2020-02-22

【新・島津レポート(★パート9 /20日付)】 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長の国際ジャーナリスト、Yoichi Shimatsu さんの新レポート(第9報)が出ました / 解剖結果に基づく中国ソースの論文によると、成人男性の睾丸、腎臓にダメージ /  新ウイルスはコロナ・エイズ(HIV)だけでなく結核を加えたハイブルッド・キメラ(this hybrid HIV-COV-MTB chimera)

 ⇒ こちら https://rense.com/general96/hiv-laced-covid-19-targets-human-testicles.php

Screenshot451

……………………………………

② 解剖結果に基づく中国ソースの論文によると、成人男性の睾丸、腎臓がダメージを受けているそうです。(粘液に守られた)女性の子宮頚部、膣への言及なし。男女間に性差。ウイルスはペニスから睾丸、尿道、腎臓へと逆遡上の可能性
Screenshot453
 
 
③ 新ウイルスが男性によりとりつきやすいことを狙って、昨年10月、武漢での国際軍人スポーツ大会(CISM:米露中仏ら100か国参加。日本、英国不参加)が攻撃のターゲットに。しかし、インフルエンザシーズンのずれ込みでタイミングが合わずに失敗
Screenshot454
 
④ なぜ武漢CISMが狙われたか? 米中露仏の男性兵士に感染させ、その戦力(抑止力)を殺ぎ、世界中を内戦など殺し合いに引きずり込む(そして日/英軍ガ漁夫の利)
Screenshot455
 
 
⑤ COVID-19を、人間免疫システムから守る、 M. tuberculosis sequence(ヒト結核シークエンス)が確認された(しかし、オンライン検閲に) つまり新ウイルスはコロナ・エイズ(HIV)だけでなく結核を加えたハイブルッド・キメラ(this hybrid HIV-COV-MTB chimera)関連⑧
Screenshot456
 
⑥ 一般論ではCOVID-19のような生物兵器は政治・経済エリートのため解毒剤を用意することなしには散布されないはずだ。在米日本人科学者のメンター、カナダ感染研のフランク・パルマー所長のナイロビでの客死は、その意味での調査の手がかりを摘む打撃になった
Screenshot457
 
⑦ 島津さん:パルマー博士(HIV研究者))にとって武漢での感染発生は遺憾であり、彼の毒物使用禁止の望みに反するものではなかったか?
Screenshot458
 
 
⑧(⑤関連)日本人研究者の米ウィスコンシン大学の同僚じゃ、M-TB(ヒト結核)を専門とする研究者。牛結核に関する未報告研究で研究禁止処分を受けたこともあるScreenshot460
 
 
……………………………………
 
◇ 本ブログ関連既報 
 
 ・ 2020-02-18【新・島津レポート(★パート8 /16日付)】 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、Yoichi Shimatsuさん(在米 日系米国人)が新レポート(第8報)です (生物兵器で中国を狙ったのはなぜか?)島津さんは米中2ヵ国間貿易協定への動きが、生物兵器攻撃の引き鉄を引いたとみています。「トーキョー(安倍政権)は、米中貿易協定で、アジアでの中国の地政学的・経済的影響力がタナボタ拡大すると見ている」
 
          ★
 
 ・ 2020-02-16
【武漢コロナウイルス/島津レポート6(2020/02/12付)&7(13付))】◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さん ◆ さらなる調査で、日本の狂信主義(ファナティズム)が今回の悲劇(新型コロナウイルス禍)の主たる動因と判明/ 中国は虎の子を締め上げる大蛇のように、死すべき運命にある彼らの敵、安倍晋三を対する圧力を増大させるだろう。日本民衆は彼を除去できてほんとうに喜びを爆発させることになるだろう
 
 
 ・2020-02-09 【武漢コロナウイルス/島津レポート5(2020/02/06付)】◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新しい「コロナ・レポート」:「武漢コロナウイルスが日本人科学者がつくったHIV(エイズ)/Flu(インフル)キメラ(怪物)を基にした生物兵器であることに今や何の秘密もない」/ 米当局の疑念が向けれられ始めると、「米ウィスコンシン大 の日本人科学者(原文実名)は2016年、米当局が疑惑の目を向け始めると、米ウィスコンシン大から東大、北大、加計獣医学部に移した」
 
          ★
 
 ・2020-02-05【武漢コロナウイルス/島津レポート4(2020/02/02付)】元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新レポートで「武漢コロナウイルスは日本製(Made in Japan)」と明言し、西側デモクラシー諸国に対して、安倍首相の辞任と東京五輪中止を含む懲罰を要求 / 日本政府部内の高官スポンサー及び関係した大企業も刑事訴追され、裁判/処罰を受けるべきと。★ 英語による島津レポートはすでの国際社会の政府・軍・衛生関係者らの知るところでしょう。
 
 
          ★
 
 ・2020-01-31【島津レポート/武漢コロナウイルス】◇ 元ジャパン・タイムズ・ウイークリー元編集長、島津洋一さんが謎解きです――「オオコウモリが新型コロナウイルスを運ぶ それは日本の新しい731部隊からのものだった(Giant Bat-Delivered Coronavirus Was From Japan's New Unit 731)」と衝撃のレポート 中国側にこの先「助け舟」を出すことで、韓国の東京五輪ボイコットの動きに加わらないよう、けん制するのが狙いと。

Posted by 大沼安史 at 11:16 午前 |

2020-02-21

【フクイチ核惨事のいま】岩田清さんが突き止めた稀ガス処理装置建屋から(2019)今(2)月6日午前10時過ぎ、黒煙噴出 米ウォッチャーがスクショ公開 ★ 風向きで?4号機側カメラとらえる こういう状態で聖火リレーはありえない 風下直撃の恐れも  

◎ カフェラドラボ ⇒ こちら http://caferadlab.com/thread-3775.html

 

Screenshot441 Screenshot440

 

 

……………………………………

◎ 関連・重要 岩田清さんが画像解析で突き止める:稀ガス処理装置建屋からの噴出しは、9年前よりも現在のほうが酷い

① 去年の夏に撮影したNHKの動画の一齣を、水平8192画素に解析可視化処理技法で拡大すると「核燃煤塵」を噴出していた ⇒ こちら https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1229244776395857920 

Screenshot435

 

② 画面中央の煙が出ている構造物に注目!此のバーナー状の構造物は、2代目「ふくいちカメラ」が設置された時から間歇的に発光噴出しを間歇的に繰り返し、其れが、今では間歇的ではなく、毎日! ⇒ こちらhttps://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1229287760436977664

