終わっても、現実の世界では今なお「物語」が続いているからです。

 権力者が世論操作の魔法を使い、「金融システムの安定のためだ」とか「経済を成長させるためだ」とかナントカうまいことを言って、せっせとお金持ちや権力者(組織)にだけマネーを大放出し、石油や食料の値段を吊り上げ、今や、「ゴールド・バブル」を――さらには「ダイヤモンド・バブル」を生み出すに至っている。

 「エメラルドの都」だけが輝いている。

 恐ろしげな「火の玉」(核兵器?)や「けだもの」(軍事力?)や「巨大な首〔顔〕(テレビ?)」となって、人々を抑え込んでいる。

 これはもう、なんとかしなければならないことですね。

  OZOZOZ 

 つまり、時代は変わっても、状況はひとつも変わっていない。

 「ゴールド・バブル」の波にのって、お金持ちは、新たな、オズの「黄色いレンガ(つまり金塊の寓意)の道」を通って、「エメラルドの都」のカジノに遊び、権勢をふるい、豪勢なわが世の春をエンジョイできるが、ポッケがカラッポな私たち庶民は途方に暮れて、トボトボ歩くだけ。

 これをどうするか?

 これはもう、とりあえずは、新しい「ドロシーと仲間たち」の登場を待つしかありませんね。

 日本の「エメラルドシティー」の実態を、そこにいる「オズ」どもの正体を暴く、日本の「ドロシー」の活躍に期待したいと思います。
(それはたぶん、正義心にあふれた女性ジャーナリストの役目になることかも知れないな!) 

 永田町の「ついたて」を倒し、霞ヶ関の「カーテン」を切り裂き、「ポチ」どもを追い払う、日本の「トト」のガンバリにも期待したいと思います。(オス犬だから、根性のある男性ジャーナリストの役目かも知れないな!)

 もちろん、日本の「ドロシー」「トト」だけでなく、日本の「カカシ(農民)」「ブリキの樵(労働者)」「ライオン(民衆の味方の政治家)」も決起しなければなりません。

 「空飛ぶサル」にも、南と北にいる「よい魔女」たちにも出番がなければなりません。

  OZOZOZ

 最後に――これも実は先のブログに書いたことですが、物語の中で、オズの大魔法使い(だった男の人)は、ネブラスカの「オマハ」の人で、故郷の町へ気球に乗って、ひとり帰って行きます。

 カカシやブリキの樵やライオンに、それぞれ「力」を授けて。

 つまり、オマハの男は、最後はいいことをしてふるさとに帰って行ったわけです。

 そのオマハに今、偶然にも「オハマの賢人」といわれる、世界一の大金持ちであり、世界一の慈善家である老人が(ほんとうに)住んでいます。

 ことし、80歳になられた、あの有名な、ウォーレン・バフェットさん。

 その「オマハの賢人」の、金持ち階級に対する、手厳しい発言(4年前、のニューヨーク・タイムズ紙での発言です)が今、話題になっています。、

  「そう、階級戦争が続いているんだ。私が属する階級がね――リッチな階級がね、戦争を仕掛けているのさ。そして、私たちが勝利を収めている」

 う~ん、もしかしたら、ウォーレン・バフェットさんて、あの、気球でオマハに帰って行った、あのオズさん(「大魔法使い」さん)かもしれないなあ~! 

Posted by 大沼安史 at 11:41 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-10-08

〔いんさいど世界〕 「基本的人権としての癒し」 または「人間回復」による戦争の廃絶 

 
 アフガン戦争が今月7日で、10年目に突入した。

 まる9年が過ぎたのだ。すでに。
 10年目を迎えたのだ。早くも。

 2001年10月7日、爆撃機による空爆、潜水艦による巡航ミサイル攻撃で始まったアフガン戦争。

 イラク戦争は2003年3月20日の開戦だから、アフガンの方が2年半も早い。

 アフガン・イラク戦争を「ひとつの戦争=アフガン・イラク戦争のふたつの前線」と考えれば、この7日の開戦記念日の意味はさらに重いものになる。

 21世紀の第1年にあたる「2001年」の「9・11」から1ヵ月も経たない「10・7」に、アメリカが始めた「アフガン・イラク戦争」――。

 軍事帝国化したアメリカは、この先、どこまで戦争を続けるつもりなのか? 

 ★★★★

 7日、ワシントンのウォルター・リード陸軍病院前に、14人ほど、元兵士たちが集まり、黙祷を捧げた。

 CNNの報道によると、兵士たちは10本のバラの花を捧げたそうだ。

 9本はこれまで過ぎた9年の月日のために、もう1本は、これから続く1年のために。

 元兵士たちは連邦議会まで10キロの道のりを行進し、記者会見をして訴えた。

 心に傷を負い、心を病んだ兵士たちを、戦場に送り返さないでほしい、と訴えた。

 アフガンもイラクも戦場は地獄なのだ。耐え切れない地獄に心を病んだ兵士を送り返さないでほしい――キャンペーン「オペレーション・リカバリー(回復のための作戦)」を始めた兵士たちの訴えだった。

 ★★★★

 14人の元兵士の中に、元陸軍特科兵、イーサン・マッコードさんもいた。

 マッコードさんは2007年7月12日、バグダッド郊外で起きた、米軍アパッチ・ヘリによるイラク住民機関砲掃射・虐殺事件の現場に、いち早く駆けつけた人だ。

 ヘリに掃射されたヴァンの中から、イラク人の子ども2人(兄と妹)を衛生兵とともに救い出した人だ。

 その「救出」の模様を、機関砲を掃射したヘリのカメラが引き続き撮影していた――あの兵士だ。

 その米軍の極秘映像をことし4月、「ウィキリークス」がネットで「公開」したことで、全世界の人々の注目を浴びた人だ。

 そのマッコードさんが、「デモクラシーNOW」のエイミー・グッドマンさんのインタビューに答えていた。 ⇒ http://www.democracynow.org/2010/10/7/iraq_war_veteran_who_rescued_wounded

 このブログでも以前、紹介したように、マッコードさんはもうひとりの戦友とともに、イラクの人々に対し「謝罪の手紙」(公開状)を出した人だが(⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/04/post-6c09.html )、マッコードさん自身、戦争体験で心に傷を負い、2007年11月の帰国後、自殺を企て(未遂)、精神病院に入院していたとは、このインタビューを聞くまで知らなかった。

 ★★★★

 マッコードさんの証言(ブログ記事、デモクラシーNOW、ABCテレビのインタビュー)によると、2007年7月12日のその日、バグダッド郊外、ニューバクダッドを担当するマッコードさんの部隊(米陸軍ブラボー中隊)は、ラスタミヤーの前進基地(FOB)から、未明のパトロールに出発した。

 「(ドアを)ノックし、サーチ(捜索)する」任務。

 パトロール活動は平穏に過ぎ、やがて朝を迎え、気温は華氏110度(摂氏43度)以上に達した。水筒の水がお湯に変わる暑さ。前進基地に引き揚げようとした時、近くの屋上から銃撃を受けた。銃声は数区画先でも上がった。

 その時だった。アパッチヘリの30ミリ機関砲の掃射音が響き渡ったのは。

 マッコードさんたちが現場に駆けつけると、イラク人男性3人が道路の角に転がっていた。人間のかたちを残していない無残な死体を見て、衝撃を受けた。

 それから臭い――現場には糞便、尿、血液、爆煙などが入り混じった、まれまで嗅いだことのない異様な臭いが立ち込めていた。

 子どもの泣き声が、蜂の巣になったヴァンの中から聞こえてきた。

 マッコードさんは20歳になる若い兵士とともにヴァンを覗くと、中に4歳くらいの女の子がいた。腹部を負傷し、血だらけの顔に――眼球にもガラスの破片が突き刺さっていた。それを見て、若い兵士が吐いた。吐いて後ずさりして、逃げ出した。

 マッコードさんは衛生兵に助けを求め、女の子を助け出し、すぐ目の前の民家に運んで、衛生兵とともに手当てをした。マッコードさんは女の子の眼球からガラスの破片を必死になって抜き取った。
 
 衛生兵が女の子を装甲車両のところへ運んで行ったので、マッコードさんはヴァンに引き返した。

 7歳くらいの男の子がいた。ぐったりしていた。運転席で父親らしい大人の男が胸を30ミリの砲弾で貫かれ、死んでいた。男の子と女の子をかばうような姿勢で死んでいた。

 マッコードさんは男の子を抱え、「死ぬなよ、死ぬなよ」と叫びながら走った。男の子の目がマッコードさんを見上げていた。

 走行車両のところにたどり着き、中に男の子を寝かせた。

 その時だった。マッコードさんを、小隊長が怒鳴りつけたのだ。子どもなんかにかまけていないで、殺さなくちゃならないやつらを見つけて来い!――と。

 マッコードさんは、負傷した兄妹の治療を、前進基地(SOB)が拒否したことを知らなかった。

 もちろん、アパッチヘリが、マッコードさんが男の子を救出する一部始終を上空からビデオカメラに収めていたことも知らなかった。

 ★★★★

 任務を終えたマッコードさんがSOBに戻ったのは、夜になってからだった。

 軍服についたイラクの子どもたちの血を洗い落としているうち、「自分が見たものに、どう対処していいかわからない」混乱に陥った。米兵の一人として、自分も関与していたことに耐えられなくなった。

 そこで上官に、精神相談を受けさせてほしい、自分の気持ちを訴えたいと頼んだが、ダメだった。

 がまんしろ、仮病だと疑われるぞ……。

 ★★★★

 帰国後、イラクでの負傷(外傷)は治ったが、心の傷は治らなかった。

 酒を浴びるように飲んで自殺を図ったが、死に切れなった。

 家の中で刃物を持っている現場を奥さんに目撃された。

 離婚。精神病院への入院。

 ようやく落ち着いた今年の4月、こども2人を車で学校に送り、家に戻ってコーヒーを飲みながら、テレビのスイッチを入れて驚いた。

 そこに、男の子を抱いて走る自分の姿が映っていた……。

 ★★★★

 10年目を迎えた「アフガン・イラク戦争」――。

 戦争の長期化で深刻化している問題がある。それはマッコードさんのように心に傷を負った兵士たちが、トラウマを引きずりながら、戦場に送り返されている現実だ。

 死なない限り――負傷しない限り、ローテーションで何度も現地に送られ、戦闘を強いられるのだ。

 「デモクラシーNOW」のエイミーさんのインタビューに応え、マッコードさんはこう言った。

 And they’re being denied their basic human rights to heal. And we’re trying to put a stop to that. It needs to end now. And we need to—we need to stop the redeployment of these troops.
 
 「兵士たちは、癒されるという基本的人権を否定されているのです。私たちはそれをやめさせたい。いますぐ、やめなくちゃならないことです。兵士たちを再び戦地に送り込むことはやめる必要があります」

 兵士もまた人間、人間として癒されなければならない。

 基本的な人権としての「癒し」!

 アフガン・イラク戦争から生れた、この新たな人権概念は重い。非常に重い。

 人権としての癒し――それは多分、戦争を否定する、平和の思想の根源になければならないものだ。

 人間は人間として癒されなければならない。

 癒しこそ、「人間の回復」の道!

 戦争廃絶の道!

  

 〔参考〕 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=eORycShvQn0
 http://www.michaelmoore.com/words/mike-friends-blog/feces-urine-blood-smoke-and-something-indescribable
 http://www.ivaw.org/operation-recovery
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/04/post-42e9.html

Posted by 大沼安史 at 11:56 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-10-02

〔いんさいど世界〕 輝け!2010年 イグ・ノーベル賞 発表! ついでに、本ブログ選考 「輝け!上の空 シュールレアリスム大賞」を発表!

 ことし、2010年の「イグ・ノーベル賞(Ig Nobel Prize)」の授賞式が、このほど(9月30日)、アメリカのハーバード大学のサンダース劇場で開かれました。

 イグ・ノーベル……ご存知ですよね。ignoble ラテン語のignobilis から来た英単語。「不名誉な」って意味です。
 もちろん、「ノーベル賞」にひっかけた洒落。愉快なユーモア(もうひとつの)ノーベル賞のこと。
 
 ことしの晴れの受賞者の中に、 粘菌が効率的な「鉄道網」モデルを作り出すことを突き止めた、公立はこだて未来大の中垣俊之教授らのグループが含まれている(「交通計画賞」を受賞)ことは、日本でもすでに報道されているので、ご存知の方の多いことでしょう。⇒ http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010100100337

 で、本ブログ(略称「上の空」ブログ)としては、中垣教授らの業績紹介は端折り――「上の空」注目の、他の受賞(者)を紹介したいと思います。
  ⇒ http://improbable.com/ig/winners/#ig2010

   日本語Wiki  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

 「上の空」子(私……大沼のこと。なんかトホホ……)による、2010年、イグノーブル・チョイス、ベスト(ワースト)ワンは、なんといっても、「平和賞」に輝いた、英国・キール大学の研究業績。

 な、な~んと……「悪たれ」――くそったれが、バカヤロー、死ねっ、くたばれ、チクショー、などなど――に、「苦痛」に耐える力を呼び覚ます力があることを確認したそうです。

 どんな実験で確かめられたかというと、氷水に手を突っ込んでおくんだそうです。だんだん時間が経つと、冷たくて、しびれて、耐え切れなくなりますよね。

 で、被験者を2つのグループに分け、ひとつのグループには、普通の言葉を言わせる(たぶん、「今日はいい天気ですね」とか??)

 そしてもうひとつのグループには、「悪たれ」を言わせる。

 くそったれが、バカヤロー、死ねっ、くたばれ、チクショー、コンチクショー、ドアホ、間抜け、オタンコナス…… 

 で、結果はどうだったか?

 言うまでもありませんね。「悪たれ」組の勝利!

 悪たれ組の方が、長い時間、氷水に手を突っ込んでいられるんだそうです。

 でも、これがなぜ――どうして「平和賞」に輝くの?……

 当然の疑問ですね。でも、こう考えると、納得できる!

 つまり――苦痛に耐える……つまり、いやなことに耐える……って、結局、ガマンすること……ガマンすれば、お互いケンカにならない……ケンカしない……つまり「平和」が維持される…………メデタシ・メデタシ!!!

 「悪たれ」言っているうちは、まだ「平和」。「平和」な時間を先に延ばせるわけです。

 だから、日中両国の「愛国者」たちも、互いに「悪たれ」言い合っればいいんですよ! これからも! 「戦争」にならない。

 「ガス抜き」って、そういうことだったんだあ~!

 「カラオケ」を発明した井上大佑さんが以前、イグ・ノーベル「平和賞」に輝いたことがありますが、これも同じような授賞理由でしたね。

 他人の歌をだまって聞く……周りの人間の忍耐力を強化する……これが「カラオケ」に対する「平和賞」の授賞理由!

 さて、ことし2010年の「イグ・ノーベル賞」には、例年にない、際立った特色があります。

 それは、人類文明、地球の敵に、痛烈な批判・風刺の矢を放ったこと。

 リスクを最小化にして利益を最大化するという、本来あるはずもない「ぼろもうけ」法を考案(し、世界経済を破壊)したウオールストリートに「経済学賞」を、メキシコ湾で本来、混じり合わないはずの「水」と「油」を混ぜてしまった(流出「原油」を海に溶け込ませてしまった)BPに対して「化学賞」を――それぞれ贈りつけた!

 う~ん、なかなかやるじゃん!

 で最後に、(このブログを書いている最中にヒラメキ、急遽、「創設」に踏み切った)本ブログのチョイスによる、「輝け!上の空 シュールレアリスム大賞」を、早速、発表することにしよう。

 第1回「輝け!上の空 シュールレアリスム大賞」の、(とりあえず)「物理学賞」に輝いたのは…………

 じゃーん!……「抑止力(斥力)」を「引力(誘引力)」に換えることに成功した、日本の「あかんなほんと政権」に!

 だって、核にも海兵隊にも「抑止力」あるはずなのに、中国漁船を追いやるどころか、逆に体当たり攻撃、受けたジャン!

 えっ、シュール(超現実)じゃない? 現実そのもの、クソレアリスム 、バカ、アホ、間抜け、オタンコナス……お、仰せの通り……ど、同感です。  

Posted by 大沼安史 at 09:18 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-30

〔いんさいど世界〕 日本の政治家の言葉 アメリカのコメディアンの言葉

 「あかんなほんとに政権」が最近、異常なほど「敬語」を連発し出した。

  これはどうしたわけか?

 ####

 〔サンプル その1〕 「中国はお変わりになっていなかった」(仙谷官房長官)
 サンケイによれば、仙谷官房長官は29日の記者会見で、尖閣列島周辺海域での中国漁船による「体当たり攻撃」事件にふれ、中国は……近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」と述べたそうだ。

 同長官は28日の会見でも、東シナ海・ガス田付近を航行中の中国の海洋調査船について「周辺にいらっしゃることは確認している」とお述べになっていたそうだ。
 ⇒ http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100929/plc1009291808012-n1.htm

 〔サンプル その2〕 「報告を仙谷官房長官からいただいている」(菅直人首相)
  時事通信によると、30日の衆院予算委で、菅首相は、海上保安庁が撮影した衝突時のビデオ映像について「見ていない。報告を必要に応じて仙谷官房長官からいただいている」と答弁した。
 ⇒ http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2010093000156

 部下の官房長官から報告をいただいている内閣総理大臣、菅直人クン!

 大事な「事件」なのに(もう半月にもなるのに)、「ビデオを見ていない」だと……!

 ####

 ついでに宮崎県の東国原知事の、29日の「再出馬せず」表明の際の発言も、ここで確認しておく。

 「出馬をさせていただかない」――

 共同通信は「独特の言い回し」と報じていたが、いくら「元コメディアン」でも、ずいぶんとひねくれた言い方ではある。
 ⇒ http://www.47news.jp/news/2010/09/post_20100930093152.html

 ####

 でも、この連中、どうしてこんなに「敬語もどき」を連発するのだろう?

 僕の耳には、ずいぶんと日・中・宮崎=国・県民を「舐めた」物言いだな、としか聞こえないのだけれど……。

 (そういえば、サルコジ政権の閣僚として一時、司法大臣をつとめたフランスのラチダ・ダティって保守の女性政治家〔バービーちゃんてあだ名の持ち主だそう!!!〕も、とんだ失言をしていたっけ。 ⇒ http://www.lexpress.fr/actualite/politique/rachida-dati-parle-un-peu-trop-vite-et-dit-fellation-au-lieu-d-inflation_922568.html 

 「早口で言ったから、つい舌が滑った」とか。どちらも語源的には根を同じくするらしいので、取り違えても、仕方ない面もあるが……。

 ジャック・デリダによれば、cap(岬)は、キャピタリズム〔カプ・カピタリスム ともに男性名詞〕と語源的に通底するそうだ……。産業化・近代化の岬=ヨーロッパ半島! そこに生れた資本主義が、岬を超え、大洋を越えて、全世界に広がり、今、グローバルな規模で猛威を振るっている。最後の猛威!……)

  この男バービーどもめが!…………
 
 それに、「逃げ」もあるような気がする。政治家として真正面から取り組む姿勢がみられない。責任を取ろうとしない。

 「政治」は(――そして「コメディー」もまた)、コトバが命のはず。国会も県議会も、真剣なコトバが語られる場所であるはず。なのに、このザマ。

 ####

 さて、ところ変わって、ワシントン――。アメリカの連邦議会・下院。

 その下院の聴聞会に、人気コメディアンのステファン・コルバート氏が出席し、メキシコからの季節農業労働者を支援する証言を行った。

 24日のこと。その証言をネットのビデオで視聴して、そのコトバの力に――圧倒された。⇒ http://www.indecisionforever.com/2010/09/24/stephen-colbert-testifies-before-congress/ 

 ⇒ http://news.yahoo.com/s/ap/20100924/ap_on_en_tv/us_congress_colbert

 コルバート氏は、UFW(農業労働者連合)の呼びかけにこたえ、ニューヨーク州内の農場でまる一日、メキシコからの季節労働者に交じって、豆やコーンの収穫作業に従事したことがある。

 その体験を踏まえ、議員らに向かって、氏は真正面からこう要求した。「腰を曲げ、かがみこんでの重労働。ほんとに辛かった。土が地面にあるなんて思いもしなかった。この国は人間を月の送り込んだ国だ。地面をせめて腰の高さに引き上げることくらいできるだろう。予算をつけなさい」と。

 「アメリカの農場は、人手不足でどんどん閉鎖に追い込まれてる。メキシコからの季節労働者はアメリカ人のしたがらない労働をしてくれている。政府はもっとビザを発給し、季節労務者の人たちの労働条件を改善すべきだ。待遇をよくすれば、アメリカ人だった農地で働くようにようになる……」

 「私は自由市場論者だが、市場の見えない手のおかげで、アメリカの農業はメキシコに出ていっている。市場の見えない手は、豆を摘み取りたくないらしい……」

 「(遺伝子操作でGM農産物を開発している)科学者たちには、自分で収穫する植物をつくってもらいたい。GMの研究者には、(農作業の手間を省くため)人間と食物のアイノコをつくってもらいたい。その方が簡単だから……」

 「アメリカの農場は人手不足にあえいでいるが、11月からは(中間選挙で破れ、失職した)民主党員がたくさん、働き出すはずだ……」

 風刺の効いた、痛烈な批判パンチの雨あられ!

 締めくくりの文句がすごかった。「私は、私の証言を受け、あなた方議員のみなさんが、与野党一緒になって、アメリカ人の最善の利益のために働いてくれるものと信じている。みなさんがこれまで、常にそうだったように(会場にわきあがる大爆笑!)」

 ####

 この下院聴聞会と日本の衆議院の予算委員会の、あまりにも明らかな違いは、何より「言葉」の差にあるような気がする。

 聴聞会で発言したコルバート氏はたしかに超一流のコメディアンだが、アメリカの政治家だって(総じて)まだ、日本の政治家ほど言葉の力を失っていない(もちろん、あくまで相対的な話だが……。これはオバマと菅直人を比べれば、すぐにわかることだ。ミゾユウで、ウズ中な連中は、比較にもならない)。

 仮に「米中」の艦船が東シナ海で「衝突」する事件が起きた時、アメリカの大統領が、「現場のビデオは(半月経ったいまなお)見ていません。(大統領首席補佐官から)報告をいただいている」と言い、その首席補佐官が「中国はお変わりになっていなかった」と、わけの分からない無責任な言い方をしたら、その政権はその時点でもう終わりである。補佐官は即刻「クビ」だし、大統領の「再選」もない。

 ####

 サンケイ新聞によれば、菅首相は30日の衆院予算委で、こう語った。

 「今回の事案について、国民の皆さんにいろいろと心配をかけ、ご意見をいただいたことに対し、おわびを申し上げたい」
 ⇒ http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100930/plc1009300920007-n1.htm

 「国民の皆さんに……心配をかけ、ご意見をいただいたことに対し、おわびを申し上げたい」????

 また、だ。これまで常にそうだったように。

 あかんなあ~、ほんとに!
 

Posted by 大沼安史 at 05:33 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-27

〔いんさいど世界〕 クリークの14人

 14人のアメリカ人が体を寄せ合い、座り込みを続けた。遠隔操縦の人殺しは止めてほしいと訴え、座り込みを続けた。

 警察官がごぼう抜きで逮捕した。
 
 昨年、2009年4月9日、米ネバダ州のクリーク空軍基地。
 
 アフガンでの無人機(ドローン)による攻撃を遠隔操縦で続ける同基地に対し、14人の平和運動家が立ち入り、座り込みで抗議した。
 ⇒  http://www.youtube.com/watch?v=oXpxVCQUQEA

 ####

 その裁判の公判が今月9月14日、ラスベガスの裁判所で開かれた。

 取材した地元の新聞は、こう書いた。「14人の反戦活動家たちは今日、ここラスベガスの裁判所で、歴史をつくったかも知れない……」 ⇒ http://blogs.lasvegascitylife.com/cityblog/2010/09/14/vegas-drone-trial-makes-history/

 歴史をつくったかも……そう、14人の被告たちはこの日、まさに歴史をつくった(かも知れない)のだ。まだ、「……かも」としか言えないのは、歴史的な結論(判決)が、来年1月まで持ち越されたからだ。

 基地に入り込み、座り込んだだけの(?)単なる(?)「不法侵入事件」は、ふつうなら即決で有罪判決が言い渡されるのが普通だが、そうはならなかったのである。

 ####

 「クリークの14人」と呼ばれる被告=活動家の一人、核の生産地基地、ニューメキシコ州在住のカトリック・イエズス会のジョン・ディア神父が、公判の模様を詳しく報告していた。⇒ http://www.commondreams.org/view/2010/09/18-0

 「クリークの14人」のために、証人としてラムゼイ・クラーク元司法長官、アン・ライト元陸軍大佐、ビル・キグレイ・憲法権利センター法律ディクレターの3人が出廷した。

 キグレイ氏らは、火事の現場を通りかかった者は「立ち入り禁止」の掲示を無視して、中にいる者を助け出さなければならない、という、ごく単純な道理を軸に弁論を展開。「より大きな善のためには、不法侵入は許される」として、基地内立ち入りのプロテストの正当性を擁護した。

 それぞれ自らを弁護し、互いに弁護し合った14人の被告は3人の証人から、以下のような大事なポイントを引き出し、法廷に提示した。

 ・ (ドローンを使った)意図的な殺人は、憲法に定められた戦争犯罪である。
 ・ 民衆には戦争犯罪を止めさせる権利、いや義務さえある。
 ・ ニュルンベルク裁判で示されたように、ヒューマニティーに対する犯罪を引き起こす命令には従ってはならないよう求められている。

 3人の証言後、14人の被告を代表して、ブライアン・テレル氏が締めくくりの陳述を行った。「これほど心揺さぶられたことは、かつてなかった」(ディア神父)ほど感動的なスピーチだった。

 テレル氏は、あのマーチン・ルーサー・キング師の、有名なバーミガム刑務所からの手紙を引用、社会の覚醒のレベルを上げるには――社会のために「創造的な緊張」をつくりだすには、非暴力的な直接行動に訴えるしかない、とのキング師の言葉を伝えたあと、「アメリカという家は火事で燃えているのだ。窓から煙が噴き出し、子どもたちの泣き声が聞こえる。そんな時、不法侵入を禁ずるサインが、私たちを阻むようなことは決してあってはらない」と語り、言い終えると、その場で泣き崩れたそうだ。

 法廷のあちこちかたすすり泣きの声が聞こえたそうだ。

 そして最後に……判事のジャンセン氏が、驚くべき宣言を行った。

 「3ヵ月間、私に考え抜く時間を与えてほしい。実は昨日、私は裁判官になって25年の記念日を迎えた人間だが、これは私の最初に不法侵入を裁くケースである。ベストの結論を下したいので、判決は(3ヵ月先送りして)来年1月27日とする」――

 ####

 アメリカはイラク・アフガン戦争と狂ったように燃えているが、この日の、ラスベガスの法廷での出来事が証言しているように、正気と勇気でもって猛火に立ち向かおうとする人もまた、アメリカには数多く存在しているのだ。

 つい先日、発刊されたばかりの、ワシントン・ポスト、ボブ・ウッドワード記者の『オバマの戦争』によれば、ほかならぬアメリカの無人機の攻撃で、数人のアメリカ人が殺される事件も起きているそうだ。⇒ http://www.democracynow.org/2010/9/24/headlines#1

 恐らくは、クリーク空軍基地からの遠隔操縦による誤まった攻撃で……。

 来年1月末のジャンセン判事の判決が注目される。
  

Posted by 大沼安史 at 08:03 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-26

〔いんさいど世界〕 「領土」キャンペーンに振り回されてはならない 中国の若手作家、ハン・ハン氏の「醒めた目」に学ぶ 

 サンケイ新聞の「主張―中国人船長釈放 どこまで国を貶(おとし)めるのか」(  ⇒ http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100925/plc1009250301005-n1.htm )を読んで、「戦時中」にタイム・スリップしたような違和感を感じた。

 「日本が中国の圧力に屈した。千載に禍根を残す致命的な誤りを犯したと言わざるを得ない」

 「……釈放したことは事実上、刑事訴追の断念を意味する。国際社会も日本が中国の圧力に屈したと判断する。これほどのあしき前例はなく、その影響は計り知れない」

 ####

 「日本が中国の圧力に屈した……」――ほんとうにそうだろうか?

 そんな疑問が湧いたのはほかでもない。24日ニューヨーク発のAFP電を読んだせいだ。 ⇒ http://ca.news.yahoo.com/s/afp/100924/usa/china_japan_diplomacy_dispute_un_us_5

 米政府が、日本の中国人船長の釈放決定を「支持」したというニュース。

 その「支持表明」の言い回しが気になって、疑問につながったのだ。

 米国務省のスポークスマンのフィリップ・クロウイー氏が記者会見で、こう言った。

 "We think this is the right decision。"

 「正しき決断だと、われわれは考えている」

 同じAFPの北京電は、よりポイントを衝いた書き方をしていた。
 ⇒ http://news.yahoo.com/s/afp/20100924/wl_asia_afp/japanchinadiplomacydispute

 Reaction in Washington was more positive, with State Department spokesman Philip Crowley welcoming the move as "the right decision".
 
 「ワシントンの反応はより肯定的なものだった。国務省スポークスマンは(釈放を)『正しい決断』と言って歓迎した」

 「正しき決断」をした、と米政府から歓迎された日本!

 ならば日本は結局(正しき決断をせよと迫る)米国の圧力に屈した、ということではないのか?

 例によって、千載に禍根を残さない?、致命的な誤りを犯したとは言えない?、いつものポチぶりを発揮しただけのことではないのか?

 ####

 AFP北京電には、「釈放決定」を、"It was an extremely foolish decision.(非常に愚かな決定)" とする、タカ派の安倍晋三元首相のコメントも紹介されていた。
 (この安倍発言、日本の新聞には出ていただろうか?!……

 これと米国務省スポークスマンのコメントを対比させることで、「三角関係」がひとつ、際立つ。

 日本のタカ派が中国の圧力に屈した「愚かな決定」だとする「釈放」を、タカ派が「従属」するアメリカは「正しい決断」と褒めそやしているのだ。

 安倍氏もサンケイの「主張」子も、「領土問題は内政問題である。日本の内政に干渉するな」と、米側に抗議すべきだと思うが、いかがなものか。

 アメリカに対しても、対中国に負けない、圧力に屈しない態度をとってもらいたいものだが、いかがなものか。

 ####

 さて、「圧力に屈してはならない」だとか――「愚かな決定だった」とか、なんとも勇ましい、大言壮語にあふれ返った昨今の日本のマスコミの論調だが、フランスのルモンド紙のブログで、中国のある若い作家の発言を読んで、久しぶりに清涼な読後感にひたることができた。(⇒ http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2010/09/22/crise-sino-japonaise-le-blogueur-han-han-raille-le-nationalisme-de-facade-de-pekin_1414438_3216.html#ens_id=1412262 )

 ルモンドの「日中危機:ブロガー、ハン・ハン、ペキンのナショナリズムの鎧を嗤う」で紹介されたハン・ハン(韓寒)氏(28歳)は、人気作家でありレーサーでもある、中国新世代の旗手だ。

 上海での中学生の頃、作家デビューを果たした人で、そのブログへのアクセス数は4億5千万件にも達している。Wiki ⇒http://en.wikipedia.org/wiki/Han_Han

 ####

 ハン・ハン氏の発言(英訳されたものや、発禁となった中国語ブログがネットに転載され出回っている)を読んで感心したのは、国家権力のキャンペーンに踊らされない、その確かな「醒めた目」である。

 ハン・ハン氏は、中国の権力者専用の迎賓館、北京の「釣魚台」で半日でも過ごそうものなら、人は誰でも(釣魚島=日本名・尖閣諸島は中国領だというキャンペーンを奉じる)別人となって出て来るものだ――などと皮肉をきかせながら、領土問題は国家権力の問題であり、われわれ個人の問題とは関係のない問題だ(なにしろ中国では土地はすべて国家有だから)と指摘し、国家権力による操つられた「集団舞踊」を批判。

 返す刀で、「私たちは遠く離れた領土ではなく、私たち自信の問題を考えるべきである。釣魚島問題でデモに参加せよ。というなら、よろしい、参加しようではないか。しかし、そのとき一緒に、家の強制撤去に抗議して焼身自殺した女性や、当局を批判して拘束された作家のために私がデモするのでなければ意味はない(以上、意訳)」とさえ言い放っているのだ。

 国家権力と対峙する、この断固たる姿勢は凄い。

 ここには「国家権力」を超えた「個」がある!
 国が貶められたと言って騒ぎまくる、どこかの国には(それほど)
いない、毅然たる「人」がいる。

 ####

 ハン・ハン氏は13日のブログで、日本は中国人船長を「10日」拘束し、「9日」間にわたる中国側の抗議のあと釈放されるだろう、などと、覚めた目で見通しを書いていたが、それに違わない展開の末、事件は一応の決着を見た。

 国家権力による動員、キャンペーン、世論操作から超然としてある、ハン・ハン氏に示されたような、個人としての冷静な批判的態度。

 これこそ、私たち日本人が今回の尖閣列島事件から学ばなければならない、最も大事なポイントかも知れない。

 ハン・ハン氏のいうように、「領土」問題は国家権力の問題であって、私たちが今、生きる場の問題ではない。

 日本には日本の――学校や職場のいじめ地獄、貧富の拡大、弱者の切り捨てといった深刻な問題が、目の前に山積しているのだ。

 その現実の問題から目を逸らすナショナリステッィクな「領土」キャンペーンに対し、私たちもまた、ハン・ハン氏のような「醒めた目」で対抗する必要があるだろう。 

Posted by 大沼安史 at 03:35 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-25

〔いんさいど世界〕 サッカーW杯 2010リオ大会 激闘続く!

 南米ブラジルのリオデジャネイロで、世界のサッカーファン注目の激闘が続いている。

 W杯(ワールド・カップ)2010年リオ大会!

 全世界から64チームが参加、国旗を背負い、国のプライドを胸に、熱戦を繰り広げている。
 ⇒ http://www.homelessworldcup.org/

 ◎●○◎

 サッカーワールドカップ……2010年リオのピッチに立ち、「日の丸」を背負って攻防を繰り広げる、われらが「日本代表」の活躍や、いかに?……

 ……と思ったら、日本チームは出ていない。戦っていない、プレーしていない。ピッチに立ってさえいない――。

 サッカーワールドカップ2010年RIO大会に、日本チームは出場していないのだ!

 う~ん、残念! でも、どうして?

 ◎●○◎

 ま、それはともかく、リオ大会の熱戦の模様をお伝えしよう。

 その前に、注釈をひとつ。

 このサッカーワールドカップRIO大会って、あのFIFAの向こうを張って開催されている、ホームレスのプレーヤーのよる世界大会のこと。

 失業・貧困で苦しむ全世界の家なき人々が、路上サッカーで連帯し、新しい世界づくりへキックオフする、希望の祭典のことだ。

 それにしても、「貧困」にかけては日本も負けてはいないのだから(相対的貧困率では世界先進国最悪クラスなんだから)、代表チームが出てて、よさそうなものなのに、ね!

 ◎●○◎

 リオ大会の会場は、コカコバーナのビーチ。ここにブラジル政府のサポートで専用の特設フィールド(22メートル×16メートル、2面)がつくられ、熱戦が続いている。

 7分ハーフ、ピッチに立つ選手はキーパーを含め4人(選手登録は8人まで)というルール。

 19日の開幕し、決勝戦は26日にある。

 ◎●○◎

 で、このRIO大会の話題だけど、この大会にはなんと、あの大地震で壊滅したハイチのチームも初参加しているんだ。

 ハイチの人たちって偉いよね。

 あれだけ大変な目に遭い、今だって、まだまだ大変なのに、「ハイチのスポーツマン(アセレテーク・ド・ハイチ)」って支援組織が、ハイチ代表をリオに送り出したそうなんだ。

 ハイチにも正式なサッカーのスタジアムがあるそうだけど、震災でホームレスになった人たちのキャンプになったそうだよ。
 ⇒ http://www.homelessworldcup.org/groups/haiti

 ◎●○◎

 それから、今回のリオ大会で、パレスチナも、初のナショナルチームを組織して送り込んだんだ。

 レバノンのパレスチナ難民キャンプの路上プレーヤーの中から選抜したチーム。

 中東の歴史の中で「ホームレス」になった人たちの代表がリオで世界デビューを果たした!
 ⇒ http://www.homelessworldcup.org/news/photo-story-team-palestine
 http://www.homelessworldcup.org/groups/palestine

 (パレスチナの試合結果は、強豪アルゼンチンを13対4で撃破するなど健闘したものの、F組3位に止まった)

 ◎●○◎

 韓国チームも初出場している。

 「ビッグイッシュー韓国」が組織したチーム。

 「ビッグイッシュー」って、僕の住む仙台でも街頭で売っているホームレス支援マガジンのことだね。

 (僕も街に出たら、必ず買ってるんだ。雑誌として、おもしろいこともあるしね。この前なんか、販売をしていた人から、これもなんかの縁だと言って、五円玉のお守りをもらったよ!)

 「ビッグ・イッシュー」って、韓国版もあるんだね。
 ⇒ http://www.homelessworldcup.org/groups/SouthKorea

 (韓国チームの試合結果だけど、ドイツに12対4で負けるなどD組6チーム中5位に終わった。残念!)

 ◎●○◎

 イングランド・プレミアリーグの「マンチャスター・ユナイテド」って強豪クラブチーム、あるよね。

 そこのルイス・ガーヴェイさんってコーチがリオ入りし、サッカースクールを開催したってニュースも流れてた。

 サッカーの監督になりたいリオの若者たちに、監督術を教えたそうなんだ。

 イングランドはサッカーの本家本元。
 お高くとまっていないのが、いいなあ。
 ⇒ http://www.homelessworldcup.org/news/manchester-united-soccer-school-at-the-homeless

 ◎●○◎

 ところで、日本チーム、どうして出場できなかったんだろう?
 去年のミラノ大会には出場してるのにね。

 きっと支援態勢が整わなかったんだろうけど、「最小不幸社会」を言うなら、政府がサポートしたってバチはあらたないはずなのに……。

 同じ地震の国のハイチがチームを派遣したのだから、日本の例えば車の都、アイチ県だって、トヨタがスポンサーになってあげるなど、「H(エッチじゃなくてアッシュだよ)抜き」でハイチ並み応援、したってよかったじゃない?(これダジャレすぎるかも……!!!)

 僕が日航の社長なら、社員カンパを募り、ビジネスクラスでリオに送り込んであげたんだけどね! 

 来年の2011大会はパリ。

 その次の2012は、仙台で! 

Posted by 大沼安史 at 11:42 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-23

〔いんさいど世界〕 エメラルドの海 波高し 

 菅直人が小沢一郎に勝利し、政権を獲得する政局の中で発生した、「尖閣諸島付近海域〝日中衝突〟事件」が、両国間の歴史の悲劇の記憶を呼び覚ますように、激しいうねりとなって渦巻いている。

 日本の海上保安庁の「巡視船」と、中国の「漁船」が尖閣諸島最南端、久場島沖で〝衝突〟したのは、民主党党首選(9月14日)のちょうど一週間前の同月7日のことだ。

 衝撃波は、政治的なツナミとなって、日本を襲った。第一の波は、「中国寄り」の小沢一郎に打撃を与え、第二の波は、「沖縄」の米海兵隊・辺野古移設問題から、本土の「国民」の目を逸らした。

  ####

 中国の「漁船」と〝衝突した〟日本の海上保安庁の「巡視船」とは、もちろん普通の船ではない――貨物船でもなければ、釣り船でもない。

 「ジューン海軍年鑑」に掲載された、れっきとした「軍艦」である。実弾を発射する砲を装備している武装艦である。

 米国で言えば沿岸警備隊の艦艇。沿岸警備隊は海兵隊などとともに「米軍」の一部だが、日本の沿岸警備隊である海上保安庁は国土交通省の所管である。

 つまり、世界的な基準では「軍艦」である「巡視船」が、中国の漁船に〝衝突〟した!

 当時の状況はどうあれ、この点はまずもって確認しておかなければならない重要なポイントである。

 ####

 次に問題なのは(検証されるべきは)、国土交通省(海上保安庁)は、現場の「巡視船」に対し、どんな指示を出していたか、という点である(遠くから監視するだけであれば、「衝突」はありえない)。

 国土交通省(海上保安庁)が巡視船に対し、体当たり行動をとるよう指示していたとは思われないが、接近して威嚇するよう命令していたなら、問題である。
 そういう事実は無いなら無いで、はっきりしておく必要がある。

 ####

 そして、もうひとつ――。事件発生当時の国土交通大臣は、今回、岡田氏の後をついで外務大臣になった前原誠司氏である。

 日本の「巡視船」による、中国漁船との〝衝突〟事件は、前原(国土交通)大臣の下で起きたことであることも、確認しておかねばならないことだ。

 その前原氏が今、こんどは外務大臣として、この問題に対処している…………。

 ####

 そんな前原氏を、仏紙ルモンドが、「中国との危機を仕切る、日本の〝トニー・ブレア〟」と紹介していた。
  ⇒ http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2010/09/21/seiji-maehara-un-ministre-au-c-ur-de-la-tempete_1413908_3216.html

 トニー・ブレアとはいうまでもなく、英国の元首相。

 前原氏に「日本のトニー・ブレア」というあだ名がついたのは、その政治家としての、とんとん拍子の出世(昇進)ぶりと、カメラの前に出ることを厭わない姿勢によるものだと、やや皮肉交じりに、ルモンド紙は書いている。

 もちろん、ここでいう「トニー・ブレア」とは、英国労働党の若き指導者として彗星のごとく現れ、ついには天下をとるに至った、あの目ざましいデビューを飾った当時のブレア氏のことである。

 ####

 ルモンドの記事は、前原氏の生い立ちを含め、その個人的・政治的プロフィルを詳しく紹介してもいる。

 それは多分、この若き(48歳の)日本の民主党の政治家を、菅直人に代わる、日本の次のリーダーと見ているからだろう。

 「憲法9条改正に前向きな」「タカ派の」、ブレアのような輝きを持った前原誠司という政治家が、外務大臣として、どんな手腕を発揮するか、ルモンドは見ているのだ。

 いや、それは(言うまでもなく)ひとりルモンドだけの関心ではない。今や、世界が、マエハラの政治家としての力量に注目していると見ていい。

 首相の座にはついたもののの、ブッシュにたぶらかされ、せっかくの、英国に「第三の道」を根付かせるチャンスを棒に振り、恥辱にまみれて舞台を退かなければならなかったブレアの「二の舞い」を演じるのか――単なる「タカ(faucon フォコン)」として、扇動者としてだけ終わるのか、世界はマエハラを見ているのだ。

 (そしてもちろん、あの不幸な日中間の「歴史」もまた、今回の〝衝突〟の「行方」を見ている…………)

 ####

 尖閣諸島での〝衝突〟に端を発する、日本の国内政局、および日中、日米関係の動きを見ていると、まるで、あの「オズの魔法使い」()のような(さらにそれを操るような)黒幕がどこか(カーテンの向こう)にいて、小沢をつぶし、菅直人でとりあえずつなぎ、最終的に「前原・反中国・親米タカ派政権」を樹立するシナリオを書き、その筋書きを「政治」という舞台の上で着々と進行させているような錯覚にとらわれる。

 そうであってはならない。

 東シナ海はたしかに、美しいエメラルドの海だが、あの「オズの魔法使い」の潜む、きらびやかな権力の都、エメラルド・シティー(ウォールストリートのアレゴリー)のような、欺瞞と操作の海にしてはならない。

 そういう美しく――しかし危険な、エメラルドの魔の海に船出したことを、前原氏は覚悟しなければならないのだ。

 トニー・ブレアのように、権力のセイレン(サイレン)に魅せられ、呼び込まれてはならない。 

 〔注〕 「オズの魔法使い」の政治的な(経済的な)「意味」については、以下を参照。

 ⇒ http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/7933175.stm
 

Posted by 大沼安史 at 10:00 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-17

〔いんさいど世界〕 ティク・ナット・ハン師の言葉

 私が自転車で、仙台の荒浜海岸(深沼)に出かけ、遅い海水浴と日光浴を楽しんだのは、つい2日前、おととい15日のことだ。

 海に入って驚いた。9月半ばなのに、生温い。

 仙台の荒浜は、湾にあるのではなく、太平洋の外海に面した海岸。その名の通り、波の荒い浜なのに。

 打ち寄せる波が生温い。

 ####

 ことしの夏を私は――軟弱な性格のくせに(弱虫なくせに)、変に意地っ張りな私は、一度もクーラーをつけずに過ごした。扇風機も回さず……。

 「地球温暖化」に対する、一匹のエイプ……老・人類の、ゼロに等しき、はかない抵抗である。

 ####

 でも、正直なところ、夏はこたえた。自宅で、根をつめた翻訳の仕事をしていたものだから、それもあってくたびれ果てた。

 クーラーのスイッチを押そうと、(とくに夕方)何度、誘惑にかられたことか……。
 
 ####

 そんな折のことだった。

 環境報道で世界をリードする英紙ガーディアン、8月26日付の電子版に、ベトナム出身の禅僧、ティク・ナット・ハン師(Thich Nhat Hanh 釈一行)に対するインタビュー記事、「気象変動と戦うジャーナリストと組織の役割」――が載っていた。

 そのタイトル(「ジャーナリストの……」)にひかれるまま、私は暑さを忘れ、その記事を読んだのだ。⇒ http://www.guardian.co.uk/sustainability/blog/sustainable-consumption-zen-buddhism-csr

 (私は25年、新聞記者をやった人間だから、61歳になった今でも、自分を「聞屋(ブンヤ)」の端くれだと思っている。だから、こういうタイトルの記事を目にすると、反射的に読んでしまうのだ)

 もちろん、私はティク・ナット・ハン師(短く、「サイ」師とも呼ばれる)に、かねてから関心があり、そのせいもあって、30度を超える猛暑の中、そのインタビュー記事と、関連する同紙の付属記事(⇒ http://www.guardian.co.uk/sustainability/blog/sustainable-consumption-zen-buddhism-csr )を読み通したのである。
 
 ####

 「サイ師」こと、ティク・ナット・ハン(Thich Nhat Hanh 釈一行)は、来月、84歳を迎えられる、臨済宗の禅僧。

 出身地のベトナムで、ベトナム戦争に反対する平和運動に携わり、あのルーサー・キング牧師にも大きな影響を与えたことでも知られる人だ。(カトリックのトーマス・マートンとも親交があった)

 アメリカやドイツに仏教コミュニティーを広げ、フランス・ドルドーニュ地方に開いた「李(すもも)の村」(Le Village des Pruniers プラム・ヴィレッジ)を拠点に、活動を続けている。

 Wiki ⇒   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3

 
 ####

 そんな「サイ師」のインタビューが英紙ガーディアンに載ったのは、師が説教と修養会のため、訪英したからだが、ロンドンでの説教には数千人が、ノッティンガム大学での5日間の修養会には1000人近くが参加したというから驚きである。

 (師の訪英については、英紙インディペンデントも、大きく取り上げている。 ⇒   http://www.independent.co.uk/environment/green-living/zen-and-the-art-of-saving-the-planet-2048029.html )
 
 ####

 サイ師の訪英に対し、なぜこれほど人々の関心が集まったか?

 それは先ほども少し触れたように、サイ師が世界の人々に対し(そして、ジャーナリストに対し)「気候変動」と戦うよう求めているからだ。

 ガーディアンのインタビュー記事は、サイ師の信じるところを、こう書いていた!
 「ジャーナリストは気候変動の問題について書くだけではいけない。自分が目にしたい〈変化〉に、自分がなることが大事なことだ」

 …… it is not enough for journalists just to write about the issue of climate change, but that it is important they become the change they want to see.

 このくだりを読んだ以上、変に意地っ張りな私としては、最早、クーラーをつけるわけに行かなかったわけだ。
 
 ####

 それにしてもサイ師こと、ティク・ナット・ハン師の(ガーディアン紙、ジョ・コンフィーノ記者に対する)言葉は心に染み透る。そのいくつかを、同紙のインタビュー記事から紹介しよう。

 ○ それは(悟り、覚醒)は、「波」が「水」を自分の外側にあるものではないことを知ったときに起きるようなものなのです。
 It is like when the wave knows that water is not outside of her.

 このまま、その通り覚えてしまいたくなる、実にシンプルで、実に深い言葉だが、この前段でサイ師は、こうも指摘している。

 「西洋の精神的な危機こそ、私たちが今直面している多くの苦難の原因です。私たちの神、及び神の国を自分たちの外側に、さらには遠い先に置いてしまう二元論が原因なのです。だから、私たちは神というもののほんとうのあり方を知らない。神は、いま、ここに、私たち一人ひとりの中にいるのです。だから、私たちは、正しき場所へ、私たち自身へ戻らなければなりません……(それは(悟り、覚醒)は、波が水を自分の外側にあるものではないことを知ったときに起きるようなものなのです)」と。

 ○ 神の国を正しき場所に置けば、ここで、いま幸せに生きることをできることを示すことができます……もし私たちが絶望と怒りを産み出すことを止めれば、「大気」を再び健康なものにすることができるでしょう。

 ○ 地球を救う問題のもうひとつの側面を見る必要があります。環境を二酸化炭素の用語で語るだけでなく、私たちが生きている「有毒な大気」としても見る必要があります……私たちは精神的な汚染の問題についてもっと語らなければなりません。

 ○ 私たちは自分たちがコントロールできない(資本主義という)システムをつくってしまいました。それは私たちの上にのしかかり、おかげで私たちはその奴隷と犠牲者になってしまったのです。

 ○ 集団的な覚醒がない限り、破局は来ます……もし、心に平安を抱き、受け容れることができれば、何事かを静かになすことができるでしょう。絶望に囚われていては、そこに希望はないのです。

 ○ もし私たちが集団的な覚醒を生み出すことができれば、地球温暖化問題を解決することができます。私たちはともに、この種の悟りを呼び覚まさなければならないのです。
 
 ####

 地球環境を守る仏教…………サイ師の言葉に(私もまた)ことさら大きな共感を覚えるのは、私が一人の日本人のせいなのか、それとも、クーラーなしの酷暑に耐え切ったせいなのか?――

 欧米では、サイ師こと、ティク・ナット・ハン師が書いた、The World We Have – A Buddhist approach to peace and ecology(私たちの世界――平和とエコロジーへの仏教徒としてのアプローチ)という本が評判を呼んでいる。で、私も早速、注文を出したところだ。
 
 ####

 遂に「熱中症の夏」をやり過ごした、私の机の上の風鈴が、ようやく涼しげに鳴っている。

 間もなく、お彼岸。

 正気を取り戻したような、涼しい初秋の風を窓から通し、私たちもまた、サイ師の静かな言葉にひたることにしよう。

  It is like when the wave knows that water is not outside of her.

そう、たしかにその通り。水の分子である私もまた、集団的な覚醒――悟りの波の一粒でありたいと願う…………。
 
 ####

 最後に、師の英語の詩をひとつ。

 Earth Touching Poem  (抜粋)

Here is the foot of a tree.
Here is an empty, quiet place.
Here is a small sitting cushion.
Here is the cool green of the grass.
My child, why don’t you sit down?

Sit upright.
Sit with solidity.
Sit in peace.
Don’t let your thoughts lift you up into the air.
Sit so that you can really touch the Earth
and be one with her.
You may like to smile, my child.
Earth will transmit to you her solidity,
her peace, and her joy.
With your mindful breathing,
and your peaceful smile,
you sustain the mudra of Earth Touching.

Your diligent awareness of your breathing
will keep you in touch with the Earth.
Walk as if you were kissing the Earth with your feet,
as if you were massaging the Earth.
The marks left by your feet
will be like the emperor’s seal
calling the Now to come back to the Here;
so that life will be present,
so that the blood will bring the colour of love to your face,
so that the wonders of life will be manifested,
and all afflictions will be transformed into
peace and joy.

 Thich Nhat Hanh

 from ‘Call me by my True Names’

 Read more:  ⇒ http://www.mindfulnessretreats.org.uk/blog/2010/08/earth-touching-poem-extract/#ixzz0z78p8ybz

〔参考〕

⇒ http://www.meditationfrance.com/enseigne/hanh.htm
          http://www.mindfulnessretreats.org.uk/index.php

    http://www.plumvillage.org/

Posted by 大沼安史 at 10:05 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2010-09-12

〔いんさいど世界〕 9・11 WTCミステリー 7+6

 もう25年も前のことだが、デトロイトの郊外にある、フリースクールを訪ねたことがある。
 アプランド・ヒル・ファーム校。

 そこで、日本人としてうれしいことを教えてもらった。

 デトロイトを拠点に活躍する、世界的な建築家、ミノル・ヤマサキのお嬢さんのケイティさんも、このアプランド・ヒル・ファーム校の熱烈な後援者のあることを知らされたのだ。

 ####

 世界的な建築家、ミノル・ヤマサキさん(⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%AD )の世に名高い代表作は、言わずと知れた、ニューヨークの「世界貿易センター(WTC)」である。

 「9・11」で「ハイジャック機」に突入されたWTCの南北の両タワー、及びそれを取り囲む、高層ビル群の設計者は、ミノル・ヤマサキ氏だった。

 ####

 「9・11」9周年――。

 南北両タワーの「崩壊」について「爆破」説が出ていることは、すでによく知られたことだ。航空機のジェット燃料による火災では、鉄骨構造のビルの場合、あのような「フリーフォール」の自壊は起きないこともまた、よく知られたことだ。(どこかの国のアネハ骨抜きマンションとは違う……!)

 もうひとつ、よく知られた疑惑は、航空機に突っ込まれてもいない「WTC7」ビルが、なぜ「自壊」しなければならなかったか、ということである。

 「WTC7」は、CIAのビルだということは間もなく報じられたことだが、どうしてそのビルまで「爆破」しなければならなかったか、今なお、謎として残っている。

 ####

 しかし、「WTC」をめぐるミステリーはそればかりではない。
 「南北両タワー」と「7」の間にある、「WTC6」についても、不可解な謎があるのだ。

 ####

 現在、アルゼンチンのブエノスアイレスに住む(亡命を余儀なくされている)、カート・ゾネンフェルド氏は、FEMA(米国連邦緊急事態管理庁)のビデオ撮影者だった人だ。

 FEMAはなぜか、2001年9月11日の前日、ニューヨークに「前線基地」を移動していたそうだが、同時多発テロ当日、最初の1機がWTCに突っ込んだ時点で、早くもゾネンフェルド氏に出動命令が下り、氏はオフリミットの現場での撮影に、その後、1ヵ月にわたって従事したという。

 現場でゾネンフェルド氏は何を見、何を撮影したか? ⇒ http://world911truth.org/911-fema-videographer-at-ground-zero-goes-public/

 ####

 まず、「ハイジャック機」が突っ込んだ(とされる)WTCの南北両タワーで言えば、「ブラックボックス」は高熱で「蒸発」したとの公式説明と裏腹に、現場には航空機の車輪のゴムまで残っており、「ブラックボックス」が蒸発したなど、ありえない、とゾネンフェルド氏は証言している。

 それはともかくして、いま問題にすべきは「WTC6」である。南北タワーと「WTC7」との間にある高層ビル、WTC6。

 このビルは米政府の税関当局が使用していたビルだが、ゾネンフェルド氏が現場に到着した時、地下倉庫はもぬけの空状態だったそうだ。

 そう、なぜか税関当局の職員は、総員避難して――資料の移設を終えて――無事だったという……。

 これは米政府(中枢)が「9・11」を事前に察知していた、証拠のひとつになる事実ではないか?

 ####

 疑惑を抱いたゾネンフェルド氏は、撮影したビデオ(29巻)を密かに隠匿、2003年、ブエノスアイレスに移り、2009年、スペイン語で回顧録を出版、問題を全世界に提起した。

 氏は専門家にビデオテープを分析してもらい、疑惑の立証に努めているが、米国は今もって、アルゼンチン政府に対し、同氏を強制追放をするよう圧力をかけている。

 ####

 ゾネンフェルド氏はブエノスアイレスで現地の女性と再婚、2人の子ども〈双子)をもうけており、問題のビデオを家族を守るためのの「保険」として、今のところ、内容を「公開」せずにいるが、映像の記録(証拠)はともかく、氏の発言から考えただけでも、それがどれだけ重大な問題提起を含むものなのか、分かるような気がする。

 ####

 疑惑渦巻くWTC――。

 ミノル・ヤマサキ氏は、1986年に鬼籍に入った方だから、幸か不幸か「9・11」を目の当たりにすることはなかったが、2001年のその日、かりに存命でありせば、どんな発言をされたことだろう?

 きっと、WTCは航空燃料で倒壊するような、やわなビルじゃありません、何者かによる爆破のせいではありませんか?――と、問題を提起したはず…………。

 ####

 「9・11」で犠牲になった日本人は24人。
 日本政府にも当然、米政府に真相究明を求める権利と責任がある。

 米国では建築家たちが「WTCは爆破された」として「再審」を求めるアピールを発しているが、日本の建築界にも、日系2世の建築家、ミノル・ヤマサキの名誉を守る、プロとしての責任があるのではないか。

 WTC南北両タワー、さらにはWTC7+6!

 「9・11」は9年後の今、闇の深さを、一段と際立たせている。

 「9・11」はいまいちど、徹底して再調査されねばならない。

 ⇒ http://www.voltairenet.org/article166910.html

  

Posted by 大沼安史 at 07:39 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-11

〔いんさいど 日本〕 学校・教師・アウシュヴィッツ

 「この裁判で学校が変わってほしい!」――自死した新任の女教師の遺族が、そう訴える裁判が静岡で続いている。

 死んだ娘の死を無駄にしてほしくはない。「学校」のあり方を真正面から考える契機にしてほしい。

 そんな裁判が静岡で続いている。

⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog2/2010/09/post-6479.html#more

Posted by 大沼安史 at 07:14 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-10

〔いんさいど世界〕 「9・11」を「世界平和の日」に

 9年目の「9・11」が来る。

 「同時多発テロ」後、しばらく経って、一度、WTC(世界貿易センター)の現場を訪ねたことがある。
 花束の置かれた周辺のフェンスは、犠牲者の写真が連なり、臨時の祭壇と化していた。

 昔、一度だけ中に入ったことがあるWTCの巨大な直方体は消え、空間だけが残っていた。

 徹底した破壊――。

 現場を離れ、気になって、近くの「ストラトフォード古書店」に回ってみた。無傷で残っていた。
 頼るべきものが、そこにあった……すこしだけ、救われた気がした。

 @@@@@

 「9・11」を計画した「テロリスト」たちは、それにしても「物知り」な連中だ(った)。

 アメリカの「内部」に精通していた者どもだ(った)。

 最早、「ソ連」の脅威は消えていたのに、その日、「9・11」に、米軍が総力を挙げて「北の森」作戦を実施し、アラスカ空域に航空戦力を集中させ、米本土は「もぬけの殻」状態になることを知っていたのだ。レーダーに映る不審な「影」があっても、訓練用のものだから気にしなくていい……そういう指示が出ていることを知っていたのだ。

 そして、何よりも、「9・11」という日付!

 少なくともアメリカの民衆は、この「9・11」という日付を、自分たちの――アメリカの日常生活を脅かす「犯罪」として想起することになる……「テロリスト」たちは、そんなこともまでも、ちゃんと心得ていたのである。

 「911」――アメリカの「110番」、警察への緊急呼び出しナンバー。

 @@@@@

 フロリダのキリスト教原理主義者たちによる「コーラン焚書」騒ぎの中で迎える、ことし2010年の「9・11」。

 「グローバル・リサーチ研究所」を主宰するチョスドフスキー・オタワ大学教授は、この9年の経過の中で、「テロに対する戦争」が「イスラム世界に対する新たな十字軍戦争」に変質したことを指摘しているが、たしかにその通りである。⇒ http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=20818

 イラク・アフガン・パキスタン……そしてイラン。

 「9・11」を計画した「テロリスト」たちは、こうなることを(あるいは、こうすることを)予期していたのだ。

 「イスラムの石油」をめぐる「宗教戦争」に発展する(させる)ことを、ちゃんと予期していたのだ。

 「新しき真珠湾」の「予言」を的中させた彼らは今、なんと「イラン戦争」の開戦をも「予言」しているのである。ネオコンは死なない。まだ、生きているのだ。 

 @@@@@

 平和とデモクラシーのための放送局、「デモクラシーNOW」のキャスター、エイミー・グッドマンさんが、ネット誌、truthdig に「9月11日を戦(いくさ)のない日に」というコラムを書いていた。⇒ http://www.truthdig.com/report/item/sept_11_a_day_without_war_20100907/

 「デモクラシーNOW」のスタジオは2001年当時、WTCからそれほど離れていないチャイナタウンの元消防署内にあった。

 「9・11」後、現場近くのフェンスは、行方不明者の写真と連絡先の電話番号のカードで、またたくまに埋まった。

 それを見てエイミーさんは、なぜかアルゼンチンの「マヨ広場の母親たち」のことを思わず想起したそうだ。

 アルゼンチンの軍政の弾圧で「消えた」息子たちを返せと、ブエノスアイレスで、プラカードを掲げ、訴え続けた、勇敢な母親たちを思い出したのだそうだ。

 なぜか?

 それは、アメリカの現代史のなせる業である。アメリカの権力の罪深さを、「9・11」の日付は、あらわにするのだ。

 エイミーさんは指摘する。

 1973年9月11日――アメリカのCIAに支援された軍事クーデターで、民主的に選ばれたばかりのチリのアジェンデ大統領が殺された日。

 1988年9月11日――やがて米国に支援されたクーデターで国外追放となるアリステッド神父の、ハイチ・ポルトープランスの教会を右派民兵が襲い、少なくとも13人を射殺、77人を負傷させた日。

 1990年9月11日――グアテマラの民主化運動家のミルナ・マック氏が、米国に支援された軍事政権に殺された日。

 では、2001年9月11日は? その日は、アメリカの罪深さの何をあらわにするものなのか?
 
 @@@@@ 

 アメリカの先住民族(モホーク族)の活動家、スプリッティング・ザ・スカイさん(58歳)は、「同時多発テロ」をブッシュ政権による陰謀だと断じ、ブッシュ大統領を戦争犯罪人として告発している人である。 ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Splitting_the_Sky

 僕はこの、まさに「空を引き裂く」稲妻のような、激しい弁舌と、それでいて心がとてもあったかな、人間味のある活動家に関心があって、この人が書いた百科辞典よりも分厚い「自伝」を少しずつ読み進めているのだが、先日、この人があの「アッティカ刑務所」の「反乱」に参加した人だと(読んで)知って驚いた。

 アッツティカ刑務所の反乱 ⇒
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB%E5%88%91%E5%8B%99%E6%89%80%E6%9A%B4%E5%8B%95

 アメリカの先住民族に対する抑圧の実態、「反乱」の真相、ニューヨーク州権力のでっち上げ工作などを知って驚いたのだ。

 このアッティカの反乱もまた、1971年の9・11。正確に言えば、9月9日から13日までに起きたことだった(エイミーさんは、コラムでこのことにも触れている) 
 
 @@@@@ 

 アメリカでは――いや、全世界ではいま、「9-11 真実」運動が広がっていて、あの事件の徹底的な疑惑解明を求める声が高まっている。

 あの「9・11」こそ、すべての悪の始まりだからだ。

 ことしも、同運動がニューヨークで、WTC跡から軍事級の爆薬を発見した科学者らが集まり、真相究明のシンポジウムを開くなど、地道な取り組みが続いている。

(同運動のサイト、911 Truth.org が、この記事を書いている時点で、なぜか接続不能になっている!その後、復旧 ⇒ http://www.911truth.org/index.php )

 来年、2011年は10周年。

 再来年は9・11の11周年。

 あの悲劇を想起する記念日がこれからも繰り返される。
 
 @@@@@ 

 心配性の僕は、だから不安なのだ。

 「9・11」の再調査を求める声が強まれば強まるだけ、あの「テロリスト」たちがまた何を企むか心配なのだ。

 来年の「10周年」には疑惑を吹っ飛ばすため、何かまた、とんでもない「スペクタル」が起きるのではないか、と心配なのだ。

 イランの「核」施設に対し、米軍が攻撃すれば、「9・11」疑惑など一発で消し去ることができる…………

 9月11日を戦のない日に!――デモクラシーNOWのエイミー・グッドマンさんの訴えに、だから僕も賛成である。

 「9・11」が「世界平和の日」になる日が来ることを祈る。
  

Posted by 大沼安史 at 08:32 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-03

〔いんさいど世界〕 「ネズミとゴキブリ、どっちが嫌い?」

 民主党党首選――。小沢氏の「議員会館」めぐりを、一部のマスコミは「ドブ板(選挙運動)」と評した。 

  そんな挨拶回りの小沢氏、と角栄の愛娘、田中真紀子さんとの間で、こんなやりとりがあったそうだ。

 「ネズミとゴキブリ、どっちがお嫌いですか?」(田中真紀子)

 「どっちもあまり気にならないですね」(小沢一郎)

  「気にならない!?政界でそういうのいっぱい見てるから!?」(田中真紀子)

 大笑いする二人!

 ⇒ http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4517534.html

 「意味深」なやりとり――。

 ネズミはドブから家に入り込み、天井で小便を漏らしたり、悪さをする(夏目漱石が、外人を自宅に呼びたがらなかったのは、天井の「染み」のせいだ……)。

 一方、ゴキブリは、人の家に忍び込み、ホイホイで駆除してもなかなかクタバラナイ。

 田中真紀子さんはたぶん、小沢氏に、「菅直人って、ネズミと思う、それともゴキブリ?」と、迫ったのだ。

 それに対する、小沢一郎氏の絶妙な、「どっちもあまり気にならないですね」の、肩透かしというか、おトボケ。

 う~ん、なかなかの役者やのお~!

 でも、せっかくの真紀子さんの突っ込み、答えない手はない。

 小沢氏はきっと、菅直人って男は、どちからというと「ネズミだな」と思っているに違いない…………――これは、僕のカンだ。

 政界にゴキブリはウヨウヨしているが、菅直人は「格上」の「(カン)間者」ネズミ。

 ニコニコ顔で、日米同盟レストランの「鳩料理」に舌鼓を打ち、権力のチーズにかじりついて、わが世の春を謳歌しようという曲者だと――小沢氏は(真紀子さんもまた)見ているのではないか?

 そこで、真紀子さんの突っ込みに、小沢氏が「ネズミの方が嫌い」と仮に答えたとして、二人のやりとりがどうなったか?――「再現VTR?」で見ることにしよう。

 「わたしは、やはり、どちらかというと、ネズミが好きじゃありませんねぇ……」

 「わたしもよ。お酒と同じ……。酒蔵のネズミは退治しなきゃ!」 

 「えっ???」

 「わたしね、越後でしょ、だからなんといっても、お酒の方も、ナショナリスト……そう、瑞穂の国の日本酒党……」

 「わ、わたしは、実は沖縄の泡盛党でも…………」

 「でね、私、あの、カンチューハイってやつ、大嫌いなの。庶民の味方のネズミ小僧でございといって当選したくせに、いまはアメリカと官僚どもの言いなり。ネズミみたいにすばしこく、ニコニコ顔でよだれをたらしながら、鳩のソティーにくらいつき、どっちが日本の総理にふさわしいですか、なんて言ってエヘラエヘラ笑っている……。チュー・サイテー」

 「はあ?……」

 「消費税と沖縄のたった2本で、天下盗れるなんて、言ってしまっていいの――だわよね」

 「な、なんですか、それ?」

 「知らないの? 俵万智ちゃんのサラダ記念日じゃない。教養ないわね」

 (元歌 「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの)」

 「す、すいません……」

 「いいわよ、気にしないで。で、私も万智ちゃんにならって、あなたを励ます歌を詠んであげるわね」

 「はっ?……」

 「闇将軍と呼ばれて長き年月をかっとばしたき一球がくる」

 (元歌、優等生と呼ばれて長き年月をかっとばしたき一球がくる(『チョコレート革命』)

 「がんばってね。ネズミを叩きのめすよ! あんた、政界のイチローなんだから、きっちり打ち返しなさい!」

 「は、はい……」

Posted by 大沼安史 at 07:54 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

〔いんさいど世界〕 地球を冷やす?ウイスキー 

 仙台もまた、9月になっても「30度プラス」続き。
 でも、日中に浴びる「水シャワー」の水温は8月と比べ、すこし冷たくなって……。

 水源地あたりの山には、遅い秋が忍び寄っているようですね。

 そう、その、奥羽山脈の山懐に抱かれた、緑豊かな「宮城峡」は、ニッカ宮城峡蒸留所のある、日本のウイスキーのふるさと。
 ⇒ http://www.nikka.com/reason/introduction/miyagikyo/

 そこで今朝は、残暑を吹き飛ばす(そして、地球温暖化防止に、ちょっと貢献しそうな)ウイスキーの話題を、冷えたオンザロックで、ちびり、ひと啜り――。

 ####

 ウイスキーといえば、スコッチ。スコッチのスコットランドは、ニッカの創業者である竹鶴政孝氏が学んだところとしても有名です。

 そのスコットランドのエディンバラのナピール大学の研究チームが、最近、地球環境を守る、ウイスキーの活用法を発見、実用化への道を切り拓きました。

 ウイスキーそのものを利用するのではなく(そんな、もったいない!)、蒸留過程で産み出される液体と、ウイスキーを産み出してしまった穀粒の使いカスを原料に、バイオ燃料(生物燃料・植物燃料)を――ブタノールを生産する技術を開発したそうです。

 このウイスキーづくりから産み出されるブタノールって、エタノールっていうバイオ燃料より、30%もハイパワーなそうなんですね。

 EU(欧州連合)では2020年までに、バイオ燃料の比率を10%まで上げる予定。

 これに「ウイスキー」がどれだけ貢献できるかはこれからの課題ですが、原料になる副産物の年間排出量は液体が16億リットル、カスが18万7千トンに達するそう。

 さすが、スコッチ、ウイスキーの本場ですね。
 ⇒  http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-edinburgh-east-fife-10998281 
    http://www.guardian.co.uk/environment/2010/aug/17/whisky-biobuel-scotland

 ####

 で、なぜ、このウイスキー・バイオ燃料が注目を集めているか、というと、サトウキビといった農作物を原料とするものではないからです。

 つまり、フード(食料)を「油」にしてしまうわけではない。

 その分、食料を減らし、食料危機を招くものではないからです。

 インドのエコロジストで有機農業の実践家でもある、ヴァンダナ・シヴァ女史(博士)によれば、「バイオ燃料」にはさまざまな問題点があるそうですが、たとえ原料が食料にならない植物であっても、栽培のための森林破壊その他で、地球環境破壊に拍車をかける、マイナス面を持っているそうです。

 シヴァ女史が実例としてあげているのが、インドで栽培が進もうとしている、「ジャトロファ」という植物の栽培。
 
 これは元々、中米産で、人間も動物も食べない植物ですが、インドではこれをバイオ燃料とする動きが広がって生態系の破壊につながり、大問題になっているそうです。Soil Not Oil、参照。

 ####

 でも、「ウイスキー・バイオ燃料」はもともと捨てるものだから、そんな心配はない。

 思わず、「乾杯」したくなっちゃいますね。

 ####

 ところで、スコットランドといえば、「ウイスキー」だけではなく「名曲」のふるさとでもありますよね。

 で、僕も、BBCのラジオ・スコットランドの歌番組(インターネット放送)を時々、聞いているんですが、⇒ http://www.bbc.co.uk/programmes/genres/music/jazzandblues/player/episodes

 番組のホストの方(イアン・アンダーソンさん)が、少し前、こんなエピソードを紹介していました。

 作家のヘミングウエーがエディンバラに来て、最高級のスコッチを飲んだ時、こう言ったんだそうです。

 「うまい! 日本のウイスキーに負けない」と。

 はは、愉快、愉快! 

 秋の夜長を、宮城峡産のニッカをちびり、ちびりやりながら、読書でもして楽しもうではありませんか!

 ロックもよし、水割りもよし。

 日中の残暑を忘れ、夜風を通しながら、地球を冷やす(?)ウイスキーを友として……。 

Posted by 大沼安史 at 11:04 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-09-02

〔いんさいど世界〕 「愚直」と「単細胞」 

 小沢一郎氏と菅直人首相による「共同会見」は、小沢一郎の「淡々とした勝利」のうちに終わった。

 「愚直な小沢」と「単細胞の菅」――。
 違いは、沖縄・普天間基地をめぐるやりとりに明らかだった。

 沖縄タイムスの記事によれば、

  ―― 菅首相は「(5月の)日米合意を踏まえ、同時に沖縄の負担軽減に全力を尽くす」とし、名護市辺野古への移設方針をあらためて示した。小沢氏は「沖縄も米政府も納得できる案は知恵を出せば必ずできる」と主張。具体的な案も考えているとし、県や米政府とあらためて話し合う方針を打ち出した。

 首相が「(小沢氏が)幹事長時代に(日米で)合意されたことに責任を持った態度で臨んでもらいたい」と批判すると、小沢氏が憮然(ぶぜん)と「白紙に戻すとは言っていない。また(幹事長としては)政府の政策決定に全く関与していない」と反論する場面もあった。
 ⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-02_9782/

 沖縄タイムス(社説)によれば、小沢氏はさらに、「今、頭にあることを言うわけにはいかないが、解決策を見つけ出すのは可能だと思っている。沖縄もアメリカ政府も納得できる案を見いだしたい」と語ったそうだ。
 ⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-02_9799/

 # # #

 「勝敗」、自ずから明らかだが、それにしても、なんと愚かな、またも愚か過ぎる、菅直人の「菅チガイ」よ! 

 沖縄の人も、私たち本土の人間も、鳩山前首相が「約束」した、民主党としての「最低でも県外」の「原則」を、新しい民主党の党首になろうとする人間はどう考えるか、今後の問題として聞きたかったのだ。今後の方向を聞きたかったのだ。

 なのに、「こう決まった、もう決まった」と言うしか能のない、この「菅チガイな男」の単細胞ぶりよ!

 共同会見で菅直人は、国民のみなさんに「総理にふさわしいのは誰か」選んでもらいたい、などと言っていたが、参院選で「消費税10%」を「公約」し、国民のみなさまからレッドカードをたたきつけられたのは、いったい誰だったか?

 菅直人よ、君はその程度の男だったのか。
 嗚呼、情けない。

 それに対して、普天間問題の「再協議」を言ってのけた、愚直な小沢一郎の、二(三?)枚腰、土俵際(相撲で言えば)、球際(サッカーで言えば)の強さよ!

 # # #

 しかし、それにしても菅直人はなぜ、こうもカン違いしてばかりいるのか?
 その疑問に答えてくれたのが――いや、答えのヒントを与えてくれたのが、あの驚くべき、英経済紙、フィナンシャル・タイムズ(FT)の「トンデモ社説」だった!
 
 小沢一郎を、The wrong man for Japan(日本にとって間違った男)と言ってのけた、あの、フィナンシャル・タイムズ(FT)の Editorial だった!
 ⇒ http://www.ft.com/cms/s/0/4b70b160-b398-11df-81aa-00144feabdc0.html 

 社説の主張への賛否はともかく、FTのエディトリアルは、私たち日本人に、ある「重要なこと」を思い出させてくれた。

 それは小沢一郎がかつて、アメリカのことを「単細胞」(single-celled organisms)だと言って批判した事実である。

 それを踏まえ、FTの社説子は、小沢一郎のことを、

 ① 日本をアメリカの軍事力に頼らない「普通の国」に、と最初に言い出した男(の一人)――であり、

 ② ワシントンが1990年代に、一時は日本の政治経済の改革リーダーになってくれるものと期待し、その後、期待感をしぼませた男――であり、

 ③ 米軍に対する海上給油活動に反旗を翻した指導者であった男(駐日アメリカ大使が会見のセットさえできなかった男)――であり、

 ④ 中国と友好関係を持った男(一党独裁には反対しているが)
 ――――と指摘して、

 「疑いもなく(単細胞ではなく)多細胞(multi-celled organism)(の男)だ」と、皮肉を効かせたつもりで「批判」しているが、そのどこにカメレオン的な一貫性のなさ(FT社説子は、この点を印象付けたいらしいが……)があるというのだろう?

 その政治家としての軌跡には、米英(アングロサクソン)主導の従属路線、ネオリベ・ネオコン路線の言いなりにならなかった、二枚腰、三枚腰の反発力と、一徹さ、愚直さがあっただけではないか!

 # # #

 そう、小沢一郎には、プラスの意味での「多細胞」性があったのだ。それに比べて、見事なまでの、菅直人の「単細胞ぶり」よ!!

 だから、この男はすぐにブチ切れる「イラ菅」なのだ。

 日本の「単細胞」政治家は、英米の政治権力から「歓迎」され、FT紙あたりで、間違っても「間違った男」と書かれずに済むが、そんな「単細胞」は日本にはいらない。

 お利口な「単細胞」は、「愚直さ」で進化を遂げた「多細胞」に敵わない。 

Posted by 大沼安史 at 12:44 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-08-26

〔いんさいど世界〕 イラク戦争 民営化で永久化へ 「米軍撤退」メディア・サーカス 「戦闘」部隊を「支援」部隊に衣替え 米占領軍 在日米軍並みに イラクの社会基盤崩壊 石油汚職の「悪の華」全開 

 イラクに展開していた米軍「戦闘部隊」が今月(8月)末のタイムリミットを前に、「撤退」を進めている。

 まるで、7年半に及ぶ「イラク戦争」と「イラク占領」に一区切り、ついたかのような、メディアの騒ぎぶりだが、現実はまるで違う。

 看板の塗り替え、傭兵の配備……「戦闘部隊」の「撤退」が完了する月末以降も、在日米軍並みの5万人の正規米軍と対テロ活動の特殊部隊4500人が駐留を継続。さらに7万5000人もの「傭兵」がイラク全土に展開する状況が続く。

 なんのことはない。米正規軍を縮小した穴を、「戦争の民営化」で塞ぐだけのことだ。

 ブッシュが始めた戦争で、「石油」の確保には成功したが、イラク社会は崩壊したまま。汚職の悪の華だけが咲き誇っている。

 海兵隊員「そよ風」伍長
 2003年4月、バクダッドの中心部にある、ファルドゥス広場へ、先陣気を切って到達したのは、米海兵隊第4連隊第3旅団の戦闘部隊だった。

 現場を取材していた、英紙インディペンデントのロバート・フィクス記者は、海兵隊員に衛星電話を貸してやった。

 海兵隊員はさっそく、ミシガンの母親に電話した。「ハーイ、ママ、愛しているよ。元気でいるから大丈夫。戦争は2、3日で終わるから、すぐに会える」

 戦争は数日では終わらず、戦闘状態は7年4ヵ月後のいまなお続いている。

 その海兵隊員(伍長)の名は、デイビッド・ブリーズ(David Breeze)。
 ブリーズ……そう、「そよ風」さん!

 (「そよ風」伍長が、フィスク記者の衛星電話を借りた時点ですでに、日本の神風攻撃にヒントを得た、車を使った「自爆」テロが2件、起きていたそうだ。1件は警察官のよる、もう1件はなんと女性2人による……。そよ風どころではない。怒りの爆風が、もうこの時点で起きていた!)

 フィクス記者は、今月20日付けの「米軍、イラクにグッドバイ」の記事を、こんなふうに結んでいた。

 「彼ら(アメリカの当局者)は、ストーリーの書き換えに忙しい……(しかし)彼らは(イラクに)来て、(イラクを)見て、(イラクで)負けたのだ。そして今、勝った、と言っている……」

 イラク戦争はアメリカにとって、決して「そよ風」のような、やさしく、軽いものではなかった。
 ⇒ http://www.independent.co.uk/opinion/commentators/fisk/robert-fisk-us-troops-say-goodbye-to-iraq-2057387.html

 「顧問支援旅団」に変身
 アメリカのメディアは、クウェートに撤退する海兵隊の戦闘旅団の兵士に同行取材し、「米軍、イラク撤退」の「メディア・サーカス」を繰り広げたが、同じ「戦闘旅団」の一部が、「顧問支援旅団」に名称を変更、イラクに残留したことを報じたのは、米国の軍事紙、「アーミー・タイムズ」くらいなものだった。

 同紙によれば、5万人の残留米軍正規軍部隊は、7個の「顧問支援旅団」で編成される。⇒ http://votersforpeace.us/press/index.php?itemid=4638

 ということは、つまり、「看板(名称)」の塗り替えによる、変身トリック。姑息な目くらましである。

 イラク戦争・占領の「作戦名」も、一緒に変わった。
 これまでの「イラクの自由」作戦は、「新しい夜明け」作戦に変わった。

 組織的な殺人・破壊行為である「戦争」が、「自由」から「夜明け」に変わった。⇒ http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=20757

 ところで、この残留正規米軍の「5万人」は、くしくも在日米軍と同じ規模。
 
 そういえば、日本「占領軍」も「進駐軍」に変わり、いまでは「在日米軍」――である……。

 米国防総省に代わり、来年10月以降、国務省が所管することになる、「傭兵」7万5000人にしても、中にはフィリピン、ネパール人の「使い走り」もいるが、たとえば無人偵察機を操縦できるような、高度な軍事技術を持った者が含まれている。

 「イラク」は「戦争の民営化」が現実のものになった、最初の「戦場」である……!!

 摂氏55度・汚職……そして被爆
 イラクの女性団体「女性の自由」の代表、ヤナール・ムハメドさんが、「デモクラシーNOW(DN)」のインタビューにこたえ、バグダッドの市民生活の惨状を語っていた。

 「摂氏55度。部屋に座ってもいられない。電気は1日に3時間、来るだけ。集金人が来て150ドルから250ドルも取って行く。ここには政府というものがない」
 「いろんなデモクラシーのストーリーを聞かされるが、私たちイラク人はそれを感じることもできない」
 「世界最悪の汚職の国に成り下がった」

  英紙インディペンデントのフィスク記者の同僚、パトリック・コバーン記者もDNのインタビューで、悪の華のような、汚職のすさまじさを語っていた。

 米国防総省の監査で、イラク復興資金がなんと90億ドル(87億ドル)も使途不明になっているというのだ。
 イラク政府に支出された12億ドルの兵器調達費など、まるごと「蒸発」してしまったという。
 (このイラクの新支配者による汚職の横行については、パトリック・コバーン著、拙訳、『イラク占領―戦争と抵抗』(緑風出版)を参照)

 (復興資金の「蒸発」問題は、「50億ドル」もの復興支援を行った、日本にとっても重大な問題である。日本のマスコミの記者諸君には、徹底追及してもらいたいところだ。それだけ国民の税金が使われたのだから……)

 インタビューでコバーン記者は、米海兵隊の猛攻撃で廃墟と化したファルージャで、イラク住民の間で、ヒロシマよりもひどい放射線による、白血病などの被爆被害が出ていることにも触れていた。
 (この点については、本ブログの以下の記事を参照。 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/07/post-12f8.html )

 復員兵の怒り
 イラク戦争に狩り出された米軍兵士たちでつくる「イラク戦争に反対する復員兵士の会(IVAW)」(会員数1700人)は、今回の「部分撤退」に合わせ、そのサイトに、「イラクの大失敗 7年戦争が残したもの」という声明を掲げた。⇒ http://www.ivaw.net/node/6111

 それによると、2009年の1年間だけで、245人もの復員兵が自殺を企てているそうだ。

 イラク戦争はイラクを破壊したばかりか、米兵の心も破壊しているのだ。

 「声明」はだから、イラク即時全面撤退、イラク復興への全面的な取り組みを求めている。

 IVAWはまた、ブッシュ政権を戦争犯罪者として告発もしている。

 そのブッシュに命じられ、「テロとの戦い」を支援した日本にも、応分の責任はある。

 小泉政権のイラク政策(対米支援策)も徹底して検証されねばならない。

〈参考〉
 ニューヨーク・タイムズ ⇒ http://www.nytimes.com/2010/08/19/world/middleeast/19withdrawal.html?_r=3
 

 星条旗紙 ⇒ http://www.stripes.com/news/middle-east/iraq/state-dept-planning-to-field-a-small-army-in-iraq-1.111839

 AP ⇒ http://news.yahoo.com/s/ap/20100728/ap_on_bi_ge/ml_iraq_contractors

 毎日新聞 ⇒ http://mainichi.jp/select/world/news/20100826ddm007030134000c.html

Posted by 大沼安史 at 12:30 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2010-08-21

〔いんさいど世界〕  「認識を示す」国の「公共放送」 距離と温度 倒錯の 「報道物理学」

 私はテレビを観ない。(受像機を)持たない主義――つまり、家にテレビがない! けど、やはり天下の「NHKニュース」は気になる。

 NHKは、全国の「視聴者」から受信料を徴収して「公共放送」を続けている、我が国最大のメディアだからだ。

 そんな「みなさまのNHK」がどんな「報道」をしているか?……メディア・ウオッチャーの私としては、やはり気になる。

 NHKNHKNHKNH

 ネットの「グーグル(Google)ニュース」で、時々、「NHKニュース」(ネットニュース)が流れることがある。時々、読む。

  グーグルが最近、こんな「NHKニュース」を伝えていた。

 それを読んであらためて思った。いや、愕然とした……。
 う~ん、NHKって、ジャーナリズムなの?――と。

 NHKNHKNHKNH

 まずは、「首相再選支持勢力にも温度差」なる「報道」を見ていただこう――。 ⇒ http://www.nhk.or.jp/news/html/20100821/t10013482251000.html

 これが凄い!

 「民主党代表選挙をめぐって……菅総理大臣は、すでに挙党態勢は確立されているという認識を示す一方で、閣僚からは、まだ十分とは言えないという指摘もあり、菅総理大臣の再選を支持する勢力の間でも小沢氏との距離感をめぐって温度差が出ています」

 例によって、ヨイショ権威付けの「認識を示す」報道。それに加えて、「距離感をめぐって温度差」なる、難解な「物理学的」な表現!

 距離感に温度差?

 どういうこと? サル山の派閥の「駆け引き&様子見」、それだけのことじゃない?

 NHKNHKNHKNH

 もう一個。あきれ果てた例を。
 
 「 電気料金払えず 熱中症で死亡」のニュース報道。⇒ 
  http://www.nhk.or.jp/news/html/20100821/t10013482251000.html

 さいたま市で、電気を止められた76歳のお年寄りが、熱中症で死亡した、との報道である。

 ――警察によりますと、同居していた長男は「収入が父親の年金だけで電気料金が払えず、冷房を使っていなかった」と話しているということで、警察が詳しい状況を調べています。

 「冷房を使っていなかった」?……

 電気が止められていて、クーラーを(そして扇風機が、たとえあったとしても)使いたくとも使えなかったのを「使っていなかった」という、この無神経!

 でも、これはまだ序の口……。「生活保護は受けておらず」という部分を読んで、怒りがこみ上げて来た。

 まるで「生活保護を受けていない」のは、死んだ老人の過失のような物言い。

 事実(?)は「さいたま新聞」( ⇒   http://www.saitama-np.co.jp/news08/17/07.html )などが報じているように、死んだ老人は「10年以上前に長男の生活保護を申請したが認められ(ず、そのころ電気とガスを解約した。男性の年金は、2カ月で十数万円。月5万5千円の家賃を支払うと、光熱費を工面でき)」なかった、のだ。

 NHKNHKNHKNH

 果たして「事実」はどうだったか? NHKは「警察によりますと……警察が詳しい状況を調べています」と、短いニュース報道で、2度、いや3度も「警察……」を、繰り返しているが、報道機関としての、君たちの「取材」は――君たちの「取材」結果はどうなっているのだ?

 政局記事では「温度差」などと軽くノタマワッテいる(気温差に敏感であることを誇っているようでもある)が、扇風機もないオーブンのような家の中で、「暑熱死」しななくちゃならない庶民(お年寄り)のことを、NHKの報道局の諸君よ、君たちはどう思っているのだ?

 距離感?……
 権力との「距離感」をなくしているのは(民衆のための社会の木鐸意識をなくしているのは)、君たち「みなさまのNHK」ではないか?

  (「距離感」に注目する諸君なら、「暑熱死」した「老人」と「行政」の距離感――民生委員との距離、生活保護窓口との距離――にも注目すべきではなかったか?)

 温度差?……庶民の「体温」を感じられなくなったNHKは、「おれさまのNHK」でしかないのではないか?

 (そんなにも「温度差」が気になるなら、「老人」宅の室内温度、亡くなったときの体温についても報じるべきではないのか?)

 NHKよ、恥を知ることだ。襟を正すことだ。

 権力者にごますり、庶民を見下す、強きを助け弱きを挫く、上意下達の君らの姿勢は、ジャーナリズムに求められる、由緒正しき、草の根の「地上の力学」に反するものだ!

 「上(へ)」と「下(へ)」とでベクトルが逆になる、倒錯した、NHK・SM、マゾ・サド、報道物理学! 民の声、地の声を語ることなく、権力の声を電波に乗せて、放射しまくる報道物理学!  

 受信料を払いたくない視聴者が出るのも、当然のことである。

〈NHK受信料の拒否に関心のある方は〉 ⇒ http://www.zipangu.com/nhk/kyohi.html

 

Posted by 大沼安史 at 09:44 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-08-13

〔いんさいど世界〕 「平和なお盆」をよみがえらせ、「平和な日本」をうみだしたアメリカのボートン博士は、戦前、松島の灯篭流しを観ていた! 

 1945年(昭和20年)8月の「お盆」は、灯火管制の下、迎え火も焚けない状況で、盆の入りを迎えたはずだ。

 戦死者は「軍神・英霊」として、帝都(東京)の「靖国」に収用され、遺族たちは愛する死者たちを親しき「霊」として迎え入れることを憚った。

 けれど、お盆の中日、「15日」の「終戦」が全てを変えた。

 日本の民衆はようやく戻った平和の中で、昔の平和なお盆を思い出し、慌しく迎えれた死者たちの霊と親しみながら、その死を(「喜ぶ」のではなく)悲しみ、平和な日常を噛みしめる中で、死者たちを送り返したはずだ。

 戦争が終結した「8月」は久しぶりに日本にお盆がよみがえった夏だった。

 * * *

  米国のジャパノロジスト(日本研究家)、ヒュー・ボートン(Hugh Borton)博士〔1902~1995年〕をご存知だろうか?

 あのライシャワー博士の友人で、同じ時期、日本研究を始めた、草分けの学者である。

 やがて米国務省の日本部長などの立場で、戦争終結に、戦後日本の設計に主導的な役割を果たすことになるボートンさんがエリザベス夫人と2人の子どもを連れ、東大大学院(文学部)留学のため、日本を訪れたのは、日本敗戦の10年前、1935年(昭和10年)2月のことだった。

 1928年(昭和3年)に初来日し、3年ほど東京で暮らして以来、2度目の来日。

 5月の東大への入学手続きを済ませたボートンさんが蒸し暑い東京を逃れ、家族とともにひと夏を過ごしたのは、宮城県の景勝の地、松島(湾)を一望の下に見下ろす「高山外国人避暑地」だった。

 そこでボートンさんは初めて、松島湾の灯篭流しを観る。

 送り盆の「満月の夜」、「……しばらく地上の家族と過ごしてから天国に戻っていく先祖の霊を表す、明るい蝋燭をのせた小さな舟の大群が松島湾に浮かぶ灯篭流しを、沈黙のうちに見物した」(自伝『戦後日本の設計者 ボートン回想録』より)のだ。

 平和な日本の――松島の盆の灯篭流し。

 * * *

 平和な日本のお盆の夏を松島で過ごしたボートンさん(当時、23歳)は、「すべての人の中に神はいる」と信じる、絶対平和主義のクエーカー教徒(フレンド)だった。奥さんのエリザベスさんもまたクエーカーの信者。

 ボートン夫妻の1928年の初来日も、実はアメリカ・フレンド奉仕団からの派遣。ボートンさんは奉仕団の活動の合間に、東京日本語学校で日本語を勉強、奥さんのエリザベスさんは三田の普連土学園で教壇に立っていた。

 2度目の来日で東大で2年間、勉強し、最初の来日を含め、通算5年の日本滞在を終えたボートンさんは、「徳川時代の農民一揆の研究」でオランダのライデン大学から博士号を取得、米コロンビア大学で研究者生活に入ることになるが、時代は暗転し、世界は一気に「戦争の時代」へと進んで行く。

 クエーカー教徒として「良心的兵役拒否者」の立場を貫くボートンさんに待っていたのは、米国務省で対日政策を立案・勧告する調査アナリストの任務だった。

 * * *

 ルーズベルト・トルーマン政権の国務省で、ボートンさんは実は、大変なことをした!

 日本で暮らし、日本を愛していたボートン博士は、平和を愛するクエーカー教徒としての良心に従い、国務省の日本部長、極東局局長特別補佐などの立場で、戦争を早期に終結させ、平和憲法など戦後日本をつくりあがる仕事に心血を注いだのだ。

 その詳細は、博士の自伝、『戦後日本の設計者 ボートン回想録』(五百旗頭真監修・五味俊樹訳、朝日新聞社)や、五百旗頭真著『米国の日本占領政策  戦後日本の設計図』(上下2巻、中央公論社)に詳しいので、ここでは簡単に紹介するに留めるが、

 戦争早期終結では、「戦争を早期に終結するためには大統領ないし他の政府高官から日本の将来の処遇に関する声明を発表し、無条件降伏は日本民族の絶滅や隷属化を意味するものではないと日本国民に保証すべきである」との「覚書」をまとめ、国務省、およびトルーマン政権内の説得につとめ、

 戦後日本の構想では、後にマッカーサーが、立憲君主制・平和主義を柱とした新憲法の草案づくりをする際、ガイドラインにすることになる、「日本統治制度の改革」なる報告書(SWVCC228)をまとめた。

 そう、日本が世界に誇る「平和憲法」の産みの親は、知日家で絶対平和主義のクエーカー教徒、ボートン博士だった!

 * * *

 早期戦争終結では、残念でたまらない、こんな出来事があった。1945年5月29日のこと、ワシントンの陸軍省のスティムソン長官の執務室で、重要な集まりがあった。

 ボートン博士の勧告に従い、2日後の戦没者追悼記念日(5月31日)に、トルーマン大統領が「対日声明」を発表することを承認する重要会議だった。

 「声明」の草案は「無条件降伏は日本の全ての軍隊の降伏と武装放棄を意味するが、必ずしも天皇と皇室の排除を意味するものではない」というもの。

 会議は、このきわめて重要な「声明」草案をいったんは了承したものの……最後の最後に、マーシャル陸軍参謀総長が「時期尚早」を言い出し、見送られることになった。

 なぜ、マーシャル参謀総長は「声明」つぶしに動いたか?
 たぶん、そこには、日本に早期降伏されてはならない事情があったからだ。

 その事情とは、もちろん、その時点ですでに最終段階にあった、あの「マンハッタン計画」の原爆開発である。

 この時、トルーマンがボートン博士の勧告に従い、「対日声明」を実際に発していたなら、ヒロシマ・ナガサキの悲劇は回避できたかも知れないのに……。

 * * *

 ボートン博士は1948年に国務省を辞し、コロンビア大学の教授を経て、1957年、母校のクエーカーの大学、フィラデルフィア郊外にある、バヴァフォード大学の学長に就任する

 ボートン博士はハヴァフォードでもベトナム反戦運動の学生を守り抜くなど、平和主義を貫き通すが、ここで注目しておかねばならないことは、ボートン博士らクエーカー(フレンド)の人々と日本との、「平和」で結ばれた絆である。

 ボートンさんが初来日した際、東京で食事に呼ばれ、励ましを受けた新渡戸稲造博士のメアリー夫人は、クエーカー教徒。

 ボートン博士がハヴァフォード大学の学長として名誉博士号を授与することになる、あの、現天皇が皇太子だった頃、英語教育に力を注いだヴァイニング夫人もクエーカー教徒。

 帰国したヴァイニング夫人のあとを受け、皇太子の英語教師となったのアスター・B・ローズさん(普連土学園園長)もクエーカー教徒。

 立憲君主制のデモクラシーとして再出発した戦後日本の平和の流れの中で、クエーカーの平和主義が実質的に大きな役割を果たして来たことは、忘れてはならない歴史的な事実である。

 * * *

 さて、この17日は、恒例の「松島灯籠流し花火大会」。

 75年前、若き日のボートン博士が七ヶ浜の高山避暑地で観た、送り盆の行事である。

 そしてことしは、くしくも博士が83歳でお亡くなりになって15年(命日は8月2日)……。日本式に言えば16回忌だ。

 もしかしたら博士の霊も、松島を懐かしがって、高山避暑地あたりに、そろそろもう、いらしているのかも知れない。

 博士のクエーカーの信仰に敬意を表しながら、わたしたちは日本人として作法で、博士のみ霊をお迎えし、お送りすることで、戦後の平和・日本を生み出してくれた博士の功績に感謝することにしよう。   

〔参考〕
 ヒュー・ボートン博士
  Wiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Hugh_Borton

  ニューヨーク・タイムズ 追悼記事 ⇒ http://www.nytimes.com/1995/08/09/obituaries/hugh-borton-92-expert-on-japan-and-ex-college-president-dies.html?scp=1&sq=Hugh%20Borton&st=cse

 (このニューヨーク・タイムズ記事を見てもわかる通り、ボートン博士の対日政策づくりにおける重要な役割は、米国でもあまり知られていない。ボートン博士の功績を発掘し、自伝の執筆を励ましたのは、東大の五百旗頭真教授である)

 「戦後日本の設計者 ボートン回想録」 宮城県立図書館 ⇒ http://www.library.pref.miyagi.jp/wo/opc/srh_detail?otype=local&sid=9810029904&dsp=1&ctype=&reqid=20100813074225opc&page=1&_opcsid=411dc10442ea54ba3befdafb0d9badc2

  英文原書 Spanning Japan's Modern Century: The Memoirs of Hugh Borton
  アマゾン(カバーの写真にボートンさんの写真があしらわれています) ⇒ http://www.amazon.co.jp/Spanning-Japans-Modern-Century-Memoirs/dp/073910392X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1281653082&sr=8-1

 「米国の日本占領政策 戦後日本の設計図」(上下2巻、五百旗頭真著、中央公論) 同 
 ⇒ http://www.library.pref.miyagi.jp/wo/opc/srh_detail
   http://www.library.pref.miyagi.jp/wo/opc/srh_detail

 松島灯籠流し花火大会  ⇒ http://www.jalan.net/jalan/doc/theme/hanabi/04_hanabi20.html

 高山外国人避暑地 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E9%81%BF%E6%9A%91%E5%9C%B0

 ヴァイニング夫人 ⇒ http://www.nytimes.com/1999/12/01/arts/elizabeth-vining-tutor-to-a-future-emperor-dies-at-97.html?pagewanted=2
  Wiki 日本語 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0
 ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Elizabeth_Gray_Vining

 エスター・B・ローズさん〔1893~1979年〕
  写真と言葉 ⇒ http://www.friends.ac.jp/our/our.html

 クエーカー(フレンド)について ⇒ http://www2.gol.com/users/quakers/who_areJ.htm

 フレンド・オブ・ジャパンの紹介 ⇒ http://www2.gol.com/users/quakers/borton.htm

 普連土学園について ⇒ http://www.friends.ac.jp/our/our.html

Posted by 大沼安史 at 08:11 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-08-12

〔いんさいど世界〕 気象予報士たちのプロテスト 真夏の夜の……夢

 真夏の夜に、小話をひとつ。

 ―― その日の深夜、午後11時台の民放のTVニュース。

 巫女(みこ)のように清楚な、白いブラウス姿の気象予報士が画面に現れ、予言者にように、いつもの歯切れのよい口調で、こんな「天気予報」を、さも確信ありげに告げた。

 「明日もまた猛暑日。最高気温は37度に達することでしょう」

 そのあと、このニュース番組の看板娘といわれる、この巫女のような予報士は、意を決したように、さりげなく、こう付け加えた。「予報原稿」にはない、「アドリブ」のコメントだった。

 「地球温暖化は地球暑熱化の様相を深めて来ました。異常事態です……今夜も寝苦しい夜になりそうです……おやすみなさい」

 …………

 翌日の同じテレビ・ニュース。
 画面に登場したのは、「本日から担当することになりました」新人の気象予報士だった。

 急遽、交代したのだ。

 新人の予報士は、快活な口調でコブシを突き上げ、かわいらしい二の腕をのぞかせながら、こう全国の視聴者に向かって叫んだ。

 「明日も猛暑日。でも、日本は元気、日本晴れ、日本全国、チョー頑張るぞお~っ!」  

 巫女のような予報士は、「地球温暖化のタブー」にふれたことで、番組から降ろされていた……。

 * * *

 こんな小話が浮かんだのも、他ではない。

 「デモクラシーNOW」の女性キャスター、エイミー・グッドマンさんがコラムで、これと同じ問題提起をしていたからだ。
   ⇒ http://www.truthdig.com/report/item/news_at_11_how_climate_change_affects_you_20100810/

 天気予報のキャッチに「気象の極端化」を言うのなら、もっと率直に、「地球温暖化」を言うべきではないのか? 