Screenshot436

 

③ 2011年秋と2019年夏の画像を比較 ⇒ こちらhttps://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1229417061966680064

Screenshot437

 

④:福一原発の稀ガス処理は稀ガス処理装置で一括して行う型ゆえ、最初にメルトスルーした2号原子炉の核燃煤塵がダクト経由で全ての原子炉・固体廃棄物処理建屋・固体廃棄物貯蔵庫等々を核汚染!⇒ こちらhttps://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1230363739293044736

Screenshot438

 

⑤:稀ガス処理装置建屋最上階の骨だけ残った「バーナー状の構造物」から発光煙、いまなお続く「皆さん、警戒してください」⇒ こちら
 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1230438404438913026

 

 

Posted by 大沼安史 at 09:39 午前 |

2020-02-18

【新・島津レポート(★パート8 /16日付)】 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、Yoichi Shimatsuさん(在米 日系米国人)が新レポート(第8報)です (生物兵器で中国を狙ったのはなぜか?)島津さんは米中2ヵ国間貿易協定への動きが、生物兵器攻撃の引き鉄を引いたとみています。「トーキョー(安倍政権)は、米中貿易協定で、アジアでの中国の地政学的・経済的影響力がタナボタ拡大すると見ている」

Screenshot365

 

 ⇒ こちら https://rense.com/general96/covert-19-bats-in-the-belfry.php
 ツイッター・スレッドは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1229363001330786305

……………………………………

 ・ ② 冒頭にニュース速報:島津さんが今回のCOVID-19のプロトタイプをつくったと名指しする日本人科学者のラボ(米ウィスコンシン大学マディソン校)所在地、米ウィスコンシン州のデーン郡に、米連邦政府のCDC(疾病管理予防センター)が検査に入り、住民14人に反応テストだそうです。(結果、中国帰りの人が感染と判明)★ トランプ政権の関心の在りかをうかがわせる検査です

Screenshot367

……………………………………

 ・③ 島津さんは今回の新型肺炎禍をめぐっては、裏舞台で英国諜報機関が「偽情報」流布に暗躍。それは、ディープステート・グローバリスト体制の復興を目指し、トランプ・習による米中連携の梯子を外す「政治的クーデター」であると指摘しています

Screenshot369_20200218114401

……………………………………

 ・④ (生物兵器で中国を狙ったのはなぜか?)島津さんは米中2ヵ国間貿易協定への動きが、生物兵器攻撃の引き鉄を引いたとみています。「トーキョー(安倍政権)は、米中貿易協定で、アジアでの中国の地政学的・経済的影響力がタナボタ拡大すると見ている」

Screenshot371 Screenshot373

 

……………………………………

・ ⑤ こうした日本の危機意識に英国が絡んだのは、中国のアフリカ進出で既得権を奪われているため。中国政府は、アフリカでのエボラなど生物兵器使用(人口削減)から関係国を防護(防疫)する力を有しており、そのため、まだフル稼働していない武漢のバイオ施設に対し先制攻撃が仕掛けられたとのことです

Screenshot375

 

……………………………………

 ・ ⑥ 島津さんは(こうして)日本もまたかつての日英同盟の相手国、英国とともに、米国のポピュリスト大統領、トランプ追い落とし陰謀を練ってきたのは、隠しようのないことだと指摘しています。

Screenshot377

……………………………………

・ ⑦ 先ほど(③で)の偽情報に関してですが、カナダ・マニトバの感染研究所から、中国人カップルによってエボラが持ち出されたとの「報道」があります。島津さんは、中国はいくらでも西アフリカやコンゴから直接入手しできるので偽情報と断じています マニトバ研は英国がナチスの細菌学者を連れてたところだそうです

Screenshot379

 (追加)マニトバ研のフランク・プラマー所長がケニア講演旅行中に突然死。アルコール依存症治療で脳内電極インプラント。プラマー所長、在米日本人研究者の研究仲間  日本人研究者 マニトバのBSL-4で研究か プラマー所長、用済み処分の疑いも
Screenshot387

……………………………………

・ ⑧ もうひとつの偽情報は、中国南部沿岸部によるホースシュー・バットといわれる虫食いコウモリがウイルス・キャリアーだという説ですが、島津さんによれば、武漢のような内陸部にいるものではないとのこと。果物食いのオキナワ・オオコウモリが感染キャリアーと改めて断じています  

 

Screenshot381

……………………………………

 ・ ⑨ ところで、島津さんによると、昨年10月18日、ニューヨークのセントラルパークを見下ろすホテルで、ジョンズ・ホプキンズ大学公共保健大学院主催(ゲイツ財団後援)による「イベント201」という研究会が開かれたそうです。そこではどうやら「コロナウイルス」で地域が洪水のような感染を起こすというシミュレーション研究が行われたようです。

Screenshot383_20200218115601

……………………………………

 ・ ⑩ 島津さんは中国で教鞭をとるなど中国通です。こう書いています。「決然たる敵による(今回の生物兵器)奇襲攻撃は、北京の官僚たちを完全に驚愕させた」と。バカ息子/娘の金儲けなどに目が行って、対策を怠っていたと批判しています

Screenshot385

……………………………………

……………………………………

◇ 本ブログ関連既報 
 
 ・ 2020-02-16
【武漢コロナウイルス/島津レポート6(2020/02/12付)&7(13付))】◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さん ◆ さらなる調査で、日本の狂信主義(ファナティズム)が今回の悲劇(新型コロナウイルス禍)の主たる動因と判明/ 中国は虎の子を締め上げる大蛇のように、死すべき運命にある彼らの敵、安倍晋三を対する圧力を増大させるだろう。日本民衆は彼を除去できてほんとうに喜びを爆発させることになるだろう
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/02/post-180e59.html
 
          ★
 
 ・2020-02-09 【武漢コロナウイルス/島津レポート5(2020/02/06付)】◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新しい「コロナ・レポート」:「武漢コロナウイルスが日本人科学者がつくったHIV(エイズ)/Flu(インフル)キメラ(怪物)を基にした生物兵器であることに今や何の秘密もない」/ 米当局の疑念が向けれられ始めると、「米ウィスコンシン大 の日本人科学者(原文実名)は2016年、米当局が疑惑の目を向け始めると、米ウィスコンシン大から東大、北大、加計獣医学部に移した」
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/02/post-bb133f.html
 