 そうすれば視聴者は、明日は「薄着で」と思うだけでなく、この酷暑の連続、「気象変動」と、どこかでつながっている、と思い始めるに違いないのに……と。

 * * *

 アメリカの「午後11時」の「天気予報」も、「地球温暖化」にはさわらないらしい。

 なぜか? 

 エイミー・グッドマンさんは、ネットの気象サイト、「ウエザー・アンダーグラウンド」(日本語サイト ⇒ http://nihongo.wunderground.com/ )の創始者の一人、ジェフ・マスターズ博士の、こんな指摘を紹介する。

 「われわれは、資金の潤沢な敵と闘い続けているのだ。科学が示す真実を捻じ曲げ、情報として供給している敵と」

 「資金の潤沢な敵」とは誰のことか?

 言うまでもなかろう。

 テレビ局を動かし、政府や議会さえもロビー活動で操っているものどものことだ。

 * * *

 コラムの中で、エイミーさんが、昨年暮れの、「コペンハーゲン環境サミット」の後の、こんなエピソードを紹介していた。

 南米のボリビアは、サミットで、先進国などの二酸化炭素のさらなる削減を明記せよと迫り、受けれられなかったことから、「コペンハーゲン合意」なる文書への署名を拒んだ国のひとつだが、米政府はその報復に、ボリビアに対する数百万ドルの援助の約束を反故にしたそうだ。

 その時、ボリビアは米国に対して、何と言ったか?

 こう言ったそうだ。
 「その金、どうぞ、お戻し下さい。私たちは、何枚かのコイン(硬貨)のために戦っているのではありません。私たちは生きるために戦っているのです」

 金のためではなく命のために……。
 ボリビアのアンデス氷河もまた、地球温暖化で縮小の一途を辿っている……。

 ボリビアなどの提案に無視を決め込んだのは、米国のオバマだけではない。わが日本政府もそうだったことは、忘れてはならないことだ。

 * * *

 寝苦しい夜に、もうひとつ、「真夏の悪夢」を。

 いや、これは正確には、「悪夢」ではなく、科学者たちによる現実的な警告である。

 グリーンランドの氷床(アイスシート)が今後10年以内に、溶解の「ティッピング・ポイント(tipping point )」に到達しかねない、と警告を発したのだ。
  ⇒ http://www.guardian.co.uk/environment/2010/aug/10/greenland-ice-sheet-tipping-point 

 「ティッピング・ポイント」とは何かというと、そこに行き着いてしまったら、何をしようと――どうにも止まらない臨界点を指す。

 破局点、暴走ポイント……どう訳そうが、暑熱地獄の一丁目一番地に変わりない。

 * * *

 午後11時台、巫女さんのような人気気象予報士に代わって登板した新人予報士が、世界で最も権威ある環境ジャーナリズム、上記、英紙ガーディアンの電子版で、グリーンランドの氷床が断末魔にあえでいることを知り、天気予報の最後に、こんなコメントをアドリブで付け加えた。

 「グリーンランドの氷床も、このまま行くと、あと、よくて10年の命。みささん、地球温暖化対策、待ったなしです」

 翌日、その「本日最後のニュース」に登場した気象予報士は、またも「新人」だった。

 番組の後、政府の広報CMが流れた。

 「我が国は景気回復と地球温暖化防止に、今後とも鋭意取り組んでまいります」 

Posted by 大沼安史 at 10:16 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-08-09

〔いんさいど世界〕 ヴァンダナ・シヴァさん頌 祝・受賞で「動物三題噺」

 インドの環境運動家、ヴァンダナ・シヴァ女史に「2010年 シドニー平和賞」が贈られることになった。
  ⇒ http://www.sydneypeacefoundation.org.au/index.shtml

 「シドニー平和賞」は1998年以降、世界の社会運動家に対して贈られている、いわば「世直しのノーベル賞」だ。これまでバングラデュの「グラミン銀行」創始者、ムハマド・ユーナス氏や南アフリカのデズモンド・ツツ氏らに授与されている。

 > > > 

 酷暑の最中、一陣の爽やかな風となって届いた、シヴァ女史の受賞決定のニュース!

 グローバル化した新自由主義による全地球環境レイプが進み、地球暑熱化を耐え切れないほどのものにしてしまった今、シヴァ女史の世直しの訴えが認められ、受賞が決まったことを知って、少しばかり救われたような気がした。

 > > > 

 ヴァンダナ・シヴァさんは、その著作のほとんどが日本語訳されていて、エコロジー運動に携わる人々を中心に、日本でもファンが多い。僕も女史の大ファンの一人だ。

 1951年、インド北部、ヒマラヤに程近い、デーラ・ダンの生まれ。

 元々は、カナダの大学で「量子論」研究で博士号(PhD)を取得した核物理学者。その後、環境学者に転向。
 現在は、有機農業を営みながら、エコロジカルな視点で人権と社会正義を守る世界的な運動の、中心的な存在として活躍している。

 昨年暮れの「コペンハーゲン環境サミット」では、空港からひとっ走り自転車で会場入りし、熱弁をふるって環境保護派を勇気付けた。

 ユーチューブのビデオ(⇒ http://www.youtube.com/watch?v=TZ8hO0oat28 )
 まるで、地球を守るインドの女神! 

 > > > 

 シヴァ女史の経歴及び主張は、Wiki( ⇒http://en.wikipedia.org/wiki/Vandana_Shiva )に詳しいが、そこに触れられていないことを三つ、シヴァさんをめぐる「動物三題噺」(いずれも彼女の著書に出ていました……)として紹介することにしよう。

 最初は「象」の話。

 実はシヴァさん、少女の頃、象にまたがって森の中を闊歩していた人!
 お父さんが森を守る林務官をしており、小さなシヴァさんはそのお父さんとともに、抱かれてではなく、自分で象の背に乗って、森の中に入っていた経験の持ち主なのだそうだ。

 シヴァさんはとても行動力のある人(たとえばことし4月に、南米ボリビアのコチャバンバに開かれた「世界民衆水・エコロジーサミット」に出かけて演説をぶったり)。

 そのパワーの源は、象の背中にあり!

 次は「牛」の話。

 「牛」はインドで聖なるものとされていたが、その「聖なる牛」たちが「聖なる(自動)車」によって追い出されていることを、シヴァさんはエコロジーを破壊する重大な犯罪的行為だとして告発している。モータリゼーションとは何かを、インド的な視点、及び世界史的な視点でとらえ、問題点を抉り出している。

 ヒトラーの、あの「アウトバーン」の建設を、環境・地域破壊の第一歩ととらえている!

 この彼女の視点には驚かされ、目からうろこが落ちるような気がした。
 
 日本の道路公団とナチスの類縁性! 車ファッショ、自動車道ファッショ!

 三つ目は「駱駝」の話。

 シヴァさんの本を読んで、もうひとつ教えられたのは、フタコブラクダの話である。

 コブが2個もあるフラコブラクダ!

 その産地、生息地が、あのアフガニスタンであるというのだ。

 世界最強=最悪な、米NATO軍の機械化された軍事力が破壊の限りを尽くすあのアフガンで、人々の船となり、衣料となり、燃料となり、栄養源(乳)ともなっている(た)ラクダたち!

 ラクダたちもまた、アフガン人とともに「戦争」に耐えているのかと思うと、ますます怒りが募る……。

 > > > 

 最後に「核」の話をして、シヴァ女史の紹介を終えることにしよう、
 
 先にも触れた通り、シヴァさんは核物理学者として出発した人だが、彼女が駆け出しの科学者として核分裂連鎖反応の研究を始めた頃、こんなことがあったそうだ。

 シヴァさんのお姉さんか妹さんのマイラさん(医者)が、彼女に「核の危険(ニュークリア・ハザード)」について教えてくれたのだそうだ。

 それまではそんなこと、深く考えても見なかったシヴァさん、マイラさんの言葉に考え直し、環境科学への転向を決断したという。

 そのあたりのこと、あまり詳しくは書かれていないので想像するしかないが、シヴァさんはきっと、その時、ヒロシマ・ナガサキの惨劇にほんとうに向き合い、「核」の恐ろしさを知って、核科学者の道を捨て去ったのだと思う。

 > > > 

 絶滅の科学者から、いのちの科学者に変身し、活動家として実践家として、土着・有機農業を続ける一方、地球環境を守る運動の第一線に立ち、人々の生きる権利を、社会正義を訴え続けて来たヴァンダナ・シヴァ女史。

 彼女の SOIL,NOT,OIL (「土地だ、石油ではない」)という本に、こんな泉のような、心にしみ入る一節がある。

 「インド哲学では、正しく生きることをダルマ(dharma)と言う。これは天然の資源(arth)と、人間のニーズ(kama)の間に橋を架ける言葉である」

 エコロジー、すなわちダルマ!

 シヴァさんは、人間が環境と調和しながら、「正しく生きること(ダルマ)」を訴え続けて来た人だ。

 暑い国、インドの人であるにもかかわらず、彼女という存在に、爽やかなものを感じるのは、そのためである。  

Posted by 大沼安史 at 06:04 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-08-05

〔いんさいど世界〕 真夏の悪夢 地球めざした「クラロン星人」の悲劇

 仙台は七夕です。天の川での、牽牛と織女のロマンチックなランデブー。
 牧歌的ですね。
 大気が澄んでいて、星を間近に見上げることが出来た頃のファンタジー。
 昔の人は宇宙の夢を、エコロジカルに見ていたわけですね。

 でも地上は、異常な夏……地球暑熱化の夏。牽牛と織女に、天の川の流れで「水冷」してほしいような夏。

 これだけ酷暑が続くと、不機嫌で不安定な気分になってしまいます。

 そこで今日は――ついつい思い出してしまった……思い出さなければよかった……いや、思い出さずにはいられなかった、最近、地球で話題のSFホラー物語、「地球をめざしたクラロン星人の悲劇」を――。

 ★ ☆ ★

 時は地球時間=人類西暦、2525年――。
 クラロン(Claron)星人の宇宙船「メイフラワーⅡ(2世)号は、いよいよ「地球」に接近していた。

 宇宙船のクルーは、クラロン星人のカップルが2組(計4人)、クラロン星人のパイロットが1人、そしてアンドロイド(ロボット)2人の計7人。

 「メイフラワーⅡ」は、地球から40光年離れたクラロン星を500年前に出発。地球まであと25年の距離に迫ったところで、アンドロイドの2人が人工授精で「5人」を産み、教育を施し、立派な若者に育て上げていた。

 クルーの任務は、クラロン星人の移住先の「地球」の探索。
 クラロン星は、膨張・巨大化した太陽にいずれ吸収される危機に立たされており、懸命になって移住先を探していた。

 「メイフラワーⅡ」を送り出したクラロン星人たちは、自分たちの運命のかかった地球探査ミッションの成功を必死になって祈り続けていた。
 だが、「メイフラワーⅡ」の出発直前、地球から40(光)年かけて届いた電波情報(地球時間、人類西暦1990年代発)は不吉なものだった。
 「地球で温暖化が加速しはじめた!」

 地球に接近した「メイフラワーⅡ」のクルーは、手持ちの「地球百科事典」と照らし合わせながら、さっそく観測を開始した。

 「青い」はずの地球は「黄色」く、かすんでいた。クルーの一人が叫んだ。 「これは地球じゃないぞ!」
 そんなバカな……!
 クルーは観測機器を南極に向けた。「氷がない!」
 海(太平洋)の表面温度は100度C近く。沸騰寸前の熱湯状態だった。
 
 「地球」は「地球」でなくなっていた。
 「地球」は焼け爛れ、「金星」化していた。

 探査は不可能と悟ったクルーは、より寒冷なはずの「火星」に向かった。

 火星でクルーは初めて「人類」の文化的な痕跡に遭遇した。
 地球から脱出して来たらしい人類5ヵ国のコロニー跡だった。
 火星環境に適応できず絶滅した、人類の廃墟。

 旗が5つ立っていた。何の旗だか、「地球百科」で確認した。
 アメリカ、EU、中国、インド……そして日本の国旗だった。

 地球を周回する軌道に戻ったクルーたちは、絶望と闘いながら、地球が滅んだ原因調査に乗り出した。クラロン星で「吉報」を待つ人々に報告しなければならないからだ。

 分析の結果、結論はこうだった。地球温暖化の警告、警報が鳴っているにもかかわらず、「マネー」に目がくらんだ「ワシントンの政治家」が対策をとらず、結局、地球を滅ぼすことになってしまった――と。
 「やつらは、このパーフェクトな星を滅ぼしてしまった!」

 この「バカどもめが!」――「メイフラワーⅡ」のパイロットが探査用のロケットで飛び出して行った。

 向かったのは、北米大陸東部の、かつてワシントンと呼ばれた地点。無意味なこととは知りながら、怒りの自爆攻撃を敢行したのだ。

 パイロットの最後の言葉はこうだった。

 「バカヤローどもが、地球と一緒に、われわれクラロン星の文明まで滅ぼしやがって……」

 旧ワシントンに小さなクレーターが、ひとつ生まれた。

 ★ ☆ ★

 このホラーSF、僕の創作ではありません。僕の見た悪夢でもありません。
 温暖化で地球は滅びると警告し続ける、アメリカのNASA(航空宇宙局)のゴダード研究所の所長(コロンビア大学教授)のジェームズ・ハンセン博士が、「私の孫たちを襲う嵐(Storms of My Grandchildren)」という本に書いている「実話」です。
 ⇒ http://www.amazon.co.jp/Storms-My-Grandchildren-Catastrophe-Humanity/dp/1408807459/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1280959204&sr=1-1

 それを短縮(部分的に再構成。日本語化)したのが、このホラーSF。

 SFですが、もちろん根拠のない、完全なF(フィクション、作り話)ではありません。

 「このままでは、このパーフェクトな星を滅ぼしてしまう!」

 もしかしたら牽牛と織女も、クラロン星人と同じ気持ちで、夜空から私たちのことを見下ろしているのかも知れませんね。 

Posted by 大沼安史 at 07:14 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-08-02

〔いんさいど世界〕 死してなお、歴史を生みだし続ける歴史家、ハワード・ジン氏

 ことし1月、87歳で亡くなった米国の歴史家、ハワード・ジン氏に関するFBI(連邦捜査局)のファイルが公開された。
 ⇒ http://foia.fbi.gov/foiaindex/zinn_howard.htm
   http://rawstory.com/rs/2010/0730/fbi-admits-probing-zinn-criticizing-bureau/
   http://www.progressive.org/wx073110.html

 共産党員ではないかと疑われ、否定すると、こんどは情報提供者になれ、と迫られたり、捜査員5人がかりで後をつけられたり、ボストン大学の教職から追われそうになったり、「妹」と名乗る女性があらわれ、FBIに「情報」を売り込んだり……。

 243頁に及ぶFBIファイルは、アメリカの権力がジン氏をどれほど危険視していたかを示す、それ自体、一級の歴史資料である。 

 ハワード・ジン氏は言うまでもなく、権力者の「正史」とは異なる、非抑圧者(先住民、黒人、無名の大衆ら民衆)の視点で『アメリカ人民の歴史(A People's History of the United States)』(邦訳、『民衆のアメリカ史』明石書店)を書いた歴史家だ。

 今回、FBIが公開したファイルは、ラジカルな平和運動家でもあったジン氏を、アメリカの権力がどう見ていたかを如実に示すものだが、ジン氏という、ひとりのまっとうな歴史家に狙いをつけ、マークしたことで、その記録は逆に、アメリカ権力者の実態を映し出す、歴史的な証拠物件になった。

 死してなお、曇りのない鏡に、アメリカ権力が如何なるものか映し出して見せたジン氏! 

 元ニューヨーク・タイムズ記者、クリス・ヘッジ氏が、このジン氏のFBIファイルをめぐるコラムの中で、こんな体験談を披露していた。

 ヘッジ氏は刑務所に出向き、若い囚人たちとともに、ジン氏の『アメリカ人民の歴史』を読む勉強会を続け来たそうだ。
 
 その結果、何が起きたか?
 ジン氏の歴史家としての仕事は、若い囚人たちの「目を開く」に十分なパワーを秘めていた、とヘッジ氏は書いている。 ⇒  http://www.truthdig.com/report/item/why_the_feds_fear_thinkers_like_howard_zinn_20100801/

 死してなお、若い囚人たちに、アメリカの歴史を、現実を開示し、希望の在り処を指し示したハワード・ジン氏!

 ジン氏が残した歴史書の輝きと、FBIファイルの薄汚さを比べれば、未来がどちらの側にあるのか、最早言うまでもない。

 ジン氏の「アメリカ史」は、アメリカ社会の負の部分の集約点である刑務所の若者たちをも再生する、パワフルな、新たな歴史を生み出す力を秘めている。
  

Posted by 大沼安史 at 10:09 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-07-29

〔いんさいど世界〕 「コチャバンバ水戦争」のボリビア民衆の勝利から10年 国連で遂に「水は人権」宣言を採択!

 国連の総会で28日、南米のボリビアをはじめ32カ国が共同提案していた、「水と衛生を世界的な人権と認める」宣言が、賛成122ヵ国、反対0、棄権41ヵ国の圧倒的賛成多数で採択された。
  国連サイトのロイター電 ⇒       http://www.un.org/News/Press/docs/2010/ga10967.doc.htm
  BBC ⇒ http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-10797988

 1948年の「世界人権宣言」から62年ぶりに、新たな「人権」が生まれた。歴史的ともいえる、この「記念すべき、水は世界のあらゆる人々の基本的な人権」(IPS通信)宣言!
  ⇒       http://www.un.org/News/Press/docs/2010/ga10967.doc.htm

 米国主導の新自由主義によるグローバルな「エコ(天然資源)収奪」の防波堤になり得るもので、生命の源であり生命線である「水」に対する人々の権利が、国連の宣言のかたちで、初めて確認された。

 気象変動などで、水不足にあえぐ世界の人々、20億人近く。半径1キロ以内の生活圏に水のない人、30億人。安全な飲み水にアクセスできない人、8億8400万人、安全な水、衛生的な水を飲めずに死んで行く5歳以下の乳幼児、毎年150万人……。

 「水の人権宣言」は、こうした、安全な水へのアクセス確保とともに、宣言提案国、ボリビアの民衆が10年前、闘いに勝利を収めた、人々の「水の権利」を破壊し、収奪の対象とする「水(道)の商品化」に歯止めをかける「分水嶺」となるもので、それが採択された意味は大きい。

 ###

 今回の「水の人権宣言」を結実した流れは、南米ボリビア、第三の都市、コチャバンバで生まれた。
  コチャバンバ Wiki ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%90

  今から10年前、2000年1月から4月にかけ、世界的にはあまりにも有名で、日本ではあまり知られていない「コチャバンバ水戦争(Water War)」が繰り広げられた。
  デモクラシーNOW ⇒ http://www.democracynow.org/2010/4/19/jim_shultz_on_dignity_and_defiance
  Wiki ⇒ http://www.democracynow.org/2010/4/19/jim_shultz_on_dignity_and_defiance

 財政危機に苦しんでいた当時のボリビア政府が、世界銀行に救済を求めたのがそもそもの始まり。

 世銀はボリビアの国営企業(鉄道、通信など)の民営化(多国籍企業への売り飛ばし)に加え、コチャコバンバの水道事業の民営化を要求。

 入札という名のせり(競売)の結果、アメリカの巨大建設企業、べクテル社を中心とする多国籍企業が落札。

 利益を確保しようとして、多国籍企業は水道代にダム建設費を上乗せしたことから、月の水道代が平均20ドル(一般家庭の1ヵ月分の食費に相当)に跳ね上がり、民衆の怒りに油を注いだ。

 抗議行動は当初、貧しい都市住民の間から湧き上がったが、農民、労働者、学生らも合流、ゼネストで闘う大レジスタンスに発展した。
 政府当局も警官隊(後に自ら賃上げを要求、出動した軍の治安部隊に催涙ガスで抵抗した)や軍隊が出動させ、戒厳令で鎮圧を図ったが、同年4月8日、17歳の高校生、ヴィクトル君が顔に被弾して死亡する悲劇が起きたことで民衆の怒りは頂点に達し、ついに政府側が折れ、民営化を撤回することで事態を収拾した。

 「コチャバンバ水戦争」は遂に、民衆の側が勝利を収めたわけだが、それは民衆による、米国主導の新自由主義グローバル支配を跳ね返す勝利でもあった。

 このコチャバンバのレジスタンスの指導者、労働者のリーダー、オスカー・オリヴェラ氏は、2年後の2006年、闘いを振り返り、こう語っている。 ⇒ http://www.guardian.co.uk/society/2006/jul/19/comment.guardiansocietysupplement

 「それは、あらゆるものを商品化する論理に対する闘いでした……民衆は気付かなければなりません。多国籍企業と富裕な国の政府は今も、水を商品に変えようとしているのです」

 ###

 この「コチャバンバ水戦争」のもう一人の立役者は、農民運動家のエヴォ・モラレス氏。ボリビアの現大統領、モラレス大統領、その人である。

 今回の国連「水は人権」決議は、このモラレス大統領の主導で提案されたものだが、モラレス大統領は「水戦争」の10周年を記念して、ことし4月19~22日の4日間、コチャバンバで「気象変動と母なる地球の諸権利のための世界民衆サミット」で開催、「国際気象法廷」の新設などを呼びかける宣言を採択した人でもある。
  ⇒  http://www.guardian.co.uk/environment/2010/apr/23/cochabamba-climate-court
   http://pwccc.wordpress.com/

 「水」の確保は地球環境の保全なしにあり得ないこと。ボリビアもアンデス山脈の氷河が地球温暖化で消滅の危機にあり、全世界から実に3万人の参加者を集めた、この「コチャバンバ世界民衆サミット」は、地球温暖化を阻止する闘いと「人権としての水」を結合する場所となった。

 ###

 26日の国連総会での採決で、さすがの米国も「反対」の意思表示はできず、「棄権」に回った。

 ①「水の権利」は現行の国際法の体系にはない②ジュネーブの国連人権委で検討中で、結論がでていない問題だ――の2点が「棄権」の理由だが、日本の菅直人政権も米国に追随し、棄権した。

 このことは、われわれ日本人として銘記しべきことだし、政府の「棄権」理由は問いたださなければならない。
 (国連のサイトの記事 ⇒ http://www.un.org/News/Press/docs/2010/ga10967.doc.htm
 によれば、日本政府代表は、①コンセンサス(全会一致)による採択でなかったことは遺憾だ。日本政府は世界最大の水セクターにおける援助者である②日本はジュネーブ(国連人権委での)プロセスを支持するとともに、クリーンな水に関する消耗した議論が行われたこと、十分な衛生問題が決議案が出される前に留意されたことに対し、深い遺憾の意を表する、との演説を行った。一体、どういうことなのか、日本のプレスはその意味、背景、事の真相に迫るべきである)

 「水の権利」を侵害するものは、ダム問題、水質汚染等、日本にもたくさんある。菅直人政権は、水を奪うもの、水を汚すものを守ろうと言うのか!

 なぜ、国連総会で、たとえば欧州連合やドイツ、スペインとともに「賛成」票を投じなかったのか、政府には説明責任があるだろう。

 ###

 「水」は私たちの命を育む、地球環境からの大切な贈物である。

 しかし、その「水」が危ない。温暖化による気象変動での旱魃被害。コチャバンバで起きた多国籍企業による「水の商品化=水道の民営化」の、インドなどでの再現――。

 「水は人権」決議は、こう宣言している。

 「安全でクリーンな水と衛生に対する権利を人権と宣言する。それは十全なる生きる喜びと、あらゆる人間の諸権利にとって本質的なものである……」
  ――Declares the right to safe and clean drinking water and sanitation as a human right that is essential for the full enjoyment of life and all human rights; 

 これは名言である。生きる喜びと、人間の自由、平等など諸権利の土台になければらない本質的なもの――それが「水の人権」だと言い切っているのだから。

 アンデスに聳えるトゥナリ山に発するコチャコバンナの流れは、新時代の流れとなって、新自由主義の荒れ狂う地球の荒れ野を癒し、潤し始めた。

Posted by 大沼安史 at 09:05 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-07-24

〔いんさいど世界〕 ロバが空飛ぶ暑い夏 心に刻め 「350」!

 北半球の夏が燃えています。
 ロシアの黒海沿岸では、あまりの暑さに、ロバが空を飛んでしまいました。
  ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/europe/donkey-stunt-shocks-russian-sunbathers-2031249.html

 ロバが空を飛ぶ?……正確には、ロバを空に飛ばした――ロバに無理矢理、パラセーリングさせたという話ですが、いくらリゾート・ビーチの宣伝イベントとはいえ、ちょっと強引。

 「空飛ぶロバ」の悲鳴を聞いた子どもたちが、かわいそうだといって泣いたといいます。
 
 猛暑のロシア。あまりの暑さに、金儲けに目のくらんだ大人は、平常心をなくしているのかも知れません。

  ###

 ロシアでは暑さによる穀物への影響を心配して、食品のパニック買いまで起きているそうです。おかげで値段も平均で2、3割、地域によっては、小麦が倍の価格のはねあがったところもある。

 ロバを空を飛ばせて喜んでいる場合じゃないですよね。
  ロシア  ⇒ http://www.arirang.co.kr/News/News_View.asp?nseq=105117&code=Ne2&category=2
  穀物被害 ⇒ http://uk.reuters.com/article/idUKTRE66F2LX20100716
  食糧品買い⇒ http://news.xinhuanet.com/english2010/world/2010-07/20/c_13406933.htm

  ###

 ドイツの首都、ベルリンも16日に38度Cを記録しました。

 ベルリン市の当局が公営プールで、長いトランクス着用禁止令を出したそうです。ベルリンも水不足。貴重なプールの水を、より吸い取ってしまうからだそうです。

 ベルリンの運河は、酸素不足で、魚たちが大量死!
       ⇒ http://www.guardian.co.uk/science/2010/jul/16/june-2010-warmest-recorded

 熱波の影響で、バルト海では、ドイツの国土を上回る面積に、緑青の藻が異常繁殖しているそうです。
 なんか不気味ですね。
       ⇒ http://www.independent.co.uk/environment/nature/evil-weed-in-baltic-sea-puts-marine-lif

  ###

 ことし、西暦2010年はもしかしたら、観測史上、最も暑い年になるかも知れません。

 先月、(2010年の)6月は、1880年の観測開始以来、最も暑い6月だったんだそうです。

 これはアメリカの国立海洋大気局(NOAA)の発表で明らかになっていることです。 
       ⇒ http://www.guardian.co.uk/science/2010/jul/16/june-2010-warmest-recorded

  ###

 こうなると……う~ん、やっぱり心配ですね。この暑さ、地球環境の破局への序曲じゃないのか、と。

 そこで、日本ではあまり知られていない、「世界も最も重要な数字」というものをご紹介しましょう。

 世界で最も重要な数字――これって、地球温暖化に警告を鳴らし、CO2の削減を訴えている世界的な運動ネットワークの「350ドット・オルグ」ってところが言っていることですが、いま、私たち人類(そして全ての生物)にとって最も重要な数字って「350」なんだそうです。

 「350ppm」――CO2の大気中の濃度ですね。

 この「350(ppm)」に戻さないと、大変なことになる……(ということは、「350」って、人類サバイバルの運命がかかったナンバーになるわけですね!)

 ことに「450(ppm)」を突破したら、もう終わり、後戻りはきかない。あとは北極にワニが棲むような暑熱世界に行き着くしかない――そう警告しているですね。

 いま、「350ppm」に戻さないと、と言いましたが、現在の炭酸ガスの大気中の濃度は、「392ppm」。間もなく「400」の大台を突破する勢いなのだそうです。

 これをなんとか「350」に削減しなければならない。

  ###

 で、「350ドット・オルグ」ってところは、「350」という「世界で、人類にとって最も重要な数字」を知らせようと、キャンペーンを続けています。

 「350」の横断幕を、エジプトのピラミッドの前で掲げたり、人文字に書いたり。
       ⇒ http://www.350.org/

 これだけ暑いと、考えることも億劫になってしまいますが、あの京都議定書をまとめた日本の政府としては、率先して、いまいちど真剣に地球温暖化――いや暑熱化の問題に取り組んでほしいですね。
 
 地球の未来、人類の未来のために、バック・ツー・ザ「350」! 

 

Posted by 大沼安史 at 02:21 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2010-07-14

〔いんさいど世界〕 ワカ・ワカ! 南アで「おばあちゃんサッカチーム」が大活躍、その名も「バケグラ バケグラ」!

 南アフリカでのサッカー・ワールド・カップが閉幕しました。アフリカでの初開催。それも人種隔離政策を乗り越えた南アでのフィーバー。ブブゼラの音がなお、耳にこだましています。

 南アW杯の合言葉は「ワカ・ワカ(行け行けドンドン)でした。
 いかにもアフリカらしい、同じ言葉を2度叩き込む、力強い響きですね。
 
 南アW杯はFIFAの男子サッカー世界最終戦でしたが、開催地の南アには、世界の男性プロサッカーチームに負けないくらい、ものすごいサッカーチームがあるの、ご存知ですか?

 このモノスゴ・ワカ・ワカ・チームの選手たちにしたら、W杯出場の選手など、ま、ガキですね。

 W杯の名残に、この、南アフリカ・モノスゴ・ワカ・ワカ・サッカーチームのことを紹介しましょう。

 ◎◎◎◎

 南アもサッカーが盛んな国ですが、なんと女子のサッカー(あ、これ、フツーですね)――というより、正確には、「おばあちゃんたちだけでつくるサッカーチーム」があって、大活躍してるんだそうです。

 オバアチャンですから、お孫さんがいるんですね。

 チームの名前も、もろ「おばあちゃん おばあちゃん」――現地の言葉で「バケグラ バケグラ」っていうんです。

 聞いただけで、スゴそうですね。

 で、このチーム「バケグラ バケグラ」ですが、南アフリカの北部、リムポポ州のタザニーン市の郊外、ヌコワンコワっていうところで、今から3年前、2007年に結成されたんだそうです。

 きっかけをつくったのは、地元ラジオのパーソナリティーで、地域活動家のベカさんという女性。

 このベカさん、一度、病気で入院したことがあるんですが、その時、高齢の女性たちが体を動かすことなく、不健康な生活を送っていることに、いまさらながら気付いたんですね。

 で、ある時、ベカさん、地元のサッカー・フィールドに、知り合いのおばさんたちを誘って見物に出かけたとき、子どもたちのプレーを見ながら、なんとはなしに、「うちらも、サッカーしようか?」と言ってみたんだそうです。

 で、おばあさんたち、子どもたちのボールを借りて、蹴ってみた。
 だめだよ、こう蹴るんだよ、子どもたちに言われた。

 その時、ベカさん、ついつい言ってしまったんですね。「サッカーチーム、つくらない?」

 で、おばあさんたちの答えが「いいね、やろう」。
 「あ、いいね、やろう、やろう」となっちゃった!

 そうやって、誕生したチームなんだそうです。

 ◎◎◎◎

 この「バケグラ バケグラ」の最高齢、もち現役プレーヤーは、ノラさんというおばあちゃん。なんと、84歳。

 こどもの時から、白人の家のメイドさんとして働き続けて、引退したいまも暮らしは厳しいのですが、サッカーで健康を回復し、自分というものを取り戻し、ボールを蹴っ飛ばしているそうです。

 チームの中で、もっともパフォーマンスを向上させたのは、マーシーさんというおばあちゃん。松葉杖で、歩くのもやっと、から一気に回復、いまでは「走れる」ように!

 サッカーって、すごいパワーを秘めてるんですね。

 いま、40人以上いるチームのメンバーで一番、若い人は、48歳。でも、ちゃんとした「おばあちゃん」だそうです。

 ◎◎◎◎

 最年長のノラさんによると、サッカー始めるといったら、最初は笑われたそうです。

 短パンをはいたら、じいさまどもから、批判が噴出した!

 女性差別を乗り越えたおばあちゃんたち! やりましたね。

 ◎◎◎◎

 この「バケグラ バケグラ」、内輪で球蹴りだけしている、単なるサッカー同好会じゃありません。

 ちゃんと、地域の女子サッカーリーグ(8チーム)に加盟して、リーグ戦を戦っているんです。

 たとえば、30代の若い女性たちでつくる「メトロ・レール・イーグルス」(たぶん、鉄道会社の女子サッカーチーム。ノンプロですね)と対戦して――3対1で勝ちはしませんでしたが、負けたとはいえ、健闘しました。惜敗! う~ん、残念!

 ◎◎◎◎

 この「バケグラ バケグラ」のおばあちゃんたち、実は今、アメリカにいて、13日からミシガン州ランシング始まった「全米ベテランサッカー大会」に出場しているんです。
 招待チームとして。

 もちろん、大会、唯一の「おばあちゃんチーム」として。
 ついに、世界デビュー!

 日本でも女子サッカーはいまやフツーですから、「おばあちゃんサッカーチーム」が生まれるのも時間の問題でしょうね。

 ひょっとしたら、もう生まれていたりして……。

 う~ん、いまに「おばあさんのW杯」なんてのが開幕するかもね!

 ⇒ http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-soccer-grannies-20100622,0,4817575,full.story 

   http://www.reuters.com/article/idUSTRE63D0BZ20100414

   http://www.iol.co.za/index.php?art_id=nw20091022094238380C166903

Posted by 大沼安史 at 04:04 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-07-10

〔いんさいど世界〕 「第三の男」は誰だ?  ウィーン・スパイ交換劇 元スパイの作家、ジョン・ル・カレ氏の見立ては?……

 【決定稿】(7月11日午前7時5分)

 米ロの「スパイ交換」が9日、ウィーンを舞台に行われ、「美人すぎる」アンナさんをヒロインとした「ロシア・スパイ団捕り物劇」に幕が引かれた。

 そんな慌しい「幕引き」を、大真面目に報じたニューヨーク・タイムズの記事を読んで、思わず笑ってしまった。
 記事(⇒ http://www.nytimes.com/2010/07/10/world/europe/10russia.html?_r=1&hp )の「書き出し」がおかしかったからだ。
  
 In a seeming flashback to the cold war, Russian and American officials traded prisoners in the bright sunlight on the tarmac of Vienna’s international airport on Friday, bringing to a quick end an episode that had threatened to disrupt relations between the countries.

 「まるで冷戦の悪夢を思い出させるフラッシュバックのようなものだった。ロシアとアメリカの当局者は9日、ウィーン国際空港の光あふれる滑走路の上で、囚人を交換、両国の関係を脅かしていた諜報劇にすばやく終止符を打った」

 「冷戦の思い出させるフラッシュバック」と書いたニューヨーク・タイムズ記者の「生真面目さ」というか「青さ」加減がおかしくてならなかったのだ。

 白昼の幕引き交換のどこに、「冷戦」時代の諜報戦の不気味な闇と苛烈さがあるというのか?

 ####

 英国の新聞なら、こんな「青い」書き方はしないだろうな、と思って、インディペンデント紙のサイトをのぞいたら、案の定、こんな記事(⇒ http://www.independent.co.uk/opinion/commentators/tony-paterson-vienna-plays-host-to-cold-war-drama-reimagined-as-farce-2023154.html )が出ていた。

 トニー・パターソン記者の解説記事、Vienna plays host to Cold War drama reimagined as farce (ファルス〔笑劇〕として再想像された冷戦ドラマのホストを演じたウィーン)。

 コメディー(喜劇)、しかも大笑いのファルス(笑劇)だと、インディペンデント紙は言い切っていたのだ。

 「1989年以前の(冷戦期の)基準で考えれば、ウィーンでのスパイ交換は喜劇だった。それも、ドラマ(劇的なところ)に欠けたコメディー」

 さらには「冷戦時代のウィーンは、東の共産主義と西欧資本主義が交差するスパイ活動のセンターだった。しかし、この街、ウィーンはその後、諜報の舞台との評判を、グラハム・グリーンやオーソン・ウェルズに頼るようになっている。今や、ほんものの諜報活動はほとんど話題にもならない」とも。

 パターソン記者が(原作)作家のグラハム・グリーンや(出演)俳優のオーソン・ウェルズに言及しているのは、もちろん、ウィーンを舞台にした、シタールのテーマソングでも有名な、あの映画、「第三の男」(⇒ http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD14196/comment.html )を想起しているからだ。

 (あるいは、映画「第三の男」にも「(アリダ・ヴァリ扮する)美人すぎるアンナ」が登場することを想起しているからだ)

 そう、たしかに、パターソン記者の言う通りである。今回の「白昼のファルス」は、あの「第三の男」のような、ぞくぞくするようなサスペンスの影はどこにも見当たらない。

 「第三の男」のウィーンは、三文喜劇の、滑走路ドタバタ野外白昼スワッピング劇場と化してしまった……!

 ####

 なぜ、今回の「ロシア・スパイ団」摘発、及び、スワッピングによる「幕引き」に、スリルとサスペンスがないか、というと、FBIが捕まえた「スパイ」たちが、ちっとも「それらしく」ないからだ。

 逮捕された10人の中にはたしかに、ロシア人である素性を偽った者が含まれ、「活動資金」をもらった者もいるかもしれない。しかし、「何をスパイしていたか」という肝心のポイントになると、とたんに曖昧模糊としてハッキリしない。、

 本ブログ既報のように、あの「美人すぎる」アンナ・チャップマンさん(28歳)など、FBIのオトリ捜査官を怪しんで、ニューヨーク市警に自ら駆け込み、「通報」して「逮捕」される憂き目にあっているのだ。

 インディペンデントと並ぶ英国の高級紙、ガーディアンも、ウィーンでの「スパイ交換(スワップ)」を報じた記事( ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/jul/09/russian-spies-swap-us
 )の中で、逮捕された10人について、括弧付きで「スリーパー(“sleepers”)=潜伏スパイ、冬眠スパイ」と書いているのも、ほんものの「プロのスパイ」ではない、と睨んでいるからだろう。

 筆者(大沼)の現時点での「推理」によれば(偉そうな言い方で、すいません)、「眠れる10人のスパイ」たちは、(おそらく米ロの核軍縮つぶしをねらうアメリカの軍事産業、あるいはそのロビイストのの依頼を受けた)「スパイ企業」に操られていた人身御供の犠牲者たち。キプロス島で「消えてしまった」、あの「第十一(11人目)の男」は、ロシア当局のスパイの元締め役を演じていただけのこと――

 そんな「スパイ企業」(アメリカのジャーナリスト、イーモン・ジャヴェズ氏によると、冷戦崩壊後、ワシントン郊外やロンドン郊外に続々と生まれているそうだ。それも、CIAやMI5、KGB出身者が設立し、協力し合ってもいるという)が「筋書き」を書き、「配役」までそろえた「据え膳」にFBIが食いつき、ちゃっかり自分たちの手柄に変えようと「いただいて」しまった――

 こう考えると、今回のわけのわからないドタバタ劇に一本、筋が通り、すとんと腑に落ちるような気がするが、いかがなものか?

 ####

 であるなら、上記ガーディアンの記事にあった、「顔を立てた(スパイたちの)引渡し a face-saving handover」との謎めいた表現の意味も理解できる。

 そう、そうなのだ。ハッキリ言ってしまおう。
 今回のウィーン・スワッピングは、ロシア政府がアメリカの「顔を立てた」のだ。そしてオバマは「FBI」の「顔を立てた」のだ。

 10人を「スパイ交換」で引き取ることで、ロシアはアメリカの顔を立て、間抜けなFBIのスパイ摘発劇の後始末(尻拭い)させたのだ。そしてオバマが、FBI(など、オバマの足をひっぱるワシントンのタカ派どもに)に対し、「バレバレになって、お前らの顔が泥まみれにならないうにちに、お前らの顔を立ててやったんだ」と、「恩」をかぶせることができるよう仕組んだのだ。

 そしてオバマがこれに呼応し、米ロ関係のリセット路線を守り抜いた……。

 プーチンのロシアは柄にもなく(失礼!)、実にエレガントな、災い転じて福となす解決法を演じたものである。
 
 う~ん、これはもう、ハラショーな「アッパレ」ものではないか!

 ####

 こうなると、スパイ問題&スパイ小説に関心を持つ、全世界の人々の注目の的――である、「あの人」に、是非ともここで登場していただき、その「ご意見」に耳を傾けねばなるまい。

 そう、スパイ問題の世界的なアイドルである「あの人」といえば、もちろん、英国の元スパイ(MI5、MI6出身)で世界的なベストセラー作家のジョン・ル・カレ氏( 日本語Wiki ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AC )。

 「寒い国から来たスパイ」で有名な、あのル・カレ氏が、なんと9日付のガーディアン紙に、今回のスパイ交換についてエッセイを寄せているのだ。もう、さすがガーディアン!、あっぱれ、というしかない。(  ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/jul/09/spy-swap-john-le-carre )

 ル・カレ氏は、スパイ経験者として、こう書いている(拙訳ですが……)。

 「かつてスパイは、動機というものを持っていた。資本主義があり、共産主義があった。どちからを選択することができた。そう、そこには金も女も脅迫もあった。そして昇進の望みが叶わなかったとき、上司を裏切り、背を向けなければならないこともあった。また、神の意志のようなものを感じることも。世界のゲームに参加しているような気にもなったりして……。こういった高貴で下劣な、あらゆる動機のレパートリーがあった。しかし、スパイは最終的に、ある大義を奉じるか、それに反対するか、そのどちらかで活動を始めるしかなかった」

 そして、こう根本的な疑義を呈する。「しかし、一体全体、彼ら(今回の「スパイ団」のこと)の大義はなんだったのか?」と。

 言われてみればその通りである。「スパイ団」と連中の、どこにどんな大義があったのか、ル・カレ氏でなくても考え込んでしまう。

 そうした上でル・カレ氏は、さらに2つの疑問を追加して、観察の目を鋭く凝らすのだ。

 その1、「なぜ、10年も“無能な子どもたち(incompetent children)”を泳がせ、後を追い、盗聴しながら、なぜ、今になって逮捕したのか?」
 その2、「なぜ、ウィーンなのか?」

 ####

 この2つの疑問に対して、ル・カレ氏は、新たな疑問をぶつけることで、答え=真相に迫ろうとする。

 ・ 陰謀論者の言うように、アメリカの幾多の情報機関内の右翼分子が、オバマが対ロ接近を図ろうとしている今、冷戦の妖怪を解き放ったということか?

 ・ 私たちはウィーンと聞いて、あの映画『第三の男』の謎の男、ハリー・ライムのシタールのテーマソングを思い浮かべるが、米ロ情報機関の当局者たちはともに、私たちが再び、あの核戦争のシェルターに逃げ込むことを期待しているのではないか? これは、なかなかズル賢い企てではないか」

 こう布石を打っておいてル・カレ氏は、「もし、そうであるなら……」と、最後のまとめに入る。

 「もし、そうであるなら、米ロの情報機関は(あの映画「第三の男」のように)困惑しきっているはずだ。あの映画に出てくる第三の男、ハリー・ライムとそのかわいげのない仲間たちは、実はスパイ活動に従事していなかったのだ。彼ら、低級のゴロツキどもは、混ぜ物のペニシリンを売りさばいていた。子どもたち(ここにも、children が!!!)に毒を盛って稼いでいた……。そう、そう考えつけば、(「第三の男」の舞台である)ウィーンを交換場所に選んだのも、あながち悪い選択ではなかったことになる」

 ####

 このル・カレ氏の最後の決め台詞、「そう、そう考えつけば、(「第三の男」の舞台である)ウィーンを交換場所に選んだのも、あながち悪い選択ではなかったことになる」を読んで、鳥肌の立つ思いをするのは、筆者(大沼)だけだろうか?

 思うにル・カレ氏は、今回の「ロシア・スパイ団」10人の「子どもたち」の背後に、彼らに毒を盛った「低級なゴロツキ」、すなわち、現代のハリー・ライム、「第三の男」がいる、と示唆しているのである。

 ル・カレ氏は見抜いているのだ。現代の「第三の男」の正体を見抜いているのだ。

 その「第三の男」とは、10人のあわれな「子どもたち」をスパイに仕立てたゴロツキ(crooks)どもであると。

 ル・カレ氏は見抜いているのだ。オバマとメドヴェージェフ(プーチン)の政権が交換場所に、敢えて「ウィーン」を選んだ意味を見抜いているのだ。

 オバマとメドヴェージェフが「ウィーン」を見せ場に選んだのは、このオーストリアの都が「第三の男」を含意し、その「黒幕」の存在を世界に対してメッセージとして示しそうとしたからだ、とル・カレ氏はちゃんと見抜いているのである。

 

 

Posted by 大沼安史 at 12:35 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2010-07-02

〔いんさいど世界〕 美しすぎるロシア人女性“スパイ” 寒すぎるFBIのアナクロ“捕り物劇” 「コーポレート・エスピオナージ(企業諜報活動)」を誤認の可能性

 ロシアのメドヴェージェフ大統領が訪米し、ワシントンでオバマ大統領と「差し」でハンバーガーにパクついた直後、「米露ハネムーン」に水を浴びせるように、FBI(連邦捜査局)が、ロシア「スパイ団」摘発という、青天のヘキレキ花火を打ち上げた。

 キプロス島で行方をくらましたクリストファー・メトロスというカナダ人男性(56歳)をリーダーとする(という)「ロシア・スパイ団」11人。

 その中の一人、アンナ・チャップマンさん(28歳)というロシア人女性が「あまりにも美人すぎる」ものだから、アフガン戦争も、メキシコ湾の海底油田大噴出も、そっちのけの大騒ぎになっている。
 アンナ・チャップマンさんのユーチューブ映像 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=isom010hUz8&feature=related

 ####

 で、このアンナ・チャップマンさんだが、「寒い国から来たスパイ」らしからぬド派手な社交人。   

 「フェースブック」には自分の写真を90枚以上もアップ、ネットの自己紹介サイトでも、自分の経歴を包み隠さず(?)紹介し、ロンドンの銀行で働いていた時は「奴隷でした」などと書いている開けっぴろげな女性だ。
 アンナ・チャップマンさん自己PR ⇒ http://www.linkedin.com/in/chapmananna

 そんなアンナさんの実像に迫ったのが、英紙ガーディアン。
  ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/jun/30/anna-chapman-russian-spy-ring/print
    http://www.guardian.co.uk/world/2010/jun/30/anna-chapman

 それによると、彼女はケニア大使を務めたロシア人外交官の令嬢で、もともとの名はアンナ・クチェンコ。
 第2次世界大戦中、東部戦線の関が原、スターリングラードの死闘が繰り広げられたそのスターリングラード、改名してヴォルゴグラードの生まれ。

 モスクワの大学での学生時代は「パーティー・アニマル(宴会動物)」として鳴らし(同級生の証言)、「ニルバーナ」の歌を聴き、しわくちゃジーンズ、黒のTシャツのパンカーとして青春を謳歌しまくっていたそうだ。

 大学卒業後、ビジネスの世界に飛び込み、オンラインの不動産サイトを設立(今も継続中)、その後、ロンドンに移って、英国人男性と結婚、ヘッジファンド、銀行を渡り歩いて経験を積んだあと、新たなビジネスチャンスを求め、アメリカに渡ったという、華々しいキャリアの持ち主だ。

 「グレート・ネットワーカー」(「大蜘蛛女」……意訳し過ぎ???)……つまり、人間関係づくりに卓越した女性――これが、彼女を知るビジネスマンの証言である。

 ####

 そんな「美人すぎる」「偉大なネットづくりの名人」のアンナさんが、どうしてFBIに捕まるようなことになったのか?

 ガーディアン紙によれば、アンナさんの方からニューヨークの警察分署に、「通報」しに行って、なぜか御用になってしまったのだ。

 警察分署に出頭する前、アンナさんにFBIの「オトリ捜査官」が「ロシアのエージェント」を装って接近、偽造パスポートの受け渡しに協力するよう求め、スパイ・ネットワークをつくってくれないか、と持ちかけた。

 アンナさんは一応、同意するふりをしたあと、次の「エージェント」との会合をすっぽかし、ニューヨーク市警の第1分署に駆け込んで通報したのだった。

 そう、つまりアンナさんは「美人すぎる冤罪被害者」!

 FBI側の主張によると、アンナさんはことし1月以降、ロシア政府職員と定期的に合い、ロシア大使館員を装ったFBIの「オトリ捜査官」と合ったあと、偽名と架空の住所で携帯電話を購入した(怪しい!)とされているが、ケータイ購入の際、アンナさんはなんと自分の住所を「フェイク・ストリート(Fake Street)99」と記入しているのだ。
 ニューヨーク・タイムズ紙報道
 ⇒ http://www.nytimes.com/2010/06/30/nyregion/30couples.html?_r=1&hp 

  「フェイク・ストリート(Fake Street)99」――そう「偽通り99番地」。フェイク(偽)ですよ、自分から言っているようなもの。
 美空ひばりさんなら「あ~ら、馬鹿ねえ~。私なら、港町13番地って書くわよお」と、きっとあきれて言うような、スパイらしからぬ所業ではあるのだ(う~ん、スパイも「美人すぎる」と、こうなるのかな~……?!)

 ####

 上記のニューヨーク・タイムズ報道によると、「スパイ団」11人の中には「スパイ・カップル」3組が含まれ、ニューヨーク、ボストンの郊外の高級住宅地(サバービア)で暮らしていたそうだが、それだけで「ロシアのスパイ」と断定するのは、ちょっと無理があるよう。

 そのうちの1組、ニュージャージーのヨンカースに住むラザロさん夫妻は、旦那さんが大学で左翼的な発言を繰り返し、奥さんもスペイン語の新聞に米国に批判的なことを書いていた人。

 当局に目をつけられることを自らすすんで仕出かしているわけだから、アメリカ社会にもぐりこんでじっと息を潜め、諜報活動に従事する「スリーパー」的本格派スパイとしては、「失格」というか「愚の骨頂」である。

 ####

 こうなると、このFBIの「ロシア・スパイ団」大捕り物劇、なんだか嘘っぽく感じられるが、FBIによる「プロパガンダ」だと主張しているのは、現在、ドイツ・デュッセルドルフに住む、英国諜報機関、「MI5」の元エージェント、アニー・マションさん。
 彼女にかんするWiki ⇒ ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Annie_Machon

 アニー・マションさんはMI5のカダフィ暗殺未遂事件関与などに抗議し、MI5を辞職した人で、「9・11」の真相究明も求めている、世界的に有名な「ホィッスルブローラー(警告笛吹き人=内部告発者))。

 その彼女が、ロシアの英語国際テレビ放送、RT(ロシア・ツデー)に出演し、
 ①オバマ政権の米ロ接近を望まない米政府内の強硬派の存在②このところ落ち目のFBIの巻き返し――など、さまざまな問題が今回の事件の背景にあると指摘し、FBIによる「でっち上げ」の可能性を示唆したのだ。
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=-wFWXWrY4Rk&feature=related 

 このアニーさんの主張には、あの「9・11」内部告発者の元FBI職員、シベール・エドモンズさんも、きっと頷いているに違いない。

 ####

 こうなると今回の「ロシア・スパイ団」大摘発事件、あの「赤狩り(マッカーシー時代)」「ピースニク狩り」(ベトナム戦争時代)の「栄光と夢よ、もう一度」とばかりに、間抜けなFBIが仕掛けた「一大政治ショー」――との線が濃厚になるが、エリオット・ネス以来のアンタッチャブルな伝統を誇るFBIのために一言、申し添えれば、FBIがこのところ欧米のハイテク・金融業界を中心に激化する「コーポレート・エスピオナージ(企業諜報活動)」を「ロシア政府の諜報活動」と「誤解」し、「美人過ぎるアンナさん」を軸に無理やり「点と線」をつないだ――との筋書きを考えられる。

 なぜ、こう思うかというと、アメリカでは「冷戦」終了後、スパイ関係者が野に下り、「諜報企業」を次々に設立、果ては旧ソ連のKGB関係者まで米国で「起業」している現実があるからだ。

 (ことしになってアメリカで出た、Broker, Trader, Lawyer, Spy: The Secret World of Corporate Espionage(Eamon Javers著)を参照。⇒ http://www.amazon.com/Broker-Trader-Lawyer-Spy-Corporate/dp/0061697206/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1276991364&sr=8-1

 報道によれば、「美人過ぎるアンナさん」は、ことし3月、スタンフォード大学で開かれたテクノロジー・フォーラムに「潜入」していたそうだが、もしかしたら彼女、「コーポレート・エスピオナージ」の企業(ロンドン郊外にも続々と設立されている)に操られた人だったかも知れない。
 (企業諜報機関が「お国のためだ」と「愛国心」をくすぐり、エージェントに仕立て上げるのは常套手段である……)

 ####

 蛇足にもう一個、トンデモ筋書きを――。

 落ち目のFBIが、ワシントン郊外にある民間スパイ会社に「ロシア・スパイ団」事件の「立ち上げ」を依頼、摘発に成功した自作自演(ロシア当局のふりをした何者かによる他作熱演)劇――かも???

 美人過ぎると、ついつい考え過ぎてしまう……!!!???

Posted by 大沼安史 at 10:53 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-06-29

〔いんさいど世界〕 世界の民衆へ「失政ツケ回し」  G8(20)トロント居直り宣言 

 トロントでの「G20」を伝えるNHKのニュース(電子版)を読んで、唖然とした。 菅首相がなんと、こんな発言をしたというのだ。 ⇒  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100627/t10015385921000.html

 「……一方、菅総理大臣は、金融危機を教訓にアメリカやヨーロッパが積極的に進めようとしている金融規制の強化について、その必要性を認めながらも、実施に当たっては景気が冷え込まないような配慮が必要と指摘しました」

 金融規制はほどほどに、と言ってのけたのだ。日本の新首相、晴れの「世界デビュー・アドバイス」!

 欧米の金融ドラゴンどもは今頃、手を打って喜び、ロンドンやニューヨークの高級レストランあたりで、「ヨシヨシ、よく言った。ポチにしてやるぞ」と、大いに祝杯をあげていることだろう。

 景気が冷え込まないよう配慮しろ、だと?……そのくせ、消費税を10%へ、イッキ倍増した時の「スーパー消費氷河期入り」への不安は、この「カン違い」首相のアタマの中にはないらしい。

 @@@@

 世界金融危機の最中、ロンドンで前回サミットが開かれたのは、2009年4月初め。

 それから15ヵ月が過ぎたのに、ギリシャを見れば分かるように、経済危機はむしろ深刻化の一途。

 結局、トロントでは、(日本を除き)「参加国は2013年までに財政赤字を半減する」などという、とんでもない「コミュニケ」を発表してお茶を濁すだけの、当事者能力・指導力の欠如ぶりをさらけだした。

 「機会、またも失われる」――英紙ガーディアンの社説は、トロントの無様なありさまを手厳しく批判、「志も公約も低すぎる」と指摘したが、まったくもってその通りである。 ⇒ http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2010/jun/29/g20-summit-global-economics-editorial

 @@@@

 トロントではサミットに対する抗議デモが続き、600人近くが逮捕された。
 なぜ、デモ隊は怒りの声を上げたか?

 米国をはじめとする先進各国の政府が銀行(背後の特権層、大企業)を救済するのに税金を注ぎ込むだけで、なんら抜本的な改革に乗り出さないで来たからだ。

 挙句の果ては、「財政赤字の半減」。
 大不況下に財政赤字を(無造作に)減らす道は2つだけ。行政サービスを削減するか、増税するしかない。
 いずれにせよ打撃をこうむるのは、われわれ世界の庶民。

 カナダの女性ジャーナリスト、ナオミ・クラインさんは、今回のG20の結果を見て、自分が学生時代を過ごし、今、そこに住んでいる、彼女のホームタウンであるトロントが、各国政府指導者たちによる「犯行現場」と化してしまったと嘆いていたが、まさにその通り。⇒ http://www.commondreams.org/view/2010/06/28-1

 トロント・サミットは、世界民衆への「失政ツケ回し」を決めた、「焼け太り」を狙う盗っ人どものサミットだった!

 @@@@

 投機資金(ホットマネー)の奔流にブレーキをかけ、新たな財源とする国際為替取引税など、サミットでは議論のテーブルにも載らなかった。

 そしてそれほど財政を再建したいなら、米国とNATOが続けるアフガンでの戦争に終止符を打つべきだが、そんな話もなし。

 あの「菅直人」なら、トロントでの世界デビュー戦で、一言でも何か、世界の人々の注目を集める提言・苦言をしてくれるものと、すこしは期待していたが、甘かったようだ。

 よりによって、あの「金融規制、ほどほど」発言!

 「ジャンク」な政治家の本質を露呈した「菅直人」を、日本の民衆(有権者)は捨て去らねばならない。
 

Posted by 大沼安史 at 07:51 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

〔いんさいど世界〕 インド・ムンバイ 驚異の激辛愛情弁当 20万食配達ネットワーク

 今月(6月)の「あさから」(筆者が毎週火曜8時半過ぎからナマ出演している、仙台TBC〈東北放送〉ラジオ番組「グッドモーニング」 のコーナー名)のテーマは「お弁当」。

 そこで今日は、インドから「お弁当」の話題を――「ニュースのお弁当」をお届けに上がりました。真心のこもった愛情弁当のお話です。

 ####

 ことしでなんと「120年」にもなるんだそうです。120年も続いているそうです。

 場所はインドの大都市、ムンバイ(昔、ボンベイといった大都市です)。

 そこで1890年に始まった、「愛情お弁当」集配システムが、いまだに続いているんだそうです。

 そう、各家庭のママさんたちがこしらえたお弁当(これを「ティフィン」と言います)を、お昼に、職場とか学校とか、決まった場所に届ける集配システム。

 それもなんと1日20万食! 200食じゃなく、20万食!!!
 それがなんと毎日、きちんきちんと、ドンピシャ・タイミング――「おまちどうさま」モードでデリバリーされているというのですから、これはもう「インド人もびっくり」ですね。

 ####

 「ダバワラ」さんっていう、テフィン(お弁当)の配達人たち、5000人でつくる「ムンバイ弁当配達組合」が毎日、続けている、人類史上空前規模の大作戦。

 それがローテクながら、とんでもない効率と精確さで続いているのです。
 それも、特定の地域に限った、限定デリバリーじゃありません。ボンベイとその郊外をつなぐ、大規模なネットワークなんです。

 お弁当が汽車で通勤(学)するですから!

 ####

 具体的に言わないと、その凄さは伝わらないかも知れませんね。

 配達に使われるのは、円筒形3段重ねの「ダバ」っていう、保温のお弁当箱(ブリキ、スチール製)です。

 これに毎朝午前9時過ぎまでに、お弁当を詰めます。(ナンとかパスタをメーンに、カレーやエジブトマメの炒め物とか、スパイシーな副食がつくのが定番)

 詰め終えたところに、ピンポーンと鳴って、担当の「ダバワラ」さんが現れ、「ダバ」を受け取っていく。

 「ダバワラ」さんたちは絶対に「ヴァン(車)」を使いません。自転車です(その方が早い。近道OK&渋滞フリーです)。自転車に「ダバ」を葡萄の房のように積んで、最寄の郊外駅に向かいます。

 駅で、ボンベイ市内の目的地別に仕分けし、10時ごろの列車に積み込む。そして市内中心部の主要駅で積み下ろし、他の駅から来た「ダバ」も一緒に再仕分けします。そして、また自転車に積んで、おなかをすかせた人々の胃袋へとまっしぐら。

 12時30分前後のドンピシャ・デリバリー。

 食べ終わった「ダバ」もちゃんと回収し、夕方までに各家庭に届けるというのですから、すごいですね。

 ####

 大雨の日も(モンスーンがあります)、洪水の日も、絶対に届ける。

 配達圏は半径45キロ。

 誤配は1600万回に1回という、ほぼ完璧モード。

 これには実は長年、培った、ある工夫があるのだそうです。

 「ダバ」(丸いお弁当箱の)蓋の部分に、赤いペンキで、目的地を数字、英語イニシャルのコードで書き込み、一目で、分かるようにしてある。

 だから、間違った配達は、ほぼゼロ%ですんでいるそうです。

 で、気になる1ヵ月あたりの配達代は150ルピー(約300円)。

 ダバワラさんたちはそれぞれ集金したものから、たった10ルピーを組合に納めるだけ。汽車賃代などを差し引いても、まずまずの暮らしをするだけのものが手元に残る。

 組合はあくまで組合。雇用関係ではないので、ダバワラさんたちはみな、一種の自営業。お互いに助け合って、横のつながり、水平のネットワークの中で生きているのですね。 
 
 ####
 
 この「愛情弁当」「家庭の味」「おふくろの味」のお弁当デリバリー、もともと、大英帝国のイギリス人たちの需要で始まったものだそうですが、職場や学校に、我が家の「台所発」の「あったか&(たぶん)激辛?ランチ」が届くなんて、すごいことです。

 英国のチャールス皇太子も現地視察して感激し、カミラさんとの結婚式にダバワラさんの代表2人を招待したそうです。

 カミラさんに「家庭の味を大事にしようね」とでも言いたかったのでしょうか!
 
 ####

 インドにもファースト・フードの波が押し寄せているそうですが、ダバワラさんたち、インターネットで注文を受け付けたりして、負けずに頑張っているそうです。

 そしてダバワラさんたちの組合は、必要経費を除いた組合費を、貧しい人々の食糧支援に回している。

 インドの女性物理学者で哲学者のヴァンダナ・シヴァさんは、こういうことこそ、伝統が未来を切り拓く、ローカルな生活に根ざしたエコノミーだと言っていますが、ほんとうにそうですね。

 私たちも「ダバ」を届ける「ダバワラ」さんたちに声援をおくることにしましょう。

⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/20/india-travelfoodanddrink

  http://www.guardian.co.uk/world/2002/jun/24/worlddispatch.india

  http://www.independent.co.uk/news/world/asia/the-mumbai-working-lunch-470555.htmlhttp://www.independent.co.uk/news/world/asia/the-mumbai-working-lunch-470555.html

  http://en.wikipedia.org/wiki/Dabbawala

Posted by 大沼安史 at 10:28 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-06-22

〔いんさいど世界〕 流血と流油 「抑止力」効かず  崩壊寸前のアメリカ

 沖縄・普天間基地で私たち日本人は、何を現実問題として「認識」させられたか?

 日本の主流メディアによる圧倒的な洗脳ジャーナリズムによって、私たちは、「アメリカ」という国の(「安全保障」問題における)「怖さ」(朝日「主筆」氏による表現)「再学習」させられた――。

 アメリカというご主人さまは、こんなにも強大な国、「我が国」がその「抑止力」に頼っている以上、よもや、ゆめゆめ、逆らってはなりませぬぞ――というのが、この国の主流マスコミの「ご宣託」だった。 

 普天間基地問題をめぐり、駐ワシントンの日本大使が米国務省の「異例の呼び出し」を受け、あたふた駆けつけたという、この国の「大本営報道」が、実は「小役人・日の丸外交官」主導の「やらせ」と判明し、血統正しき無様な「ポチぶり」をあらためて立証したのはお笑い草だったが、ポチどもが懸命に尻尾を振りながらふりまく「強大なアメリカ(軍)」幻想に、私たちはこれ以上、踊らされてはならない。

 #####

 わが敬愛する米国のジャーナリスト、ジェームズ・キャロル氏(拙訳、『戦争の家』(上・下2巻、緑風出版)が、ボストン・グローブ紙に、「崩壊寸前(On the verge of collapse)」というコラムを書いていた。⇒ http://www.boston.com/bostonglobe/editorial_opinion/oped/articles/2010/06/21/on_the_verge_of_collapse/

 ペトレイアス米中央軍司令官が米上院軍事委員会で、アフガン戦争での証言を求められた際、一時的に気を失った(朝飯食べなかったから、と言い訳している……)ことから書き出した、キャロル氏のコラムは、同じその日の下院での、ガルフ湾海底油田原油流出事件での聴聞会にも触れ、こう断じていた。

 「このワシントンでの二つの聴聞会は、アメリカに広がる疲弊と落胆の気分をつかむものだった。アメリカの国民は、さまざな前線における無能に根本的に曝されている……」
 The two Washington hearings captured the widespread American mood of exhaustion and dread. The nation has been drastically confronted with its impotence on multiple fronts……

 #####

 アフガン&ガルフ湾――アメリカ主導のアングロ・サクソン・グローバル軍産石油複合体はまさに、あらゆる戦線で、とんでもない失敗をし続け、私たち人類に・私たちの地球環境に、途方もない出血を、汚染の受難を、強いているのだ。

 普天間基地問題で、私たちが持たされた「強大なアメリカ」のイメージとは裏腹な現実がここにある。

 #####

 先日、ジャパン・タイムズ(電子版)に、「日本人の元米海兵隊員、抑止力の“神話”を批判」という英文記事が載っていた。 ⇒ http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20100619f1.html

 今から15年前、沖縄に駐屯したこともある元米海兵隊の日本人、高梨公利さん(38)=東京都、会社員=が、沖縄の人々を交流し、米海兵隊の実像を伝えているという、共同通信配信の英文記事だった。

 普天間基地問題で、日本の政府、御用学者・ジャーナリストらが大合唱し続けた念仏(マントラ)は、海兵隊の(戦争)「抑止力」だった。

 海兵隊員だった高梨氏は、こう言って、このアホどものたわごとを斬って捨てた。

 海兵隊はただいま現在、戦争に従事しているではないか。抑止力があったら、そもそも戦争・戦闘は起きてはない……!!

 #####

 そう、まさしくその通り。
 米海兵隊(米軍)に、抑止力があったなら、戦争・戦闘は起きるはずもないことなのだ。
 
 韓国の哨戒艦も(どこのものかは知らないが)魚雷によって撃沈されることもない。

 #####

 先日、米国の反戦サイトの「デモクラシーNOW」を見ていたら、ノルウェーの平和研究家、ヨハン・ガルトゥングさんがインタビューに登場し、アメリカ帝国は2020年までに崩壊する、と予言していた。⇒ http://www.democracynow.org/2010/6/15/i_love_the_us_republic_and

 ガルトゥングさん(奥さんは日本人)は、ソ連崩壊を予言し、的中させた人。

 そのガルトゥング氏が、10年以内のアメリカの崩壊を明言している……。

 これは冗談で言っていることでない。氏の、学者としてのキャリアのいわば総決算として、そう言い切っているのだ。

 #####

 アフガンでの流血と、メキシコ湾での原油流出。

 米海兵隊(米軍)がなすべきはアフガンの民衆に対する殺戮と破壊のテロルではなく、海底油田の「暴発」という、環境テロの封じ込めであろう。

 アフガンで殺しまくり、その間、メキシコ湾の海底油田は有毒な原油を噴出し続けている……。

 流血と流油――そのどちらも押さえ込むことのできない「アメリカ」。

 #####

 「抑止力」?!――笑わせるんじゃない!

Posted by 大沼安史 at 07:42 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (3)

2010-06-13

〔いんさいど世界〕 W杯南ア大会始まる 平等で・平和な・核兵器のない世界へ、WAKA WAKA!(やれっ、やるのよ!)

 ワカ・ワカ WAKA WAKA――今や世界の合言葉ですね。

 開幕前夜の記念コンサートで、南米コロンビア出身の歌姫、シャキーラさんが歌った、WAKA WAKA。
 アフリカ・カメルーンの言葉で、「やれっ、やるのよ!」と言う意味だそうです。(英訳は、Do,do it!)
 ♪ ワカ・ワカ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=-qmB4ZZF_uA

  ○○○○○

 ご存知のように、11日、ヨハネスブルグ・ソウェトのスタジアムで開かれたW杯開幕式に、新しい、人種差別なき南アフリカを生み出した反アパルトヘイト(人種隔離政策)運動の指導者、ネルソン・マンデラ氏の姿はありませんでした。

 91歳の高齢をおして出席するはずでしたが、曾孫娘のゼナニさん(13歳)が前夜祭のコンサート帰りに輪禍に遭い、亡くなられたからです。

  ○○○○○

 ゼナニさん――13歳の黒人少女の死のニュースは、南アの人々の心に、そして世界中の人々の心に、あの「ソウェトの悲劇」を思い出させたはずです。

 そう、W杯の前夜祭・当日の開幕式・開幕戦が行われたソウェトのオーランド地区は、34年前の(1976年の)「6月16日」、黒人の少年少女や学生たちが500人以上も、白人治安部隊の銃撃で命を奪われた悲劇の現場だったからです。

  ○○○○○

 南アの白人少数派によるアパルトヘイト支配がなおも続いていたら、今回のW杯はありえませんでした。
 
 アパルトヘイトの頃は、動物園にも「有色人種・アジア人・犬の立ち入り禁止」の札が立っていたのです。

 その「アジア人」の中に、日本人も含まれることは言うまでもありません。

 それをなくした、ANC(アフリカ民族会議)のマンデラ氏らの闘い……。
 南アのもう一人の黒人指導者、ツツ大司教は言いました。「マンデラ氏なしに、これ(W杯)はありえなかった」 ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/africa/a-day-of-joy-for-his-people-a-day-of-grief-for-mandela-1998306.html

  ○○○○○

 南アでのW杯開催にはこうした歴史的な背景があるのですが、「アパルトヘイト」の撤廃もさることながら、この「虹の国」は実は「核兵器を開発し、自ら廃棄した世界唯一・最初の国」でもあるのです。

 南アの白人少数派(アフリカーナ)による国民党政権は、アパルトヘイト体制の延命を狙って「核武装」に走った政権でした。

 南アはつまり、「人種差別」と「核」の国だったわけです。

 それがマンデラ氏らの運動によって、今の姿に生まれ変わった。

 唯一の被爆国、日本の私たちが讃えるべきは、「人種隔離の廃棄」だけでなく、「核兵器の廃棄」でもあるのです。

  ○○○○○

 最近、「The Unspoken Alliance (語られざる同盟)」という本が米国で出版され、評判になっています。⇒ http://mondoweiss.net/2010/05/excerpt-from-the-unspoken-alliance-israels-secret-relationship-with-apartheid-south-africa.html

 著者は、米国の権威誌、フォリーン・アフェアーズのエディターを務める、サーシャ・ポラコウ・サーランスキー(Sasha Polakow-Suransky)氏。

 この本は南アの旧体制とイスラエルの核開発における協力関係を、南アの機密文書を元に暴露したもので、内容の一部を英紙ガーディアンが紹介( ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/may/23/israel-south-africa-nuclear-weapons )するなど、国際的な波紋を広げた労作なのですが、私(大沼)が何よりも驚いたのは、著者のサーシャさんが、私の教育学研究の恩師である、バレリー・ポラコウ氏の息子さんだったことです。

 バレリー・ポラコウ氏はアパルトヘイトの南アから米国に逃れて来た白人の女性教育学者。
 ブラジルの有名な教育学者、故パウロ・フレイレ氏から「学問的な娘」と呼ばれた人です。

 (シカゴ大学出版会から出た彼女の本(『失われゆく子供期』 ⇒ http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%86%E3%81%8F%E5%AD%90%E4%BE%9B%E6%9C%9F%E2%80%95%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%98%BC%E9%96%93%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E5%8D%B1%E6%A9%9F-V%E3%83%BBP%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC/dp/4760602623/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1276389001&sr=8-1
を私は、早大の久米稔先生との共訳で出版しました)

 その息子さんが、母親の国(父親の国でもある)の核開発のことを明るみに出した!

  ○○○○○

 そこで早速、その The Unspoken Alliance を取り寄せ、一読したわけですが、それによると、南アの旧体制は1982年4月に、ヒロシマ型原爆の開発に成功しているのだそうです。(同書152頁)。

 南アの核開発に協力したのはイスラエルで、南アが核開発に成功する8年前の1975年には、ジェリコ・ミサイルに搭載可能な核弾頭(3タイプ)の供与を南ア側に打診したこともあるといいいます。(同書81頁~、南アはこれを購入しませんでした。あまりにも高価なためだったようです)

 南アの旧体制(国民党政権)は最終的に、1990年になって時のデ・クラーク大統領が「廃棄」を決め、翌91年にはNPT条約に加盟するのですが、その当時、南アがどれほど核兵器を保有していたか(一説には核爆弾20発、核砲弾100発以上)、どのように廃棄されたか(イスラエルが引き受けたか?)――は不明のまま。

 いずれにせよ、南アの旧政権がアパルトヘイト支配体制の最終崩壊過程の中で、核廃棄に踏み切ったことは間違いありません。

 そんな南アの核の全史を明るみに出した、バレリーの愛息、サーシャ!
 それも南アW杯の直前に!

  ○○○○○

 核開発した国が核を全廃した例は、もちろん南アが初めてです。旧ソ連のウクライナやカザフなどが、ソ連崩壊後、ロシアに「返還」した例はありますが、核開発国が核をなくした例は他にはありません。

 核廃絶は日本の願いであり、世界の願いです。

 その意味で、南アW杯の開催には、「核廃絶」という世界的なゴールに向けた、試合の開始という歴史的な意味合いが含まれている、と言えるでしょう。

 来年は中東非核会議が開催され、イスラエルの核の問題が取り上げられるはず。

 北朝鮮も、核を廃棄し、平和裏に政権交代した南アの歴史に学ばなければなりません。

 平等で・平和な・核兵器のない世界へ、WAKA WAKA!(やれっ、やるのよ!)の時代が来ているのです。  

Posted by 大沼安史 at 10:11 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-06-01

〔いんさいど世界〕  世界よ変われ! 「ユーモア政治(党・家)」で

  日本の政治が混迷する中、「ユーモア政治」とでもいうべき新しい政治のスタイルが、氷の国・アイスランドと、南米のコロンビアで登場し、注目を集めています。
 古い殻を破った、新たな政治スタイルが世界的に出現しつつあるのかも知れません。
     ####

 29日の土曜日、アイスランドの首都レイキャビークの市議選――。
 生後半年というホッカホッカ新党、「ベスト党」が35%も得票し、6議席(全議席15議席)を確保、第一党の座に躍り出ました。

 歴史と伝統と誇る保守政党の独立党が34%の得票で5議席、アイルランドの政権党の主力である「社会民主連合」は3議席でした。

 レイキャビークの市民(人口12万人)に氷――いや水を浴びせかけられたかたちの既成政党なわけですが、この「ベスト党」というのが、これまでの政党イメージとはかけ離れた、実にユニークな「パーティー」。

 党首がアイルランドで最も人気の高いコメディアンのヨン・グナールさん。
 「うまく行くものなら何でもやります」をスローガンに掲げ、公約に「レイキャビーク動物園に(われわれと同じく絶滅の危機に立つ?)ホッキョクグマを!」を打ち出すなど、ユーモア・キャンペーンで選挙戦を繰り広げ、金融危機以来、暗いムードに沈む市民たちを励まし、支持を広げることに成功したそうです。

 党首のグナールさんが互選で新市長に選ばれる公算も高く、それを足場にグナールさんが大統領になる可能性も見えているそう。

 グナールさんによれば、「ベスト党」の党是は、アナクロ・シュールリアリズム(時代錯誤の超現実主義)????
 要は「レイキャビークをフレンドリーで、よりナイスでより安全な街にする」ことだそうです。

⇒ http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704382304575276592216165962.html?mod=WSJ_hpp_MIDDLENexttoWhatsNewsTop

     ####

 南米のコロンビアで30日、大統領選が行われたました。
 9人が立候補した激戦で、誰も過半数を得票できず、得票率で首位に立ったサントス前国防相(現大統領の後継候補、と47%得票)と、選挙戦後半に急速に支持を拡大した、元(首都)ボゴタ市長、アンタナス・モックス氏(21%)の2人が6月20日の決戦投票に臨むことになりました。
⇒ http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE1E3E2E29C8DE1E3E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL

 この大統領選、実は世界的な注目を集める中、行われたものですが、それは2番手のモッカス氏が、これまでにない型破りの候補者だったからです。

 「緑の党」(el Partido Verde)の候補もさることながら、とっても愉快な異色の人物。「政治家」のイメージを一新させる、すごいキャラクターの持ち主。

 バルト海の国、リトアニアからの移民の子として、首都ボゴタに生まれたモッカスさん(「氏」より、「さん」がお似合いだ)、実は元々、フランスで勉強した哲学と数学を専攻する学者さんでした。

 コロンビアのナンバーワン・最高学府、コロンビア国立大学の教授として教鞭をとっていたことも。

 哲学者・数学者、そして大学教授というと、なんかいかめしい感じがしますが、ヒョウキンなところもあるらしく、「おしり丸出し(こらお前たち、ちゃんと注目!)」事件というのを1994年に大学の講堂で起こし、学界を追われた経歴の持ち主。

 このおふざけユーモアで学者生命を失ったモックスさんでしたが、一躍、陽気なコロンビアの庶民の人気者に。

 政治の世界に見事な転進を果たし、首都のボゴタの市長を断続的に2期(1995~97年、2001~03年)務めました。

 このポゴタ市長時代の仕事ぶりが、実に愉快で凄すぎ。

 交通ルールを誰も守らない、大混乱の街・ボゴタ(人口677万人)を、交通マナーがしっかり守られる街に変えてしまった、というのですから……。

 どんなふうにして? 警察官の取り締まりを強化して?

 いや、そうじゃなく、なんと市役所職員扮するパントマイムの道化たちをストリートに登場させ、交差点で、交通ルールを守るよう、マイムで呼びかけたのだ! マナーを守らないドライバーを道化たちがマイムで注意する、パントマイム交通安全運動!

 交通警察官には違反切符(呼び出し状)ではなく、サッカーのような「レッドカード」を支給。

 道路税を払った車の所有者には、親指を下に下げた「だめじゃないか」カード(なぜか緑色)と、親指を上げた「ありがとう」カード(白)を手渡し、街頭でトラブった時、怒鳴りあうのではなく、カードで意思表示し合うシステムも導入。
 その結果、ボゴタでは、白の「ありがとう」カードが圧倒的な比率で見られるようなったそうです。

 こうしたユーモアあふれる交通安全運動だけでなく、市の職員の間で「ハグし合う」運動を広げたのも、モックスさんの業績。

 また、市内の最富裕層に対する「10%のオプショナル税」の提案!

 オプショナルだから、強制ではなく、自由意志による選択なわけですが、マッコスさんの呼びかけに応え、なんと6万人ものリッチな人々がすすんで「10%」余計に税金を払ってくれるようになったそうです。

 ボゴタ市長一期目の1996年1月、モックスさんは自分の結婚式で、すごいイベントをやらかしました。

 なんと結婚式はサーカスの公演。招待客は入場料を支払って参加。新郎・新婦もチケットを買っての入場。

 収益はそっくり、ボゴタのストリートチルドレン支援に回されたそうです。

 このサーカス結婚式でモックスさんは、なんと象の背中に乗って、ベンガル虎たちの檻の中に入ってみせたというから、凄すぎ!

 もうこの時から、コロンビアの民衆の期待を一身に浴びていたモックス氏。

 ことし3月、コロンビアの「緑の党」の党首に選出され、「緑の党」の候補として大統領選に出馬、他の有力政党の候補を押しのけて2位に浮上したわけです。
 決選投票の結果が楽しみですね。

 実はモックスさん、パーキンソン病をおしての出馬!
 マッカスさん、がんばれと、親指を突き上げた「いいね、OKだよ」カードを立てて応援したいものでね。

 モックスさんについては以下の記事を参照。
  ニューヨーク・タイムズ ⇒ http://www.nytimes.com/2010/05/08/world/americas/08colombia.html?scp=1&sq=Antanas%20Mockus&st=cse

 インディペンデント ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/americas/colombia-set-to-elect-the-worlds-first-green-leader-1980495.html

  (結婚式の記事)⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/mayor-with-mostest-hugs-the-limelight-1302760.html

 Wiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Antanas_Mockus

Posted by 大沼安史 at 12:29 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-05-09

〔いんさいど世界〕 「長崎の鐘」はきょうも鳴る、「ピース・フロム・ナガサキ」  

 
 ニューヨークの国連本部で開かれている「核不拡散条約(NPT)再検討会議」で7日、ナガサキの被爆者、谷口稜曄(すみてる)さん(81歳)が被爆体験を語った。
 長崎新聞 ⇒ http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20100509/02.shtml
 中国新聞 ⇒ http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201005090018.html

 谷口さんは各国政府代表や国連職員ら約300人を前に、13分間、スピーチをした。演説の原稿を英語の通訳に読み上げてもらったあと、最後に。谷口さんが、原爆で背中全体を真っ赤に焼かれた被爆直後の自身の写真を掲げ、日本語で語った。「わたしはモルモットではない。見せ物でもない。でも目をそらさず、もう一度見てほしい」

 爆心地から約1・8キロでの被爆だった。うつぶせのまま、入院生活は3年7カ月も続いた。傷口にウジ虫が湧き、貪った。「殺してくれ」と叫んだ――。

 谷口さんは訴えた。「私を最後の被爆者とするため、廃絶の声を世界に届けたい」。会場から総立ちの拍手が続いた。

           #########

 ナガサキは史上2番目の、原爆攻撃による被爆地だ。ヒロシマに続く人類史上・第2の悲劇を、これで最後にしてほしい、私を最後の被爆者にしてほしいと、谷口さんは言ったのだ。

 ここだけは英語の通訳に代読させず、日本語で言った!

 それは長崎の被爆者を代弁する訴えだったろう。
 谷口さんはおそらく、長崎弁で――土地の言葉の響きでもって言ったのだ。ナガサキの被爆者の言葉で言ったのだ。

           #########

 その3日前の今月4日、同じNPO再検討会議の席で、福山哲郎外務副大臣が日本政府を代表して演説した。

 全て「英語」による演説だった。
 外務省によれば、福山副大臣は、演説の中で、例えばこう語ったそうだ。

 …… Japan calls on them to take, as soon as possible, such measures as providing stronger negative security assurances that they will not use nuclear weapons against non-nuclear-weapon States that comply with the NPT. ⇒ http://www.mofa.go.jp/announce/svm/state100504.html

  「ネガティブ・セキュリティー・アシュアランス」――????

 外務省の、「仮・日本語訳」(なぜ、まだ仮訳なのか不明だが……)は、この部分をこう訳している。

 …… NPTを遵守している非核兵器国に対して核兵器を使用しないという強化された消極的安全保証(外務省仮訳は保「障」ではなく保「証」を使っている)をできる限り早期に供与することを要請します。⇒ http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/22/efuk_0504.html

  「ネガティブ・セキュリティー・アシュアランス」(negative security assurances)とはつまり、「消極的安全保証」の訳語だったわけだ。

 「消極的安全保証」???――それにしても、これは日本語か?
 唯一の被爆国・日本の政府代表の言うべき、日本語か?

           #########

 これは僕が、ジェームズ・キャロル氏の『戦争の家――ペンタゴン』(緑風出版)を訳出する中、学んだことだが、米国の軍事権力は、米空軍が創設した「ランド研究所」などの「核の詭弁家」を動員し、「対抗戦力」がどうのと、「核の傘」がどうのと、わけのわからない「専門語」を作っては、世界の民衆を幻惑して来た。

 「消極的安全保証」なるものも、その手の「専門語」のひとつ。NPT条約に加盟した、非核兵器国に対する核兵器の使用禁止措置を指す。

 反対に「積極的(ポジティブ)安全保証」とは、「非核兵器国が核兵器の攻撃や威嚇を受けた場合、その国を核兵器国が援助する保証」を指す。

 10日付の朝日新聞によれば、この福山副大臣の演説は、再検討会議のカバクシュラン議長(フィリピン)から、「『核の傘』の下の国には(消極的安全保証は)与えるべきでない」との、手厳しい批判にさらされたそうだ。

 当然である。日本政府は唯一の核攻撃国、世界最大の核武装国家、アメリカに擦り寄り、「核の傘」=「積極的安全保証」を否定するどころか、その抑止力なるものを肯定する、被爆国らしからぬ振る舞いをして来た張本人であるからだ。

 その日本政府の代表が「消極的安全保証」を呼びかけ、だと?……何をバカな、というわけである

           #########

 昭和20年8月9日――。

 「時計は十一時を少し過ぎていた。病院本館外来診察室の二階の自分の室で、私は学生の外来患者診察の指導をすべく、レントゲン・フィルムをより分けていた。目の前がぴかっと閃いた……」

 爆心から300~700メートル離れた長崎医科大学で被爆(36歳)、6年後に43歳で白血病で亡くなった永井隆博士は、その手記、「長崎の鐘」で、プルトニウム爆弾炸裂の瞬間をこう書いた。

 「長崎の鐘」――弟をヒロシマで亡くしたサトウ・ハチローが作詞し、歌にもなった永井博士の手記のタイトル、「ナガサキの鐘」とは、浦上天主堂の鐘である。

 高さ50メートルの鐘楼の鐘は瓦礫の底から掘り出され、その年のクリスマスの夕べに吊り上げられ、朝夕晩、「昔ながらの懐かしい音」を響かせ始めた。

 永井博士は「長崎の鐘」の終わりに、こう書いた。
 「(満州)事変以来長いこと鳴らすことを禁じられた鐘だったが、もう二度と鳴らずの鐘となることがないように、世界の終わりのその日の朝まで平和の響きを伝えるように、『カーン、カーン、カーン』とまた鳴る。人類よ、戦争を計画してくれるな」

 「原子野に泣く浦上人は世界に向かって叫ぶ。戦争はやめよ」

 「ねがわくば、この浦上をして世界最後の原子野たらしめよたまえと。鐘はまだ鳴っている」

 原爆に背中を焼かれた「ナガサキの少年」、谷口稜曄さん、65年後の訴え――「私を最後の被爆者に」は、永井博士の「ナガサキを最後の被爆地(原子野)に」という訴えと、「長崎の鐘」の音の響きの中でひとつになるものだ。

 カトリック信者の永井博士も礼拝の際、見上げであろう浦上天主堂のマリア像も、鐘とともに瓦礫の中から、掘り出された。
 その「被爆マリア像」も今、谷口さんら日本の代表団とともに、ニューヨークにいる。

           #########

 永井隆博士は原爆症の苦しみの床にあって、亡くなるまで手記を書き続けた人だ。「全集」(サウンパウロ)第2巻には、仰向けになって筆を走らす博士のお写真が載っている。

 病床で博士が必死になって書き遺した、信じがたい量の文は、そのひとつひとつが「原子野に叫ぶ者の声」である。

 「長崎の原子野に転がっている石さえ、『平和を……』と叫んでいます」(「私たちは長崎にいた」より)

 「長崎市民は、『ピース・フロム・ナガサキ』と、世界に向かって叫びました」(同)

           #########

 石さえも平和を叫ぶナガサキ。
 石さえも、ナガサキのコトバを語るのに、被爆国の願いを語らず、「核の傘」にすがり続ける、コトバなき日本の政府の代表よ。

 先日、お亡くなりになったナガサキの被爆歌人、竹山広さん(浦上第一病院に入院中、25歳で被爆)は、こういう歌を遺している。

  十一時二分の空に鳴る鐘の天の叱咤とおもふまで鳴る 

 「長崎の鐘」は、いまだに核を廃絶できないでいる、世界を叱咤する鐘でもある。 

 
 

Posted by 大沼安史 at 07:56 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-05-06

〔いんさいど世界〕 米軍を沖縄から一掃することは、地球環境を守ることである

 5日付の朝日新聞に、主筆、船橋洋一氏によるコラム「日本@世界」が掲載された。「拝啓 鳩山由紀夫首相」
 
 新聞の主筆が、日本の首相に、友のようなふりして「手紙」を書いている……興味を覚え、読み始めた。

 「ワシントンに来ています」――沖縄の米軍基地問題で「決断」を求める朝日主筆の書き出しは、こうだった。

 思わず、「私も沖縄に来ています」の読み違えかな、と思ったが、やはり、そうだった。「ワシントンに来ています」だった。@(びっくり?)ワシントン!

          @@@@@

 船橋洋一主筆は、さらに、こう言葉を継いでいた。「冬の再来を思わせる肌寒い日が続きましたが、今度は夏の到来のような陽気で、落ち着きません」

 落ち着かない時候の挨拶を、「普天間飛行場の移設問題」につなげ、「これまた落ち着きません」と、問題の在り処を焦点化するための「書き出し」だったが、私には「沖縄米軍」問題を解決するためにも、ワシントンに通い慣れた船橋氏の覚えた、気象に対する「落ち着かない」違和感こそ、根本的な問題だと思えた。

          @@@@@

 私の住む、東北の仙台も5日の日、25・9度を記録する「夏日」だった。5月にもう、夏の暑さ。近くのパン屋さんに行ったら、店の女性が顔中、汗だらけだった。仙台も――船橋氏の言うように、異様に寒かったり、異常に暑かったしている。

 これはなぜか?

 私は気象学者でも何でもないから、専門家の意見を聞くしかないのだが、地球温暖化問題の世界的な権威といっていい、米国のジェームズ・ハンセン博士はこう指摘している。

 温暖化によって極地の雪氷が溶け、零度の真水になって極地の海を覆っている。真水は、高緯度地方の海水より水温が低く、軽いから、塩分の多い、高緯度の海水のように沈下(して、海の表面に南のより温かな海水を呼び込もうと)しない。

 それが高緯度地方の極端な「寒さ」を呼んでいる。
 
 すなわち、異常な「寒さ」は温暖化によるもの。基本は温暖化だから、中緯度地方以南では、北からの「寒さ」に拮抗し合いながら、異常な「暑さ」が生まれている――これが、ハンセン博士の指摘である。

          @@@@@

 ハンセン博士に従えば――あるいは環境保護に立ち向かう世界の環境保護派の人々によれば、朝日主筆の船橋氏がワシントンで感じた、異常な寒暖は、首相への手紙の枕詞に使うような、軽い時候の挨拶ではないのである。

 なぜ、日本を代表するジャーナリストが米国の首都で感じる「異常気象」が、「沖縄米軍基地」とも絡む問題であるのか?

 それはひとつに、米国が世界最大の「温暖化元凶国」であることもさることながら、米国の軍隊――米軍が、実は世界最大の「温暖化元凶組織」であるからだ。

 「エネルギー・ブレティン」誌は、こう端的に指摘する。⇒ http://www.energybulletin.net/node/26194

 「その通り、米軍は完璧に石油中毒になっている。空母、軍艦、地上車両、基地がペンタゴンを世界1の石油消費者にしていることは、驚くべきことではない」

 Yes, the US military is completely addicted to oil. Unsurprisingly, its oil consumption for aircraft, ships, ground vehicles and facilities makes the Pentagon the single largest oil consumer in the world.

          @@@@@

  「エネルギー・ブレティン」によれば、米空軍は2005年9月末現在、5986機の空軍機を、米海軍は2006年の初め、285の艦船と約4000の海軍機(ヘリを含む)を、米陸軍は約28000台の戦車など装甲車両と持ち、米陸軍と海兵隊は14万台の高移動性多目的車両を配備している。(米海兵隊の軍機などは言及されていない)

 これによる、2006年会計年度の米国防総省の石油消費量は、1日あたり32万ガロン。これには日本などの海上給油などはカウントされていないそうだ。

 この2006年度の数字は前年より4万バレル(1日あたり)少ない消費量だが、その後の「アフガン戦争」を考えると、現状はこれをかなり上回るものになっている、と見られる。

          @@@@@

 英国のチャーチル首相はかつて、英国は石油で戦争を勝つことができたといったが、米国も石油で「世界戦争」を戦っているのだ。

 石油を、石油燃料を燃やして、「戦争」を戦い抜いている。

 米軍がたとえば石油消費を半減させるだけで、「地球温暖化」の流れを相当、減殺できることは間違いない。

 沖縄の有力紙、琉球新報によれば、移設問題の焦点の米海兵隊・普天間飛行場には、「十数機の固定翼機と三十数機のヘリコプターが常駐しているとされる」。

 たったこれだけではあるが、とりあえず、地球環境を守るために、ゼロに削減する……すなわち、同基地を移転させるのではなく、閉鎖してしまう。
 そして、世界最悪の温暖化要因である米軍を、さらに縮小してゆく――これこそが実は、最も緊急な問題として求められているものではないか?

          @@@@@

 朝日の船橋主筆は「戦略環境の変化に即した戦略的覚悟が求められる時です」と、首相への「手紙」に書いているが、今、戦略的な覚悟が求められているのは、「戦略環境」ではなく「地球環境」の変化に即した、対応であろう。

 米国の軍産複合体による軍事権力=「戦争の家」の軍事的な暴力に明日はない。「軍事的な安全保障」とは、自己撞着の表現でしかないのである。

 インドの物理学者でエコロジストのヴァンダナ・シヴァ女史の言葉をかりれば、環境保護こそ、私たちの最重要な安全保障であるのだ。(女史の著書、「地球デモクラシー(Earth Democracy)」より)

 「普天間」だけではない、沖縄の全米軍基地を撤去することは、「母なる地球」を救うことにつながる。

 私たちの「エコ」を守るためにも(沖縄のサンゴを、ジュゴンを守るためにも)、米軍を、沖縄から、日本から――そしてこの地球上から、一掃しなければならない。

Posted by 大沼安史 at 06:44 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-05-01

〔いんさいど世界〕 パティー・スミス 権力は民衆にあり

 伝説のシンガー・ソング・ライター、パティー・スミスさんが「デモクラシーNOW]に登場し、世界のプロテスト・ソングになっている、自作「ピープル・ハブ・ザ・パワー(権力は民衆にあり)」をめぐる思い出を語った。⇒ http://www.democracynow.org/2010/4/29/punk_rock_legend_patti_smith_on

 その歌を、まずは、ユーチューブで、聴いていただこう。 
 People Have The Power  ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=Zva9mnZCrWU

 「デモクラシーNOW」のインタビューで、彼女は素敵なことを二つ、語っていた。

 ひとつはこの曲を作ったいきさつ。
 台所でジャガイモの皮と苦闘していたら、だんなさまが来て、彼女に「権力は民衆にあり」(ジャガイモをむく力も!)と言い、それがきっかけで曲ができたこと。

 もうひとつは、歴史学者のハワード・ジンさんにステージで歌うよう、せがまれた時に、演奏する準備ができていないので、代わりに歌詞を朗読したというエピソード。
(「デモクラシーNOW」のインタビューでも「朗読」を「再現」していた……)

 パティー・スミスさんは作詞・作曲する歌手だが、僕は何はさておき、詩人ではないか、と思っている。
 とにかく、詩が凄い。曲なしでも通用する。詩集に編みたくなるような……。
 パリ・コミューンを熱烈に支持した、あのランボオの生まれ変わりのような彼女。

 プロテスト・ソング、「ピープル・ハブ・ザ・パワー(権力は民衆にあり)」はもちろん、「沖縄」のテーマソングにもなりうる歌だ。

 そう沖縄でも、People Have the Power! ――である!

歌詞(拙訳)
 
People Have the Power

I was dreaming in my
dreaming of an aspect
bright and fair
わたしは夢見ていた
あることの夢見ている夢を
明るく 正しいものを

And my sleeping it was broken
but my dream it lingered near
わたしの眠りは破れたけれど
わたしの夢はすぐそばに漂う

In the form of shining valleys
where the pure air recognized
輝く谷間が目に浮かぶ
そこには純な空気がある

And my senses newly opened
I awakened to cry -
That the people have the
power to redeem the works
of fools
わたしの感覚は新しく開く
泣くことに目覚めたわたし
みんな、力(パワー)を持ってるんだ
愚か者が為したことを償う

Upon the meek the graces shower
it's decreed
the people rule.
服従して人々に恵みが降りかかる
裁きは下った
民衆が治めるのだと

The people have the power
the people have the power
権力は民衆にあり
権力は民衆にあり

The people have the power
the people have the power.

Vengeful aspects became
suspect and bending low as
if to hear
復讐すること犯人だとわかり
話を聞こうと身をかがめる

And the armies ceased
advancing because the
people had their ear.
And the shepherds and
the soldiers lay beneath
the stars
そして軍隊は進軍をやめる
人々は皆、耳を澄ます
羊飼いも兵士も皆、同じ星の下に

Exchanging visions and laying
arms to waste in the dust
夢を語らい
武器を宵闇のくずかごに捨てる

In the form of shining
valleys where the pure air
recognized
輝く谷間が目に浮かぶ
そこには純な空気がある

And my senses newly opened
I awakened to the cry -
わたしの感覚は新しく開く
泣くことに目覚めたわたし

The people have the power
the people have the power
権力は民衆にあり
権力は民衆にあり

The people have the power
the people have the power.
権力に民衆にあり
権力に民衆にあり

The power to dream
to rule
to wrestle the world from fools
夢を見る力
統治する夢
愚か者の手から世界を奪い返す

It's decreed
the people rule
it's decreed
the people rule.
裁きは下った
民衆が治めるのだと

Listen: I believe
everything we dream can
come to pass through our
union
聞いてよ、信じてる
夢はみんな団結の中で伝えられる

We can tun the world around
we can turn the earths revolution.
わたしたち世界を変えられるんだ
世界を変革できるんだ

We have the power
the people have the power
わたしたちには権力がある
民衆には権力がある

The people have the power
the people have the power.
The power to dream
to rule
to wrestle us from fools
権力に民衆にあり
権力に民衆にあり
夢みる力が
統治する力が
愚かもののから、わたしたちを奪い返す力が

It's decreed
the people rule.
We have the power
we have the power
裁きが下った
民衆が統治するの
権力に民衆にあり
権力に民衆にあり
The people have the power
we have the power.

Posted by 大沼安史 at 07:49 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-04-30

〔いんさいど世界〕 ナポレオンが驚いた「平和の天国」 オキナワ

 日系カナダ人女流作家、ジョイ・コガワさんが昨年(2009年)の「ナガサキの日」(8月9日)に、ストックホルムで行ったスピーチが、沖縄の米軍基地問題の本質を暴くものとして、ネットで引用・転載され、反響を呼んでいる。

 カナダ・バンクーバーの「平和哲学センター」のブログ ⇒ http://peacephilosophy.blogspot.com/2010/04/three-deities-speech-by-joy-kogawa.html

 や、米国の市民団体、「ネットワーク・フォア・沖縄」の「連帯メッセージ」 ⇒ http://closethebase.org/2010/04/25/solidarity-statement-from-the-members-of-the-network-for-okinawa/

 が、コガワさんの紹介した、「ナポレオンと沖縄」のエピソードに触れ、沖縄の置かれた「過酷な現在」を告発している。

         #

 スピーチの関係箇所を、拙訳・原文付きで「再現」すると、こうなる。

 「東洋に、ある小さな島(沖縄のこと)があります。そこでは、世界で最も長寿で、強く平和な人々が住んでいます
 “There is a certain small island in the east, where the world’s longest living and intensely peaceable people live.