          ★
 
 ・2020-02-05【武漢コロナウイルス/島津レポート4(2020/02/02付)】元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新レポートで「武漢コロナウイルスは日本製(Made in Japan)」と明言し、西側デモクラシー諸国に対して、安倍首相の辞任と東京五輪中止を含む懲罰を要求 / 日本政府部内の高官スポンサー及び関係した大企業も刑事訴追され、裁判/処罰を受けるべきと。★ 英語による島津レポートはすでの国際社会の政府・軍・衛生関係者らの知るところでしょう。
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/02/post-3be1e2.html
 
 
          ★
 
 ・2020-01-31【島津レポート/武漢コロナウイルス】◇ 元ジャパン・タイムズ・ウイークリー元編集長、島津洋一さんが謎解きです――「オオコウモリが新型コロナウイルスを運ぶ それは日本の新しい731部隊からのものだった(Giant Bat-Delivered Coronavirus Was From Japan's New Unit 731)」と衝撃のレポート 中国側にこの先「助け舟」を出すことで、韓国の東京五輪ボイコットの動きに加わらないよう、けん制するのが狙いと。
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/01/post-435e0d.html
 

 

Posted by 大沼安史 at 12:00 午後 |

2020-02-16

【武漢コロナウイルス/島津レポート6(2020/02/12付)&7(13付))】◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さん ◆ さらなる調査で、日本の狂信主義(ファナティズム)が今回の悲劇(新型コロナウイルス禍)の主たる動因と判明/ 中国は虎の子を締め上げる大蛇のように、死すべき運命にある彼らの敵、安倍晋三を対する圧力を増大させるだろう。日本民衆は彼を除去できてほんとうに喜びを爆発させることになるだろう

◆ パート6(2月12日付)レンズ・コム Wuhan nCoV Proves Useful For A Malthusian
Cull Of Aging Societies - Part 6 ⇒ こちら
 https://rense.com/general96/wuhan-ncov-proves-useful-for-a-malthusian-cull-of-aging-societies-part6.php
Screenshot338
 ・ ① さらなる調査で、日本の狂信主義(ファナティズム)が今回の悲劇(新型コロナウイルス禍)の主たる動因と判明(青下線部分)
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877144279183361
Screenshot331
 
 
 
 ・ ② しかし中国は東京への報復核攻撃で威嚇はするまい。代わりに虎の子を締め上げる大蛇のように、死すべき運命にある彼らの敵、安倍晋三を対する圧力を増大させるだろう。日本民衆は彼を除去できてほんとうに喜びを爆発させることになるだろう(赤下線部分)
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877138033852419
Screenshot331
 
 
 
 ・ ③ 安倍晋三と731(部隊)の仲間たちの未来は破滅で済まないかも知れないが、それは私の問題ではない。邪悪に対する正義のドラマは流血のフィナーレまで行きつくに違いない 緑下線部分 ★ 真偽のほどは小生には判断できませんが、法に基づく平和解決が基本でしょう
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877131545264128
Screenshot331
 
 
 
 ・ ④ 中国民衆は悪名高き731部隊によって、全世界の生物戦を集めた異常の被害を被ってきた……中国人は今、カンフーのようにじっくり、この人道に対する犯罪の証拠を集めている
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877125140574209
Screenshot332
 
 
 
 ・ ⑤中国当局が米CDC(疾病予防管理センター)専門家の入国を拒否したのは、いくら日本の文科省のファンド日本人科学者の研究とはとはいえ、米ウィスコンシン大学が舞台。3年間の研究停止処分も、中国側からすれば甘すぎるという判断からではなかったか?(上段部分)
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877117951500290
Screenshot333
 
 
 
 ・ ⑥ トランプとしては改選年とあって(独自の)対処は難しく、中国側に哀悼の意を伝えるのが関の山だが、それ以外は次のトランプ・習会談しだい。彼らが安倍の首を要求しても、驚いてはいけない 水色下線部分
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877110514999296
Screenshot333
 
 
 
 ・ ⑦ 昨年10月、中国・揚子江一帯で「国際軍スポーツ委員会」主催の第7回大会が開かれたが、日本は不参加(英・豪・NZも)。感染チョウザメを含む攻撃も間に合わず。感染オキナワコウモリは奄美で仕込んだ可能性
 (ツイッターは ⇒ こちらのスレッドで https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877102453587969
Screenshot334
 
 
 
 ・ ⑧ スイスのスキーリゾートで英国人5人が発症。うち一人がシンガポールで感染。日本の生物戦争武漢攻撃に英国も協力 秘密の第三次日英同盟(★トランプの米国は、なしの――大沼)
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877094845108224
Screenshot335
 
 
 
 ・ ⑨ 島津さんは今回のHIV 混入新型コロナウイルスが、高齢者ターゲットでつくられた生物兵器では、と警告しています 年金生活者を削減して財政悪化から逃れる狙い。開発者とする日本人学者は単なる悪漢科学者ではなくネオリベ・グローバル・アジェンダの救済者だと。
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877087857410048
Screenshot336
 
 
 
 ・ ⑩ 島津さんによると、武漢ではふつうの人々がヒロイズムを発揮し、考えられないレベルの自己犠牲でコロナ禍と闘っているそうです。★ これは日本の民衆も、もちろん私たち高齢者も見習うべきことでしょう
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227877080429260800
Screenshot339
 
 
 
 ・ ⑪ 島津さんによると今回の新型肺炎禍は生物兵器ターゲット地域感染(武漢)でしたが、全国感染には「ケムトレイル」が一番。余計な怒りが出ないから★日本のケム爆撒きもソレ?
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228486485759782913
Screenshot340 Screenshot341
 
 
 
 
 ・ ⑫ 今回の新型コロナウイルスにHIV(エイズ)が挿入されていたことを発見したインドのデリー大学、インドテクノロジー研に対してインドのモディ政権から論文を撤回するよう猛烈な圧力がかかっているそうです。モディは同じ対中軍拡の「アベ友」です
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228491911138168832
Screenshot342
 
 
……………………………………
 
◆ パート7(2月13日付)レンズ・コム Protect your family from COVert-19 pharma fraud 
  ⇒ こちら https://rense.com/general96/protect-your-family-from-covert-19-pharma-fraud-part7.php
Screenshot311
 