 「わたしの兄(あるいは弟)は、キリスト教長老派の司祭として、1990年代の数年間を沖縄で過ごしました。彼は私にこんなことを教えてくれました。1815年のこと、大英帝国の軍艦のバジル・ホール艦長が沖縄の那覇に寄港しました。そしてそこで発見した、あることに驚いたのです。話はさらに続きます。英国への帰還の途中、ホール艦長はセント・ヘレナ島に立ち寄り、流刑中のナポレオンと会話を交わしたのです。
 “My brother, a retired Episcopalian priest, was in Okinawa for a few years in the 1990’s.  He told me that in 1815, Captain Basil Hall of the British navy steamed into Naha, Okinawa and was amazed at what he found.  The story goes, that on his way back to England, he dropped in to the island of St. Helena and had a chat with Napoleon.

 「艦長は『私は平和の島に行って来たところです』と、ナポレオンに告げました。『その島には一人の兵士もおらず、ひとつの武器もないのです』
 “’I have been to an island of peace,’ the captain reported.  ‘The island has no soldiers and no weapons.’

 「ナポレンオンは言いました。『武器がないだって? そんな。でも、剣の二振りや三振りはあるだろうに』
 “’No weapons?  Oh, but there must be a few swords around,’ Napoleon remarked.

 「いえ、ありません。剣は王によって禁じられているのです」
 “’No.  Even the swords have been embargoed by the king.’

 「その時、『ナポレオンは驚いて』こう言ったそうです。「兵士もいなければ、武器も、剣もない。そこはきっと、天国に違いない。
 “Napoleon, we’re told, was astonished. ‘No soldiers, no weapons, no swords! It must be heaven.’

 「この戦乱の続く地球という星の、ほんのひとかけらの地上で、ユニークな平和の文化が育っていたのです。
 “A unique culture of peace had developed in one tiny part of our warring planet…

 「……琉球の人々は従属しない人々だと、日本は結論づけました。兵士なき王国の存続は不可能なことでした。沖縄はたしかに、その平和の歴史とともに、この地球がようやく持つことのできる天国に近い文化を持ち続けて来たのです。たぶん、それゆえ、憎悪の軍事力の特別なターゲットにされて来たのです。
 “…… A disobedient people, Japan concluded.  A kingdom without soldiers was clearly impossible. Okinawa, with its history of peace, must surely have had a culture as close to heaven as this planet has managed. And perhaps therefore a special target for the forces of hate.”

         #
 
 ジョイ・コガワさんは1935年6月6日、カナダ・バンクーバーの生まれ。現在、トロントに住む、カナダを代表する日系の作家だ。戦時中、日系人強制収容所に入れられた体験を持つ。 Joy Kogawa Wiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Joy_Kogawa

 僕は彼女がトロントの地域通貨運動にかかわっていることは知っていたが、今回、「平和哲学センター」のサイト(そこにトロントで、「9条」について語る彼女の写真が載っている)を覗くまで、カナダで「9条」(もちろん、日本国憲法)を守る運動の先頭に立っていることは知らなかった。

 もちろん、彼女がストックホルムで演説で触れた、沖縄(琉球)がナポレオンもビックリの、平和な天国の島だったことも知らずにいた。

 そう、たしかに、ジョイ・コガワさんの言うとおりである。

 平和な沖縄を戦火で破壊し尽くしたもの――それはあの「沖縄戦」であり、今なお冒涜し続けているもの――それは本土政府によって押し付けられた「米軍基地」である。

 付記: ジョイ・コガワさんはいま、「ナガサキ」をテーマにした本をお書きになっているそうだ。僕はコガワさんの代表作、「オバサン」を持ってはいる(部屋のどこかにあるはずだが、発見できない)。少し読んでその英語の描写力に舌を巻いた憶えがある。「ナガサキ」の本が出たら、何はさておき、読んでみるつもりだ。

Posted by 大沼安史 at 06:52 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-04-27

〔いんさいど世界〕 君知るや南の国……の勇気 米軍基地を国外追放した人々の話

 1991年9月16日のことだった。
 フィリピンの国会・上院の議場に、ジョビト・サロンガ議長の声が、厳かに響いた。
 「条約は否決されましたた」――。
 上院の決定は、傍聴席から、歓声と涙で歓迎された、とニューヨーク・タイムズの特派員は書いている。⇒ http://www.nytimes.com/1991/09/16/world/philippine-senate-votes-to-reject-us-base-renewal.html?scp=51&sq=Jovito%20Salonga&st=cse 

 

        #

 否決された「条約」とは、「比米友好協力安保条約」。その20日前に、アキノ政権が米側の圧力に屈し、調印した「安保条約」。フィリピンにある米国の海軍基地、スービック基地の使用を、とりあえず向こう十年間、認める「友好協力安保」条約だった。

 フィリピン上院は、その批准を12対11で否決したのだ(批准には上院議員の3分の2、16議員以上の賛成が必要)。

 フィリピンの民衆の意志が、議会の採決として、米軍基地に「ノー」といい、その日、16日に使用期限が切れるスービック基地に国外退去を迫ったのだ。

 アメリカがフィリピンに確保していたもうひとつの巨大基地、クラーク空軍基地は、前年のピナツボ火山の噴火で閉鎖が決まっていなければ、スービックとあわせ、一緒に三行半を突きつけられるところだった。

 フィリピンの民衆は、議会の議決というデモクラシーの力で、アメリカの軍事基地を「国外追放」したのである。(返還は同年11月26日)

         #

 恥ずかしいことに、僕はこの歴史的な出来事を、すっかり忘れていた。当時、僕は新聞社の外報部に所属していて国際問題をフォローしていたから、今、たしかに、思い出すことができるが、まったく忘れていた。
 
 雑誌「世界」5月号での、元沖縄県知事、大田昌秀さんの指摘を目にするまでは。

 思うに、この健忘症は、僕の個人的な問題ではない。おそらく僕たち日本人は、目隠しされ、記憶を喪失させられているのだ。

 日本の主流メディアは、沖縄の米軍基地問題と絡め、このフィリピンで起きた「米軍基地国外移転の前例」を、どれだけ積極的に報じて来たろう。 

         #

 サロンガ議長もまた、ダメ押しの「反対の1票」を投じた人だが、なぜ、米軍基地の継続使用に反対か、その理由を以下のように語ったそうだ。

 「私は友人たちから、それじゃあ大統領になるチャンスを失うよ、と警告されました。しかし、そんなことは問題ではない。そんなのは無意味な結果でしかない。重大な危機の時代に、私たちの殉教者や私たちの英雄はすすんで命を捧げました。おがげで、私たちはほんとうに自由になる可能性を手にしたのです」
 「私はこれまで言って来ましたし、これからも言い続けます。私は人生の中で、二度、死の影の谷(the valley of the shadow of death)を歩き通して来ました。肩書きや地位は、私にとって最早、意味のないことです。政府の中にいようといまいと、民衆のためにほんとうに奉仕するのが、より重要なことです」
 “I have been warned by well-meaning friends that my stand on this treaty may hurt my chances of becoming President. No matter. That is an insignificant consequence. In times of great crisis, our martyrs and heroes offered their lives that our people might become truly free.
“I have said it before and I will say it again. After walking through the valley of the shadow of death twice in my life, titles and positions do not mean that much to me anymore. What is more important is to be of real service to our people, with or without any position in government.”
 比・インクワアラー紙 ⇒ http://newsinfo.inquirer.net/inquirerheadlines/nation/view/20070824-84396/Out_of_shadow_of_death%2C_emerged_the_nationalist

         #

 サロンガ氏は1920年6月22日の生まれ。現在、89歳。

 氏が語った、2度に及ぶ「死の谷」とは、太平洋戦争中における日本軍による拷問・投獄と、戦後のマルコス政権下での爆弾による暗殺未遂事件を指す。

 サロンガ氏は米国に亡命し、法律学を修めた人物。米国にも知己の多い政治家だが、にもかかわらず、米軍基地に「ノー」と言ったのだ。

 なぜか?
 それはサロンガ氏が「反米の左翼」だったからではない。気骨ある愛国者だったからだ。
 自分の国に核武装した広大な米軍の基地があり、米兵による犯罪が横行するなど、自国の主権が侵されていることに、これ以上、耐えることはできなかったからだ。たとえ米国の反感を買い、自分は大統領になれなくとも。

 フィリンピンの「真の独立」を勝ち取ることを、独立運動の元闘士は選んだのである。 

         #

 スービック基地は米軍のアジア最大の海軍基地。軍港だけなく、飛行場から演習場まで抱え、ベトナム戦争の出撃基地にもなっていた。

 クラーク空軍基地は沖縄・嘉手納基地の数倍もの規模。

 米国は戦前、戦後を通じ、フィリピンを太平洋の不沈基地として、いいように使って来たのだ。
 
 フィリピンはしかし、日本とは違っていた。首都圏への米軍基地設置を認めず、「おもいやり予算」も支払わなかったのだから(逆に補償費を請求していた!)。

         #

 当時のいきさつを、今、米紙や比紙の記事、あるいは大田昌秀さんが「世界」で紹介していた、元「赤旗」の特派員、松宮敏樹氏の詳細なレポート、『こうして米軍基地は撤去された―フィリピンの選択 』(新日本出版社)などを読んでで振り返ると、今の沖縄・普天間基地移設問題をめぐる、日本の政府の右往左往ぶり、ポチぶりが余計に際立つ。

 日本政府は、できないことはできない、普天間基地の海兵隊は国外退去していただきたい、それを拒否するというなら、(日米安保を廃棄、と言わないまでも)「思いやり予算」を見直します――くらい、どうして言えないのか? 
 松宮氏のレポートによると、フィリピンの「米軍基地問題」をめぐっては、日本のマスコミが「知日派」などと持ち上げている、あのアーミテージ氏が、交渉の席で怒りに怒って、フィリピン側をさんざん恫喝したそうだ。

         #

 それでも負けなかったフィリピン!

 松宮氏の著書に掲載された一枚の写真が、フィリピンの人々の思いの全てを物語っているように思えた。

 上院前に詰めかけた人々の写真――。「横断幕」に、こんなシンプルな言葉が英語で。

 NO TO U.S.BASES――courage

  「米軍基地にノー」と大きく書かれた下段の隅に、小さな文字で「勇気」と!

 20年前の、南の小さな島国の人々が振り絞った大きな勇気に、日本は学ばなければならない。

 ◇ スービック、クラーク基地、及び両基地の「その後」については、以下を参照。
 クラーク空軍基地 日本語Wiki  ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%A9%BA%E8%BB%8D%E5%9F%BA%E5%9C%B0

 返還後 ⇒ http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/574.html

 スービック海軍基地 日本語Wiki  ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E5%9F%BA%E5%9C%B0

 返還後 ⇒ http://sankei.jp.msn.com/world/asia/091019/asi0910190803001-n1.htm

Posted by 大沼安史 at 08:28 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-04-25

〔いんさいど世界〕 道新の高田記者らにおくるエール 

 僕は北海道新聞(道新)の記者として昔、北海道警察(道警)を「回った」ことがある。
 
 その僕の古巣の道新が――道警裏金事件をすっぱ抜いた道新が、道警の元総務部長氏に訴えられている。
 残念なことだ。

 (* タイトルを変えました)

 僕は道警のサツ回りをした人間(道新記者)の1人として、参考になるかどうか知らないが、僕の経験を――疑問を、道新の後輩諸君のために書く。

 もし、道新の若い現役の記者たちが、これから僕が書きしるすことを「問題」だと感じるなら、ぜひ取材していただきたい。

 僕はサツ回をりして疑問に思ったのは、警察官の「時間外労働」がどう賃金に反映しているか、である。

 幹部を除く一般の警察官の勤務はほんとうにキツイ。

 僕はサツ回りとして、警察の当直室によく当直の署員たちと一緒に泊り込んだものだが、新聞の締め切りもあり「遅番」の――午前1時、就寝組の泊り込みだった。

 泊り込みの署員は次の日も、そのまま勤務に就く。
 とりわけ厳しいのは「早寝」組の署員だった。午後7時からの就寝、午前1時からの当直勤務……眠れるはずがない。

 僕はこの、とてつもなくヘビーな「超過勤務」が、手当的にどう補償されいたか、いまでも気になる。

 僕のこれは「第6感」だが、この一般の署員たちの「超過勤務手当」を、警察の幹部たちが流用し、一部は「署長交際費」などに流用していたのではないか、と疑っている。

 僕は道警のある署で、「天引き」された残りの時間外手当を、平等に分け合っている署員の姿を(そうとしか思えない姿を)見たことがある。
 警察官って、かわいそうだな、と思ったことがある。

 僕の知るかぎり、道警の一般警察官は、ほんとうに大変だった。人事異動で、転勤するときなど、みんなで応援で引越しの手伝いに出ていた。引越し業者にまかせる、その予算すらもらえなかった。

 その一方で、一部の警察幹部の姿には腹立たしい思いをした。

 僕が直接、目の当たりしたケースでは、道警の方面本部長になったある警察署長の場合である。

 その署長は、ぼくのいる飲み屋に「髭の署長」で現れた。マジックで髭を書いて来たのだ。

 その署長は、殺人・死体遺棄事件が起きた時、「行方不明」になっていた人だが、飲み屋のママが僕にこう言った。

  「あの男(署長)にはね、「私、毎月、20万円、請求しているのよ」

 いまから、40年前の「毎月20万円」。これが事実だとしたら、それはどこから出ていたのか?

 もうひとつ、道警の一般警察官が嘆いたことを書いておこう。

 それは警察庁キャリアの道警本部長の「栄転」に伴う「檀家回り」のことだ。

 着任したときは、ろくに挨拶回りもしないくせに、退任が決まると、あいさつ回りをきちんとこなす。
 「餞別集め」――家が2.3軒、建つ額だと聞いた。

 どのくらいの額に達しているか――それは税務署に聞いたらいい。きちんと申告され、処理されているはずだから……????

 僕は最近、元道警総務部長なる人物の、道新相手の訴訟の一部始終をネットの報告 (⇒ http://www.geocities.jp/shimin_me/hokkaidou1.htm#26 )で知って、道新の幹部(S氏、H氏)とのやりとり、そして道警キャップK氏とのやりとりを密かにテープに録音して、それを起こしたものを「証拠」として持ち出したことを知り、怒りがこみ上げた。

 穏便になんとか済ませよう、この人の立場を、気持ちを分かってあげよう、という好意と善意と信頼関係を踏みにじる、スパイもどきの裏切りではないか! 

  (そういえば、僕は道警の公安のある幹部に、「現場」を押さえながら、これだけは頼む、見逃してくれ、と言われたことがある。そして武士の情け?で、記事には書かなかったことがある。信頼関係を大事にしたのだ。あの「北教祖」に関することで。あの飲み屋の二階での「飲み代」も、今にして思えば、例の裏金だったろう?……)

 道新の現役の記者諸君! こうした幹部の下で行われて来た、一般警察官に対する「搾取」実態を暴くのだ!

 歴代道警本部長の「餞別」申告(していたら、の話だが……)の実態を暴け!

 僕は昔、道警のある警察官に、ほんとうにお世話になったことがある。僕があまりにもズルサのない、アホなことを心配してくれ、「それじゃダメだよ」を注意してくれた人だ。

 その人は、こんな武勇伝の持ち主だった。
 警察署の幹部が昼休みにひと風呂入って戻って来たとき、その幹部の机の上に飛び乗って、「ふざけるな、この野郎」とやった。

 警察の「裏金」は、市民警察にいまだなりえていない、本庁統制の警察階級社会の悪しき病弊である。

 僕は道新の若い記者諸君に訴える! 高田記者らと連携し、道警の一般警察官のため、闘ってくれたまえ!

 道警の下積みの警察官たちは、道新の闘いにかげで声援をおくっていることを、忘れてはならない。

 道警裏金事件 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E8%AD%A6%E8%A3%8F%E9%87%91%E4%BA%8B%E4%BB%B6

Posted by 大沼安史 at 06:47 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

〔いんさいど世界〕 アメリカ復員兵の謝罪と自死

  アメリカ軍の復員兵たちがイラクの人々に「謝罪」している。戦争の罪をわびる「公開状」に、次々と署名している。

 先に本ブログ( ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/04/post-6c09.html )で紹介した、米軍ヘリ掃射虐殺事件。
 バグダッド郊外の現場に事件直後、駆けつけ、生き残った幼い兄と妹を救い出した米軍地上部隊の兵士ら2人がネットで掲げた「公開状」に、同じ思いを共有する復員兵たちが、次々に「サイン」しているのだ。
 ⇒ http://org2.democracyinaction.org/o/5966/p/dia/action/public/index?action_KEY=2724&start=25

 すでに3000人を突破している。それだけの復員兵が、すでに自分たちの「罪」を認め、イラクの人たちに誤っている。

           #

 先のブログの繰り返しになるが、復員兵2人は、「謝罪文」にこう書いたのだ。

 「ビデオで写し出された行為は、この戦争の日常茶飯事です。これが米国主導の、この地域で行われているものの本質です」
 「私たちは、あなた方の愛する人を殺傷した責任を認め、アメリカ人に対しては『神と祖国』の名において訓練され、遂行されているものとは何なのかを訴えているのです」

 アメリカの権力に代わって、「責任」を引き受け、謝罪するアメリカの兵士たち。

 公開状に名を連ねた人の中には、現役の兵士もきっといるはずだ……。

           #

 アメリカ軍の復員兵たちが次々に「自殺」している。せっかく生還しながら、「アメリカ」で生きることを、あきらめている。

 最近、ショッキングな記事が、それも米陸軍向けの新聞、アーミー・タイムズに載った。

 米復員省の調査結果を報じた記事( ⇒ http://www.armytimes.com/news/2010/04/military_veterans_suicide_042210w/ )を読んで、驚いた。

 2009年会計年度(昨年9月末まで)に、イラク・アフガンの復員兵1868人(男性1621人、女性247人が自殺を企て、98人(男94人、女4人)が死亡しているのだそうだ。

 (数字が錯綜してよくわからないことろもあるが)、記事によれば、復員兵(ただし、米復員省のケアを受けていたものに限る。これにはイラク。アフガン以外の戦争経験者も含まれるものとみられる)の自殺の企ては、月平均、実に950件。そのうち、7%が成功し、失敗した人の11%が9ヵ月以内に再び自殺を企ているという。

 記事はさらに、1日平均、なんと「18人!」(うち 5人は復員省のケアを受けていた人だ)もの復員兵が自殺している、と報じている。

           #

 アメリカ復員兵の謝罪と自死――アメリカの復員兵(兵士)たちは、そこまで苦しんでいるのだ。

 「戦争」という名の殺戮と破壊、すなわち、人が人を殺すということは、そうそうかんたんに出来ることではない。直接手を下さない戦争の指導者であれば、かんたんに「攻撃せよ(殺せ)」と命じることはできるが、現場の兵士たちはよほど自分を殺してかからないと、人を殺せるものではないのだ。

 アメリカの軍事学者、デーヴ・グロスマン氏によれば、人を躊躇せず殺せる兵士は、たったの2%に過ぎない。訓練を受けても、そうなのだ。

 「限界」(もちろん、それが、あるとしてのことだが)を超えてしまったアメリカの軍事権力による「テロとの戦い」!

           #

 2007年7月、友軍ヘリが機関砲を掃射した虐殺現場に駆けつけた兵士がそこに見たものは――あるいはイラクで日々、見続けたものは、イラクの民衆の生活の場を戦場と化し、そこで「人間性を超えた」行為を――「戦闘」の名の下に続ける自分たちの姿であり、その自分たちの「戦闘」によって悲惨の極に突き落とされたイラク民衆の嘆きであったはずだ。

 イラク民衆の日常生活を「地獄」と化した自分たち!――アメリカの復員兵たちの「謝罪」は、そうした自覚に根ざすものだからこそ、深く、痛切である。

 復員兵たちの「自殺」の続発も、少なくともその動機の一部に、イラクやアフガンの地でなした行為に対する罪の償いを含むものではないか? 

           #

 2009会計年度に連邦予算の分析によると、歳出(支出)の26.5%が軍事費(直接的)に投下されている。突出した比率である(たとえば教育には、たったの2%)。⇒ http://www.nationalpriorities.org/taxday2010

 これを裁量可能な支出ベースで見ると、恩給費などを含む軍事関連費は55.3%と、半分を超えているのだ。 ⇒ http://www.commondreams.org/view/2010/01/26-2

 恐るべきことだ。

 アメリカは、「殺戮と破壊」を最大の公共事業とする、歪んだ「戦争国家」になり果てている。

 アメリカの軍事権力=「戦争の家」は、アメリカ人兵士の心を苦しめ、アメリカ社会をさいなんでいる。

 謝罪も、自己破壊も、「戦争の家」がなすべきことだ。

Posted by 大沼安史 at 12:44 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2010-04-21

〔いんさいど世界〕 危機のアメリカ 真夜中過ぎのカウボーイ  

 米国のネット紙、「トゥルース・ディッグ(真実を掘り起こし)」のコラムニスト、クリス・ヘッジ氏(ニューヨーク・タイムズの元記者。バルカンや中米などで海外取材を積んだベテラン・ジャーナリスト)は、僕にとって、アメリカの現実に光をあててくれるガイドのような人だ。
 だから、この人のコラムには,、欠かさず目を通すようにしている。
  クリス・ヘッジ ⇒ http://www.truthdig.com/chris_hedges
 
 最近、この人のコラムを読んで、立て続けに2度、衝撃を受けた。

            #
 
 最初のショックは4月12日付、「ある海兵隊員による、われわれみんなのための『自由への行進』」というタイトルのコラム。
 ⇒ http://www.truthdig.com/report/item/one_marines_liberty_walk_for_the_rest_of_us_20100411/
 
 連邦議会下院議員選挙(第24選挙区=ニューヨーク北部ウィチタ地区)に立候補を宣言した、元海兵隊員のアーネスト・ベルさん(25歳)に取材して書かれた記事だった。

 現職の民主党議員を相手に、共和党からの指名も無論ないまま、まるでドンキホーテのように決起し、背中に星条旗を立てながら、「自由への行進」を始めたベルさん。
 その怒りが、コラムを通してこちらの胸まで刺さり込んで来るようで、読んでいて辛かった。

            #

 テキサスの田舎町の出身。父親はアル中。両親の離婚は、ベルさんが13歳の時だった。母の手ひとつで育ち、高校を卒業してすぐ海兵隊に。

 3年ほど前、海兵隊を除隊してテキサスに戻り、大統領選で共和党のマケイン候補を応援した。「そして(共和党の)新保守主義に失望した」。
 ネオコンを嫌いになったが、リベラル・エリートも大嫌いだ。
 イラク・アフガン戦争には反対で、アメリカの中央銀行、FED(連邦準備制度)は廃止、ウォールストリートの支援は認めず、失業者の即時救済を要求する――。

 草の根の怒りと政治不信。それがベルさんを決起させた。

 彼自身、離婚を経験し、いま3歳になる1人娘のシングルファーザー。大工仕事もこの不況でなくなった。
 追い詰められたベルさんは何をしたか?
 ニューヨーク州の州兵に昨年、登録したのだ。このまま行けば、アフガンに送られるのは必至だが、2万ドルの登録ボーナスの魅力には勝てなかった。

 労働力を売ることのできなくなった失業者――それも幼い子の若い父親が、兵役に志願し、自分の命を売らなければならない、アメリカという国の悲惨さよ!

            #

 次のショックは、クリス・ヘッジ氏の4月19日付のコラム、「チョムスキー氏は、『こんな状況を見たことはない』と言った」から。
 ズシンと来るコラムだった。

 世界的な言語学者で、反戦・世直し運動家であるノーム・チョムスキー氏が、ヘッジ氏のインタビューに対し、こう答えていたのだ。

 「私はこんな状況(いまのアメリカの現状)を、私の人生の中で見たことがありません。(1928年生まれの)私は(大恐慌後の)1930年代のことも憶えています。私の家族も全員、失業していました。今より、もっとひどい状況でした。しかし、そこにはまだ希望があった。人々は希望を持っていた……それが今や、なくなってしまった。この国のムードたるや、恐るべきものがあります」

 希望のなくなったアメリカ。
 チョムスキー氏はまた、いまのアメリカの姿は、「保守もリベラルも、既成政党はことごとく憎悪され、消えていった」ドイツのワイマール末期と「非常に似ている」と指摘し、カリスマ的な「救世主」が出現したら、一気に持っていかれる危険性を警告していた。

 つまりはアメリカにおいて、ファシズムの危機が目の前に迫っている……。

            #

 底の抜けたあとの真空を、ファシズムが襲い、埋めかねない、絶望のアメリカ――。
 25歳のシングルファーザー、元海兵隊員、アーネスト・ベルさんが勝ち目のない戦いに敢えて決起したことに、最初は的外れのような違和感を覚えた僕だが、チョムスキー氏の警告を知った今となっては、「自由への行進」を続け、「あくまでアメリカの憲法を守りぬき、政治の再生を求める」というベルさんの心意気に敬意を表しなければならない。

 ベルさんは、たった一人の同伴者(失業した配管工の方だ)の男性とともに、2人だけで「自由への行進」を続けていたそうだ。

 まるで、ジョン・ボイドとダスティー・ホフマンが共演した、あの1969年公開の映画、『真夜中のカウボーイ』のように。
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=jnFoaj8utio

 映画はニューヨークでの夢に破れ、バスで敗走する結末を迎えたが、ベルさんの闘いはなお継続中である。

 ベトナム戦争という「真夜中」を過てぎ、イラク・アフガン戦争に始め、金融危機も重なって、今、未明の深い闇の中にあるアメリカ。

 夜明けは、もしかしたら来ないのかも知れない。

 

Posted by 大沼安史 at 06:26 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-04-20

〔いんさいど世界〕 ロススダ谷のマルゴルザータ 森を守ったポーランドの乙女

 環境保護のノーベル賞、2010年のゴールドマン環境賞の受賞者が発表された。⇒ http://www.goldmanprize.org/

 ことしの受賞者は6人。
 中に、マルゴルザータ・ゴルスカさんという、ポーランド人女性が。

 ポーランドの――というより、ヨーロッパの最後の、手付かずの森を守りぬいた女性だ。

 それも、ポーランド政府が「決定済み」のハイウエー建設計画を覆したというのだから、たいしたものである。⇒ http://www.goldmanprize.org/2010/europe

 彼女を中心に、ポーランドの仲間が連帯し、欧州委員会を動かし、昨年、ついにルートの変更を勝ち取った。

 守り抜いたのは、ロススダ谷の原生林。
 その森を迂回することになったのは、ワルシャワとヘルシンキを結ぶ「ヴィア・バルチカ・エキスプレスウエー」。

 その谷の様子を、彼女たちの運動を知るには、以下のビデオを観るとよい。
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=Hgd93rxQyfY

 地元の農民と手を組み、ブリュッセルの欧州委員会を動かすなど、粘り強い運動を8年間も続けて、ついにロスタダ谷を守った!

 そのマルゴルザータさんが、英紙ガーディアンに、なぜ森を守ることができたかを振り返る文章を寄せていた。⇒ http://www.guardian.co.uk/environment/cif-green/2010/apr/19/how-to-successful-activist

 その中に「教訓」が書かれていた。何よりも頑強に、そして忍耐強くあれ、と。

 上記のビデオに、計画案を作成した政府の役人が、ハイウエーのルートを、ロスタダ谷を断ち切るかのように「一直線」で結んだ地図が出て来た。
 その原ルートの「一直線」の横に、新しく引かれた、谷を大きく、ゆるやかに迂回する、一本の「曲線」。

 マルドザータさんの受賞は、効率一辺倒の直線型開発の時代の終わりを明確に告げるものだ。

 そう、たしかに「自然」の中には、どこまでの貫いてゆく、切り裂くような直線はない。水平線さえも、まあるい。

 産業社会の無知で傲慢な開発幾何学は、彼女たちが守った、ロスタダ谷の原生林の前に屈し、ひれ伏した……。

Posted by 大沼安史 at 05:45 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-04-03

〔いんさいど世界〕  救世主(?)現る 

 もうすぐ、花祭り。お釈迦さまの誕生日です。
 この世――現世。現代世界は、四苦八苦。

  人々はなおも戦争や貧困に苦しめられています。お釈迦さまもさぞかし嘆き悲しんでおられることでしょう。

        #

 ラジ・パーテルさん(37歳)。ロンドンに生まれ、現在、サンフランシスコに住んでいる、社会運動(世直し)の活動家であり著述家です。

 それもお釈迦さまと同じ「インド人」。
 ただし、ご両親はお父さんは南太平洋のフィジー、お母さんはケニア出身のインド人。ラジさん自身、お釈迦さまのようにインドで生まれたわけではありません。しかし、一度、インドに出かけ、ロンドンに戻って来たことがある――(ささいなことですが、これまた決定的な「証拠」となる事実! 憶えておいてください)

        #

 実はこのラジ・パーテルさん、『無の価値(The Value of Nothing)』という、世界的なベストセラーの著者。

 それでテレビに引っ張り出されたり、ネットで紹介されたり、今やすっかり「世界の有名人」になっている「時の人」ですが、あるニューエイジ系の世界的な新興宗教団体の信者たちから「救世主(マイトレーヤ)」に祭り上げられ、そっちの方でもたいへんな話題になっている方です。

 あまりの信者の熱狂ぶりに、本人が「私、救世主じゃありません」とキッパリ否定しても、「いや、あなたは救世主。私たちが授かった予言では、あなたは自分が救世主であることを否定なされることになっている」といって、信じてくれないんだそうです。ちょっと困ったものですね。

        #

 で、ラジさんを「救世主」と崇める新興宗教団体ですが、これが英国のスコットランドの人が「マスター」となって広めている団体なんですね。その「マスター」の方が、「救世主」の到来を予言していた。

 ①救世主として現れる方は、1972年にお生まれになった方だ(そう、ラジさんは、その年の生まれ!②そして1977年に、インドからロンドンに旅して来る(ラジさんはインド生まれでないのですが、そう、1977年に父親に連れられ、インドに旅してロンドンに戻って来たことがある!―― 

 ピッタシカンカ~ン&ピンポ~ン(「ピンポイント」から来た言い方なんでしょうか?!)。
 こうなると、「信者」じゃなくても、「救世主」と思いたくなってしまいますよね。

        #

 ①と②については偶然の一致ということもあり得るでしょうし、その条件にあてはまる人は多いはず。でも、ラジさんが「救世主」に祭りあげられた決定打は、お書きになったベストセラー、『無の価値』の中身にあるようです。

 僕が尊敬するカナダの女性活動家、ナオミ・クラインさんも「絶賛」しているというので、早速、取り寄せ、目を通してみたのですが、うわさに違わず、凄い、すばらしい!

 悲惨と混乱の極にある現代世界の「世直し」を呼びかける内容!

 ラジさんて、オックスフォード、LSE、コーネルで経済学を勉強された方で、博士号(開発経済学)の持ち主。

 それも学窓にこもるのではなく、現場でたたきあげた実践的な知識人なのですね。 

        #

 で、この『無の価値』の中身をちょっとだけ紹介しますと、ラジさんは大英帝国時代のアイルランド出身の作家、オスカー・ワイルドの、「人は皆、あらゆるものの価格は知っているが、ものの価値は何も知らない(Nowadays people know the price of everything and the value of nothing)」という警句を引いて、本の題名とし、そこから書き出しています。

 そのタイトル通り、この本は、あらゆるものに値段をつけ(たとえば、人間にも値段をつける=奴隷制はその例)、取引の対象とする、規律なき市場原理主義(強者による市場と通じた強奪)を批判する一方、人間が取り戻さなければならない「価値」の復興と、そのためのグローバルな「世直し」を呼びかけたマニフェストでもあるわけです。

        #

 ラジさんが紹介している「世直し」の実例をひとつ。

 「ビア・カンペシーナ」(スペイン語で「農民の道」)は、市場原理主義の農業に抵抗する、国際的な農民の連帯運動です。その一翼を担う、米国フロリダのトマト摘み取り労働者たちの闘い――アグリ・ビジネスと戦って、待遇改善を手にした――は、その先駆的な勝利の事例だそうです。

 フロリダのトマト摘み取り労働者の闘いの場は、「イモカレー」(なんだか、インドのカレーの一種のように聞こえますが、アメリカ先住民族の言葉で「マイホーム=我が家」の意味)というところで、すぐそばには「ナポリ」という名の、アメリカの大金持ちたちが遊びに来る最高級別荘地があるそう。

 虐げられた人々の、団結と抵抗の中から、トマトという食べ物を、価格ではなく価値として、それを実際につくりだしている人々の人間として価値を認知させる運動が生まれ、勝利を手にしたのだそうです。

        #

 ラジさんは自分が「救世主」であることを明確に否定していることは冒頭で申し上げましたが、なぜそうかというと、世直しは救世主がやるものではなく、民衆がやるものだから、というのですね。

 そしてその民衆とは、「諸権利を要求する権利」を持った人々――つまり、世界中の人々のことだそう。

 「人間としての権利を要求する権利」「価格(値段)ではなく価値」――いまの世の中で、これが一番大事なことだと訴えるラジ・パーテルさん!

 その言葉には、救世主ではないにせよ、救世の響きが、あるような気がします。

 人間の「権利」と、その生み出す「価値」を守れ!――希望のメッセージですね。

 ⇒ http://www.nytimes.com/2010/02/05/us/05sfmetro.html

   http://www.guardian.co.uk/world/2010/mar/19/raj-patel-colbert-report-benjamin-creme

  「ビア・カンペシーナ」 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%8A

 

Posted by 大沼安史 at 11:53 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-03-29

〔いんさいど世界〕 オバマのアフガン 言葉で彩る戦争 血にまみれた平和 

 オバマ大統領が思い出したように、アフガンを28日夜、大統領専用機で「訪問」した。
 傀儡、カルザイを締め付け、現地米軍に活を入れるためのカブール入りだった。
 戦争大統領=オバマ。
 あのノーベル平和賞のメダルなど、ホワイトハウスの愛犬の玩具にでもしているのだろう。

           #

 バグラム基地での演説テキストを読んで、胸が悪くなった。
 
 「あなたがたのような勇敢な男女が――世界の反対側で、アメリカの同胞市民たちのため、いまだ叶うことのなきアメリカ人の夢のため、無私の精神で喜んで任務につこうとする勇敢なアメリカ人がいる限り、あなた方のような人がいる限り、アメリカは耐えしのぎ、希望は恐怖に打ち勝つものと私は信ずる。そして私は信ずる。よりよき日々はすぐそこにある」 
 オバマ アフガンでの演説⇒ http://www.commondreams.org/headline/2010/03/28-9

           #

 アフガンでオバマのいう「勇敢なアメリカ人」(米兵)が、どれだけ、すぐ目の前にある、よりよき日を見ることができずに、命を失っているか?

 最新でのデータによれば、早くも1000人の大台に達し、「1029人」が戦死しているのだ(NATO軍など全体では1703人)。
 ⇒ http://www.icasualties.org/OEF/Nationality.aspx

 戦死のペースも速まり、ことし2010年の1・2月の戦死者は57人。昨年同期の28人の2倍に達している。ことし最初の2ヵ月の戦傷者数は381人。こちらは3.5倍もの急増である。
 ⇒ http://www.commondreams.org/headline/2010/03/28-4

           #

 「勇敢なアメリカ人」(米兵)によって、アフガンではどのような「戦果」が上がっているか?

 英紙タイムズのジェローム・スターキー記者は、ことし2月12日、パクチア州のガルデズで起きた事件を、目撃証言をもとに、こう報じている。
 ⇒ http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/afghanistan/article7060395.ece

 米軍とアフガン政府軍兵士による、夜明け前の襲撃で、最初に殺されたのは、家族を守ろうと入り口で立ちふさがった、43歳の現地の警察官とそのきょうだいの男性2人。

 同じ機銃の掃射で家の中にいた3人の女性(うち2人は妊娠中。1人は18歳の少女))も銃弾を浴びた。妊娠していた2人は即死、結婚が決まっていた18歳の少女は間もなく死亡したという。

 スターキー記者によると、米軍はこの事実を隠蔽、現場に米兵らが到着したときには、犠牲者らはすでに死んでいたと主張。そればかりか、同記者に対する個人攻撃すら続けているそうだ。
 警告 ビデオには残酷な映像が含まれています! ⇒ http://rethinkafghanistan.com/blog/?p=1844

           #
 
 戦争とは組織的な人殺し以外の何物でもない。
 それはどんなに言葉で飾り立てても、奪われた命はかえらないのだ。

 「勇敢なアメリカ人たち」の命も、「アルカイダ」がそこに「まだいる」ということだけで殺されなければならないアフガニスタンの人たちの命も、命の尊さにおいて変わりなく、失われたら取り返しのつかない点でも変わりない。

 オバマよ、君の演説には血のにおいがする。
 欺瞞の言葉で鮮血の戦争を美化するなかれ! 

 

Posted by 大沼安史 at 06:37 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-03-22

〔いんさいど世界〕 舌で見る!

 英紙インディペンデント(電子版)、BBC(英国放送協会)の電子版に、イラク戦争で失明した英軍兵士が、「舌を使って見る」ことに挑戦し、成功している――という記事が出ていて、驚かされた。
  インディペンデント ⇒ http://www.independent.co.uk/news/science/blind-soldier-sees-with-tongue-device-1921830.html
  BBC ⇒ http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/1220632.stm 

 クレイグ・ルンドバーグ伍長(24歳)。
 3年前、イラクのバスラで、手榴弾の爆発により、両目の視力を失った。

 そのクレイグさんが、どうやって「見る」ことができるようになったか?

 それは、米国ウィスコンシン州ミドルトンという町の「ウィキャブ(Wicab)社が昨年春に開発した、「プレインポート(BrainPort)」という機器のおかげである。
  Wicab 社HP ⇒ http://vision.wicab.com/index.php

 英国防省がこの「ウィキャブ」を使ったリハビリ実験を始めたところ、クレイグさんの「目が見える」ようになった。
 (米国では昨年時点で、この機器の素晴らしさが報じられている。 ワシントン・ポスト ⇒ http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/07/20/AR2009072002343.html )

 ウィスコンシン大学の脳科学者たちが開発したこの機器、大きく分けて二つのパーツに分かれている。

 ひとつはサングラスに装着する小型ビデオカメラ。

 もうひとつは、カメラが捉えた映像を電気パルスにして、「ロリポップ(板状のキャンディー)」というデバイスに送り込む装置。

 この「ロリポップ」には、映像の画素を伝える400ののポイント(点)があり、それを口に咥えることで、舌が電気刺激を感知する。

 その刺激で、脳が「映像」を「見る」ことになるのだそうだ。

 今のところ「400ポイント(画素)」の解像力だが、数字も読めるし、その気になれば、ロッククライミングもできる(どこを摑んでよじ登るか、ちゃんと「見える」)! ただし、クレイグさんには今のところまだ、盲導犬のヒューゴ君のサポートが必要だ。
 ユーチューブ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=xNkw28fz9u0&feature=player_embedded#

 同社では今後、「画素」数を4000に10倍増し、「ロリポップ」の小型化を目指すそう。

 「ロリポップ」を小型化し、歯の裏側などに装着できるようなれば、食べながら「見る」ことも可能になるのだそうだ。

 これは別に戦傷失明者だけのものではない。
 日本でも文科省あたりが、目の不自由な子どもたちのために、導入すべきではないか。 

Posted by 大沼安史 at 02:11 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2010-03-20

〔いんさいど世界〕 ニコラス・クリストフ記者 「希望」の3題噺

 僕はニューヨーク・タイムズのコラムニスト、ニコラス・クリストフ氏のファンである。

 なぜ、この人のコラムが好きかというと、それが「希望のコラム」であるからだ。
 戦争国家に堕し、社会崩壊が進む「アメリカ帝国」にあって、それでも「希望」を見失わず、ともし火を掲げるコラムであるからだ。

 昔、東京特派員をしたこともある、氏の最近のコラム、3篇を、簡単に紹介しよう。

         #

 【その1】 「赤信号」から始まった話

 それは「赤信号」に始まった。2006年、アトランタの交差点。
 作家であり実業家のケヴィン・サルウェンが車をとめると、同乗していたお嬢さんのハンナさん(当時、14歳)が、こう言った。

 「あの人、もっと安い車に乗っていたら、こっちの人、食べ物にありつけたかも……」

 ケヴィンさん一家の車の隣に停車した「あの人」の車は豪華なスポーツカー。路上で物乞いしていた「こっちの人」はホームレス。

 信号が変わって車が走り出してからも、ハンナさんの「不平等」に対する抗議が続いた。

 お母さんが、つい、大変なことを言ってしまった。「どうしたいの? じゃ、家でも売る?」

 お母さんは、家を売ったら、自分たちも宿無しになってしまうのよ、と警告したかったのだろうが、逆効果だった。

 ハンナさんは早速、そのアイデアに飛びつき、両親を説得し、家を売ってしまったのである。

 広い自宅を売って、その代金の半額で、小さな家を買って引越し、残る半額を基本財産に、利子収入を慈善団体に寄付する社会貢献を始めたのだ!

 ああ、なんてクレージーで、素敵なアメリカ人の家族!  
 
 1月24日付のコラム ⇒ http://www.nytimes.com/2010/01/24/opinion/24kristof.html?hp

 【その2】 世界で学ぶアメリカの若者たち

 アビゲイル・ファリクさんは、ハーバード大学ビジネススクールの学生だった2年前、「社会的事業」コンペに応募、優勝し、「グローバル市民の1年」(GCY=GLobal Citizen Year)というNPOを立ち上げた人だ。

 高校卒業者を海外に1年間、派遣し、ボランティア活動を通して、「グローバル市民」に育ってもらのが目的。

 彼女自身、16歳の夏に、ニカラグアの村でボランティア活動した経験の持ち主。

 そう、レーガンが悪魔のように言い立てたニカラグアの民衆とともに生活した体験が、GCY設立の原動力となった。

 いま、GCYの一期生が、グアテマラやセネガルで活動中だそうだ。英語を、コンピューターを、ドラマなどを教えているが、学ぶことも多いことだろう。

 日本では、アメリカ以上に、大学受験、大学進学で、10代の終わりの若者たちから余裕と夢が奪われているが、高校卒業後、こうした海外経験を積むことは、人生の針路を考える土台になり得るものではないか。

 ところで、クリストフ氏自身も、「旅をゲットしよう」プログラムを主宰し毎年、アメリカの学生を1人、海外に派遣している。ことし、選ばれたのは、カンサスの大学生、ミッチ君。アフリカに行って、現地での活動をブログで報告することになっている。

 3月11日付 ⇒ http://www.nytimes.com/2010/03/11/opinion/11kristof.html
   GCY公式HP ⇒ http://globalcitizenyear.org/about/

 【その3】 パーティーしちゃって世界を変えよう!
 
  2004年、アフリカはウガンダの首都、カンパラでのことだった。「平和部隊」のベテラン、アメリカ人女性、トルキン・ウエイクフィールドさんが、遊びに来たお嬢さんと、スラムの通りを歩いてときだった。

 泥家の前の道端で、ウガンダの女性(名前はミリー・アケナさん)が手製のアクセサリーを売っていた。

 紙でできたビーズの「ジェエリー」だった。「ネックレス」を数個、買い求めた。1個75セント。

 ごみに捨てられた紙くずのアクセサリーだった。しかし、その色合いの、そのデザインの素晴らしいこと!