 
 ・ ① 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長の国際ジャーナリスト、ヨーイチ・シマツさんが、こんどは生物兵器ウイルスから家族をどう守るか、予防法を中心にした新レポートです
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228555233762037762
 ・ ② 冒頭、島津さんは新型肺炎ウイリスの正式名がWHOによって、COVID-19と決まり、その対策pライオリティーのなかに「研究倫理」項目が盛られたと指摘しています ウイルス遺伝子操作とそれによる営利追及問題に、WHOもようやく重い腰を上げたと
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228555227785072640
Screenshot343
 
 
 
 ・ ③ 島津さんは「製薬会社」の名をかりた「バイオテク・ファーマ」のいくつかを実名を挙げて批判しています。MK-ULTRA(ウルトラ)マインドコントロールを想起させる投資企業名も、あるそう。
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228555222395449344
 
 
 
 ・ ④ そうしたバイオテク・ファーマのなかには、ウイルスRNAの遺伝子編集企業も。島津さんは、この種のウイルスRNA変更(HIV(エイズ)プロテインをウイルスに挿入)こそ、今回の流行を招いたものと改めて指摘しています
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228555220495429632
Screenshot344
 
 
 ・ ⑤ さて島津さんは2003年のSARSを現地香港で生き延びた方です。COVID-19への対処法も伝授してくれています 原文https://rense.com/general96/protect-your-family-from-covert-19-pharma-fraud-part7.php を、グーグル翻訳などでお読みになり、ご判断を
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228555214749237250
 
 
 
 ・ ⑥ 対処法のなかでイオン空気清浄機が推奨されています。横浜の「プリンセス」号へ、ドローン配達しては、とも提案しています I hope the prisoners on the Tokyo Bay Love Boat read this and have Amazon drones deliver mini-ionizers to their cabins
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228555212425555968
Screenshot345
 
 
 
 ・ ⑦ 島津さんの夢に、在米日本人学者が映画の死神になって現れ、ドアを破って侵入、「お前のそんな弱弱しい予防法じゃ闇の力には勝てないよ」と嘲笑ったそうです。島津さんは「アドバイス、ありがとう。でも、勝ったら褒め言葉だよね」と返したそうです
  (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228555202875117569
Screenshot346
 
 
 
……………………………………
 
 ◎ 関連(大沼)
 
 
 ・ 【新型コロナウイルス/生物兵器説メモ】今だに不思議でならないのは、安倍首相の「春節」日本にいらっしゃい挨拶ビデオ(2月4日付)だ。日本を含め世界的な流行が始まっている段階でなぜ?蔓延アシストのようで、つくり笑いともども気になる
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228531705025155072
  厚生省発表 ⇒ こちら https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09196.html
  安倍首相挨拶ビデオ ⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=7vstgJLwA_I
 
Screenshot347
 
 
 
 ・ 【新型肺炎禍メモ】なんと安倍政権は2年も前に「従来の薬が効かない新型インフルエンザの流行に備えて」約200万人分の治療薬アビガン備蓄を決定/(富士フィルム)富山化学工業からまず4万7千人分を調達する契約を同日締結 朝日新聞⇒ こちら https://digital.asahi.com/articles/ASK3Z559HK3ZULBJ006.html
  ★ 政府はなぜ投与しない?蔓延を待つに等しい!
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228503410703384577
Screenshot300
 
 
 
 
 ・ 【新型コロナウイルス/生物兵器説メモ】(華字紙「大紀元」)欧州在住の中国出身ウイルス学者・董宇紅さんが解説:「人工的に作られた可能性が大きい」/ インド工科大学のプラダン(Pradhan)教授らチームは、新型コロナウイルスのタンパク質はHIVウイルスと酷似 と指摘
 ⇒ こちら https://epochtimes.jp/p/2020/02/51700.html
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228498115918888960
Screenshot348
 
 
 
 
 ・ 【新型コロナウイルス/生物兵器説メモ】(ニューヨーク発行の華字紙「大紀元」日本語)「米トランプ政権(科学技術政策局[OSTP]が科学者や医療研究者宛てに公開書簡を送り、新型コロナウイルスの源を迅速に解明するよう要求 ⇒ こちら https://epochtimes.jp/p/2020/02/51700.html 
 ★黒幕あぶりだしの包囲網が狭まっています
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228496173125652480
Screenshot349
 
 
 
 ・ 【新型肺炎関連メモ】今回の新型肺炎禍と関係するか分かりませんが、英国の高級紙インデペンデントが2014年、米在住の日本人科学者の手で2019年に世界的に流行したインフルエンザ遺伝子が操作され人間の免疫システムをくぐる抜ける新ウイリスが作られたと警告報道しています 
    ⇒ こちら http://ur0.work/Ut1U
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228202419177181186
Screenshot351 Screenshot350
 
 
 
 ・ 【新型コロナウイルス関連】中国の武漢を中心に2019年10月、国際軍人スポーツ委員会(IMSC)第7回ミリタリー五輪が開かれました。米軍は参加。どうして日本(自衛隊)は参加しなかったの?★島津レポートでは、新型コロナウイルスの最初の攻撃は、この武漢IMSCが狙いと(失敗でした)
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1228198384168648705
Screenshot352 Screenshot353 Screenshot354
 
 
 ・ 【日本製生物兵器説(関連?)】感染症研究施設「バイオセーフティーレベル(BSL)4」建設を進める長崎大学は生物兵器研究での731部隊関係者が戦後、集まったところで、学長も出ているとの指摘もあります
 ⇒ こちら http://asyura2.com/16/genpatu46/msg/324.html
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227126470218141696
 
 ・ 安倍政権 長崎大学感染症研究施設「バイオセーフティーレベル(BSL)4」に新年度予算44億円計上  ⇒ こちら https://47news.jp/4502077.html
   ★ この大盤振る舞い 京大・山中教授のiPS細胞備蓄事業への国費投入削減(アーン出張)工作は、そのためのものだった?
 (ツイッターは ⇒ こちら https://twitter.com/BOOgandhi/status/1227126467735109632 
Screenshot355 Screenshot356
 
 
 
…………………………………… 
 
◇ 本ブログ関連既報 
 
 
 ・2020-02-09 【武漢コロナウイルス/島津レポート5(2020/02/06付)】◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新しい「コロナ・レポート」:「武漢コロナウイルスが日本人科学者がつくったHIV(エイズ)/Flu(インフル)キメラ(怪物)を基にした生物兵器であることに今や何の秘密もない」/ 米当局の疑念が向けれられ始めると、「米ウィスコンシン大 の日本人科学者(原文実名)は2016年、米当局が疑惑の目を向け始めると、米ウィスコンシン大から東大、北大、加計獣医学部に移した」
 ◎ レンズ・コム The nCoV Death Ship In Tokyo Bay Swine Flu As Round 1 And More - Part 5
 
          ★
 
 ・2020-02-05【武漢コロナウイルス/島津レポート4(2020/02/02付)】元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新レポートで「武漢コロナウイルスは日本製(Made in Japan)」と明言し、西側デモクラシー諸国に対して、安倍首相の辞任と東京五輪中止を含む懲罰を要求 / 日本政府部内の高官スポンサー及び関係した大企業も刑事訴追され、裁判/処罰を受けるべきと。★ 英語による島津レポートはすでの国際社会の政府・軍・衛生関係者らの知るところでしょう。
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/02/post-3be1e2.html
 
 
          ★
 
 ・2020-01-31【島津レポート/武漢コロナウイルス】◇ 元ジャパン・タイムズ・ウイークリー元編集長、島津洋一さんが謎解きです――「オオコウモリが新型コロナウイルスを運ぶ それは日本の新しい731部隊からのものだった(Giant Bat-Delivered Coronavirus Was From Japan's New Unit 731)」と衝撃のレポート 中国側にこの先「助け舟」を出すことで、韓国の東京五輪ボイコットの動きに加わらないよう、けん制するのが狙いと。
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/01/post-435e0d.html

 

Posted by 大沼安史 at 12:19 午後 |

2020-02-12

【フクイチ核惨事/未来浄土へ】(創作)「福島原発石棺・山地化プロジェクト――または馬猫山の話」

 海沿いのこの山に、「双熊(ゆう)山地」という正式名称がついたのは、今から150年前のことです。

 人工の山です。標高200メートル。双葉町から大熊町にかけての太平洋岸沿いに、この山は築かれました。

 そんな経過もあって「双熊山地」という、ちょっと発音しにくすいし読みにくい名前になったそうですが、ふつうは「原発山」と呼ばれています。

 そう、そこは昔、東電福島第一原発があったところ。跡地を埋め立てて築いた山です。

 沖縄の辺野古の海を埋め立てる予定の土砂も回ってきました。

 西側には、その山のすそ野を縫って、北(双葉町方向)と南側(大熊町方向)に、Y字形に枝別れした人工の川が流れていて、これも「双熊運河」と命名されました。
 史上空前の核惨事の現場に地下水が流れ込まないようにつくられたう回路です。

 ふつうに「原発川」と呼ばれています。

 しかし「双熊山地」、そして「双熊運河」には、あまり知られていないのですが、「馬猫山」とか「馬猫川」という別称があります。

 そして山のふもと、運河の分かれ目には、「馬猫大明神」という小さな祠が。ときどき、旅行者や地元の人が花を手向けて手を合わせています。

 でも、どうして福島第一原発を巨大石棺化し、土砂で覆って山と成し、迂回運河をつくって放射能汚染水の太平洋汚染を食いとめた世紀のプロジェクトに、馬と猫が関係しているのでしょう?

 その奇妙な取り合わせのいわれは何か?

 これは今やヤマザクラの新名所ともなっている「双熊山地」――いや、馬猫山築山をめぐる、脱原発にいのちをかけた人々の、その人群れのなかに生きた一組の老夫婦の、知られざる物語です。(続く)

Posted by 大沼安史 at 10:19 午前 |

2020-02-09

【武漢コロナウイルス/島津レポート5(2020/02/06付)】◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新しい「コロナ・レポート」:「武漢コロナウイルスが日本人科学者がつくったHIV(エイズ)/Flu(インフル)キメラ(怪物)を基にした生物兵器であることに今や何の秘密もない」/ 米当局の疑念が向けれられ始めると、「米ウィスコンシン大 の日本人科学者(原文実名)は2016年、米当局が疑惑の目を向け始めると、米ウィスコンシン大から東大、北大、加計獣医学部に移した」

◎ レンズ・コム The nCoV Death Ship In Tokyo Bay Swine Flu As Round 1 And More - Part 5
 ⇒ こちら https://rense.com//general96/the-ncov-death-ship-in-tokyo-bay-swine-flu-as-round-1-and-more.php

……………………………………

 ◇ 「武漢コロナウイルスが日本人科学者がつくったHIV(エイズ)/Flu(インフルエンザ)キメラ(怪物)を基にした生物兵器であることに今や何の秘密もない」

Screenshot224 Screenshot225


 ◇ 「米ウィスコンシン大に実験室を置くこの日本人科学者(原文実名)は2016年、米国立衛生研が実験室に調査の目を向け始めると、この致死的な研究を東大、北大、そして岡山大との協力下にある、安倍晋三の加計獣医学部に移した」

Screenshot226


 ◇ 島津洋一さんは、当面のステップとして日本人研究者の在米スタッフに対して米国当局が尋問を行い、裁判所から令状をとって、研究者を日本から米国に移管するよう呼び掛けています 罪状は大量殺人 生物兵器禁止条約違反、ハーグの国際法廷で裁かれることになるかもと。

Screenshot227


 ◇ 島津さんは武漢発避難機ANA1952便と船内集団発生した「ダイヤモンドプリンセス」号のミステリーにも注目 こういう事態では日米防衛プロトコル下、バイオ検査設備のある成田に着陸する手筈だそうですが羽田に。安倍政権が米軍に(自衛隊にも)知られるのを嫌った?

Screenshot228

 


 ◇ ANA1952便の成田でなく羽田着陸には、もうひとつの理由があると島津さんは指摘 それは「ダイヤモンド・プリンセス」。この豪華船の空き部屋に、武漢避難者を入れたかったのではないかと(隔離船にして東京は安全、五輪も大丈夫としたかったが感染続出で思惑外れ?)

 


 ◇ 島津さんによると、「ダイヤモンド・プリンセス」はロスチャイルド銀行が大株主の企業の子会社だそうですが、その船に横浜から「80歳の乗客」ついてどこの誰か、情報なしです 香港で途中下船、ふつーはあり得ないことです(★ まさか、船内でCoVを……)

Screenshot224

 


 ◇ 島津さんの新レポートには、さらに驚くべきことが書かれています。オウムの麻原が1992年に南京入りしたとき、信者なりすまし工作員が武漢に入り、人民解放軍の司令官に武装蜂起資金数百万ドル手渡したと 工作は失敗、オウムの地下鉄サリン攻撃の1か月、50人が銃殺

Screenshot229

 


 ◇ 日本人科学者によってつくられ、オキナワ・コウモリ⇒テラピア(揚子江養殖魚)⇒人間ルートで感染が爆発的に拡大したCOVですが、早くも第2、第3世代で怪物化するこは、想定外のことではなかったのか?――とは島津さんの推測です。(★ だから、この混乱?)