 それを身に着けたトルキンさんとお嬢さんに、「素敵ね」の声が集まった。「ごみくずからできたジュエリーなの」と言うと、称賛の声はますます高まった。

 「あっ、これだ」と閃いたトルキンさん、スラムに出かけてミリーさんを探し、彼女とその知り合いの「アーチスト」から、ネックレスを225個以上も買い求めた。

 こうして、トルキンさんが始めたのが、「ビーズフォーライフ」という、ウガンダのスラムと、アメリカをつなぐ、社会的企業。
 貧困撲滅と公正貿易(フェアトレード)を旨とするが、お気に入りのアクセサリーを身につけ、いそいそ出かけける、楽しいパーティーの乗りで参加できる、グローバル格差是正ためのプロジェクトである。

 「ビーズフォーライフ」のHP( ⇒  http://www.beadforlife.org/indexA.html)を覗いたら、婚約プレゼントで彼女に1個、買ってあげたとのろける男性の「声」が紹介されていた。

 日本にも、お店、できたらいいな。

 3月13日付 ⇒ http://www.nytimes.com/2010/03/14/opinion/14kristof.html

         #

 ニューヨーク・タイムズの電子版有料化が来年から始まる。日本の新聞も、いずれ電子版の有料化に踏み切ることになるだろう。

 僕はクリストフ氏のコラムを読みたいから――アメリカの「希望」を知りたいから、有料化されてもアクセスし続けるつもりだ。

 電子版有料化(新聞生き残り)の成否は、そこに「読みたい記事」があるかどうか、読みたい記事を書く記者がいるかどうかにかかっている。

 日本にもクリストフ氏のような「希望のコラムニスト」が現れてほしいものだ。 

Posted by 大沼安史 at 08:49 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-03-14

〔いんさいど世界〕 レイチェル・コリーさん7回忌  ガザ包囲1000日

 「3月16日」は、アメリカ人女性、レイチェル・コリー(Rachel Corrie)さんが、23歳の若さで亡くなった命日だ。
 2003年の「その日」、レイチェルさんはガザ地区のパレスチナ人、サミールさんの民家の前で、イスラエル軍のブルドーザーの前に立ちはだかり、轢かれて死んだ。
 ……早いもので、それから7年という歳月が過ぎた。
  レイチェル・コリーさん 記念ウェブサイト ⇒ http://www.rachelcorrie.org/
             ‡
 レイチェルさんの、命がけの非暴力プロテストから4年後の、2007年6月に、イスラエルによる「ガザ封鎖」が始まった。それから数え、およそ「1000日」が経過した。
 英紙インディペンデントに、そのガザの現状をつたえる記事が載っていた。
 見出しは、Children of Gaza(ガザのこどもたち)。
 その名の通り、現地の子どもたちを通じて――彼・女らの目を通して、包囲下にある、ガザの人々の苦難をレポートした記事だった。
 記事は女性記者が書いた。Rachel Shieldsさん。そう、同じ、レイチェルさん!
  「ガザのこどもたち」 ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/children-of-gaza-scarred-trapped-vengeful-1921047.html
             ‡
 記事の冒頭で、ガザの少女、オムスヤティちゃん(12歳)のことが紹介されていた。
 学校の教室で、彼女は1枚の絵を掲げて見せたのだそうだ。そしてその絵のことを言葉で説明したそうだ。
 
 今から2年前、2008年のイスラエル軍ガザ侵攻で、彼女の家は破壊され、ひとつ年下の弟、イブラヒムが殺された、「その日」を描いた絵だった。
 家は、イスラエル軍のF16機がロケットで破壊し、イスラエル軍の戦車が弟を撃った。
 記事には彼女と同い年のマムード君の話も出ていた。イスラエル軍の兵士が家のドアをノックし、父親が頭を撃たれて死んだ日のことが……。
             ‡
 同じインディペンデント紙のジョハン・ハリ(Johann Hari)記者が書いた記事( ⇒ http://www.independent.co.uk/opinion/commentators/johann-hari/johann-hari-palestinians-should-now-declare-their-independence-1920130.html
 )によれば、150万人が住むガザ地区では今、70%の人が1日1ドル以下で暮らし、60%の人が「飲み(飲める)水」を奪われている。生活の足も車からロバに戻った。
 そんなガザで、78万人の子どもたちが生きる。
 先のレイチェル・シールズ記者の言葉をかりれば、「瓦礫の山でくぐり、爆弾の痕で遊んでいる」彼・女らは、物心ついたころから、「戦争によって支配されて来た」。
             ‡
 どうして、こんな「地獄」が許されているのか?
 米国から年間30億ドルの支援を受け、ユダヤ人入植地を拡大(パレスチナ人を追放)し、まるで昔の南アフリカのようなアパルトヘイト(人種隔離)政策をとる、イスラエル右派政権の強硬姿勢に問題があるのは確かだが、そんなイスラエル当局者の中に、選民意識にもとづく、パレスチナ人に対する蔑視があるのは残念なことだ。
 ハリ記者によれば、イスラエルの指導者、ベギンはパレスチナの民衆を「二本足で歩く獣」と言い、シャミールは「バッタのように、岩や壁で叩き殺す」と言った。
 国のリーダーがこうまで言うのだから、イスラエルの兵士がパレスチナ人を人間とも思わないのも、ある意味で当然のことだろう。
 再びハリ記者によれば、米国の著名なジャーナリスト、リチャード・クレイマー氏はガザで、こんな現場を目撃しているそうだ。
 ――年老いたパレスチナ人の校長先生がいた。毎朝、通学路を通って学校に向かわなければならない。しかし、そこにはイスラエル軍の検問所があり、そこを通ろうとすると、裸になるよう命令される。裸の校長の前を、通学してゆくガザの子どもたち……。
 イスラエルの兵士たちの「ユーモア」!
 レイチェル・コりーさんは、こういう理不尽に抗議して殺されたのだ。
             ‡
 折りしも、レイチェルさんのご両親が、イスラエル政府を相手どって訴えた裁判が、ハイファで始まった。
 ご両親が傍聴する法廷で、この(3月)9日、現場で抗議行動をともにしていた英国人の男性が、証言台に立った。
  証言 ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/i-saw-israeli-bulldozer-kill-rachel-corrie-1919464.html
 レイチェルさんは瓦礫の山に登り、つっこんでくるイスラエル軍のブルドーザーの運転台に向かって、やめろと叫んだ。
 56トンもあるブルドーザーはそのまま「早足」の速度で衝突、彼女を「4メール」引きずって後退した。
 
 彼女が守ろうとしたのは、パレスチナ人のお医者さんの家だった。
             ‡
 彼女が死んで7年。
 彼女を悼む歌が生まれ、劇(「私の名前はレイチェル・コリー」)も上演されている。
  ⇒  http://onuma.cocolog-
nifty.com/blog1/2006/03/__3f29.html
 
  ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2006/04/index.html 
 「恐怖」と闘いながら(亡くなる2日前のインタビューで「怖い」と告白していた)、それでも巨大なブルドーザーに立ち向かって行った、レイチェル・コリーさん。
 7回忌にあたり、その健気な勇気を讃え、連帯の祈りを捧げる。
             ‡
 〔参考〕  エイミー・グッドマンさん エッセイ ⇒ http://www.truthdig.com/report/item/rachel_corries_posthumous_day_in_court_20100309/?ln
    デモクラシーNOW 家族へのインタビュー ⇒ http://www.democracynow.org/2010/3/10/family_of_slain_us_peace_activist

Posted by 大沼安史 at 11:32 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-03-03

〔いんさいど世界〕 トルストイの平和主義 バンクーバーへ カナダにロシアから集団移民した「ドゥホボル」の子孫がホームレスのためにダウンタウン再開発事業 ロシアの聖地、「ヤースナヤ・ポリャーナ」とも連帯

 バンクーバー五輪が閉幕した。オリンピックは「平和の祭典」であるはずだから、あの「ドゥホボル」の人々のことも、きっと紹介されるに違いない――と思って期待していたが、何の報道もなかった。

             #

 「ドゥホボル」(「ドゥホボール」との表記もある)とはいったい何ものか?
 ロシア文学者、木村毅さんの著書、『ドゥホボール教徒の話 武器を放棄した戦士たち』(恒文社刊)の「新序」は、こんなふうに紹介している。

 「ロシア・コーカサス地方の山奥に発生した土俗宗教……聖書の中の「汝、殺すなかれ」と「悪(暴力)に抵抗するに悪を以てする勿(なか)れ」を中心信条として、ひたすらに平和と無抵抗主義を実行」した人々である。
 「ドゥホボル」とはつまり、暴力を否定する、土俗的なキリスト教の教派であり、信者の集団であるわけだ。

 そんな「ドゥホボル」の人々が徴兵を拒否し始めたのは、日露戦争の少し前。「徴兵は、人殺しの団体訓練であることに……ふと気づい」て「銃剣を返納し、練兵を拒み出し」た。しまいには納税を拒否するまでに。

 帝政ロシアの政府は弾圧をもって応え、強制しようとしたが、頑強な抵抗に遭ったため、ついに国外追放を踏み切る。

 その時、「ドゥホボル」の人々の海外移住を支援したのが、非暴力主義の作家、トルストイ。
 トルストイは彼らのために小説『復活』を書き上げ、印税を寄付したのだった……。
 こうして「ドゥホボル」の人々、約1万4千人が1899年以降、カナダに移住することになる。

             #

 こうした「ドゥホボル」の子孫たちが、「バンクーバー五輪」となんらかのかたちで交差するのではないか――と期待をかけたのは、オリンピックが「平和の祭典」とされることもあるが、バンクーバーのあるカナダのブリティシュ・コロンビア(BC)州が、「ドゥホボル」の人々が最終的に辿り着いた土地であるからだ。
 最初、入植したマニトバ、サスカチュアンが寒冷で農耕に適せず、温暖なBCに移った。

 さて、「バンクーバー五輪 ドゥホボル」でネット検索をかけると、早速、うれしい話にぶつかった。

 バンクーバーの地元紙、「バンクーバー・サン」紙が2月4日付で、こんな記事を電子版に載せていたのだ。

 「ドゥホボル」の、おそらくは3世である、ピーター・レザンソフさん(70歳)――地元の建設会社、「ITC建設集団」CEO(最高経営責任者が、バンクーバーの貧民街、「イ-スト・サイド」に、ホームレスら貧しい人たちのための「マイクロ・ロフト」を建設している、というニュースだった。

 ホームレスたちを救う「社会ハウジング」事業――。そこにトルストイ的な博愛の精神が流れているようで、うれしかったわけだが、それだけではなかった。
 記事はさらにレザンソフさんのことを、「平和主義者」と書き、本業以外の社会貢献活動も紹介していたのだ。

             #

 サン紙の記事が、レザンソフ氏の活動として挙げていたのは、ふたつ。
 ひとつは、BC州の内陸部にある「セリクーク大学」の「平和センター」を資金的に援助していること。
 もうひとつは、トルストイの荘園、ヤースナヤ・ポリャーナにつくられた「レオ・トルストイ博物館」に、「恩返し」で「ベーカリー・カフェ」をプレゼントしたことだ。

 「平和センター」のHPをのぞいたら、「国境なき医師団」の代表や、カナダ先住民族のレクチャーが紹介されていた。

 ヤースナヤ・ポリャーナの「トルストイ博物館」は、僕が訪問の望みをまだつないでいるところ。レザンソフさん提供の「ベーカリー・カフェ」のテーブルに座る日も、ひょっとしたら来るかもしれない……。

             #
 
 さて、レザンソフさんのことを知ったついでに、ネットでいろいろ調べてみたら、「ドゥホボル」の人々が現在でも平和運動にたずさわっていることを知って、そこに何か大きな、歴史の流れのようなものを感じた。

 たとえば、「イスクラ」(「火花」。そういえばロシア革命の党機関紙の名前もこれだった)という、ネットでも公開しているマガジンには反核運動のエッセイも載っている。

 また、「ビクトリア・ドゥホボル・コーラス」という合唱団も活動しており、ネットで彼らの平和の賛美歌を聴くこともできる。

 
             #
 
 「ドゥホボル」はカナダ移住後も、政府の強制的な同化政策に対し、全裸でプロテストした人々だ。
 カナダに着いてからもさまざまな困難を潜り抜けて来た人々だ。

 トルストイに支援されて海を渡り、北米カナダの西部に辿り着き、過酷な歴史の旅路を歩み通した「ドゥホボル」の人々。

 「ドゥホボル」――その意味は、「聖霊とともに闘う人々」だそうだ。
 

 バンクーバー・サン ⇒http://www.vancouversun.com/Builder+proud+that+partnership+produced+affordable+rent+Downtown+Eastside/2520556/story.html

http://buildingopportunities.org/blog/index.php/tag/peter-rezansoff/

  バンクーバーの「コミュニティー開発協定」⇒ http://buildingopportunities.org/hrservices/community-benefits-agreement.asp

  セリカーク大学平和センター ⇒ http://selkirk.ca/research/mir-centre-for-peace/

  ドゥホボル 日本語Wiki ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%9B%E3%83%9C%E3%83%AB 
      英語Wiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Doukhobor

 ドゥホボル・歌ライブラリー ⇒ http://www.doukhoborsonglibrary.com/ 
 ビクトリア・ドゥホボル・コーラス ⇒ http://www.myspace.com/victoriadoukhoborchoir

 雑誌「イスクラ」 ⇒ http://www.iskra.ca/

 ヤースナヤ・ポリャーナ ⇒ http://www.cnntraveller.com/2007/11/01/peace-dividend/

Posted by 大沼安史 at 08:53 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-02-25

〔いんさいど世界〕 黒人運動指導者 「マルコムX」の暗殺45周年 撃たれた「マルコムX」を最後に介抱した女性が、日系活動家、ユリ・コチヤマさんだったことをご存知ですか?

 「2月21日」は、黒人運動指導者、「マルコムX」が、ニューヨーク・ハーレムのホールで演説中、撃たれて死んだ命日である。
 1965年のその日に悲劇は起きた。ことしはその45周年にあたる。

 それを記念して、「デモクラシーNOW」が、暗殺の半年前の「マルコムX」の演説の映像を放映した。⇒  http://www.democracynow.org/2010/2/22/malcolm_x_by_any_means_necessary

 はにかむような、その知的な顔。
 39歳の早すぎる死。惜しい指導者を失ってしまったものだ。 

 さて、「マルコムX」の暗殺事件に関し、「知る人ぞ知る」エピソードをひとつ、ここで紹介しておきたい。
 それは、ステージに撃たれた、仰向けに倒れた彼の元へ、客席から駆け寄り、その顔を膝の上に乗せて介抱した、日系の女性がいたことだ。

 ユリ・コチヤマさん。1921年、カリフォルニア生まれの人権活動家。ハーレムで、「マルコムX」と活動をともにしていた人だ。
 彼女のWiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Yuri_Kochiyama

 その彼女が2年前に、デモクラシーNOWのインタビューを受け、暗殺の模様を生々しく語っていた。ユリ・コチヤマ デモクラシーNOWでの証言 ⇒ http://www.democracynow.org/2008/2/20/civil_rights_activist_yuri_kochiyama_remembers

 それによると、会場で「いざこざ」が起き、マルコムXのボディーガードらがそっちに注意を向けていたその隙をついて、「銃弾13発」が撃ち込まれたそうだ。

 頭を膝の上に乗せ、「マルコムX」の言葉を聴き取ろうとしたが、息をするのも苦しげで、最後の言葉はなかった。
 彼女は「お願いだから、マルコム、生きてちょうだい」と声をかけたそうだ。

 ユリ・コチヤマさんと「マルコムX」の出会いは、その1年前、ニューヨーク・ブルックリンの裁判所でのことだった。(ブルックリンの裁判所には、僕も一度、裁判を傍聴しに行ったことがある)

 若い黒人たちに囲まれた彼に向かって、彼女は「私にも握手してちょうだい」と叫んだ。
 「なぜ?」
 「あなたが、みんなにしてあげていることのために」
 「僕が何を?」
 「あなたは方向を与えている」

 そういうと彼は手を差し出し、彼女と握手したそうだ。

 日系の女性活動家と黒人運動家の出会いは、ともに活動する中に発展し、その後、1年間、続いた。

  マルコムX 日本語Wiki ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%A0X

 

Posted by 大沼安史 at 06:24 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-02-24

〔いんさいど世界〕 自爆攻撃を中東で始めた男、ヒズボラ(神の党)イマード・ムグニーヤ、「モサド」の自動車爆弾に死す 2年前の暗殺事件を英作家がレポート そこから浮かび上がる「神の国・日本」につながる悲しい事実!

 ドバイでの「ハマス」軍事指導者暗殺事件で、イスラエルの諜報機関「モサド」の活動に対し、世界の厳しい目が集まっているが、今から2年前、シリアのダマスカスで起きた、同じ親イラン・イスラム過激派組織、「ヒズボラ(神の党)」の軍事部門の指導者、イマード・ムグニーヤ暗殺事件の詳細が、「モサド」研究の権威をして知られる、英国の作家、ゴードン・トーマス氏によって明らかにされた。

 「モサド」の実態を白日の下にさらす、衝撃のレポートである。

 そこで同氏が、23日付の英紙インディペンデント紙に寄稿した記事の要点を、以下に紹介することにしよう。「モサド」という組織の秘密活動を暴露しているだけではなく、私たち日本人の胸を衝く、ある悲しい事実が、同氏によって提示されているからだ。

 まずは、イマード・ムグニーヤの暗殺事件について。

 イマード・ムグニーヤが、シリアの首都ダマスカスのイラン文化センター前の路上で、駐車中の車に仕掛けられた爆弾で暗殺されたのは、2008年2月12日の夜だった。
 同センターではイラン大使が主催する「イラン革命」を記念したレセプションが開かれており、ムグニーヤは車を降りて、センターへと歩き始めところを爆殺された。

 このムグニーヤというレバノン人は、暗殺されるまで、ビン・ラディンに次ぐ、ナンバー2の黒幕テロリストとして国際手配されていた男だった。
 1983年にレバノンで起きた、米海兵隊の宿舎爆破事件(241人を殺害)も、この男の指揮によるものだ。

 イスラエルのネゲブ砂漠にある「モサド」の本部で、ムグニーヤに対する暗殺命令が下されたのは、決行日のわずか9日前、2008年2月3日のことだった。

 前日、ベルリンのエージェントが、ムグニーヤの「顔写真」を入手していた。写真は保秘回線で電送され、本部に届いていた。

 ムグニーヤが最後に姿を現した、1980年の「ヒズボラ」の集会の際の写真と、似てもにつかぬ「顔」がそこにあった。

 ムグニーヤはベルリンのシュプレー川沿いにある、旧「シュタージ(東ドイツ国家秘密警察)」の整形クリニック(「ベルリンの壁」崩壊後も存続)で整形手術を受けていたのだ。

 つりあがった両目、とがったアゴ、いれかえられた歯並び……手術後、クリニックで撮影された写真は、まるで「別人」のものだった。

 3人の実行犯が選ばれた。「モサド」の旅行部門がフランス、スペイン、ドイツの実在の人物の偽造パスポートを用意、エア・チケットの手配を行った。

 3人はそれぞれ「自分」のアイデンティーと、職務質問されたときの「答え」を暗記し、ヨーロッパ経由でダマスカス入りした。

 かねて用意してあった、アジトのガレージで爆弾を製造、レンタカーの座席のヘッドセットに装着した。

 ダマスカスの地理、市街地の模様は、イスラエルの偵察衛星の偵察写真であらかじめ学習していた。ムグニーヤの「新しい顔」の画像は、3人がそれぞれ持ったケータイに収められていた。

 当日午後9時、イラン文化センターに向かって、銀色のミツビシ・パジェロが近づき、停車した。ドアを開けて降りた男がいた。新しい顔を持ったムグニーヤだった。爆弾を仕掛けた駐車中のレンタカーに向かって歩き出した……。

 ――以上が、暗殺事件の一部始終の要約だが、ゴードン・トーマス氏によれば、「モサド」は1980年のヒズボラ集会で撮影されたムグニーヤの写真を徹底解析し、その時点ですでに顔面に整形手術を受けた形跡のあることを確かめ、ベルリンの整形クリニックを突き止めたそうだ。

 また「モサド」は、1980年撮影の写真をもとに、心理学者ら専門家のチームに、「Rida(リダ=遠隔深層分析)」という手法を使い、ムグニーヤの性格、行動パターンを突き止めようともしていたという。

 さて、ここから、私たちの「日本」につながる、胸の痛む事実がひとつ、浮かび上がる。

 トーマス氏によれば、「モサド」が「リダ」を駆使してムグニーヤの心理・行動パターンを突き止めようとしたのは、子どもに毛の生えたような若者まで平然と自爆テロリストにリクルートし、中東全域に送り込んでいる、ムグニーヤの「内面=心理的宇宙」を理解するためだったという。

 ムグニーヤという男こそ実は、中東で「自爆テロ」をスタートさせ、大規模に展開した黒幕だった!

 では、ムグニーヤは「自爆テロ」というアイデアを何処から得たのか?

 トーマス氏の「答え」の部分を、そのまま訳して紹介しよう。

 「このヒズボラのテロリストの黒幕は、ヒズボラの機関紙、アル・サビアとアル・アブドに載った、第二次世界大戦の日本のカミカゼ・パイロットたちの自己犠牲を讃える記事を読んでいた」
 
 The Hizbollah terrorist mastermind had read an account of the Second World War Japanese kamikaze pilots in Hizbollah's own newspapers, Al Sabia and Al Abd, which had praised the pilots for their sacrifices.
 
 Kamikaze は Tsunami 同様、世界語化した日本語で、中東などで自爆テロが行われるたびに報道で使用され、それを目にするたびに切ない思いにとらわれて来たが、それが「偶然の一致」ではなく、日本の「特攻隊」に「ルーツ」を持つものだとは知らなかった!

 私もまた、戦時中、米国の軍艦に向かって飛び立ち、死んでいった特攻隊員の(そして遺族、友人の)胸中を思うと、悲しくてたまらなくなり、同時に、「特攻」を命じた者に対して怒りを禁じえない一人だ。

 当時の軍の中枢は、いったい、どんな心理で、あのような行動をとったのだろうか?

 ゴードン・トーマス氏によれば、「モサド」のムグニーヤに対する「リダ」分析では、「最終結論」は得られなかったという。
 

 ゴードン・トーマス氏の記事 ⇒  http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/mossads-most-wanted-a-deadly-vengeance-1907327.html

  イマード・ムグニーヤ Wiki ⇒  http://en.wikipedia.org/wiki/Imad_Mughniyah 

Posted by 大沼安史 at 07:25 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-02-21

〔いんさいど世界〕 世界の視線にさらされる「モサド」

 イスラエルの諜報機関、モサド(Mossad)に対し、世界の視線が集中しています。

 先月(1月)19日夜、湾岸のドバイのホテルで起きた、ハマス指導者暗殺事件。
 その一部始終(ホテルの一室での犯行現場を除き)をとらえた監視カメラの映像を、ドバイ警察が公開、そのビデオ映像がネットを通じ全世界へと流れたことで、ハマスと対立するイスラエルの諜報機関、モサドに対し、疑惑の目が注がれています。

 (監視カメラがとらえた一部始終については、本ブログ既報を参照)

 空港、ホテル内の監視カメラがとらえていた、いかにもスパイ集団らしい、組織立った作戦の遂行ぶり。
 真向かいの部屋から、ハマス指導者の部屋に侵入した、2人組、2チームのの実行犯は、テニスのラケットを持つなど、観光客の出で立ち。
 現場のホテルを入れ替わり立ち替わり現れては、さりげなく警戒の目を光らせる、3組の監視グループ。

 暗殺グループは当初、11人と見られていましたが、ドバイ警察のその後の調べで、18人に上っていたことが判明しました。
 犯人たちが英国などの偽造パスポートを持っていたことも分かっています。

 さて、ドバイ警察が99%の確立で、暗殺の実行犯と名指しする「モサド」ですが、その活動ぶりが表面化し、それもビデオ映像で、全世界に流れたのは初めてのこと。

 あらためて、ヘブライ語で「機関(組織)」の意味の、この影のスパイ組織に対し、注目が集まり、さまざまな報道がなされています。

 英紙ガーディアンの中東エディターのイアン・ブラック氏は、共著の『イスラエルの秘密戦争』で、その内幕をあばいた、有名な「モサド」の専門家。そのブラック氏が同紙に書いた記事で、「モサド」とは一体、どんなことをしているのか、見ることにしましょう。⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/feb/19/ian-black-mossad-dubai

 テルアビブ港に近い、閑静な路上で昨年11月、若い男が駐車中の車の下部に、爆弾らしきものを取り付けているのを見つけ、警察に通報しました。警官が現場に駆けつけ、逮捕したところ、男は「モサドのエージェント」だと主張したそうです……そう、まさしく男の言うとおり。模擬爆弾を使った「練習」でした。

 地元のテレビ局のローカル・ニュースとして流れ、それでおしまい。
 イスラエルという国は、こうした「影の部分」を持った国なのですね。

 イアン・ブラック記者によれば、2年前のちょうど今頃、シリアのダマスカスで、レバノン・ヒズボラ(神の党)の軍事部門指導者が乗ったジープが爆破されたことがあるそうです。イスラエルは今回のドバイ事件のように認めていませんが、シリアの首都まで入り込んで、すごいことやったな――もちろん「モサド」が――と評判になったそうです。

 「モサド」は1948年のイスラエル建国とともに出発した組織で、ナチ戦犯のあのアイヒマンを捕らえたりもしていましたが、パレスチナ紛争の激化に伴い、暗殺行為をも組織的に行うようになる。

 そして、1972年のミュンヘン・オリンピック。
 イスラエルの選手11人が、パレスチナ過激派組織「黒い九月」に殺害されると、「モサド」が直ちに復讐の乗り出し、ヨーロッパ各地で作戦を展開、最終的に同じ人数、11人(ほかに誤認で1人)をしとめた。「モサド」の名が世界に知れ渡ったのは、この時のことです。

 秘密の諜報機関ですから、その全貌はうかがい知れないわけですが、いちど、1990年に、「モサド」出身者が暴露本を出しことがあるそうです。

 そしてそこで明らかにされたのが、「キドン(ヘブライ語で「銃剣」)」という暗殺実行班の存在。

 もしかしたら、今回のドバイ事件でも、「キドン」が暗躍したのかも知れませんね。

 しかし、今回のドバイ事件、「モサド」なら監視カメラの存在など確認済みのはずですし、カメラに撮影されて「面」が割れることなど分かっているはず。
 (現にイスラエルでは、ある新聞のエディターが、犯人の一人と「そっくり」で、大騒ぎになったそうです) 

 にも、かかわらず、ハマスの軍事部門指導者をどうして、ああした「派手」なかたちで消し去ったのか?

 ドバイはイランとの接点。殺されたハマスの幹部は武器購入などでドバイを訪れていたとみられています。
 その幹部をなぜ、いまなぜ、「面割れ」覚悟で暗殺したのか?

 イスラエルがハマスに対して戦争を仕掛けようとしている、との観測もあり、今後のイスラエルの動きから目を離すことはできません。

  
 モサドWiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Mossad  

 ドバイ警察公表 監視カメラ撮影 ビデオ (2部構成)⇒ http://www.youtube.com/watch?v=l9xMkX98VVE&feature=PlayList&p=7026F981D8700CF9&playnext=1&playnext_from=PL&index=40

   http://www.youtube.com/watch?v=B4x1ztwISCQ&feature=PlayList&p=7026F981D8700CF9&playnext=1&playnext_from=PL&index=41

Posted by 大沼安史 at 12:16 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-02-14

〔いんさいど世界〕 My Way カラオケ殺人事件

  そろそろ――といってもまだ早すぎですが、職場で人事異動が行われる時季。二次会のカラオケが盛り上がる季節です。

 皆さんの「持ち歌」(18番)は何でしょう? 僕の場合はアン・ルイスさんの「グッバイマイラブ」(ポイ捨てされるタイプなものですから……)ですが、ひょっとして「マイ・ウエー」だなんて人、いませんか?

 今朝は、その、My Way の話題を。
 ニューヨーク・タイムズ(電子版)の、「最も歌われた……あ、いや、読まれた記事」の「第一位」の座を、たしか3日間にわたって守り続けた記事です。

 書いたのは、ノリミツ・オオニシ記者。同紙が誇る、日系カナダ人の、エース記者です。フィリピン発、2月7日付、「死の和音を奏でるシナトラ・ソング」という見出しのついた記事。

 シナトラとはもちろん、「マイ・ウエー」のフランク・シナトラさんのことです。

 なるほど、トップを張った記事だってことが、読んでみてよくわかりました。
 なにしろフィリピンでは、なぜか、「マイ・ウエー・カラオケ殺人事件」(現地では、マイウエー・キリングって言ってるんだそうです)が、過去10年間に6件も起きているというんですから。

 それでフィリピンでは、「マイ・ウエー」を曲目から外してしまうカラオケ店が相次いでいるそうなんですね。

 しかし、それにしても、「マイ・ウエー」が、マイ・人生のジ・エンドに、どこでどうつながるのか?

 ノリミツ・オオニシ記者によると、その因果関係に定説はまだないそうですが、有力な説がないわけではない。

 どうも、この歌の歌詞に殺意が生まれる秘密があるようなんですね。

 フランク・シナトラさんが歌っているこの歌の歌詞は、ポール・アンカさんがシナトラに捧げたものなんですが、大御所を持ち上げるというか、歌の帝王にふさわしい歌詞を考えたというか、どうもゴーマンに聞こえるところがあるんですね。

 なにしろ、I did it, my way. オレ、やり切ったぜ、オレ流で。なんか、もんくアッカ?! っていうわけですから。

 あのシナトラ流に、朗々と、しかも自信たっぷり、「オレ、やったぜ」と歌われたら、う~ん、そんな気持ちにもなるかもしれないなあ~???!!!

 そういえば、
 I faced it all and I stood tall;
 And did it my way.

 オレは立ち向ったぜ、雄雄しく
 そしてオレは、オレ流でやりとおしたのさ

 ―― なんて詞もありますから。
 フィリピンも貧富の差が激しく、最後まで苦しい人生を送らざるを得ない人が多いわけでもあるし……???

 しかし、歌い手の立場で言えば、その人にはその人の人生しかないわけですから、「オレ流」でやって来た、と歌うしか、ないのですね。
 誰しも、マイ・ウェーしか、ないのですから……。

 だから、そこに―― ♪ I did it, my way. と声はりあげ、歌い上げたその時――僕はここが決定的瞬間だと思うのですが――「下手くそ」とか「ば~か」なんて野次や笑いが飛んだら、憎しみの炎、メラメラ瞬間湯沸し機状態になってしまいますよね。

 フィリピンってところはカラオケが盛んなところで、朝から路上カラオケしてる風景もよくみられるそうですが、中にはホステスさんがいるカラオケ店もある。そこで「マイ・ウエー」を歌って、好きな彼女の面前で恥をかかせられたら……ってこともあるようです。もちろん、オオニシ記者がレポートで言ってることですが……

 しかし、カラオケってもともと、歌を通じて連帯の輪を広げ、絆をたしかめるもの。カラオケがカンオケに直結するようなことは、あってはならないことですね。

 そんな願いをこめて、オオニシ記者は、記事を、カラオケ店で出会った、2人のフィリピン人男性へのインタビューで結んでいます。

 2人は生活が厳しいから、憂さ晴らしにカラオケで歌っているのだそうです。
 年下の42歳の男性が「悩むんじゃない、悩みに悩ませておけ!」ってフィリピンのことわざをオオニシ記者に紹介し、2人して大笑いしてみせたそうです。

 そして最後に、年上の62歳の男性がこう言った。「マイ・ウエー殺人」が起きるのは、「誤解や妬みがあるからだ。あってはいけないことだね」と。

 「誤解や妬み」のない歌声の輪よ、カラオケから生まれよ!

 でも、誤解や妬みは人事異動にはつきもの。カラオケで歌うなら、ケセラセラとか、ラブソングが無難なのかも知れないなあ~!?
 
 
⇒  http://www.nytimes.com/2010/02/07/world/asia/07karaoke.html?em

Posted by 大沼安史 at 12:11 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-02-08

〔いんさいど世界〕 ハワード・ジン氏を悼む最善の道 草の根の運動を組織せよ! ラルフ・ネーダーが呼びかけ 航空機事故でなくなったミネソタ選出の上院議員、ポール・ウエルストーン氏の遺志を継ぐ運動をモデルに

 米国の活動家、ラルフ・ネーダー氏が「ハワード・ジンさんを悼む最善の道」と題した追悼文を、進歩派のネット新聞「コモン・ドリームズ」に書いていた。

 読み進むうち、「ポール・ウエルストーン(Paul Wellstone )」氏の名前が目に飛び込んで来た。いつかこのブログで書きたい思っていた「ポール・ウエルストーン」氏!

 あの、無念の航空機事故でお亡くなりになった、このミネソタ州選出の上院議員の「遺志」が、いまアメリカの草の根に根付いていることを知ってうれしくなった。ネーダー氏は、ウエルストーン議員が遺したものと同じ流れの中で、人を育て、人々を組織する運動をつくり、ハワード・ジンさんの遺志を引き継いでいかねばならない、と書いていたのだ。

 ミネソタ州選出の上院議員、ポール・ウエルストーン氏が夫人、長女とともに、謎の航空機事故で亡くなったのは、2002年10月25日のことだ。

 ミネソタの名門、カールトン・カレッジの政治学の教授から、「ミネソタ農業・労働者党」の候補として連邦議会上院議員選挙に挑み、見事、当選をしたのは1990年のこと。

 ジン氏同様、反戦・平和の進歩主義の立場を貫き、上院議員として湾岸戦争、さらにはイラク戦争に、断固反対した。

 僕がこの人に関心を持ったのは、その航空機事故による墜落死に対し、「9・11」問題を追及していた、マイケル・ルパート氏が、その著書、『ルビコンを渡る』で暗殺説を提起していたからだ。

 このルパート氏の「暗殺説」には、僕を説得するものがあったが、それはともかく、議員の事故死のあと、息子さんのデイビッドさん、マークさんの2人が「ウエルストーン・アクション」という、草の根活動家を育てるNPOを立ち上げ、活動していることは、ネーダー氏のジン氏追悼文を読むまでは知らなかった。

 早速、ミネソタ州セントポールに本拠を置く「ウエルストーン・アクション」のHPにアクセスして見た。
 なるほど、ネーダー氏が推奨するだけある組織だった。
 
 活動の中心は「キャンプ・ウエルストーン」。全米各地で開いている、草のの根の活動家を育てる「2泊3日」のワークショップで、2003年以来、1万6000人が受講し、巣立っている。

 学生相手の「キャンプ」、労働者のための「キャンプ」も開いているが、先住民族(インディアン)の活動家も育てているのには感心させられた。
 僕は昔、ミネソタの先住民族による「サバイバル・スクール」を見学したことがあるが、社会の最底辺に落としこめられたネイティブたちに対しても、「ウエルストーン・アクション」は、連帯の手を差し伸べていた!

 この「ウエルストーン・アクション」は、今年の年末の「中間選挙」を重視し、そのための運動の組織化に入っているが、その動きを見ても、アメリカ社会における「下からの変革」の胎動のようなものを感じる。

 「ウエルストーン・アクション」はミネソタ発の運動だが、これに呼応する形で、ジン氏の地元、ボストンからも(あるいは、ジン氏がかつて公民権運動にかかわったアトランタからも)、きっと民衆による政治改革のアクションが生まれるに違いない。

 ハワード・ジン氏の逝去は残念でならないことだが、ジン氏なきあとに空虚な穴は残らない。湧き上がり、噴き出て、溢れかえる民衆の運動が、きっと大きなうねりとなって広がるはずだ。 

 昔、べ平連の小田実さん、鶴見俊輔さん、吉川勇一さんらが、ジン氏らと海を超えて連帯したように、ジン氏、そして小田実氏の遺志を継ぐ運動が、日本でも広がってほしいものだ。

 60年安保半世紀の今年、日米軍事同盟を超える、日米民衆の連帯よ、再び!!!

                  ◇

 ラルフ・ネーダー氏の呼びかけ ⇒ http://www.commondreams.org/view/2010/02/06-0 

  ポール・ウエルストーン氏のWiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Wellstone

  「ウエルストーン・アクション」⇒ http://www.wellstone.org/about-us

 暗殺疑惑 ⇒ http://www.alternet.org/story/14399/

Posted by 大沼安史 at 06:05 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-02-07

〔いんさいど世界〕   「ボー語」  人間の言葉が、ひとつ消えた! 

 ひとりの老女が亡くなり、人間の言葉がひとつ、消えた。
 ベンガル湾に浮かび、アンダマン諸島。その諸島のネイティブ言語のひとつ、「ボー(Bo)語」が、最後の語り手、ボア・サーさん(85歳)の死去で、推定6500~7000年の歴史を終えた。

         #

 インド領、アンダマン諸島は、コルコタ(カルカッタ)の南南東、1200キロの海上に、ほぼ南北に連なる。
 この諸島は、10の異なった言語を持つ、いわば言葉の宝庫で、言語学者のフィールドとなっている。

 そのうちのひとつ、「ボー語」の「語り部」であるボア・サーさんは、両親が亡くなってから、「話し相手」もなく、ただ一人、心の中で、ボー語を守って来た。仕方なく、ヒンドゥー語の方言を身につけ、それでコミュニケーションをして来た。

 10の言語を持つアンダマンの先住民は、かつて5000人を超えていた。英国の植民者が侵入した19世紀以降、持ち込まれた疫病で人口が減り、いまではわずか57人を数えるのみだそうだ。

         #

 ボア・サーさんの死でボー語を語る人をいなくなったが、せめても救いは、インド人女性言語学者、アンビダ・アビさんの手で、ボブ・サーさんの「声」が、録音されていることだ。

 アンビダ・アビさんが主宰する、Voga というインターネット・サイトに入ると、ボブ・サーさんの歌声を聞くことができる。 ⇒ http://www.andamanese.net/songs.htm

 どこか、日本語にも通じる、やさしい声。
 
 ila do jara tekh dunya ……

 「どおーっという音とともに、木が倒れ、大地が揺れた」

 やさしい声の中に、悲しみがあるように聴こえるのは、どうしたわけか。

         #

 ところで、ボア・サーさんとは、どんな人だったのか?

 Voga サイトによれば、夫がいたが、捕まって、半年間、牢獄に入れられたという。誰が逮捕したのだろう? 戦時中、アンダマンには、日本軍がいた……。

 明るい性格で、よく笑う人だったそうだ。他の人にも感染する笑いだったそうだ。

 そんな彼女が残念がっていたのことが、ひとつ。
 それは、ボー族が、英国植民者という異人と接触してしまったことだ。
 アンダマン諸島の北センンティネレーズ島には、センティネレーズ族という、文明とのと触を拒んだ先住民が住んでいて(この先住民は2004年のツナミの際、上空のヘリに、矢をうちかけたことで知られる)、ボー族も、そんなふうに生きることができたなら、部族も部族の言葉も守れたはずだ、という嘆きだ。

          #

 アンダマン諸島の言語は世界で最も古い言語のひとつとされ、言語の系統もさまざまだそうだ。

 先ほど、どこか日本語に似ていると、ボサ・サーさんが遺したボー語の歌(録音)の印象を述べたが、日本語の起源をインド南部のタミル語にみる有力な説があることを考えると、なんらかの共通点があるのかも知れない。

          #
 
 2004年のツナミが押し寄せた時、ボア・サーさんは木に登って、助かったそうだ。
 「文明」のツナミはそれ以上の力で、島の民とその言葉を奪った。

 それはこんど自衛隊がPKOで派遣されるハイチで、15世紀末に起きた出来事の再現でもある。
 
 「金(ゴールド)」に目がくらんだコロンブス率いる一隊によって、「アラワク」という先住民(インディアン)とその文化・言語が、奴隷化、強制労働、疫病で一掃されたのである。

 NGO「サバイバル・インターナショナル」によると、いま現在、全世界で30の先住民族が、絶滅の危機にさらされている、という。

 Voga サイト⇒  http://www.andamanese.net/

 BBCの報道 http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/8498534.stm

 インディペンデント紙の報道 ⇒http://www.independent.co.uk/news/world/asia/with-the-death-of-boa-sr-her-people-and-their-songs-fall-silent-forever-1890047.html

   アンダマン諸島 Wiki  ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%9E%E3%83%B3%E8%AB%B8%E5%B3%B6

 「サバイバル・インターナショナル」 ⇒ http://www.survivalinternational.org/tribes

Posted by 大沼安史 at 12:16 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-02-06

〔いんさいど世界〕 拉致、そして拷問 パキスタン人女性科学者 アフィア・サディキさんがニューヨークで「裁判」にかけられるまで

 「冤罪」が確定した「横浜事件」を思わせる、パキスタン人女性科学者に対する裁判がニューヨークで続いている。

 2月3日、裁判の陪審が下した評決は「有罪」だった。「アルカイダ」とつながりがあると疑われた女性科学者が、アメリカがアフガニスタンに設置した「秘密監獄」内で、米兵に向けて銃を発射した、との検察当局の主張を認めたのだ。

 女性科学者を支援している人権団体や、パキスタンまで出向き彼女の軌跡を取材したジャーナリストは、女性科学者が拷問を受けたことや、銃を発射したとする罪状そのものに疑惑があることを告発、年内に予想される判決へ向け、注意を喚起している。

 このパキスタン人女性科学者は、アフィア・サディキさん(37歳)。MITに学び、ブランダイス大学で認知科学(神経科学)の博士号を取得した。
 在米中、パキスタン人男性と結婚、3人の子をもうけたが、離婚し、パキスタンに帰国した。

 アフィアさんが「3人」の子どもとともに、パキスタンのカラチで突然、行方不明となったのは、2003年のこと。
 人権団体の「国際正義ネットワーク」などによると、アフィアさんは子どもたちと一緒にパキスタン当局によって拘束され、米当局の命令で、尋問と拷問にさらされたという。

 消息を絶っていたアフィアさんが、アフガニスタンのガズニーで、長男と一緒に(他の2人の子は一緒ではなかった!)いるところを「発見」されたのは、2008年7月のこと。

 「化学薬品」(アフィアさんのことを取材している、米国のフリージャーナリスト、ペトラ・バトラシービッチさんによると、ただの化粧品)と、銃器のスケッチ(同じく、マッチを使うオモチャのガンの絵)などを「所持」したとして、米当局にテロを計画していると疑われ、アフガン内の「秘密監獄」に拘束され、取り調べを受けた。

 最終的に彼女がニューヨークに移送され、裁判を受けることになる(この移送による裁判も違法性が問われている)「事件」が起きたのは、2008年8月、アフガンのバグラム米運基地にある「秘密監獄」でのこと。

 アフィアさんが「M16ライフルを米兵に向け、発射した」ことで、殺人未遂事件として起訴された。

 (仮に銃撃事件があったとしても、身柄を拘束されていたアフィアさんがどうしてM16を手にすることができたのか、米兵に負傷したものが一人もおらず、アフィアさんだけが負傷したのはなぜか?――など、「事件」そのものがフレームアップによる可能性が強い)

 アフィアさんはアメリカに対する不信と恐怖から裁判そのものを「拒否」する姿勢を見せ、法廷で米当局によって拷問を受けたことを証言し、裁判そのものの違法性を訴えたそうだ。

 なぜ、米当局がアフィアさんにテロリストの疑いをかけたか、には、それなりの「根拠」がある。アフィアさんがパキスタンに帰国後、再婚した相手が、「9・11」の「黒幕」とされるパキスタン人の甥だったからだ。

 しかし、そんな「疑い」だけで人を拉致し、拷問にかけ、犯人に仕立てて裁判にかける、ブッシュ政権以来の強引な米当局の姿勢は、戦前・戦時中の、多喜二を殺し、横浜事件をデッチ上げた、軍国日本の、あの凶暴な無法ぶりを思わせるもので、容認することはできない。

 アフィアさんは拷問によって、心に深い傷を負っているそうだ。精神に変調をきたしているという。

 判決は年内に予想されるが、下手すると終身刑になる。

 アフィアさんを支援している「国際正義ネットーワーク」では、裁判の不当性と国際社会に訴える一方、カラチで彼女と一緒に消えたまま、行方不明になっている、彼女の子ども2人(当時、4歳、1歳半)の行方を追っている。

 
 アフィアさんの裁判を伝える「デモクラシーNOW」の報道番組⇒  http://www.democracynow.org/2010/2/4/ignoring_torture_claims_and_questionable_evidence

 米国の女性ジャーナリスト、ペトラ・バトラシービッチさんが「ハーパーズ・マガジン」(2009年11月号)に書いた記事 ⇒ http://www.harpers.org/archive/2009/11/0082719

 英ガーディアン紙の記事 ⇒ ⇒  http://www.guardian.co.uk/world/2009/nov/24/aafia-siddiqui-al-qaida/pri

 アフィアさんに関するWiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Aafia_Siddiqui

Posted by 大沼安史 at 06:26 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-02-04

〔いんさいど世界〕 「グリーンズボロの4人」 黒人学生らの「座り込み」から半世紀 公民権運動の原点に記念センター

 1960年2月1日午後4時半ごろのことだった。

 米南部ノースカロライナ州グリーンズボロの大型店「F・W・ウールワース」店の「ランチカウンター」に、黒人の若者4人が近づき、空いていたカウンターの席に並んで就いた。

 コーヒーを注文したが、断られた。
 ランチ・カウンターは、黒人が来るところではなかった。人種隔離された、白人客専用の席だった。

         #

 4人は地元のノースカロライナ農工大(A&T)の1年生だった。間違って、座ったのではなかった。決意して座ったのだ。アメリカの南部から、人種差別をなくす、と。

 4人のうちの1人が、クリスマス休暇を終え、実家のあるニューヨークから、グレーハウンドバスでグリーンズボロに戻って来たとき、バスのターミナルで差別にあったことがキッカケだった。

 大学の寮で仲良くなった4人は話し合いを重ね、白人専用席への「シット・イン」に入ることを決めた。

         #

 最初の日、4人は午後5時に追い出された。店側がカウンターを早く店じまいしたのだ。

 翌、2日、4人はカウンターに座った。こんどは21人の男子学生と、4人の女子学生が一緒だった。午前11時半から、午後の3時までいた。白人たちの威嚇を無視して、カウンターで教科書を広げた。

 地元の新聞やテレビ局が騒ぎを聞いてかけてつけて来た……。

         #
 
 「グリーンズボロの4人」の、非暴力・直接行動の闘いは、こうして始まった。A&T大学の学友だけでなく、他の大学の学生、高校生も座り込みに参加するようになった。

 連日のシット・イン……。黒人女子大の女子大生も――そして遂には白人たちも連帯して参加するようになった。

 人種差別主義者のKKK団も現れた。「爆弾をしかけた」という電話で、外に避難したこともあった。

 座り込みはグリーンズボロの他の大型店にも広がり、間もなく、他の町、他の州に飛び火した。2月の末までに、南部の13州、55の都市に波及した。

 人種隔離撤廃に応じない店に抗議する、ボイコット運動も始まった。

 4月16日、ついに15人の逮捕者が出た。15人はしかし、保釈金も課せられず、釈放された。流れは、変わり始めていた。

         # 
 
 7月25日――。半年以上前、黒人男子学生4人がシット・インを始めた、そのカウンターで、「F・W・ウールワース」店の黒人従業員4人が食事をとった。同店の経営者が、黒人に対する人種隔離う撤廃したのだ。
 
 その模様を地元紙は、こんな見出しの記事で報じた。「ランチ・カウンターの人種統合は、ここで行われた!」

         # 
 
 翌1961年の8月までに、南部各地のシット・インに、なんと7万人以上が参加、3000人以上が逮捕された。

 たった4人の「座り込み」は、公民権運動の太い流れに発展したのだ。

 「シット・イン(sit-in)」のアイデアは、さまざまな「○○-in」運動を巻き起こした。モーテルのロビーでの「スリープ・イン」、プールでの「スイム・イン」、映画館での「ウオッチ・イン」……。

 南部における公民権運動の推進母体、SNCC(スニック=学生非暴力調整委員会)が生まれたのも、このシット・イン運動の中からだった。

 南部の人種隔離エリアにバスで乗り込む、「フリーダム・ライダーズ」の運動が始まったキッカケも、このシット・インだった。

         # 

 半世紀後の、この1日。朝8時から、グリーンズボロの、かつて「F・W・ウールワース」店が入っていたビルで、記念式典が行われた。

 「4人」がシット・インを始めた、その現場が、「国際公民権運動センター・博物館」に生まれ変わったのだ。

 フランクリン・マケイン、エゼル・ブレア、ジョセフ・マクニール、デイビッド・リッチモンドの「4人」の果敢な闘いを讃え、公民権運動の息吹を未来に伝える、新たな拠点ができた。

 記念の朝食会を兼ねた式典には、すでに亡くなったリッチモンド氏を除く3人が招待された。黒人指導者のジェシー・ジャクソン氏(A&T大学同窓生)や、オバマ大統領の代理も出席した。

 「4人」を代表して、マケイン氏が挨拶に立ち、スピーチを行った。

 ――黒人を取り囲む状況は大きく変わったが、問題は今なお、山積している。「私たちは、まだまだ前進を続けなければなりません。眠りに就くことを考える以前に、果たすべき約束を、私たちは持っているのです」

         # 

 「センター兼博物館」に改装された「店内」には、「4人」が座ったカウンターが再現された。
 写真で見ると、なんでもない、ふつうのカウンターであり、椅子だった。

 そこに座って、コーヒーを頼む……座り続けて、また次の日もコーヒーを頼む……

 実にシンプルな、非暴力のレジスタンスが、アメリカの南部の政治の風景を一変させたのである。

 1960年、「グリーンズボロの4人」とその仲間たちの闘い。
 それは同じ年、「独立した日本に米軍の基地はいらない」と、実に単純な思いをバネに、安保反対の闘いに立ち上がった、日本の民衆のあのシンプルさにも、どこか似ている。

  

⇒  http://www.sitinmovement.org/home.asp

    http://www.news-record.com/content/2010/02/01/article/fight_must_go_on_speakers_at_breakfast_say

    http://www.news-record.com/content/2010/02/01/article/civil_rights_museum_opens_today

    http://www.news-record.com/content/2010/01/31/article/an_act_of_defiance_that_changed_history

Posted by 大沼安史 at 08:48 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-02-01

〔いんさいど世界〕 「こっちを見ろ、恥を知れ、これで終わりじゃないぞ」 息子をイラクで亡くした父親がブレアに投げつけたかった言葉

 息子をイラクで失った父親が、英政府のイラク戦争調査員会でのブレア元首相の証言の場に立ち会った。

 レグ・キイズさん。
 英軍の憲兵だった息子のトムさんが、バスラで他の5人の憲兵とともに殺害されたのは、6年半前のこと。
 以来、レグさんは、ブッシュとともにイラク戦争を始めたブレアが、調査委員会に召還される「この日」を待ち続けていた。

 そのレグさんが、ブレアの証言後、英紙ガーディアンに手記を寄せた。

          ◇

 ブレアの証言は、29日の金曜日に行われた。レグさんはマスコミのインタビューもあって、2日前に独り、ロンドンに出た。奥さんのサリーさんは心痛のあまり病に倒れ、レグさんに同行できなかったそうだ。

 水曜日、27日の午後、レグさんは英国の議事堂前の広場で、アル・ジャジーラのインタビューを受けた。テレビのクルーは、レグさんが携行したトムさんの遺影を芝生の上のベンチに置いて、撮影を始めた。

 その時、陽がさしたそうだ。そして遺影の笑顔を輝かせたそうだ。まるでトムさんが、議事堂の方を見るような、光の反射だったそうだ。レグさんの目から涙が流れたそうだ。

          ◇

 翌日、レグさんは大帝国戦争博物館に立ち寄った。6人のユダヤ人がナチの銃殺隊に処刑される寸前の写真があった。16歳くらいの少年が、片方の手で心臓を守り、残る手を、慈悲を求めてナチの兵士に伸ばしていた。

 それを見て、レグさんはトムさんたちの最期のようすを思った。報道によれば、憲兵の一人は赤ちゃんの写真を示し、命乞いしたという。

 遺体で帰国したトムさんの体には銃弾31発が撃ち込まれていた。遺体のまぶたを開けると、そこにあの緑の瞳はなかった。白く、濁った目に変わっていた。 

          ◇

 ブレアが証言する金曜日は、朝から雨だった。会場の会議センターには、抗議のデモ隊が詰めかけ、厳戒態勢が敷かれていた。午前中のブレアの証言は、遺族室のテレビで見た。

 ブレアが神経質そうにしていたのは、最初の10分間だけ。すぐに落ち着きと自信を取り戻した。「まるで調査委員会の委員たちを自分の好きな場所に連れ出し、わき道にそらせて、独り満足して引き揚げでもするような」態度に見えた。

 午後、証言の部屋への入室が許可された。遺族たちはブレアのすぐ後ろに座った。
 父親はブレアの様子を観察した。昼休みに、遺族の女性から、ブレアが朝、証言のため入室し、ペットボトルの水を飲もうとしてキャップを開けた時、手が少し震えていた、と聞かされていたからだ。

 が、震えはすでに消え、今や何も恐れる必要もない「傲慢なブレア」がそこにいた。

 ブレアはノートを広げていた。付箋がついていて、質問のたびに、用意した回答の箇所を開き、ながながと答えた。委員会の質問事項を事前に知って、準備して来たように思えた。

 ブレアは「私は信じている」「私の判断では」を何度も繰り返した。

 「サダムのWMD」に関する質問があった。結局は、存在しなかったイラクの大量破壊兵器。イラク戦争を正当化した、幻のWMD。

 レグさんは、6年半、待ちに待ったその瞬間が、ついに来たと思った。
 ブレアに対し、戦争責任が突きつけられる、その瞬間が……。

 が、ブレアの答えは、彼の「判断において、信じていた」。
 まるで宗教的な信条の告白。

 レグさんはメモに、「なんと幼稚(ナイーヴ)な!」と書き付けた。

 調査委員会のチコット卿が「ずいぶんと代価を支払った教訓でしたね、ミスター・ブレア」と聞いた。ブレアが答えた。「もしも私たちが一つ教訓を得るとしたら、崩壊した国を占領すると、そこに長いこといなければならなくなる、ということです」

 レグさんはメモに、再び「ナイーヴな!」と書いた。

          ◇

 レグさんはそんなブレアの証言を聞きながら、怒りがこみあげてくるのを覚えた。唇を真一文字に結んで堪えた。

 ブレアの後ろ髪は潔癖なほど撫で付けられ、首筋はきれいに剃り上げられていた。まるで蝋人形のように。

 髪を丁寧に撫で付けている後姿を見て、レグさんは思った。

 ならば「イラク戦争」を、どうしてもっと丁寧に、慎重に考えられなかったのか、と。

 調査委員会の委員長、チルコット卿が「後悔していますか、ミスター・ブレア?」と訊いた。「No,No regrets.」――これがブレアの答えだった。

 傍聴席から、「ミスター・ブレア、悔やまなければならないことがあるだろうが」と、声が上がった。「そうだ、戦死者を悔やまないか」と、別の傍聴者が言った。
 遺族の母親2人が、すすり泣きを始めた。その母親たちに目もくれず、退室するブレアに、傍聴者から罵声が飛んだ。「ブレアの人殺し野郎が!」

 母親の一人が声を上げて泣き出した。息子の写真を入れたロケットを握り締めながら。
 彼女がつけていたバラの一枝が、床に落ちた。

 自分でも驚いたことに、レグさんはその場で、一言も発しなかった。

          ◇

 その夜、帰りの列車の中でレグさんは、ブレアが退室しようとした時、どうして声を上げなかったかと後悔した。ブレアに投げつける言葉は、用意していた。しかし、泣き咽ぶ母親たちの姿を見て、声を失った。

 レグさんは手記の最後に、ブレアに投げつけるはずだった言葉を書いた。

 「ブレア、私を見ろ! 男として情けない言い訳ばかりするな。自分ばかりか、イギリス軍にも恥の上塗りをしたんだぞ。これで終わるわけじゃなんだぞ」

 これで終わるわけじゃない……レグさんはしかし、「これで全て終わったと、私は知ってはいたが」という一文で、手記を結んでいた。

          ◇

 こうした遺族の手記を、紙面に全文掲載するガーディアン紙!