Screenshot230

 


 ◇ 今回のレポートは、またもなかなかの長文 ほかにも驚くべき情報が満載です 島津さんは最後に「人類を絶滅から救うために、第一歩として東京五輪の国際ボイコットを」と呼び掛けています

Screenshot231

 

……………………………………

 ◎(関連)

 ◆ 【ダイヤモンド・プリンセス号/患者1号のミステリー】香港で下船(1・30)した80歳男性(国籍?)、香港当局が2/1に日本側に感染確認を通報/ この男性、1/10に深圳に数時間滞在後、香港に戻り1/17、空路、東京入り/20日横浜乗船/★香港当局 このあわただし過ぎる80歳をマークか 
 ⇒ こちら http://www.asahi.com/ajw/articles/13099539

 

 ◆ 【関連?/参考】島津洋一さんのレポートに出てくる日本人ウイルス学者は米ウィスコンシン大学マジソン校獣医学部にラボを持つ教授の方ですが、バイオ分野にも進出する日本企業の富士フイルムと関係していたようです ⇒ こちら https://news.wisc.edu/warf-taps-fujifilm-chief-local-executives-for-entrepreneurons-series/


 ◆ 【関連?/参考】安倍首相と富士フィルムホールディングスの古森重隆会長はゴルフ友達でもあるようです。ことし1月17日には葛西敬之JR東海名誉会長、ジャーナリストの桜井よしこ氏をまじえ、夕食をともにしています。

 

……………………………………

【追記】

【追記/MERS疑惑①】これは島津レポート(パート4)に記されていることですが、米ウィスコンシン大にラボを持つ日本人ウイルス学者は、ジャカルタの米海軍NAMRU-6研究基地から、MERS(中東呼吸器症候群/マーズ/コロナウイルス)をインドネシア人女性上級研究者を使って窃取したそうです(NAMRU-6はプノンペンに移転)
https://rense.com//general96/japans-demon-of-biowar-kawaoka-inserted-hiv.php

Screenshot237

【追記/MERS疑惑②】このMERS(中東呼吸器症候群)株の窃取は、2015年のサウジ、韓国での流行の3-5年前のことだとも記されています。★ ジャカルタの米海軍施設からウイルスサンプルを盗み出す……学者個人でできることではないでしょう。組織的背景があるはず。

 ウィスコンシン大日本人科学者の弁明(声明)を待ちたいものです 

 下の引用は在外中国人の英文サイトの引用から。島津さんの武漢コロナ・日本犯行説は国際社会に急拡散中です

Screenshot236

 


…………………………………… 
  

◇ 本ブログ関連既報 

 ・2020-02-05【武漢コロナウイルス/島津レポート4(2020/02/02付)】元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新レポートで「武漢コロナウイルスは日本製(Made in Japan)」と明言し、西側デモクラシー諸国に対して、安倍首相の辞任と東京五輪中止を含む懲罰を要求 / 日本政府部内の高官スポンサー及び関係した大企業も刑事訴追され、裁判/処罰を受けるべきと。★ 英語による島津レポートはすでの国際社会の政府・軍・衛生関係者らの知るところでしょう。
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/02/post-3be1e2.html


          ★

 ・2020-01-31【島津レポート/武漢コロナウイルス】◇ 元ジャパン・タイムズ・ウイークリー元編集長、島津洋一さんが謎解きです――「オオコウモリが新型コロナウイルスを運ぶ それは日本の新しい731部隊からのものだった(Giant Bat-Delivered Coronavirus Was From Japan's New Unit 731)」と衝撃のレポート 中国側にこの先「助け舟」を出すことで、韓国の東京五輪ボイコットの動きに加わらないよう、けん制するのが狙いと。⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/01/post-435e0d.html

Posted by 大沼安史 at 11:13 午前 |

2020-02-05

【武漢コロナウイルス/島津レポート4(2020/02/02付)】元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新レポートで「武漢コロナウイルスは日本製(Made in Japan)」と明言し、西側デモクラシー諸国に対して、安倍首相の辞任と東京五輪中止を含む懲罰を要求 / 日本政府部内の高官スポンサー及び関係した大企業も刑事訴追され、裁判/処罰を受けるべきと。★ 英語による島津レポートはすでの国際社会の政府・軍・衛生関係者らの知るところでしょう。

  日本メディア、国会は検証すべきです。下手すると、日本(人)バッシングにもつながりかねないことですから。

         ◆
 
◎ レンズ・コム: Japan's Demon Of BioWar ◎◎◎◎ Inserted HIV Force Multipliers Inside The Wuhan Virus - Part 4
(2-2-20)⇒ こちら https://rense.com//general96/japans-demon-of-biowar-kawaoka-inserted-hiv.php
 
 (写真もレンズ・コムの上記レポートから。渦中の在米日本人科学者が単に利用された可能性も否定できないので、画像を一部加工しました)
Screenshot172
 
         ◆
 
 
 ①結論部分で明確に「武漢コロナは日本製」と指摘、今後(国際社会として)東京五輪中止と安倍首相の辞任を要求し、それを西側デモクラシーができないなら、中国は東京を報復核攻撃する理由を持つと警告 
Screenshot174
 
 
 ②米国の大学で活躍する日本人科学者の名前(写真も)が出ています 日本政府機関から潤沢な研究費が注ぎこまれたと。レポートでは実名が出ていますが、利用されただけかもしれないので、ここでは明示しません
Screenshot181
 
 
 ③島津洋一さんは、日本政府部内の高官スポンサー及び関係した大企業も刑事訴追され、裁判/処罰を受けるべきだと述べています
 
 
 ④島津さんは今回字数制限で書ききれなかったのを、次のパート5で明らかにすると予告しています。その内容として、東大や国立感染研などのほか、加計十医学部の実験施設も上げています
 
 
 ⑤島津洋一さんは元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、生化学の名門、米パデュー大学卒。コトがコトだけに、マスコミ、野党の徹底検証/調査が求められます。島津さんは安倍首相をA級戦犯とも非難しています
Screenshot171
 
         ◆
 
 
 【追加】ところで、この新しい島津レポートには、レポートが注視している在米日本人研究者が、ロスチャイルドが資金提供しているオランダ・ロッテルダムのエラスムス研究所の感染学者らとともに、研究倫理を迫る学会の「迫害者たち」に対して反旗を翻していたとの指摘があります。
 今回の武漢コロナウイルス禍が、島津さんの言うように「日本単独のオペレーション」だとしても、その背景には、いわゆるグローバル・ディープステート権力の意向が働いているのかもしれません。
Screenshot180
 
 
 
 

Posted by 大沼安史 at 11:03 午前 |

2020-02-01

【フクイチ・グローバル核惨事】◆ 英紙メールが「日本は(フクイチの)放射能廃棄物を海に投棄するぞ(Japan WILL dump nuclear waste into the sea)」と、国際社会に警告報道 

 ◇ メール紙は、見出しのwillを大文字で報じています Japan WILL dump nuclear waste into the sea これは、安倍政権はそうするぞ、という強意表現です
 
 
 ◇ この<dump nuclear waste into the sea>も本質に迫る表現です。
   問題は「水」ではなく、東電フクイチ産の放射性物質です。それが水と一緒に太平洋に捨てられ、海洋放射能汚染を引き起こすという警告です。
 
 ◇ メール紙は小委員会の専門家は「蒸発」より「海洋投棄」が好ましいと決めたと報じています。日本のマスコミのように、「蒸発」「投棄」2案提案ではないのです。
 
               ★
 ◎ メール・オンライン: Japan WILL dump nuclear waste into the sea as it prepares to accept recommendation that contaminated water from damaged Fukushima plant can flow into the Pacific Ocean
 (2020/01/31付)→ こち https://www.dailymail.co.uk/news/article-7952723/Japan-panel-recommends-ocean-release-contaminated-Fukushima-water.html
Screenshot144
               ★
 
 ★ この問題は安倍政権の経産省が、お手盛り小委員会にオウム返しに答申させ、それで決めてよいという話ではないでしょう?
 
 とりあえず、核惨事被災地の近隣各県で県民投票を行い、その結果を尊重して日本政府としての方針を決め、それを国際社会(とくに太平洋国家)に示して、最終方針を決めるでなかればなりません。
 
 海捨てが一番安いからでは通りません。
 
 東京五輪に向けて、この問題も国際的な検証にかけれていくことでしょう。
 

Posted by 大沼安史 at 05:31 午後 |

【フクイチ核惨事の今】◇ 1号機の原子炉圧力容器 内部調査ロボットを炉内に投入するための穴あけ作業で放射性物質のダスト濃度上昇 放射性粉塵が外部噴出ということか! いわき市の公園空間線量上昇 ★ トラブルで済まされない事故。なのに東電は「日報」などで、この危険な作業が行われていることを広報してこなかった! 

 ◇ 1号機建屋は最近、黄色く汚れて気味が悪いほどだ。
Screenshot124
 
 
 ◇ 建屋カバーもないまま、鉄骨むき出し状態。おまけに、核用容器の蓋、シールドプラグは外れたまま。
 
 ◇ こんな状態で、よくも東京五輪を迎えられるものだ。
 
           ★
 ◎ この図解解説は福島民報の記事より
Screenshot137
 
           ★
 
 
 ◎ 福島中央TV: 第一原発一号機のロボット内部調査を延期(福島県)
 (2020)1月30日付 → こちら https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000404-fct-l07
 
 ・ 今年度に予定していた、福島第一原発1号機のロボットによる内部調査について東京電力は、2020年度以降に延期することにした。
 福島第一原発1号機について、東京電力は今年度、ロボットを使ったものとしては、3回目となる内部調査を予定していた。
 ロボットを炉内に投入するための、穴あけ作業が進められていたが、放射性物質のダスト濃度が上昇するトラブルがあり、東京電力が、作業の見直しを進めていた。
 その結果、今後はダストの飛散を抑えながら、数回に分けて、穴あけを進めることになり、ロボットによる内部調査も来年度以降に、延期されることになった。
Screenshot130
 
           ★
 
 ◎ 福島民報: 3月までの着手困難 福島第一原発1号機内部調査
 (2020)1月15日付 → こちら https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020011571743
 
 ・ 東京電力福島第一原発1号機からの溶融核燃料(デブリ)取り出しに向けた重要作業となる原子炉格納容器の内部調査は、東電が計画していた二〇一九年度内に着手できず、開始が二〇二〇(令和二)年度以降にずれ込む見通しとなった。調査は格納容器底部にある堆積物を採取して成分や形状などのデータを得るのが目的だが、ロボット投入に向けた準備作業を三月までに終えるのが困難になったとみられる。
 
 ・ 東電の計画では、原子炉格納容器の外側と内側の扉に研磨剤を混ぜた高圧水を当て、穴を三カ所ずつ開ける。外側扉の三カ所の切削を終え、昨年六月に内側扉の一カ所目の穴開けに取り掛かった際、放射性物質を含むダストの濃度が一時的に上昇し、それ以降の作業工程の大半を中断していた。ダスト濃度測定などの準備が整ったとして、東電は十四日、穴を開ける作業を一部再開した。
 
 ・ 今回の作業では直径約二十一センチの穴の四割程度を十日間ほどかけて開け、ダスト飛散を抑える作業方法を確立するためのデータを取得する。
 
 内部調査に移るためには今後、残る部分の切削と、あと二カ所の穴開けが必要になる。さらに、ロボットを格納容器内に投入するための進入路の構築、監視用カメラやダスト測定器の設置、遠隔操作するロボットの動作確認などの準備作業が控えており、投入までには少なくとも数カ月を要するとみられる。
Screenshot131
 
           ★
 
 ◎ 川根眞也さん(内部被ばくを考える市民研究会代表)解説
 (2020)1月31日 → こちら https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2598441283544669&id=100001364698062
 
           ★
 
 ◎ 「しんちゃん」TW これだったのか。2020年1月29日5:00からいわき市中岡第二公園他で空間線量が急上昇。
 (2020)1月31日付 → こちら https://twitter.com/shinchann2008/status/1222918681836933123
 
Screenshot135
           ★
 
 ◎ 東電福島原発の状況について(日報)(2020)1月27日分 : 1号機原子炉穴あけ作業について、この日も日報に記載なし(報道一斉メールでもプレスリリースでも)
  → こちら http://www.tepco.co.jp/press/report/2020/1527475_8987.html
Screenshot134