 同じくブレアの戦争責任を追及するインディペンデント紙も、わが敬愛する、パトリック・コバーン記者の「ブレアは嘘つきというよりも、むしろアホとして自分の見せていた」との解説記事を、トップで扱っていた。

 英国ではまだ、ジャーナリズムが機能している。

⇒  http://www.guardian.co.uk/uk/2010/jan/31/reg-keys-blair-chilcot-iraq-inquiry

  http://www.independent.co.uk/news/uk/politics/the-evidence-of-witness-69-blair-has-shown-himself-more-a-fool-than-a-liar-1884347.html

Posted by 大沼安史 at 06:13 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-01-30

〔いんさいど世界〕 アメリカ 草の根から変革の動き オレゴン州 富裕層増税を州民投票で決定 ユタ州では「求人サイト」を通じ「市民候補」を擁立

 ワシントンの政治腐敗、政治の機能麻痺が深化する中、貧困・棄民の社会崩壊が進むアメリカで、草の根からの変革の動きが噴き出し始めた。

 オレゴン州では州民投票で、富裕層などに対する増税が決まり、ユタ州では地元選出の連邦下院議員(民主党)に反発した市民団体が連合体を結成、求人サイトを活用し、「市民候補」を擁立する事態が生まれている。

           #

 オレゴン州で26日に行われた州民投票で、賛成多数で可決されたのは「提案66号」と「67号」。

 「66号」は年収25万ドル以上の世帯主、及び同12万5000ドル以上の独身者に対する所得税を増税。「67号」は企業に増税するもので、合わせて7億ドルの税収増を図る。

 これまで減税の恩恵を受けて来た富裕層と企業にターゲットを絞った増税で、推進団体代表は「進歩派民衆の勝利だ」と語っている。

 これによる影響をこうむる同州の富裕層は、全体の3%だそうだ。

 アメリカは世界最悪の「先進格差社会」だが、ここに来てようやく「公平バネ」が働き始めたかたちだ。

 日本もアメリカ並みの相対的貧困率を「達成」し、貧富の格差は開くばかり。オレゴンを見習うべき時期に来ている。年収2000万円(天下りはその半分以下)を基準として、社会還元を図るべきではないか。

           #

 ユタ州では30日、ソルトレーク・シティーで、市民団体の連合体、「市民の候補」が公開オーディションを行った。ネットの求人誌「クレイグリスト」を通じた公募に応え、名乗りを上げた、「連邦下院議員候補の候補者」の中から、最終的に1人をユタ州の「勇気のある市民候補」に選出、来るべき中間選挙に擁立することを決めた。

 ユタ州選出の現職は、民主党議員だが、市民団体側は「魂を売り渡した」腐敗政治家として、反発を強めていた。

 「市民の候補」の創設者の中には、2年前、ユタ州の国立公園隣接地の連邦政府国有地を、ブッシュ政権が石油採掘権つきで売りに出した時、環境破壊の座視できないとして、オークションに参加して落札、直後、入札妨害だとして逮捕され、現在裁判中のティム・デクリストファーさん(29歳)が含まれている。

 腐敗した既成政党、政治屋たちに任せていたら取り返しのつかないことになる、との危機意識に駆られた、ティムさんらの決起だが、新たな政治運動の流れとして今後、全米に広がりうる力を秘めている。

 日本でも既成政党が「公募」を実施しているが、自民党の公募に応募した者がチャッカリ民主党に乗り換えるなど、猟官運動のような事例も見られる。プロの「大政党」に任せるのではなく、ユタのように市民運動を通じ、「市民候補」の擁立を図るのも、国会を活性化するひとつの手立てだ。

           #

 先のマサチューセッツ州での上院補選では、このケネディ家(民主党)の牙城で共和党候補が勝ち、「共和党の巻き返し」が取りざたされているが、オレゴン、ユタの動きは、「民衆の巻き返し」の始まりを告げるもの、と言えるかもしれない。

 草の根から噴出した「チェンジ」の動きに、オバマとしても、忘れかけた変化の歌を歌わずにはおれないはず……だが。

 オレゴン ⇒ http://www.latimes.com/news/la-na-oregon-tax26-2010jan26,0,6339600.story?track=ntothtml

 http://www.nytimes.com/2010/01/27/us/28oregon.html?hp

 ユタ ⇒
http://www.utcitizenscandidate.org/
http://www.democracynow.org/2010/1/29/the_citizens_candidate_grassroots_effort_uses

http://www.democracynow.org/2009/4/3/utah_student_who_prevented_bush_admin

 http://www.huffingtonpost.com/2008/12/21/tim-dechristopher-throws-_n_152661.html

 http://www.nytimes.com/2009/10/10/science/earth/10leases.html

Posted by 大沼安史 at 09:17 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-01-23

〔いんさいど世界〕 ルワンダ 悲劇の地に湧きあがる 平和の歌 

 部族抗争の憎悪と狂気が、わずか100日間に80万人もの命を奪った、ルワンダの悲劇。
 1994年に、このアフリカの小国で、地獄のようなジェノサイドが起きて、早くも15年が過ぎた。 

 そのルワンダでいま、「平和の音楽」がよみがえっているのだそうだ。

 悲劇を生きのびた地元のミュージシャンたちが、ルワンダ音楽の復興に努めている。
 そして、その支えとなっているのが、英国の若いミュージシャン。プロデューサーとしして現地に乗り込んでスタジオを建て、ルワンダ音楽を世界に紹介する、レコード・ラベルまで立ち上げてしまったそうだ。

 英紙インディペンデントの記事で知り、うれしくなって、いろいろ調べてみた。そして、ますます、うれしくなった。
             ♪

 英国・サセックスのミュージシャン(シンガー・ソングライター)、ディクソン・マーシャルさん(29歳)が、ルワンダの首都、キガリで、レコーディングのできる音楽スタジオの建築に取り掛かったのは、昨年(2009年)1月のことだった。

 ディクソンさんは、22歳の時、自力で自前のスタジオを建てた経験の持ち主。慈善団体「ソラス・ミニストリーズ」の支援を受け、仲間と集めた1万5000ポンドを元手に、「ソラス・スタジオ」を完成させた。

 なぜ、ルワンダに音楽スタジオをつくったか?
 それはジェノサイドがあった頃、英国のディクソンさんの家に避難していたルワンダの友人から、大金をかけてつくったレコードを騙し取られた、孤児たちの合唱団のことを聞いたからだ。

 「半端なことはきらいだから、ルワンダの人たちのため、最高クラスのスタジオを建てよう」と決心し、早速、チャリティー・ライブで資金集めを始めた。
             ♪

 キガリ入りしたディクソンさんの前に現れたのは、ジェノサイドの悲劇を生きのびた地元のミュージシャンたちだった。

 もともと、ルワンダには豊かな伝統音楽があって、1994年の悲劇の前は、数多くの旅の楽団が活動していた。

 ニューミュージックも盛んだったが、ツチ族を虐殺したフツ族過激派は、その音楽を武器に使って、ラジオを通じ、憎悪を増幅させた。平和の音楽が、戦いの音楽、虐殺の軍歌に変わったのだ。

 ルワンダの伝統楽器に「イナンガ」という、日本の琴に似た、弾き語りの弦楽器がある。その奏者・歌い手である、ソフィー・ヌザイウェンガさん(31歳)が、ジェノサイドの悲劇を潜り抜けたのは、16歳の時だった。
 6歳でイナンガを弾き始めたソフィーさんだが、虐殺で兄弟姉妹を失い、イナンガを止めていた。
 そんな彼女が叔父の励ましで、再びイナンガに向かったのは、4年前。
 今や、ルワンダただひとりの女流奏者。期待の新星だそうだ。
             ♪

 スターはほかにもたくさんいる。たとえば「ジャー・ドブス」は、6人組のレゲエ集団(ボーイズ)。レゲエのほんとうのふるさとはジャマイカではなく、アフリカだと言って、ルワンダ・スタイルのレゲエを歌っている。

 ヒップ・ホップのジャン・ボスコさんは、フルートのような伝統楽器、「アマコンデラ」の名手。虐殺を逃れ、隣国ブルンディの難民キャンプで育った人だ。

 セントールさんという、71歳(自称)になる、重鎮のイナンガ奏者も健在だ。

 「ソラス・ゴスペル合唱団」は、ディクソンさんの話に出てきた、虐殺孤児たちのコーラスグループ。10年前から活動、現在12人のメンバーは、20代後半の青年に成長した。
             ♪

 「ソラス・スタジオ」を拠点に、これら地元のミュージシャンたちと英国青年、ディクソン・マーシャルさんは、次に何を始めたか?

 なんと、独自レーベルのレコード会社(利益は折半)、「ラフィキ(Rafiki)レコーズ」を立ち上げ(所有者はディクソンさん)、昨年12月には、CDの全世界発売まで漕ぎ着けた。

 初CDは、上記のミュージシャンらが勢ぞろいした、ルワンダ音楽アンソロジー。

 「ラフィキ」HPでサンプルを聴いたら、日本人の耳にもすーっと入る「いい歌」ぞろいで驚かされた。
 「フランス24」のビデオで視聴することも出来るが、スワヒリ語の歌詞の意味は分からないものの、平和の中で平和を歌っている喜びだけは画面から、ストレートに伝わって来た。
             ♪

 彫刻家であり詩人の高村光太郎は音楽が大好きで、「自然にあるのは空間ばかり。時間と音楽は人間の発明だ」と言っているが、あの悲劇の地、ルワンダにも、いま、平和の時間がよみがえり、平和の音楽が流れ出している……。

 レコードのレーベルの「ラフィキ」とは、スワヒリ語で「友だち」という意味だそうだ。 

        
 
   英紙 インディペンデント ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/africa/songs-of-praise-how-rwanda-got-its-groove-back-1866944.html

  「フランス24」 英語インタビュー 映像も ⇒ http://www.france24.com/en/20091209-dicken-marshall-rwanda-first-label-rafiki-records-music-godula

  ラフィキ・レコードHP ⇒ http://www.rafikirecords.com/

 http://www.musicbizcenter.com/blog/

Posted by 大沼安史 at 02:10 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-01-16

〔いんさいど世界〕 「9・11」の疑惑を追及する米国の神学者、デイヴィッド・レイ・グリフィン氏 カナダのTV番組で「真相」を追及 「米司法省高官、テッド・オルソンは、妻のCNNコメンテーター、バーバラ・オルソンの、アメリカ航空77便の機内からの電話を受けてはいなかった」 ではその朝、テッド・オルソンの司法省の執務室にかかって来た、秘書が取り継いだ「2本の電話」は一体、誰から?

 「9・11」の真実を追及してやまない米国の著名な神学者、デイビッド・レイ・グリフィン氏が昨年11月27日、カナダのテレビ局、CBCの番組に出演し、独占インタビューに答えて明らかにした内容が今、ユーチューブを通じて世界に流れ、衝撃波を広げている。

 「9・11」事件では、イスラム過激派のテロリストによって民間航空機4機が「ハイジャック」されたことが、の乗客・乗員の携帯電話」による地上への相次ぐ「通報」で確認された――というのが、事件当時の「公式ストーリー」の中軸だった。
 このストーリーは今なお、一般には「事実」として信じられているが、捜査機関であるFBI自体(ということは米政府当局自体)がこれをすでに、すっかり反故にし、葬り去っている――というのだから、驚かざるを得ない。
 
 で、今、それがどんな「話」に変わっているか、というと、「13人の乗客・乗員が機内電話で計35回、携帯電話で2回、ハイジャックを通報した」ことに。
 「携帯電話」は2回だけ、あとは全て「機内電話」での通報だった、という話に差し替えられている。

 グリフィン氏によれば、FBIがこの新たなストーリーを持ち出したのは、2006年に開始された、テログループの生き残り、ムサオイ被告に対する裁判の中で。提出した文書の中で、「実はほとんどが機内電話でした」と、あらたな捜査結果を示した。

 FBIがなぜ、そんないい加減な、みっともないことをしたか、というと、その背景に、2001年9月当時は、飛行中の航空機から携帯電話をかけるテクノロジーが生まれていなかったという事実があるからだ――そうみられる。

 高度数千フィート以下なら、つながる可能性も全くないわけではないが(しかし、万が一、つながったとしても、すぐに切れてしまう)、航空機が飛ぶ、数万フィート上空では通話可能性は限りなくゼロに近い――これが2001年9月11日当時の携帯電話の技術水準だった。

 これは事件後、かなり早くから「9・11」の真実を追求する人々によって指摘されていたことで、関係者の間ではよく知られたことだったが、ここで問題なのは、FBIまでが(米政府当局までが)その不可能性に気づき(と推測される)、あわてて(と推測される)ストーリーを変えたことだ。

 しかし、変えれば済むものではなく、ここからまず、FBI(米政府当局)にとって厄介な問題がひとつ出て来る。「9・11」当日、機上からの電話を受けた人たちが口をそろえて言っていた、「携帯電話からでした」証言はみな「勘違いだった」か、という問題である。

 もちろん、全てが電話を受けた人の「勘違いだった」ことも、理屈の上ではあり得る。
 しかし、たとえばユナイティド(UA)航空93便(ペンシルバニアに墜落)の乗客の妻のひとりは、彼女の携帯で、「夫」の携帯電話からの電話を、画面のコーラーIDで確認した上で電話を受けている。
 これは「9・11」当時のFBIの捜査記録に明記されていたことだが、2006年、ムサオイ裁判で提出されたFBI文書では、「機内電話での通話」を受けたことに勝手に書き換えられていた。

 (ここで想像をたくましくすれば、「振り込め詐欺」のように、何者かが乗客の夫になりかわり、夫の携帯電話をジャックして妻に電話をかけ、ハイジャック事件に巻き込まれたと思い込ませた――ということもありうるのではないか! グリフィン氏自身、そこまで言い切ってはいないが……)

 さて、FBIが「携帯電話」を「機内電話」にさしかえたことで話の筋が通り、一件落着かというと、そうではない。疑惑の火は逆に燃え盛ってしまうのだ。
 たしかに「機内電話」があれば、高空を飛行する航空機の中からも電話をかけることができるが、ペンタゴンに突っ込んだ(とされる)アメリカ航空77便には、実は機内電話が装備されていなかった!

 となると、77便に乗っていた、CNNの女性キャスター、バーバラ・オルソンが、夫である米司法省高官、テッド・オルソンに、2回、「携帯」で電話をかけて来た、という、あの有名な、「ハイジャックの決定的な証拠」は、どういうことになるのか?

 「77便の妻」から「携帯で2度」、電話がかかって来たことは夫のテッド・オルソンが何度も証言していたことだ。
 それに女性秘書も事件後、FBIの聴取に対し、「1回目はコレクト(受信者払い)で、2回目は直接、かかって来たので、つないだ」と証言しているのだ。

 しかも、奇妙なことに、2006年のムサオイ裁判に提出されたFBI記録文書では、バーバラ・オルソンは77便機上から、「1回だけ電話をかけたがつながらず、通話時間はゼロだった」と明記されている……。

 機内電話もなく、携帯はつながらない中で、バーバラ・オルソンは、どうやって夫に、77便がハイジャックされたと告げることができたのか?

 グリフィン氏は年明けの1月12日、カナダのグローバル・リサーチ研のサイトに発表した記事を、「これが意味することは、テッド・オルソンも女性秘書も、バーバラ・オルソンの77便機上からの電話を受けてはいないことだけである」と慎重な言い回しで結んでいるが、これはもう想像をたくましくするまでもなく、大変なスキャンダルに行く着く、すさまじい話である。

 ことここに至っては(ここまで来てしまっては)――アタマのいかれた陰謀論者ども、ではなく、キリスト教神学の泰斗として知られるグリフィン博士に、お隣のカナダのテレビで暴露されるなど、ここまで「真相」に迫られては、「9・11」を仕組んだ連中としては、死にもの狂いで、隠蔽工作に走らざるを得ないだろう。

 それがあの、「クリスマス航空機空中爆破失敗テロ」であったかも知れない。

 イスラム過激派がクリスマスの日に、デトロイト行きのノースウエスト機を空中爆破……そんな最悪なことが現実のものになっていたら、グリフィン氏らの「9・11」疑惑追及もまた、一緒にどこかへ吹き飛んでいただろうから。

 2001年の「9・11」から、来年で10年――。真相の全面究明が待たれるところだ。

 
⇒  http://www.youtube.com/watch?v=KjImLL4NnwA

   http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=16924

  http://www.911truth.org/article.php?story=20071009102819394

  デイビッド・レイ・グリフィン氏 Wiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/David_Ray_Griffin

Posted by 大沼安史 at 02:21 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2010-01-14

〔いんさいど世界〕 Xマス航空機テロ アメリカ「秘密政府」暗躍か? 「9・11」と同じ構図

 あの「クリスマス航空機テロ」事件に、「9・11」と相通じる、黒い疑惑の影を見る見方がくすぶり続けている。

 昨年12月25日、オランダ・アムステルダム発デトロイト行きのノースウエスト航空機253便の機内に爆発物を下着に隠して持ち込み、米国上空で爆発させた、あのテロ事件の犯人――ナイジェリア国籍のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ容疑者(23歳)が、米国の情報機関や留学先の英国諜報機関にマークされながら、なぜ、やすやすと米国行きの航空機に乗り込むことができたか?

 以下の一連の事実を考えれば、疑問の声が出るのも当然である。

 ・ 英国の情報機関、MI5が、アブドゥルムタラブ容疑者が2007年以来、同機関がマークしていた、イスラム過激派のターゲット(複数)に、繰り返しコンタクトを取ったことから、同容疑者に関する情報ファイルを作成し、監視の目を光られていた。
 ⇒ ガーディアン(オブザーバー)http://www.guardian.co.uk/world/2010/jan/03/terrorism-uksecurity

 ・ 事件の4ヵ月前、米国の情報機関、NSA(国家情報局)が、イエメンのアルカイダ指導者を含む通信を傍受、ナイジェリア人の男を使ったテロ攻撃計画を議論していることを察知していた。
 ⇒ ニューヨーク・タイムズhttp://www.nytimes.com/2009/12/31/us/31terror.html?_r=1

 ・ アブドゥルムタラブ容疑者の父親(富裕なナイジェリアの実業家)が、事件の一ヵ月以上前に、ナイジェリアのアメリカ大使館に出向き、息子からの携帯電話でのメールを見せ、同容疑者がイエメンにいて、過激派になってしまった、と通報した。
 ⇒ 上記、タイムズ記事

 ・ 同容疑者は12月9日、エチオピアからガーナのアクラ入りし、24日まで滞在。ナイジェリアのラゴス経由でアムステルダムに向かったが、ガーナ滞在中、アルカイダから爆薬などを受け取ったとみられる。米国のFBIはガーナにエージェントを配置しているが、なぜ、この段階で摘発しかなったのか?
 ⇒ インディペンデント http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/alqaida-trains-20-more-plane-bombers-1863279.html

 ・ 12月25日当日、同容疑者はアムステルダム空港で、2年間有効の米国入国査証を持って、ノースウエスト253便に乗り込んだ。同便の出発1時間前までに、乗客情報は、米国国家安全保障省に通報されていたはずだが、なぜ、放置されていたのか?

 ⇒ カナダのグロバール・リサーチ研、トム・バーグハート氏記事 http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=16888

 以上のことから、紛れもない形で分かるのは、アブドゥルムタラブ容疑者
がテロリストとして確証済みであるにもかかわらず、徹底して「泳がされ」、犯行に及んでことである。
 (上記、以外にも、さまざまな暴露報道がある。トム・バーグハート氏の記事を参照)

 これはまるで、アタ容疑者らを「泳がせ」、自爆テロ攻撃をに至らしめた(どこまでが彼らの犯行だったかは不明だが……)、あの「9・11」と同じ構図ではないか?

 「9・11」でも米政府当局に対し、フランスやロシアなどの各国情報機関から「事前警告」が再三にわたって行われていたが、同時多発テロを防がなかったのは、すでに知られた事実である。

 この点について、World Socialist のウェブ・サイトは、今回のテロ事件がど253便の墜落のような大惨事になっていたら、どんな状況が生まれたか、と問題提起し、こう指摘している。

 オバマ政権に深刻なダメージを与える一方、極右を政治的に強化して米国外における軍事・情報活動を大規模に拡大する道を切り拓いたはずだと。
 ⇒ http://www.wsws.org/articles/2009/dec2009/pers-d31.shtml

 このWorld Socialist の見方を裏返せば、同容疑者を「泳がせた」者がいたとしたら、それは、こういう状況になるのを期待した者ども――だということになる。

 World Socialist の記事は、米国にはブッシュ時代の8年間、「秘密政府」が存在したと指摘しているが、同記事でその「中心人物」と名指しされたチェイニー前副大統領は12月31日、声明を発表し、「われわれは戦争のさなかにある。オバマ大統領はそうではないと装うだけ、われわれは安全でなくなっている」と攻撃した。
 ⇒ http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/12/30/AR2009123001231.html

 「9・11」後、待ってましたとばかりに、アフガンを攻撃し、イラクに侵攻して、世界をますます安全な場所でなくしたのは、そもそも一体、誰なのか?

 ブッシュ時代の闇の亡者どもが、今なお、ゾンビーのように暗躍し続けている?……。     

Posted by 大沼安史 at 08:51 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-01-10

〔いんさいど世界〕 捕鯨戦争 日本政府 国内情報統制に勝利するも国外では完敗 「シー・シェパード」側 好機と見て「殺人未遂」国際キャンペーンへ

 南極海で日本の調査捕鯨監視船、第2昭南丸が反捕鯨団体「シー・シェパード」の抗議船、「アディ・ギル」号に舳先から衝突した事件が、「日本」という国のアイデンティティー問題としても発展、深化しかねない風向きだ。

 日本政府は一部メディアの「支援」の下、記者クラブ発表・大本営報道を通じ、「シー・シェパード」側の「無法」ぶりに焦点を当てる国内世論操作には成功しつつあるようだが、世界的には新たな「日本叩き」を招きかねない危うい情勢にある。

 「シー・シェパード」側はすでにオランダで、今回の衝突事件を「海賊行為」として提訴しているが、オーストラリアのABC放送が伝えたところでは、「殺人未遂」罪で、世界各地の裁判所に提訴する構えも見せている。
⇒ http://www.abc.net.au/news/stories/2010/01/10/2788935.htm

 なにしろ、「シー・シェパード」側には、衝突の一部始終を実写した証拠のビデオがあるから、彼らしては、絶好のチャンスとばかりに勢いづいているのだろう。
 「洋上でほとんど停止していた小型抗議船に襲いかかる日本の捕鯨監視船!」……この世界的に共有されてしまった、この強烈な視覚的なイメージ(それも鯨の視点から見たような……!)は、もはや消せない。

 それにしても、監視船・第2昭南丸のあの「操船」は、「調査捕鯨」の実施機関である財団法人・日本鯨類研究所(略称=鯨研。この研究所の理事長は水産庁次長をした元高級官僚だ。天下り先か?)の指示によるものなのか、確認する必要がある。

 小型の抗議船に舳先を向けて突進するなど――それも海上交通ルールで回避義務のある右舷に相手船を見て突っ込むなど、第2昭南丸の船長の「独断」で行われたものとは考えにくい。

 この操船の問題は今後、オランダの裁判などで追及されることになろうが、「シー・シェパード」側の執拗な「妨害」活動に対し、鯨研側が今回、先手を打って封じ込める対決姿勢を強めていたことは確かなようだ。

 これは日本ではまったく報じられていないことだが、豪紙・エイジ紙の報道によると、鯨研はニュージーランドのPR会社を通じ、オーストラリアで捜索機をチャーターし、「シー・シェパード」抗議船の動きを捕捉していた。
 鯨研 空から偵察活動 ⇒ http://www.theage.com.au/environment/japanese-whalers-in-spy-flights-20100105-lsco.html

 つまり、いち早く抗議船を捕捉して監視船を向かわせる――鯨研が今回採った「前進防衛(フォーワード・ディフェンス)」作戦が、今回の「体当たり防衛攻撃」の背景に潜んでいるような気がするが、いかがなものか?

 PR(世論対策)でいえば、事故後の鯨研側の対応も、押され放題の負け戦だった。

 水産庁は曳航途中で放棄された「アディ・ギル」号から「油のようなものが流れている」(環境汚染だ!)、ボーガンの矢のようなものを発見・回収した(殺傷能力を持った武器だ!)と「発表」し、得点を稼いだ気になったようだが、「シー・シェパード」側に「嘘つきが! 自分でまいた油だろう」「矢? 俺たちの仲間にロビン・フッドがいるってことかい?」と、軽く一蹴されてしまった。

 「油」による環境汚染について言えば、日本の捕鯨船団は、2007年に母船の「日新丸」が火災を起こし、燃料流出騒ぎを引き起こしたことを、オーストラリアやニュージーランドの人々は忘れてはいない。⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2007/02/post_1fbb.html

 また、「矢」について言えば、その殺傷能力は、捕鯨で使っている「銛(もり)」の比ではない。
 「シー・シェパード」側は、オーストラリア出身のハリウッド女優、イザベル・ルーカスを使って反捕鯨CMを制作、ミサイルのような銛のそばに、彼女がすくんで立つ姿で捕鯨の残酷さをテレビで宣伝する作戦でいるが、そこで映し出された巨大な銛に比べれば、ボーガンの「矢」などオモチャのようなものでしかないのだ。女優キャンペーン ⇒ http://www.dailytelegraph.com.au/news/isabel-lucas-acts-to-end-whale-slaughter/story-e6freuy9-1225817468529

 鯨研側は今回、スポークスマンとして、英語のネイティブらしき外国人男性を起用し、外国メディアに対応させたが、これも外国のブログの反応を見る限り、逆効果に終わった。「通訳」なしでストレートに主張したせいか、名指しの反論を浴びるなど反発を招いた。

 このように総じて「前進防衛」の攻撃的な構えが裏目に出てしまったが、ことの重大さを国民に伝えない、日本政府(及び、政府にコントロールされたマスコミ)の姿勢は問題である。

 そもそも、オーストラリアの現政権は日本の南極海での大規模捕鯨を法的措置でもって止めさせると選挙公約した政権の座に就いてものだが、今回の事件でも、たとえばピーター・ガレット環境相が8日の時点で、こう言明している。
 「日本がことし6月まで捕鯨の続行を放棄しなければ、豪政府は国際法廷に訴え出る」と。⇒ http://www.news.com.au/couriermail/story/0,,26567266-953,00.html

 こういう重大な豪政府の方針を、日本の当局はなぜ、隠すのか?

 もう一つ、豪紙オーストラリアンの報道で実例を挙げれば、オーストラリアの東京大使館は8日、日本政府に対し、日本の監視船に対して、海上安全規則を守るよう、ハイレベルのアピールを行っている。回避義務を怠った第2昭南丸に対する、オーストラリア政府としての正式の抗議の意思表示だが、日本のマスコミはこれもまったく無視した。
 水産庁の「発表」にしがみついてばかりいるから、こういうことになる。「調査捕鯨」を「調査報道」しない日本のマスコミ……これはもう冗談では済まされないことだ。

 「調査捕鯨」の是非はさておき、われわれ日本人が決して忘れてはならないことがある。それは、あの「真珠湾」をしでかしたことで、歴史的な負のイメージ遺産、負のアイデンティティーを背負ってしまったことである。不意打ちをくらわす卑怯者=日本のイメージ。それがあの「第2昭南丸」の強襲イメージにダブって、受け取られかねないことだ。

 今回の事件で個人的にショックだったのは、あるアメリカの反戦・平和サイトの記事に対する投稿の中に、「3発目の原爆、日本に食らわせてやろうじゃないか」との書き込みがあったことだ。

 もちろん、それをたしなめる書き込みもあって少しはほっとしたが、こうした「反日ルサンチマン」が、歴史の底流にあることは忘れてはならないことだ。

 今、日本政府のなすべきは――日本のマスコミが行うべきは、事件の真相、事実の究明であるだろう。
 海上自衛隊のイージス艦漁船撃沈事故と同じように、なぜ、あのような「事故」が起きたのか、できれば豪、ニュージーランド両国政府と合同で真相を究明し、責任の所在を明らかにすることである。

 本格的な「捕鯨戦争」入りを目論む「シー・シェパード」の思う壺にはまり、「捕鯨反日」の火に自ら油を注いではならない。 
 
 

Posted by 大沼安史 at 05:38 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (2)

2010-01-05

〔いんさいど世界〕 コミュニティーの銀行へ、預金を移動せよ! 米国で Move Your Money 運動がスタート ウォールストリートから市民のマネーを総引き揚げ 名画「素晴らしき哉、人生!」リメークビデオで呼びかけ

 アイデアはクリスマスの前のディナーの席で生まれたそうだ。

 ネット新聞、「ハフィントン・ポスト」の主宰者でジャーナリストのアリアナ・ハフィントンさんが友人たちと、ウォールストリートの巨大金融機関のやり放題にお灸を据え、米国の草の根にマネーが流れるようにするにはどうしたらいいか?――夕ご飯のテーブルを囲んで頭をひねっているうちに、飛び出した。

 その場にいたのは、映画監督のユージン・ジャレッキー氏、政治ストラテジストのアレクシス・マクギル氏、エコノミストのロバート・ジョンソン氏ら。

 ウォールストリートの大銀行(金融機関)は、米国民の税金で救済されながら、身内にはボーナスを大盤振る舞いする一方、外部の庶民や中小企業には貸し渋るするなど、好き勝手のし放題。

 ワシントンの政治家は見くびられ、マスコミはなめられ、いかんともしがたい、八方手詰まりの状況だったわけだが、その打開策、突破口となったのが、1946年に上映された、オスカー賞受賞の名画、It's a Wonderful Life(「素晴らしき哉、人生!」のリメーク・ビデオをつくって、それを武器に、ウォールストリートから全米コミュニティーの銀行へ、預金を移動するアイデア。

 アリアナさんと夕食をともにした顔ぶれから見れば、当然、生まれるべくして生まれたアイデアだが、思いついた時は、頭に電球がともったようだった(ピン・ポーンと、不意に浮かんだ)という。

 この、It's a Wonderful Life という映画、ジェームズ・スチュアート扮する「ジョージ・ベイリー」という主人公が、貪欲な悪徳銀行家に対抗し、地域の銀行を守り、地域の人々のマイホームの夢を守りぬく筋書。

 これを今のアメリカの現実を重ね合わせ、庶民派の上院議員、バーニー・サンダース氏らも登場させたビデオをつくったのは、アリアナさんの夕食会の席にいたジャレッキー監督。さすが手馴れたもので、たったの数日で完成させてしまった。

 ビデオができるあがると、早速、Move Your Money のサイトを立ち上げ、自分の住んでいる近くに、預金を移すにたるどんな金融機関があるかと紹介するIRABankRatings.com と連携して、「預金を移せ」キャンペーンを開始。

 アリアナさんは自分のハフィントン・ポストに記事を書いたり、率先してキャンペーンを開始し、エコノミストのロバート・ジョンソンさんは「デモクラシーNOW」に出演、「クレジット・ユニオン」といった地域に根を張ったところに預金を移動し、地域経済を支えるファンドとするよう訴えた。

 このキャンペーンが今後、どんな成果を生んでいくか、楽しみだが、市民・庶民の預金を「投機」に、ではなく、地域経済への「投資」に、融資に回していこうというこの運動は、「金融」をウォールストリートの壁の中から、地域社会の根っこに奪還してゆくものとして注目に値する。

 預金は地域のコミュニティー銀行へ。貸し渋りをしたり、元頭取に目のくらむような退職金を出したりしている大銀行には三行半を突きつけ、預金を引き下ろす――日本でも検討されるべき、新たなレジスタンスの手法ではないか! 

 Move Your Money ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=Icqrx0OimSs&feature=player_embedded

 ハフィントン・ポスト アリアナさんの記事 ⇒ http://www.huffingtonpost.com/arianna-huffington/move-your-money-a-new-yea_b_406022.html 

 デモクラシーNOW ロバート・ジョンソンさんインタビュー ⇒ http://www.democracynow.org/2010/1/4/move_your_money_project_urges_people

 Move Your Money のHP ⇒ http://moveyourmoney.info/

  IRABankRatings.com ⇒ http://us1.irabankratings.com/Cart/login.asp?affiliate=moveyourmoney

 映画「素晴らしき哉、人生!」日本語Wiki ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%A0%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%8D%E5%93%89%E3%80%81%E4%BA%BA%E7%94%9F!

Posted by 大沼安史 at 08:30 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2010-01-03

〔いんさいど世界〕 野生のトラ 全世界に、たったの3200頭!

 寅年です。英語で言うと、the Chinese Year of the Tiger。まさに「虎年」――。

 英紙ガーディアン(電子版、3日付)によると、全世界における野生のトラの生息数はいまや、たったの3200頭。そこまで激減しているのだそうです。

 そう、3万2000頭ではなく、3200頭。

 過去1世紀――つまり、たったの100年の間に、95%もの減。

 野生動物保護団体のWWF(世界自然保護基金)では、「絶滅動物リスト10」のトップに「トラ」をおいて、警報を鳴らしています。

 トラには大きく分けて9つの種類があるそうですが、そのうち、バリ、カスピアン、ジャバの3種類は、すでに絶滅しているそうです。
 サウス・チャイナ・タイガー(南中国虎)は過去25年間、まともに目撃されさえしていないそうです。

 残るは、ベンガル、インドシナ、スマトラ、マレーシア、アムール(シベリア)の5種類。
 このうちベンガルとインドシナを除いては、それぞれ数百頭まで減っているそうです。

 トラたちがなぜ減っているか? 森林破壊、密漁(皮と薬にする)が大きいのですが、海面上昇の危機も、トラたちをピンチに追い込んでいるそうです。

 バングラデュからインドにかけてのサンダーバンズ沿岸部には、マングローブの森を住みかとするトラたちがいるそうですが、海面上昇で水没の危機に見舞われています。水攻めですね。

 こうした中で、WWFではトラを救うをキャンペーンをして、インドで金属探知機で「虎バサミ」を回収する活動などをしているそうですが、ロシア東部に住むアムールトラ(シベリアトラ)を守る運動はロシア政府の協力もあって、成果を生み出しつつあるようです。500頭くらいはいるそうです。

 WWFジャパンによると、トラのオス1頭が生きていける森林面積って、なんと100~200平方キロ。

 宮城県の森林面積は7300平方キロですから、1頭あたり200平方キロとして、36頭しか生きていけないんですね。

 ここで何をいいたいかというと、トラを守るとは森を守ることであり、地球を救うことでもあるですね。

 トラはもちろん、森の王者。森の自然・生命体系の頂点に立つ動物です。トラが生きているということは、森の命が、森の自然が生きている――地球が生きている、ことなんですね。

 WWFジャパンではトラを守るキャンペーンを始めていて寄付を募っています。仙台の八木山動物園も、キャンペーンに協力しているはず。

 八木山にはスマトラトラの「リップ」というのがいますから、「リップ」を見たら、募金箱に「セイブ・ザ・タイガーズ」の祈りをこめて「チップ」を弾んであげて――と、トラたちになりかわって、寅年の年頭にあたり、呼びかけたいと思います。 

 ガーディアン⇒ http://www.guardian.co.uk/environment/2010/jan/03/tigers-top-10-endangered-species

 WWFジャパン⇒ http://www.wwf.or.jp/campaign/2009_win/

Posted by 大沼安史 at 02:02 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2010-01-02

〔いんさいど世界〕 現代史の「空白」 飛虎(フライング・タイガーズ)秘話

 寅年が明けました。新年、最初の話題は、「空飛ぶ虎」、すなわち「フライング・タイガーズ(Flying Tigers)」のことを。

  「フライング・タイガーズ」――米・中・日、3ヵ国に関係した史実です。アメリカや中国ではよく知られたことです。でも、日本では、ほとんど「何、ソレ?」状態。大半の日本人が知らない、というより、知らされていない?……歴史の記憶から消されている?……といった方が正確かも知れません。

 戦時中、空飛ぶ虎、フライング・タイガーズといわれるアメリカの義勇・戦闘機部隊がいて、中国に味方して、日本軍と戦っていた!
 3個飛行大隊からなる、その米国・義勇空軍には、「パンダ」と呼ばれる大隊まであって、日本の隼戦闘機などと死闘を演じていた!

 ご存知ないのも当然です。中国の大空を舞台に、「米・中」が手を握って、「空の抗日戦」を続けていたなんて、米国の軍門に下り、戦後、その同盟国になった日本政府にしたら、認めたくもないこと。戦後の日本の権力者たちは、「太平洋戦争」と「日中戦争」を分離するのに汲々としていたわけですから。

 僕が「フライング・タイガーズ」のことを知ったのは、(この記事を書くため、調べ直して確認したのですが)2005年8月のことでした。
 当時は「終戦60周年」を前に、日中関係がひどく悪化していた頃。ニューヨーク・タイムズ紙の東京支局長、ノリミツ・オオニシ記者(と、同紙北京特派員)が、「フライング・タイガーズ」飛行大隊の「中国人パイロット」による、日本軍機との空中戦の再現ショーが行われる、と報じ、それを読んで驚いたわけです。

 戦時中、中国に航空戦力があったとは初耳だったので、少し調べたところ、「フライング・タイガーズ」とは、アメリカ人義勇軍のことだと分かり(もしかしたら、僕が知らないだけで、中国人パイロットによる「飛虎」部隊も存在していたかも知れません……)、またまた驚いたわけです。

 今、ニューヨーク・タイムズ紙のアーカイブやネットで、改めて調べ直してみますと、「フライング・タイガーズ」(愛称)の正式名は、アメリカ義勇軍(AVG)。中国の国民党軍を支援するため、1941年の夏に、米本土で編成されたそうです。

 その中心的な役割を果たし、対日戦線で指揮をすることになるのは、米陸軍航空隊の退役軍人だった、クレア・シェンノートという人物(夫人が中国人だったそうです)。

 このシェーンノート氏が、ルーズベルト大統領の支援を得て、米軍の現役パイロットらをスカウト、地上要員など総勢300人の飛行部隊を編成し、ビルマのラングーン入りし、ラングーンと中国雲南省の昆明を基地に、3飛行大隊(「パンダ」「アダムとイブ」「ヘルズ・エンジェル」の3大隊でした)、P40トマホーク戦闘機60機の体制で、日本軍に対する攻撃準備を開始します。

 戦闘準備が整ったところで、日本軍が真珠湾攻撃。
 「フライング・タイガーズ」の最初の戦闘は、昆明基地に配備された2飛行大隊が日米開戦12日後、12月20日に行ったもので、日本軍機5機を撃墜したそうです。

 「フライング・タイガーズ」はその後、義勇軍の形で1942年7月まで活動を続け、その後、米陸軍航空隊に吸収されますが、その半年ちょっとの間に、日本軍機294機を撃墜(自軍のパイロットの損失は14人)したといいますが、実際はもっと少なかったようです(撃墜すると、ボーナスが出る仕組みだったそうです……)。

 この「フライング・タイガーズ」、アメリカでは戦時中から、ジョン・ウエイン主演の映画になったり、戦記本が出たり小説になったりで、(「タイガー」のくせに)「サメ」のようなギザギザ歯・シンボルマークを描いたP40戦闘機の機体とともに、スーパースター並みの人気者に。

 人気の秘密はもちろん、ボランティア、つまり義勇軍という英雄的な行為によるものですが、米政府は部隊発足50周年の1991年に、これら「空飛ぶ虎たちOB」に軍人恩給の支給を決定しています。
 形式上は中国の国民党軍に所属する義勇軍ながら、現実には米軍そのものだったわけですね。

 つまり、中国戦線では太平洋戦争の開始直後から、米軍(機)が地上の中国軍を支援して、力を合わせて日本軍と戦っていた!

 昨年はオバマ大統領が中国を公式訪問して「米中新時代」が始まりましたが、実は「米中」ってもともと、「連合国」の仲間同士。仲良しだったわけですね。

 たしかに「冷戦」が続いていた間は、米中関係も悪化していましたが(その間、日本は中国との間で起きた過去のことなど、知らんぷりを決め込むことが出来ましたが)、中国が超大国としてアジア&世界の舞台に登場する中で、ここ数年、関係改善が進んでいます。

 実際、この「フライング・タイガーズ」のような過去の絆があるわけですから、米中関係の改善は、今後ますます、意外な急テンポで進むかも知れません。

 日本がこの流れに遅れをとらないためには、「中国」を知らぬ・存ぜぬの「ブラックボックス」の中に置き続けるのではなく、過去の史実を直視し、歴史に学ぶところから始めなければならないような気がします。

 ⇒ NYT ノリミツ・オオニシ記者らの記事 http://www.nytimes.com/2005/08/03/international/asia/03nationalism.html?sq=The Flying Tigers&st=cse&scp=104&pagewanted=all 

  http://www.centennialofflight.gov/essay/Air_Power/tigers/AP24.htm

  http://www.flyingtigersbook.com/preface.htm

  Wiki  http://en.wikipedia.org/wiki/Flying_Tigers
  日本語Wiki  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

    http://www.nytimes.com/1991/07/08/us/50-years-later-flying-tigers-are-given-veterans-benefits.html?scp=10&sq=The%20Flying%20Tigers&st=cse

  

Posted by 大沼安史 at 02:20 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2009-12-29

〔いんさいど世界〕 朝日タイガーズは、不滅です!

 もう幾つか寝ると、寅年のお正月。トラ……タイガー。そんな新しい年にふさわしい(?)話題をひとつ。

 来年はバンクーバー・オリンピックの年ですが、そのカナダ西海岸の都市、バンクーバーに、ほんとうに強くて、立派なトラ(タイガー)たちがいたことをご存知でしょうか?
 バンクーバーに、私たち日本人の鑑のような、偉くて強い「トラさん」たちがいたことを?

 その名も「フーテンの寅」ならぬ、「朝日のトラ」たち。
 今日はその「朝日のトラたち」……「朝日タイガーズ」がかつてバンクーバーにいて、ほんとうに凄い、金字塔を立てていたことを紹介したいと思います。

 〔実は僕がこの朝日タイガーズのことを知ったのは、つい先日のこと。カナダのクラシックの女性作曲家、アレクシナ・ルイエさんという方――「天国の歌」を作曲した人です――のことを調べていて、どういうわけか、この「バンクーバーのトラたち」にめぐり遭いました。「天国」と「トラ」の、素敵なめぐり遭い!〕

 前置きが長くなりました。で、さっそく本題に戻ると、この「朝日タイガーズ」――英語では Asahi Tigers――は、野球のチーム。バンクーバーの日系社会から生まれ、カナダの日系社会の苦難の歴史を支えた、たいへんなチームでした。

 ただの草野球チームではありません。白人のチームと対戦し、地元リーグで何度も優勝しました。これは戦前ことですが、親善でカナダを訪問した「東京巨人軍」と戦った記録も残っています。これは1926年(昭和元年)のことですが、バンクーバーで、「ジャイアンツ・タイガーズ戦」があったということですね。

 さて、さきほど日系社会の苦難の歴史を支えたチームだと紹介しましたが、バンクバーを含むカナダの日系社会は、厳しい歴史の試練を2度、乗り越えています。その2度の試練を、日系人たちは負けじ魂と団結で克服してゆくのですが、「朝日タイガーズ」はその都度、日系社会を支える中心的な役割を果たしました。

 最初の試練は、日系移民に対する差別との戦いですね。明治時代の、日本からの移民は最初、主に漁業を営むのですが、勤勉な日本人の働きに脅威を感じた白人たちに漁業権を奪われたこともあったそうです。
 そうこうしているうち、バンクーバーにも、パウエル街を中心に日系人の居住区――ジャパンタウンとかリトル・トーキョーと呼ばれていました――が生まれましたが、日系人に対する差別は相変わらずだったそうです。

 そんな時、日系人としての誇りと団結を保とうと、パウエル街のジャパンタウンで結成されたのが、この「朝日タイガーズ」でした。1914年(大正3年)のことです。
 記録によれば、当時、パウエル街にマツジロウ宮崎さん、通称「馬車松」さんという方がいて、店を開いていました。その「馬車松」さんが監督になって、選手たちに「タマゴご飯」を食べさせからグランウンドに送り出していたそうです。

 「朝日タイガーズ」のホームは、地元の公園の「パウエル球場」。そこに朝の7時に集まっては練習していたそうです。

 ノンプロのカナダ太平洋鉄道の白人チームなどのリーグ戦を戦うようになったのは、4年後の1918年。翌1919年にはリーグ初優勝を果たしました。

 白人チームを相手に勝った! これは当時の日系社会としては凄いことですね。 審判がエコヒイキで、けっこう汚い判定があったそうですが、じっと耐えて、フェアプレーに徹したそうです。(1935年には、あまりの汚い判定に抗議してリーグを一時脱退したそうです)

 そして1920年代になってチームは、〔バンクーバーの野村監督といわれた……これは嘘です!!!〕ハリー宮崎監督の下で、いよいよ全盛期を迎えます。
 この頃にはもう、チームはバンクーバーの日系社会と一体化していました。9歳から11歳の子どもたちで「クローバー」と呼ばれる「4軍」、12~14歳で「ビーバー」と呼ばれる「3軍」、15歳から上の子で「アスレチックス」と呼ばれる「2軍」を組織し、分厚い選手層の中から「1軍」の選手が抜擢される体制が組まれていたそうです。

 野球帽にはAの文字。胸に日の出マークがついたり、縦にASAHIといれたユニフォーム姿。そんなタイガースの選手たちは、日系の若い女性の憧れも的だったそうです。楽天の「まーくん」みたいなものですね。

 相手は雲をつく白人の大男たち。しかし、こちらは小柄な日系人。で、どうやって戦ったかというと、「ブレイン・プレー」、つまり頭脳プレーで立ち向ったそうです。
 要は盗塁とバント。リーグの決勝戦で、ノーヒットで3対0で勝ったこともあるそうです。こつこつ当てるバッティング。イチロー選手のような人が、勢揃いしていたわけですね。

 こうして「朝日タイガーズ」は1926年、地元リーグの最高峰、「ターミナル・リーグ」で初優勝し、その後、1930、32、34、36、37……という具合にリーグ制覇を重ねてゆきました。1938年には、地元リーグのほか、太平洋北西部日系リーグでシアトル・ファイフを倒すなど「3冠」を達成したそうです。
 この頃がチームの最全盛期ではなかったでしょうか。

 当時の名選手を挙げると、投手では「変化球のミッキー前川」、「パウエル街の火の玉投手」ナギー西原、伝説の最後のエース、カズ菅……。
 この最後のエースのカズ菅さんは打者としても凄い人で、リーグの首位打者に5回なっている人です。それも打率が4割以上といいますから、イチロー選手の上を行ってますね。

 「朝日タイガーズ」はこうして、バンクーバー日系社会の誇りと団結の中心になり、地位向上に大きな役割を果たして来たわけですが、この栄光のチームに――地元の日系人に、間もなく「運命の年」がやって来ます。

 1941年(昭和16年)――。この年の6月、「朝日タイガーズ」はまたも優勝を飾るのですが、それがチームとしての最後の試合になりました。
 2ヵ月後、日本軍が真珠湾を不意打ち攻撃し、続いてカナダ軍が駐留する香港を襲ったからです。
 〔アメリカやカナダにあれだけ移民を送り出しておきながら、不意打ちしたんですね……移民たちのことなんか気にしなかったのでしょうね……〕

 バンクーバーにいる2万2000人の日系人は「敵性外国人」とされ、カナダの奥地のゴーストタウンなどにキャンプに送られました。
 スーツケースを2個だけ、携行を許されて。
 財産は漁船も車も家も家財道具も、みんな没収です。

 最初の冬はとくに厳しかったそうです。テント生活を強いられたキャンプもありました。廃屋には水道もなければ電気もない。よく耐え抜いたものです。

 そうして強制収容所2回目、1943年の春を迎えます。そこで日系人たちは何を始めたか?

 「朝日タイガーズ」の人たちは、4箇所のキャンプにバラバラにされていたのですが、それぞれのキャンプで、スーツケースに忍ばせて来た野球の道具を取り出しました。そう、キャンプで野球を始めたです。
 
 最初はいい顔をしなかった白人の監督官たちも、そのうちにプレーすることを認めるようになり、白人チームとの試合も行われるようになりました。
 そしてなんとその年、1943年7月1日のカナダ独立記念日には、4つの日系人キャンプの対抗試合が行われ、選手・応援の観客(日系人)がレモンクリーク・キャンプに集まって、再会を喜び合い、久しぶりに野球を楽しんだのだそうです。

 「野球」が、「朝日タイガース」の選手たちが、苦しみのどん底に叩き落された日系人社会をここでも支えきったのですね。
 〔それを認めたカナダ人の白人監督官=マウンテン・ポリスの皆さんも、偉いと思いますね……〕

 そして終戦――。キャンプの日系人たちはしかし、そこでで放り出されてしまいます。「朝日タイガーズ」の選手たちも、トロントに流れて洗車の仕事についたり、散り散りになりました。
 戦後、野球を続けることができたのは、前述のカズ菅選手ただ一人。マイナーリーグのプロ、モントリオール・ロイヤルズの入団試験にパスして、活躍しただけです。

 そうして戦後の苦難な生活に立ち向かった「朝日タイガーズ」の人たちですが、カナダの人たちは彼らを忘れてはいませんでした。

 「最後の試合」から58年が過ぎた2003年に、「朝日タイガーズ」は「カナダ・野球の殿堂」入りを果たしたのです。

 その記念式が開かれたのは、トロントのメジャー球団、ブルージェイズの本拠地、スカイドーム。
 そこに往年の名選手たちが集まって、始球式を行った。
 その時のビデオを見ると、観客席の日系人は泣いていましたね。

 ところで、「朝日タイガーズ」のホームグラウンドだったバンクーバーの「パウエル球場」ですが、ことし2009年の夏に、公園(オッペンハイマー公園)の再整備事業で、老朽化したバックネットが撤去されたそうです。
 バンクーバー市の公園当局は、「朝日タイガーズ」を記念した新しいバックネットを建てる計画でいます。

 それにしても、バンクーバーの日系社会は、「朝日タイガーズ」を中心に、よくぞ試練に耐え続けた、と感心させられますね。

 カナダでは2003年に「眠れる虎」という、「朝日タイガーズ」に焦点をあてたドキュメンタリー映画が制作されているのですが、そのナレーションで、「野球」は日系人社会の「和」、チームワークの素晴らしさと、戦うサムライ精神にぴったり合ったスポーツだ、といった意味のことを指摘していました。たしかにその通りだと思いますね。

 絶望的な苦難にもめげず、戦い続けて栄冠をつかんだ、日系人たち。再び、ドキュメンタリー映画の言葉をかりれば、「(白人〔社会〕という)ゴリアテ〔巨人〕に立ち向かった勇敢なダビデ」、「朝日タイガーズ」の選手たち。

 彼らの負けじ魂を考えれば、日本の今の不況なんて、たいしたことじゃありませんね。

 間もなくバンクーバー五輪――。
 日本の選手たちには、地元カナダの日系人たちの応援にも応え、「朝日タイガーズ」の心意気に思いを致し、がんばってもらいたいですね。

 ナショナル日系博物館・ヘリテージセンター2007 ⇒ http://www.virtualmuseum.ca/Exhibitions/Asahi/chapter.php?loc=ja-JP&view=building

 ビデオ 「眠れる虎―アサヒ。ベースボール物語(Sleeping Tigers: The Asahi Baseball Story)」2003年制作 ジャリ・オズボーン監督 ナショナル・フィルム。ボード・オブ・カナダ 50分52秒 ⇒ http://www.nfb.ca/film/sleeping_tigers_the_asahi_baseball_story/

Posted by 大沼安史 at 11:21 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2009-12-19

〔いんさいど世界〕 コペンハーゲン不合意

 この「地球」という、かけがえのない「ECO」(住まい)をどう守るか? コペンハーゲンのCOP15が出した答えは、各国の政治リーダーたちが「政治合意」を達成できなかったことを確認し、それだけを「合意」して問題を先送りした「コペンハーゲン不合意」だった。

 英国のミルバンド環境相は会期中、COP15が実質的な議論で頓挫したら「悲劇」になり、手続き的に行き詰まったら「笑劇(ファルス)」になる、と「予言」していたが、そのふたつをあわせた「悲劇的な笑劇」に終わった。

 現代世界の、とくに先進国における政治指導者たちが、どれほど無能な、リーダーシップに欠ける存在なのか、まざまざと示した、無様な失敗興行だった。
 
 反環境派・既得利権の手先を務めて来たロビイストたちは、今頃、祝杯を挙げているだろう。「合意に至らなかったのは残念なこと」などと殊勝な顔で言いながら、内心、してやったり、とほくそ笑んでいる官僚たちもいることだろう。「京都」から「脱走」した、戦争犯罪人でもあるあの男など、テキサスの豪邸で、ザマアミロと笑い転げているかもしれない。

 地球の未来が、人類の未来がかかった「地球環境議会」であったはずなのに、過去によって既定された現状(現在)が、ケセラセラの無責任・先送りによって未来を切り崩した。
 地球環境の現状(現在)が、惨状を広げ、すでに体感できるところまで来ているにもかかわらず、目をそむけ、地球と人類の未来を守る、重大この上ない任務を怠った。

 この「なるようになれ・ケセラセラ不作為」は、われわれが今、考える以上に致命的なことかも知れない。「西暦2009年12月」の「コペンハーゲン不合意」を、未来世代が呪詛せずに思い起こすことは果たして可能か?――そんなことさえ真剣に考えなければならないほど、事態は深刻化しているかも知れない。

                @

 あの、ドリス・デイの歌の歌詞――♪未来は見るのを許されていない、とは逆に、われわれはすでに未来を見るのを許されている――いや、未来を今、もうとっくに、この目で見ている……このことに、僕が遅まきながら気づかされたのは、ネットに流れたビデオで、インドの女性活動家、ヴァンダナ・シヴァ女史のコペンハーゲンでの演説を聴いた時のことだ。

 ヴェンダナ・シヴァ女史(57歳)は、デンマークの物理学者、ニールス・ボーアのリーダシップの下、「コペンハーゲン合意(解釈)」が生まれた、あの量子力学の研究で、博士号を取得した物理学者。哲学者でもあり、インド古来のヴェーダの教えに基づく環境保護、有機農業の実践者でもある。1993年には、環境保護運動の功績を讃えられ、「もうひとつのノーベル賞」といわれる、「ライト・ライブリフッド賞」を受賞した人。

 その彼女が、こう叫んだのだ。

 私はヒマラヤから来たのです。氷河は溶けています。村々は洪水にさらされるか、干上がっているかのどちらかです。農業も崩壊しています。私の住む地域では今年、農作物の90%がダメになりました。川の70%が干上がってしまうました。地元の人々がそうしたのではありません。私の環境運動の旅は『チプコ』をともに始まりました。女たちが木を抱く運動です。今私たちは山を抱いています。そして汚染者たちにこう言っているのです。「汚染するのは止めにしなさい。あなたがたは水を盗んでいる! 食べ物を盗んでいる。私たちの雪を盗んでいる!」

 僕はヒマラヤの雪氷が溶け、鉄砲水を引き起したり、水を枯らしたりしていることを一応、知ってはいたのだが、彼女の「私たちは木を抱き、山を抱いている。私たちの雪を盗むな」の訴えを聞いて――その生身から発せられた言葉を聞いて、慄然たる思いとともに、その意味を、そしてその現実を、今頃になって、初めて理解したのだった。

 「チプコ」とはヒンドゥー語で「抱きついて離れない」の意味。インドの村の女性たちは、からだを張って木にしがみつき、森林伐採に抵抗して来たのだ。
 それと同じ気持ちで、今、ヒマラヤの山を抱いている……。

 そう訴える、COP15を失敗に終わらせようとする者たちへの彼女の怒りを、少なくとも、怒りの一部を、初めて、わがものとすることができたような気がしたのだ。

                @

 日本では、(何者かに仕組まれた?)「決まり文句」でよく「地球環境の未来を守る」と言われるが、問題は「未来」にあるのではなく、「現在」にある。守るべきは、地球環境の現在であり、かけがえのないものとして抱き締め、守らなければならないのは、消え残るヒマラヤの雪である。未来の惨状をすでに現状において見ている以上、問題を先送りすることはできない。

 COP15の場でも、この「現状」からの訴えは、利害得失ばかり気にするパワーゲームの中で、かき消されてしまった。海面上昇による水没の危機にすでにさらされている太平洋の島国、ツヴァルは、先進国、新興国の双方に抜本的な対策を求めたが、無視されてしまった。

 オバマも含め、今の世界の指導者の間に、一人の「ゴア」も見あたらない以上、政治指導者に安易な期待をかけてはならない――「コペンハーゲン不合意」は、そんな世界的な現実に対する民衆の「合意」形成を促した。

 COP15ほど、地球環境という共通の問題をめぐって世界の目が集まった国際会議はない。会場内外の動きは、ネットを通じ、リアルタイムで全世界へ伝達され、おそらくは億の単位の人々が会議の行方を注視したことだろう。

 これは空前絶後の出来事である。もしも「コペンハーゲン不合意」に「成果」というものがあるとしたなら、それは「不合意」を批判するグローバルな合意と、切迫した連帯を、図らずも生み出したことではないか?

 もうひとつ、「成果」を挙げるとするなら、(COP15の場では潰されたことだが)、「世界環境基金」の財源として「トービン税」(為替=通貨取引税)を新設して充てる構想が、国連の正式な会議の場で、とにもかくにも出された事実である。
 この案はエチオピアが示したものだが、「トービン税」は世界の貧困対策の切り札にもなり得るもので、これが「提案」された意味は大きい。

 今回のCOPは100億ドル、1000億ドルと金(ファンド)の議論も焦点のひとつになったが、この財源問題への関心を引き起したことも、「成果」に挙げることができる。  
 地球環境を守る闘いのための、グローバルな「戦費」を捻出する作業は、地球環境に対する人為的な破壊の最たるものである「戦争」の経費、すなわち軍事費の削減、振り替えの問題に、つながり得る――いや、つなげなければならないものであるからだ。

 米国の新年度の軍事費(国防予算)は実に6360億ドル。COP15でヒラリー・クリントンが示した「1000億ドル」の6倍以上にあたる。

                @

 木を、ヒマラヤを、抱き締めるように、この地球をわれわれ一人ひとりが、どうやって抱き締めるか?……その道筋を、COP15の失敗=「コペンハーゲン不合意」は、見まごうことのない、誰もが合意できる、目に見えた形で、くっきり指し示した。

 

Posted by 大沼安史 at 02:13 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2009-12-12

〔いんさいど世界〕  アフガンのジャンヌ・ダルク  マラライ・ジョヤさん 「花は刈れても、春の訪れは止められない」

 2003年12月、新アフガニスタン憲法を制定するために選出された代議員が集まり、カブールで国民大会議(ロヤ・ジルガ)が開かれた。

 南西部、ファラ州の難民キャンプからやって来た、若い女性代議員が、議場から叫んだ。
 マラライ・ジョヤさん(当時24歳、)が発言を求めたのだ。

 議長が「3分間」、発言を許可した。
 マラライ・ジョヤさんは言った。

 「ここにおられる皆様方の許可と、殺された殉教者たちに対する敬意をもって、私は発言したいと思います。私はこの議場にいる同胞を批判したいと思います。この国の惨状に責任のある犯罪者たちを、この国の惨状に責任のある軍閥たちを、あなた方はどうして、このロヤ・ジルカに出席させているのですか? アフガニスタンは国内、及び国際的な紛争の中心地になっています。彼らは女性を弾圧し、この国をダメにして来ました。裁判にかけられるべきです。アフガンの人々はもしからしたら彼らを許すかも知れない。しかし、歴史は彼らを許さないでしょう」」

 議長が言った。「着席しなさい。座りなさい。彼女は共通の礼儀の一線を超えた。この議会から放する。戻って来てはならない。つまみだせ。彼女はここにはふさわしくない」――

 マラライ・ジョヤさんの、歴史に残る「3分間スピーチ」である。
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=iLC1KBrwbck

 米国から「支援」され、アフガンを支配する、軍閥・戦争犯罪者によるカブールの政権を告発する発言だった。

 それが、どれだけ勇気のいることだったか?……それはその後、彼女が5回も暗殺されかかったことからも分かる。

 「アフガンで最も勇気のある女性」――マラライ・ジョヤさんは、こう呼ばれている。地下生活を余儀なくされた彼女に刺客が放たれている。「あと何日、生きられるか、分からない毎日」(英紙インディペンデントのインタビュー)を生きて来た。

 そうしてこれまで6年間、アフガン傀儡政権の腐敗、アフガン戦争の停止を訴え続けて来た。

 いま、30歳。彼女を守る「防衛委員会」も組織されている。
 昨年(2008年)には、暗殺されたロシアの女性ジャーナリストを記念する「アンナ・ポリトコフスカヤ賞」を受賞。ことしの秋には、自らの体験を通じてアフガンの再生を訴える自伝、『私は発言する(Raising My Voice)』を出版した。

  自伝の出版プロモートで訪れたニューヨーでは、チャイナタウンにある消防署スタジオで、「デモクラシーNOW」のエイミー・グッドマンさん(キャスター)のインタビューを受けた。
 インタビュー・ビデオ デモクラシーNOW ⇒ http://www.democracynow.org/2009/10/28/a_woman_among_warlords_afghan_democracy

 こんどは(パシュトン語ではなく)「英語」での「発言」だった。(上記ビデオには英文のテキストもついているから、視聴するだけでなく、読むこともできる)

 それによると、彼女の地元のファラ州ではことし5月、150人以上の民間人が戦闘に巻き込まれ死んだそうだ。そのほとんどが婦女子。

 また、アフガン戦争が始まって8年間に、アフガン全土で殺された、罪もない民間人は8000人以上に達するそうだ。これに対して、タリバンの戦死者は200人未満に過ぎない。

 米軍は白リン弾(化学兵器、水をかけても消えない)やクラスター爆弾という非人道兵器も使用しているという。

 米国の傀儡政権は私腹を肥やすことに専念し、軍閥は跋扈、カルザイ大統領の弟は麻薬の密売元締めで巨利を手にするなど、腐敗は極限に達している……。

 このインタビューの時点(10月28日)でオバマは、アフガン増派の検討段階にあったが、マラライ・ジョヤさんは増派を見越して、こう語っていた。

 「(増派される)これら米軍兵士たちは、アメリカ政府の犠牲者です。悪しき理由――つまり戦争のため、兵士たちを送り込んでいるのです。イラク戦争は悪い戦争だけど、アフガン戦争は善い戦争だと、彼らは言っていますが、戦争は戦争です。デモクラシーも、女性の権利も、人権も、戦争によっては実現不可能です」

 You know, that as I said, these troops are the victim of the wrong policy of their government. They send them for a bad cause: for war. They say war of Afghanistan is good war, war of Iraq is bad war, while war is war and impossible to bring democracy, women rights, human rights by war. And unfortunately, Obama’s policy and Obama’s message for my people is quite similar, like his foreign policy like Bush administration. He wants to surge more troops in Afghanistan, which will bring more conflict, more war.

 こうしたマラライ・ジャヤさんの「発言」の前では、オバマ大統領のノーベル平和賞演説の「巧言令色」など、かたなしである。

 米国の世界的な言語学者で、平和運動家のノーム・チョムスキー氏(マサチューセッツ工科大学教授)は、オバマではなく、ジョアさんにノーベル平和賞を、と呼びかけていたが、ほんとうにその通りである。

 オバマはオスロでの演説で、アフガン戦争を「正義の戦争」と言った。マラライ・ジョヤさんは「戦争は戦争だ。デモクラシーを実現しない」と言った。
 どちらの「発言」が、正しき(ジャストな)ものか、すでに明らかであろう。

 オバマよ、ジョヤさんの「正義の発言」を聞いて、考え直せ!
 世界の人々はもしかしたら君に対するノーベル平和賞授賞を認めるかもしれなが、歴史は許さないだろう。

 最後に、アフガンのジャンヌ・ダルクとも言うべき、マラライ・ジョヤさんの、インディペンデント紙のインタビューに対する「発言」の続きを。

 「私は死を恐れていません。不正義を前に沈黙し続けることを恐れているのです……花を切り取ることはできるでしょう。しかし、誰も春の訪れを止めることはできません」……

 You can cut down the flower, but nothing can stop the coming of the spring.
 
    ☆ 

 インディペンデント紙 ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/malalai-joya-the-woman-who-will-not-be-silenced-1763127.html

 http://www.independent.co.uk/news/world/asia/afghanistans-bravest-woman-brings-her-message-to-uk-1757490.html

 アンナ・ポリトコフスカヤ賞 ⇒ http://www.rawinwar.org/content/view/67/197/

 マラライ・ジョヤ防衛委員会 ⇒ http://www.malalaijoya.com/index1024.htm

 彼女に関するWiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Malalai_Joyahttp://www.malalaijoya.com/index1024.htm

Posted by 大沼安史 at 04:18 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2009-12-11

〔いんさいど世界〕 「戦争」で守る「パクス・アメリカーナ(アメリカの平和)」 オバマ最高司令官、ノーベル平和賞受賞演説 「正義の戦争」論でガンディー・キング師の「非暴力・平和運動」を北極上空の宇宙へ追放!

 「戦争が正義になる時(When war is just)」――オバマ大統領のノーベル平和賞の受賞演説に、英紙インディペンデント(電子版)がつけたタイトルである。⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/americas/when-war-is-just-ndash-by-obama-the-peace-prize-winner-1838196.html

 「正義の戦争」論をふりかざしてアフガン戦争を肯定、「パクス・アメリカーナ(アメリカの平和)」を「戦争」で守り抜く、と明確に言い切った米軍最高司令官、オバマ。

 およそ35分間続いた演説に対し、オスロの式典会場で、拍手は2度、湧いただけだった。こんなにも偽善にみちた平和賞スピーチは、かつてなかったはず。イラクやアフガンではきっと、テレビに向って靴を投げた人もいただろう。

 インディペンデント紙は、オバマ演説に、こんなサブタイトルを付けてもいた。
 「アフガンでのさらなる流血を予告( President's Nobel speech forecasts more bloodshed to come in Afghanistan)」

 オバマ自身は自分の演説に「正義としての永続する平和」とのタイトルをつけていたそうだが、「正義としての永続する戦争」とするべきではなかったか?

 ブッシュには真似できない、さすがオバマならではの修辞と弁舌でもって語り切った受賞スピーチだったが、煎じ詰めれば、ブッシュがオバマの仮面をつけて話したような中身だった。
 
  「正義の戦争 (just war)」、さらには「正義の平和(just peace)」について新たに考え直した?という、このオバマ演説は、ブッシュの代に「軍事帝国」化したアメリカによる世界支配、「現状の圧制」を正当化する、雄弁なる詭弁でしかなかった。

  「ノーベル平和賞」の授章式で、「正義の戦争」はある、とオバマは言ったのだ!

 「そう、その通り、戦争の道具には、確かに平和を維持する役割があります」 
 So yes, the instruments of war do have a role to play in preserving the peace.

 「軍事力の行使は、人道的な理由から正当化できると、私は信じています……」
   I believe that force can be justified on humanitarian grounds…… 
 ――と、まで。
 
 では、なぜ「正義の戦争」は、ある得るのか? 
 この点についてオバマは、演説でこう主張する。
 「世界には悪がたしかに存在するのです。平和を求める非暴力運動は、ヒトラーの軍隊を止めることはできなかったでしょう……」
 Evil does exist in the world. A non-violent movement could not have halted Hitler's armies.

 オバマは、一方でガンディーやマーティン・ルーサー・キング師の「非暴力主義」を高く評価するといいながら、「非暴力」ではなく、「暴力=戦争」でなければなくせない「悪」(ヒトラーの第三帝国や、軍国日本。そしてアルカイダ)がたしかに存在すると言い、だからこそ「正義の戦争」は遂行されねばならない。非暴力の平和運動では止められないものと戦うのが「正義の戦争」だ――と「戦争の論理」を展開したのだ。
 そしてその「正義の戦争」は、「自由」と「デモクラシー」に基づく「正義の平和」を実現するものでなければならない、とも。

 しかし、言わずもがなのことだが、「平和のための正義の戦争」は、「軍国日本」も〔「速(すみやか)ニ禍根ヲ芟除(さんじょ)シテ、東亜永遠ノ平和ヲ確立シ、以テ帝国ノ光栄ヲ保全セムコトヲ期ス」――太平洋戦争の開戦詔書〕も、「ヒトラー」も〔「平和を愛するものとして、私はドイツ国民のために、他の国の人々が平和を追求しなければならないと確信できるよう計算して、軍隊や弾薬を製造して来た」――1938年11月6日 ワイマール演説〕看板に掲げていたこと。

 「戦争」をするものは必ず「平和」を、「正義」を語るのである。敵を「悪」として語るのである。「戦争」こそ、世界に存在する最大の「悪」であるにもかかわらず……。

 その点では、演説に塗りたくった「修辞のドーラン」を剥がしてしまえば、何の新味もない、いつもの陳腐なものでしかないのだが、問題は先にも触れたように、オバマの演説がその気高さ、高邁なトーンを奏でるために、ガンディーやキング師の「非暴力運動」を持ち出し、「正義の戦争」の粉飾を図っていることだ。「非暴力運動」に賛同していると見せかけて、無力なものとして聖なる祭壇に祭り上げ、その高潔な光でもって「正義の戦争」を栄光化しているのである。

 ガンディー、キング師の「非暴力運動」を「理想」として「現実」から分離し、その「理想」の輝きでもって、「現実」の「悪」と戦う「正義の戦争」を、見栄えのよいもの、聞こえのよいものにしている!……

 いわんやガンディーやキング師を、遠くに輝く「北極星」にしてしまい、単なる「道徳の磁石(コンパス)」と指標として、宇宙の果てに「追放」してしまっている!……

 「ガンディーやキングによって行われた非暴力は、あらゆる状況の中で実際的・可能なものではなかったのではないでしょうか。しかし、彼らが説いた愛は――人間の進歩に対する彼らの根本的な信念は――常に私たちの旅を導く北極星でなければなりません。もし私たちがこの信念をなくせば……私たちは道徳の磁石もなくすことにあるのです」
 The non-violence practiced by men like Gandhi and King may not have been practical or possible in every circumstance, but the love that they preached -- their fundamental faith in human progress -- that must always be the North Star that guides us on our journey.For if we lose that faith …… We lose our moral compass.

 いうまでもなく、ガンディー、キング師らの「非暴力運動」は、「現実」と遊離した、単なる「理想」ではない。それは「現実」を変えてゆく、現実的な運動である。

 たしかに、オバマの言うように、「平和を求める非暴力運動」は、ヒトラーの軍隊を止めることはできなかったかも知れない。しかし、「戦争」もまた、ヒトラーの軍隊が生まれるのを止めることはできなかったのである。

 そして「戦争」は、「ヒトラーの軍隊」以外のドイツの一般人をより多く殺した。ヒトラーの軍隊が生まれるのを止めることはできたかもしれない非暴力運動の担い手である民間人まで殺してしまったのである。

 アメリカのいわゆる「全体主義学派」のイデオローグたちは、「ソ連帝国」は「戦争」で叩き潰さないと体制崩壊はありえないと断言していたものだが、「鉄のカーテン」を向こう側から溶かし、「ベルリンの壁」を突き崩したのは、東側の民衆による「非暴力運動」ではなかったか?

 演説のまとめでオバマは、キング師の「私は歴史の両義性に対する最終対応として、絶望を受け容れることを拒否する(I refuse to accept despair as the final response to the ambiguities of history. )」との言葉を引用した上で、世界に向って、最後にこう呼びかけたのだが、まさにこれこそ、キング師が拒否したものではなかったか?

 「今や、曇りのない眼で、私たちは理解することができました。戦争はこれからもあるでしょう。それでもなお、平和への希求も続くでしょう(Clear-eyed, we can understand that there will be war, and still strive for peace. )」

 ガンディーやキング師の「北極星」を「道徳の磁石」とし、「正義の平和」に向って「正義の戦争」を続けると言い放ったオバマ!

 今からでも遅くはない。ノーベル委員会は授賞を取り消し、血まみれにならないうちに「平和のメダル」を取り返すべきである。
  

 オバマ演説全文 ⇒ http://www.nytimes.com/2009/12/11/world/europe/11prexy.text.html?ref=europe&pagewanted=all

                          ☆ 

   歌ブログ 「空から歌が聴こえる」

 本日の1曲は Cantus In Memoriam Benjamin Britten

 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog3/2009/12/cantus-in-memor.html

 オバマ演説で汚れた心を清めてくれる!

Posted by 大沼安史 at 07:21 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2009-12-10

〔いんさいど世界〕 NO HOPEenhagen?  「ツバル案」を環境派が支持

 ナオミ・クライン氏がビデオ・インタビューに登場し、「ホープ(希望)ヘンハーゲン? ノーサンキュー」と、COP15の「コペンハーゲン合意」案を拒絶する意向を明確に示した。

 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=uLQ_1YgCe4E&feature=related

  COP15のテーブルに載っている案は馬鹿げたもので、そんなもので妥協が成立でもしたら、それで地球環境が救われるとでもいうような「幻想」が生まれ、非常に危険なことになる、というのが彼女の批判のポイントだ。

 「コペンハーゲン合意」案は、たとえば、(デンマークが米英などと秘密協議でまとめ、開幕早々、英紙ガーディアンに暴露された、いわゆる「コペンハーゲン合意」案は、新興国に対して、2012年から15年の間に)「100億ドル」を支出するとしているが、ナオミ・クライン氏は、本来「1000億ドル」の話じゃないと、これを一蹴している。

 ガーディアン紙によれば、議長国・デンマークがまとめた「コペンハーゲン合意」案は「京都議定書」を「放棄(abandan)」するもので、新興国に対し、2050年までに「国民一人当たり1.44トン」の炭素排出量制限を課すほか、新興国に対する「緑の基金」の運営を、国連本体から剥ぎ取り、世銀、及び世銀を中心とした「グローバル・環境機関(ファシリティー)」なるものに移管するなど、先進国に有利なものになっているそうだ。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/environment/2009/dec/09/copenhagen-tuvalu-protocol-split

 環境報道で世界をリードするガーディアン紙への同案のリークは、そのあまりにヒドイ内容に危機感を募らせた関係筋が行ったものとみられるが、ニールス・ボーアゆかりの地において、「コペンハーゲン合意」(案)を名乗るとは、おこがましい限り。ナオミ・クライン氏が、コテンパーゲンに批判したのも当然のことだ。
 (「コペンハーゲン合意」とはもともと、「量子論」に関する物理学者の合意を指す。わが敬愛する理論物理学者で、米国のデモクラティック・スクール、サドベリー・バレー校の指導者であるダニエル・グルーンバーグ博士によれば、ボーアの研究所は、集まった人たちが議論し合いながら、共同作業で理論を深化させていたところだそうだ。「量子論」の「合意」は、コラボレーションから生まれたのである!)

 コペンハーゲンの会議では、このナオミ・クライン氏の批判ビデオを受けるかたちで、海面上昇で水没の現実的な脅威にさらされている、太平洋の島国、ツバルから新提案がなされた。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/environment/2009/dec/09/copenhagen-tuvalu-protocol-split

 「京都」を死守する一方、新興国にも削減を求めるもので、アフリカの数ヵ国、グレナダなどから支持が集まったが、中国、サウジ、インドなどは反対に回り、新興国の間に亀裂が走っているという。

 コペンハーゲンに詰め掛けている世界の環境保護派は早速、「ツバル案」支持の声を上げたが、「京都」を守れ、という、同じ太平洋の島国からのアピールに対し、日本政府は聴く耳を持たないようだ。

 朝日新聞によれば、日本政府は(おそらくデンマークから、「コペンハーゲン合意」案のブリーフィングを受けて)9日までに、COP15への対処方針をほぼ固め、「京都議定書をそのまま延長する改正案が示された場合、鳩山首相が打ち出した1990年比25%削減の中期目標を改正案に書き込むことは絶対に賛成しない」(10日付朝刊)ことにした。

 それにしても、「書き込む」ことには「絶対に賛成しない」とは、なんとも奇怪な表現!
 どういう意味?
 
 鳩山首相ははすでに「25%削減」を国連演説で、以下のように、英語で明確に「国際公約」している。

 For its mid-term goal, Japan will aim to reduce its emissions by 25% by 2020, if compared to the 1990 level, consistent with what the science calls for in order to halt global warming.

 力強い、「意志」の表明。日本政府は削減を目指します!(削減します、ではないが……)

 これが政府の日本語訳になると、外務省製翻訳ソフト(?)で転換したとたんにトーンダウン、  

 新しい日本政府は、温室効果ガスの削減目標として、1990年比で言えば2020年までに25%削減を目指すという非常に高い目標を掲げました。

 ――に。

 「日本政府は……掲げました」と、まるで「他人事」のようなものに変わり、挙句の果てが、今回の「交渉方針」。

 困ったことに、朝日新聞の記事は、さらにこう続く。「政治合意文書には25%削減を書き込むことに言及していないが、目標の上乗せはしないという」。

 驚くなかれ、これ、原文のまま! 文章入力のミスではない。一体、どういう意味?……日本語??? 文章??? 新聞の載せる「記事」???

 「政治合意文書」に「25%削減」を書き込むことについては、同意するかどうか、口を噤む一方、それ以上の削減には、断固反対する、との方針を固めた。

 ――と、どうして書けないの?

 No Hope ペンハーゲン! 
 地球の未来にも、日本の新政権のリーダーシップにも、新聞の未来にも、希望、感じられないなあ~     

Posted by 大沼安史 at 06:16 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2009-12-06

〔いんさいど世界〕 普天間の米海兵隊は硫黄島へ出てゆけ!

 本日(6日付け)の朝日新聞朝刊で、作家の池澤夏樹さ氏が、沖縄・普天間の米海兵隊を馬毛島に移設してはどうか、と提案していた。

 馬祖島では以前、米軍艦載機の発着訓練を行う構想が出て、「地元」の反対運動が起きた。池澤氏はもちろんそれを承知の上で、敢えて馬祖島の名前を出した。「このくらいショッキングなことを言わないと基地が沖縄から出ていかないのだ」と池澤氏。

 しかし、米海軍艦載機の訓練の一部を移すだけで地元から反対運動が湧き上がるくらいだから、実現性はどれ程のものか?

 僕は広大な閑古鳥の聖域になっている、北海道の「苫東」(苫小牧東部工業地帯)などどうだろうと思ったこともあるが、周辺の人たちのことを思えば、言い出し難い。

 そこで僕なりの提案だが、硫黄島に出て行ってもらったらいい。

 硫黄島は自衛隊の管理下にあり、「住民」は戦時中、強制移住させられていない。飛行場もある。

 それにこの島は、海兵隊の先輩たちが奮戦し、摺鉢山に星条旗を掲げたところだ。海兵隊の聖地! 移転場所として、これほど戦闘心をかき立てる場所はほかにはない。

 遠い? なに、グアムに移転できるなら、硫黄島に行けないわけがない。

 硫黄島では栗林忠道中将以下、日本軍守備隊が「玉砕」を遂げた悲劇の島だ。遺骨の収集も進んでいないと聞く。

 日本政府は普天間からの移転に合わせ、この際、遺骨収集作業を終えてしまってはどうか?

 そうして、日米合同で、盛大な合同慰霊祭を行い、日本側は「不戦」を誓い、米側は「世界テロ戦争」の完遂を誓う。  

 硫黄島ほど実現性があり、なおかつ、日米同盟の現実を象徴する、絶好のロケーションはないと思うが、どうだろう?
 

Posted by 大沼安史 at 12:19 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2009-12-05

〔いんさいど世界〕 12月8日 「平和の女神」 リメンバー! ジャネット・ランキン!

 「12月8日」――日本の真珠湾奇襲攻撃で「太平洋戦争」が始まった、悲劇の歴史の記念日です。アメリカ時間では「12月7日」――。
 1941年のこの日を転機に、アメリカは第二次世界大戦に参戦してゆく。「リメンバー・パールハーバー」

 首都ワシントンでは、「真珠湾」の翌日――つまり、アメリカ時間、「12月8日」――、連邦議会で「対日宣戦布告」の決議が投票に付されることになります。
 この時、連邦議会で、上下院を通じ、たった一人……一人だけ「開戦決議」に「反対」した議員がいた。
 そう、その人が、知る人ぞ知る、あのジャネット・ランキンさん!

 中西部、モンタナ州選出の下院議員(共和党)。当時61歳。

 この時、ランキンさんが議会で行った発言が、記録として残っています。 
 
 As a woman, I can't go to war, and I refuse to send anyone else. 

 「女だから私は戦争に行くことができませんが、私は他の誰もが戦争に送り出されることを拒否します」

 たった一人の「平和」の一票。「戦争反対」の一票。

 その当時のことをランキンさんは、お亡くなりになる直前に、カリフォルニア州立大学が行った「歴史の聞き取り」調査に対して、こう語っています。
 ⇒ http://www.gretchenwoelfle.com/jeannette_rankin__political_pioneer_60457.htm

 「反対票を投じて控え室にいったら、開戦を叫ぶ人たちでごったがえしていました。将校に成り立ての男が私に向かって非難を始めました。私は男たちに近づいていって、『あんたたち、酔っ払っているね』って言ってやったんです。そしたら、どこかへ消えていなくなった(笑い)」

 でも、このあとが大変だったそうです。「裏切り者」「卑怯者」ですからね。
 しかし、彼女は世間の非難に耐え切った。

 彼女って若い頃の写真なんか見ると、細面のやさしそうな人なんですが、実は筋金が一本、通った人なんです。

 モンタナ州の田舎のミゾーラというところの牧場の家に生まれたそうです。地元の大学を出ると、ニューヨークに行ってソーシャルワーカーを始める。そうして、第一次大戦最中の1917年、彼女が37歳の時に、米国の連邦議会史上初の女性下院議員に選ばれる。この時も彼女、対ドイツ宣戦布告に反対して(反対する男性議員に交じって)、女のくせに何だ、と叩かれたそうなんです。
 
 一期で議会を追われた彼女が、下院議員に再選されたのが、欧州ですでに戦争が始まっていた1940年。「反戦」を掲げての当選でした。そしてその信念を貫いて、「ノー」と言った。

 当時は、日本の指導者の男たちも、ジャネットさんに突っかかって来た「酔っ払いの男たち」のように、正気を失って、戦争の悪魔に魅入られ、正常心を失って戦争に突っ込んで行った頃。
 そんな時、太平洋の向こう、ワシントンの連邦議会で、「開戦」に「NO」と言った人がいた……これは、私たちの日本人の記憶に残らねばならない歴史的な事実と言えるでしょう。このことは、もっともっと知られなければならない。

 ジェネット・ランキンさんは第二次世界大戦(太平洋戦争)が終わると、インドにガンディーに会いに出かけたりするのですが、彼女の凄いところは、最後の最後まで、平和運動に邁進したことですね。

 1968年には、ベトナム戦争に反対して、5000人の女性たちを引き連れ、ワシントンへ平和行進をしています。
 88歳の時に!

 ジャネット・ランキンさんはその5年後、1973年に92歳でお亡くなりになるのですが、その彼女が今、生きてらしたら、イラク戦争、アフガン戦争と戦争を常態化してしまったいまのアメリカのありようを、どうお思いになるのでしょうか?

 アフガンに3万人もの増派を決めたオバマ大統領のノーベル「平和」賞受賞に、どんなコメントを出すのでしょうか?

 きっと手厳しい批判が飛び出すに違いありませんね。

 ジャネット・ランキンさんの志を継ぐ平和運動はアメリカの草の根に根付いていて、出身地のモンタナ州ミゾーラでは、彼女の名前を冠した平和センターが活動しています。

 そんな彼女の遺志を継ぐアメリカの人たちが、彼女の遺した「言葉」を大切に継承しています。
 ひとつだけ、紹介することにしましょう。
 
 You can no more win a war than you can win an earthquake.

 意訳すれば、「戦争? 地震にも勝てないくせに、何するつもりなの?」……ほんとうにそうですね。
 「地震の国」日本の「9条精神」につながるコメントではないでしょうか?

 アメリカの連邦議会では、ブッシュが始めた「イラク戦争」に、たった一人、NOと言った下院議員がいました。
 カリフォルニア選出の女性議員、バーバラ・リーさん。当時55歳の黒人女性です。リーさんは議会で、こう言いました。

 私はしかし、軍事行動が米国に対する国際テロを予防するものにはならないと確信しています。

 Yet I am convinced that military action will not prevent further acts of international terrorism against the United States.

 イラク戦争、そしてアフガンのその後の経過を見れば、バーバラ・リーさんの考が正しかったことが分かります。

 こうして見てくると、アメリカは自由の女神の国ですが、ジャネットさんといい、バーバラさんといい、「平和の女神」の国でもあるわけですね。 
 
 ジャネット・ランキンさんはお亡くなりになる少し前、1970年に日本にいらしたこともあるそうです。
 その時、彼女が対日開戦に反対したことを、知っている日本人はいなかったと、カリフォルニア州立大学の聞き取りインタビューに答えています。

 きっと残念だったんじゃないですか……

 私たちとしては、「12月8日」を、真珠湾の日、太平洋戦争開戦の日としてだけじゃなく、リメンバー・ジャネット、「ジャネット・ランキンさんの平和の日」として記憶すべきでしょうね。
  
 
 
 Wiki日本語 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3
 Wiki 英語 ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Jeannette_Rankin
 伝記 ⇒ http://womenshistory.about.com/od/congress/a/jeanette_rankin_2.htm 

  バーバラ・リーさん Wiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Barbara_Lee

 ☆ 歌ブログ 「空から歌が聴こえる」 本日の歌はスコットランド・ゲールの

  ⇒ Runrig の Faileas Air An Airigh

   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog3/2009/12/faileas-air-an-.html

 

Posted by 大沼安史 at 11:55 午前 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2009-12-02

〔いんさいど世界〕 アフガン増派・撤退演説をしたオバマ大統領への公開質問状 「そうだ!」と言うんだ! オバマ! 

 親愛なるオバマ大統領

 ウエストポイント(陸軍士官学校)での演説で、アフガン戦争の増派エスカレートと「出口戦略」を明らかにされたあなたに対し、平和を愛する「9条の国」の国民の一人として――そして、あなたをなお信じようとする、同時代を生きる一人として、是非ともあなたに確認したいことがあります。お答え頂ければ幸いです。

 わが敬愛する、お国の映画監督、マイケル・ムーア氏は、あなたに対して事前に公開質問状を送り、「そうではないと言ってくれ!」と、あなたに嘆願しましたね。⇒ http://www.truthdig.com/eartotheground/item/michael_moore_to_obama_say_it_isnt_so_20091130/

 このままでは、君は「戦争大統領」になってしまうんだぞ、と、あなたに対して友情ある説得を試みましたね。3万人増派?……そうじゃないと言ってくれ、と。

 私の公開質問状も、ムーア監督と同趣旨ではありますが、私の質問には、明確な「イエス」で答えてほしい――「そうだ!」と答えてほしい。

 これから私があなたに対して提起する「問い」は、どれも「イエス」で答えられる問いであるはず――。

 しかしそれは、オバマ大統領……あなたが大統領として(政治家として、少なくとも今は)公然とは認めにくいことではある……

 もちろんそれは質問者である私もまた、よく承知のこと。でも……それでも、「イエス」の答えを返してほしい。歴史の証言として、「そうだ!」と言いきってほしい。それが私の願いであります。

 質問を始めます。

 あなたは3万人を増派するが、再来年(2011年)の7月から、撤退を始めると、演説で明言しましたね。

 軍(国防総省)は「4万人増派、2017年までアフガンに駐留」を絶対、譲れないものとしていたはずですが、それにあなたは抵抗した? そうですね。
 あなたが国務省の政策企画局長に抜擢した、スローター女史(プリンストン大学教授)ら、あなたの側近も、抵抗するあなたを支え、守り抜いてくれた?

 (「そうだ!」と言うんだ、オバマ!)

 とくに再来年(2011年)7月からの撤退開始は、あなたが軍部の猛反対を押し切って、決めた?……。そうですね?

 (「そうだ!」と言うんだ、オバマ!)

 あなたは、11月11日の「復員兵士の日」に、アフガン問題を討議する、たしか9回目の国家安全保障会議を開いていますね。そして会議の前に、アーリントン国立墓地に行った。歴代の大統領は、アーリントンの「無名戦士の墓」に献花するのが慣わしなのに――それしかしないのが決まりなのに、あなたはそれ以上のことを――「タブー破り」を敢えてした。アーリントンの第60区画に足を運んだ。イラク・アフガン戦死者の区画に足を運んだ。そして、わずか19歳で、バグダッドで死んだ兵士の墓石に、大統領コインを置いた。あなたは、その時、アフガン戦争もまた、なるべく早期に終えなければならない、と密かに決意したのですね?

 (「そうだ!」と言うんだ、オバマ!)

 で、その日の会議であなたは増派人員では妥協して――と言っても、軍部の要求より1万人少ない、3万人ですが――アフガン駐留期間については、大統領一任を取り付けたのですね?

 (「そうだ!」と言うんだ、オバマ!)

 4万人を3万人に減らすにしても、3万を財政的に可能なリミットであることを示し、NATО同盟国に1万人増援してもらうことで辻褄を合わせて、軍部を説得した……
 地上部隊、つまり陸軍は特に猛反対したはずですが、あなたは押し切った。そして陸軍に花を持たせるために、ウエストポイント(陸軍士官学校)を演説会場に選んだ……
 しかし、それにしても、再来年の「撤退開始」は、あなたの大統領再選に合わせたことでもあるわけですが、そんな「政治戦術」とは別に、あなたはもっと大きな「アナウンス効果」を考えて、「撤退スケジュール=出口戦略」を明言したのですよね?

 (「そうだ! その通りだ!」と言うんだ、オバマ!)

 つまり、大統領として「撤退」を口にしたとたん、「流れ」はもう変えようのないものとして、定まってしまう……。そんなアナウンス効果を狙ったんですね。

 (「そう、その通り!」)

 もしかしたら、再来年から撤退開始のスケジュール、予め軍部の了解を得ないで、演説での発表に持ち込んでのではないですか?
 ゴルバチョフと息を合わせた、あのロナルド・レーガンのように、(勝手に)自分で決めた「科白」を吐いた? そうではありませんか?

 (そう、その通り!)

 以上の質問に対する答えが全て「イエス」だとすると、あなたは大変なリスクを背負って、乗るかそるか、生きるか死ぬか、の果敢な勝負に出たことになります。

 軍部・保守派は、あなたに嵌められたと思って、ますます反撃をエスカレートさせるでしょう。

 ブッシュのような「戦争の大統領」ではなく、「平和の大統領」になってほしい……これが、マイケル・ムーア氏と同じく、私のあなたに対する期待であり、願いであります。

 アーリントン墓地第60区画の墓石の数を、これ以上、増やしてはなりません。アフガンの民衆の生活破壊も、同じように、許されないことです。

 ゴルバチョフを見習いなさい。ゴルバチョフはアフガンにいるソ連軍に撤退命令を出した男です。そして「新思考」の下、ペレストロイカ、すなわち「ソ連帝国」の解体に動いた……。

 オバマ大統領、あなたも非暴力の思想の下、「アメリカ軍事帝国」の解体と、兵営国家化したアメリカの経済社会体制の民生転換に向け、動き出せねばならない。

 オバマ大統領、あなたも知っての通り、あなたの闘いの場はアフガンにあるのではなく、あなたの足元、ワシントンにあるのです。  

 大統領の健康と健闘を祈って。

 あなたの、なおサポーターである
 Y・Oより。

Posted by 大沼安史 at 07:50 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2009-11-28

〔いんさいど世界〕 改訂版 交通事故で「植物状態」 「昏睡」の中で「意識」を持続 ベルギーの元大学生 23年後にコンピューター支援で「言語コミュニケーション」を開始! 「閉じ込め症候群」に光明

 注 先に見出し・本文中で「脳死」と表記しましたが、読者より誤りであるとの指摘があり、その通りであるので、削除・訂正します。

                  ☆ 

 看護師の母親は諦めなかった。母親は直感していた。
 交通事故で「植物状態」になり、医師から「希望はない」と宣告された最愛の息子の心の中で、「何か」が動いていることを。
 無反応な息子の中で何かが息づいていることを。
 
 母の直感は正しかった。母親の努力は実った。植物状態の息子は、「意識」を正常に持続していた。
 事故から23年後、脳科学とコンピューターの支援で、息子は母親と――そして誰とでも、コミュニケーションできるようになった。
 ベルギーで、このほど報じられた、奇跡でもないでもない、これは「事実」の物語……。

 忘れもしない今から26年前、1983年11月の日曜日、午前2時のことだった。ベルギーのオランダ国境に近い、カンヌ村に住む、看護師のフィナさんに、息子のロムさん(当時、20歳の大学生)が前夜、リアージュで、交通事故に遭い、入院した知らせだった。
 一命はとりとめたものの、ロムさんは全身麻痺、「無意識・無反応」……。

 フィナさんは医師から、「神経的な植物状態。回復の希望はない」と告げられたが、受け容れることができなかった。

 ロムさんは「無意識・無反応」で、たしかに植物状態だったが、フィナさんは「彼は理解している」との「確信」を持った。母親としての「自分の中の何か」が、フィナさんと家族を確信させていた。

 ロムさんを自宅に引き取り、治療の道を求めて、さまざまな専門家、医療機関とコンタクトを取り続けた。最先端をゆく米国の研究所にも相談した。しかし、希望
の道はすぐには見つからなかった。

 そんな家族の努力を、ロムさんはすべてわかっていた。耳で聴いて知っていた。事故で運ばれた先の医師の話し声も全部、聴いて、心の中で叫んでいた。

 事故から14年後、ロムさんの父親が亡くなった。ロムさんはフィナさんら家族に連れられ、父親のお墓に植樹する現場にも立ち会った。
 父親の死も、植樹も、全部、分かっていた。悲しみを表すことができなかった。

 ロムさんの中に生き続けていた「意識」が「発見」されるキッカケは9年前に訪れた。
 ロムさんと同じような状態から「回復」した人の話を、フランスのテレビが放映したのだ。
 フィナさんの照会に、フランスの医師は、ベルギーの専門家を紹介してくれた。
 ベルギーのゾルダーというところのケア・センターに入所していたロムさんの下へ、言語療法士らがやって来た。

 コンピューターのマウスを、ロムさんが押すことができれば、ロムさんの「意識」を(あるいは意識の欠如)確認することができる……

 その時、(そのことを聴いていた)ロムさんが懸命に動かしたのは、足だった。
 足がマスウを押した。コンピューターの画面に「私はロムです」と出た。
 イエス・ノーだけは「言えた」。

 本格的なロムさんの「意識」の「全開」は、それから6年後――今から3年前に訪れた。
 ロムさんは、リアージュ大学のスティーブン・ローレイ博士によって、「閉じ込め症候群(ロックド・イン・シンドローム)」と診断されたのだ。
 意識はあるが、その中に「ロックド・イン」され、外部とコミュニケーションをとれない状態にあることが確認されたのだ。「タッチ・スクリーン」を使えば、言語コミュニケーションできることが分かったのだ。

 ロムさんは今、女性看護師の援助で、ケア・センターから、自宅にいるフォルさんのもとに電話をかけて来ることができるという。

 「タッチ・スクリーン」でロムさんが書いたメッセージを、看護師さんが代わりに電話口で読み上げてくれるのだ。

 ロムさんは現在46歳、母親のフィナさんは73歳。

 母と息子の、固い絆に結ばれた四半世紀に及ぶ苦闘は、何らかのアクシデントで植物状態に陥った人に、希望の光を点すものだ。

 こうした「閉じ込め症候群」、植物状態に陥った人の4割にも達する、という研究もあるという。

               ☆

 上記の記事は、ドイツのシュピーゲル誌のスクープ報道と、英紙ガーディアンの報道に基づくものです。下記リンクを参照。 

  

  ガーディアン紙  
   
 ⇒  http://www.guardian.co.uk/world/2009/nov/23/man-trapped-coma-23-years

 http://www.guardian.co.uk/science/2009/nov/24/locked-in-syndrome-belgium-research

  シュピーゲル誌

 ⇒ http://www.spiegel.de/wissenschaft/medizin/0,1518,662627,00.html

   http://www.spiegel.de/wissenschaft/medizin/0,1518,645620,00.html
  

Posted by 大沼安史 at 01:32 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (1)

2009-11-27

〔いんさいど世界〕 バスで席を立たずに逮捕! ローザ・パークス女史の歴史的な「拒否」の9ヵ月前、同じモンゴメリーで、プロテストをしていた、黒人の少女がいた!

 人種差別撤廃へ向けたアメリカの公民権運動の発火点のひとつ、米国南部の町、モンゴメリーは、ローザ・パークスさんという黒人女性が、バスの白人優先席に座り続けるプロテストを行ったところだ。

 1955年12月1日のこと。ローザ・パークスさんは白人の乗務員から、その席から立つように命じられたのを拒否し、逮捕された。

 アメリカの公民権運動は、この抗議行動を起点に、「フリーダム・ライダース」などの非暴力・直接行動を呼び覚まし、歴史的な勝利につながってゆく。

 そのローザ・パークスさんの「決起」の9ヵ月前に、同じモンゴメリーで、当時15歳の黒人少女が、バスで立ち上がらないプロテストを行って逮捕され、それがパークスさんの抗議行動につながっていたことが、最近、出版された、その彼女の伝記で明かになった。

 ニューヨーク・タイムズ紙 ⇒ http://www.nytimes.com/2009/11/26/books/26colvin.html?em

 その少女の名は、クローデット・コルヴィン。
 そして、忘却の底に沈んでいた彼女のプロテストを「発掘」し、本にまとめたのは、フィリップ・フースさん(2009年の全米図書賞・児童文学を受賞)。

 70歳になる白人男性の作家が、ニューヨークのブロンクスに住む、同じ年齢のクローデットさんを探しあて、本を書いた。

 クローデットさんが、逮捕されたのは、1955年3月2日のことだった。学校からの帰りのバスだった。バスのドライバーに、同じ列の座席が3つも空いているにかかわらず、中年の白人女性に席を譲れ、と命じられた。

 「この白人の女性が、同じこの列の座席に座るんなら、私だって座っていいはず」

 そう思って、立ち上がらなかったそうだ。

 逮捕され、裁判に。
 その時、彼女を助け、夜に自宅のアパートに呼んで、クラッカーにピーナツバターをつけて食べさせてくれた優し女性が、NAACPという黒人組織のメンバーだった、あのローザ・パークスさんだった!

 裁判ではマーチン・ルーサー・キング牧師が先頭に立って応援してくれた。
 この裁判が、キング師のデビュー戦だった。

 その年の末、ローザ・パークさんが同じ抗議をして注目を浴びる中で、クローデットさんは忘れられた。

 彼女が既婚の男性の子を孕んでいたことで、公民権運動関係者は彼女を「ヒロイン」とすることに二の足を踏んだらしい。

 ローザ・パークスさんは当時、42歳で、いかにも信念を持った、ストイックな女性だったが、クローデットさんは、おしゃべりな、15歳の少女。

 世間の目は、ローザ・パークスさんに向かい、クローデットさんは歴史の表舞台から消えていた。

 ニューヨークに出て、老人ホームで介護の仕事を続けていたクローデットさんは、今、引退して、新聞2紙に目を通し、テレビ番組を楽しむ毎日。

 そんなクローデットさんの、キング牧師評は、こうだ。

 「ふだんはどこにもいるような人。そう、〔バスケットボールの〕コーベ・ブライアントのような。でも、いったん、喋り始めると、〔映画の『十戒』で〕モーゼを演じた、〔俳優の〕チャールトン・ヘストンになってしまうんだから……」

 人知れず、歴史の車輪を動かした黒人女性は、「少女」らしさを失わない人だった。

 クローデット・コルヴィンさん。
 ローザ・パークス女史とともに、同時代の歴史の記憶にとどめなければならない人だ。

Posted by 大沼安史 at 05:30 午後 1.いんさいど世界 | | トラックバック (0)

2009-11-21

〔いんさいど世界〕 ロビンソン・クルーソーの島が危ない!