Posted by 大沼安史 at 03:58 午後 |

2020-01-31

【島津レポート/武漢コロナウイルス】◇ 元ジャパン・タイムズ・ウイークリー元編集長、島津洋一さんが謎解きです――「オオコウモリが新型コロナウイルスを運ぶ それは日本の新しい731部隊からのものだった(Giant Bat-Delivered Coronavirus Was From Japan's New Unit 731)」と衝撃のレポート 中国側にこの先「助け舟」を出すことで、韓国の東京五輪ボイコットの動きに加わらないよう、けん制するのが狙いと。

(28日付)◎ レンズ・コム → こちら https://rense.com/general96/china-outbreak-part-3.php

             

Screenshot116

 

 

 ◇ 島津洋一さんはレポートの結論部分で、「オオコウモリを使った武漢攻撃は、最高司令官、安倍首相が命令し、資金も投入された、日本単独の作戦と思われる(So it seems the Wuhan bat attack is a purely Japanese operation ordered and funded by Shinzo Abe, at the top of the chain of command.)」と指摘しています
Screenshot119
 ◇ 変異させた新型コロナウイルスを運んだオオコウモリは昨年秋、中国に近い沖縄方面から、異常高温の武漢方面に到達、干ばつで落果した梨や柿を食べ、その糞が養/蓄魚施設に落ち、武漢魚市場でのブレイクにつながったということのようです
Screenshot106 Screenshot109
 
 
 ◇ オオコウモリ作戦を実施という「安倍の生物戦のニンジャたち」に触れた部分で島津さんは、安倍首相が、あの満州「731」部隊を想起させる「731」と書かれた自衛隊機操縦席から親指を突き上げている写真を載せています。安倍政権が村山の国立感染研などで感染(予防)研究を本格化していることや、加計獣医学部に研究設備があることも 
Screenshot117 Screenshot118
 
 
 ◇ 問題は「ニンジャ生物戦」の狙いですが、島津さんは中国での流行後に、日本側が中国側に鎮圧対策で助け船を出して、韓国側の東京五輪ボイコットの動きに加わらないようすることではないか、と見ています
Screenshot121
 
             ※
 ◆ 島津レポートによると、旧731部隊の生き残りは戦後、米陸軍にリクルートされ、ユタ州のダグウエー実験地での生物戦に参加しているそうです。また、朝鮮戦争では、日本のヤクザがCIAに使われ、鴨緑両岸にハンタウイルス肺症候群ウイルスをばらまいたことも。
 
 
 ◆ しかし島津さんは今回の「オオコウモリ・新型コロナウイルス」は日本単独の作戦だとしています。
 
 
 ◆ この島津レポートが「暴露」したことで、「作戦」は、すくなくとも世界各国政府レベル(諜報/軍)の知るところとなりました。
   島津さんのこれまでの報道歴を振り返ると、米国(とくに米軍)筋に信頼できる情報源を確保されている方のようです。
 
 ◆ 島津レポートが事実であるとすれば、国際社会の安倍政権に対する目はますます厳しいものになるでしょう? あるいはあのセルビアのミロシェビッチのようなことにもなりかねません。
             ※
 ◎ 2月1日追加
 ◆ 島津レポートはもちろん、武漢に2か所あるBSL-4研究施設や沖縄・嘉手納基地、米海兵隊キャンプ・シュワブ周辺の生物兵器基地の関与の可能性を検討(情報を収集)。武漢施設は上海から重慶にかけての感染予防を任務としており(生物兵器を生産できるとしたら、深圳)、おまけに建設時に地元腐敗分子が建設・設備を中抜きしていたレベル。沖縄の米軍が、日本の作戦関与についても否定、日本の単独作戦だった可能性を強く示しています。

 

Posted by 大沼安史 at 12:23 午後 |

2020-01-26

【伊方原発 一時電源喪失】25日、3号機の定期点検(電気を供給する送電線の部品取り換え作業)中に停電、一時全面電源喪失 送電線を保護するため異常な電流が流れた場合に電線を遮断する装置が作動 原因不明 「廃炉作業が行われている1号機と廃炉が決まっている2号機は3秒程度、定期検査中の3号機は10秒程度電源を喪失」(NHK)★ 12日に起きた「3号機制御棒・7時間引き抜き」は軽微なトラブルではなく、送電系にダメージを及ぼすものだった!?

 ◇ 電源喪失発生時間がハッキリしない。「午後3時40分ごろ」(NHK)だったり、「3時44分」(ANN)だったり、「3時45分ごろ」(東京新聞)だったり。
 
 四国電力の発表をもとにした報道なのに、どうして、こんなに違うのか?
 
 口裏合わせができていかかったかも?
 
 電源喪失時間は、あるいは「10秒程度」で済まなかった可能性も否定できないのではないか?
 
 
 ◇ 定検中の3号機はは昨年12月26日に定検入り。今月12日には制御棒が誤って約7時間引き抜かれた状態になった。同20日には使用済み核燃料プール内で、燃料の落下を示す信号が発信されるなど、定検中のトラブルが相次いでいる。
 
 7時間も制御棒(1本)引き抜かれたということは、隣接した核燃料(MOX?)が連鎖反応を続け、再臨界していた可能性があるということでは?
 
 四国電力によると、原子炉の蓋を開けての作業中のこと。ということは、あるいはまだ炉心にあった核燃料からの核分裂放射能が3号機外に漏れだした恐れはないのか?
 
 今回の「原因不明」の電源喪失も、その影響によるものではないか?
 
           ◆ 
 
 
◎ NHK:伊方原発で一時電源喪失 放射性物質漏れはなし
 (2020/01/26)→ こちら https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200126/k10012259231000.html
Screenshot44
 
 
◎ NHKワールド: Utility looks into Ikata plant power outage (四国電 電源喪失を調査)
 (2020/01/26)→ こちら https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20200126_09/
 
 ・ The Ikata nuclear power plant in western Japan has had a short electricity outage, causing suspension of maintenance work on one of its reactors. All three reactors at the plant are currently offline.
 
 Officials at Shikoku Electric Power Company and Ehime Prefecture say the plant lost power at around 3:40 p.m. on Saturday.
 
 Electricity came back after emergency generators were activated immediately.
 
 But the officials say the No.1 reactor, which is undergoing decommissioning, and the No.2 reactor, which is to be scrapped, lost power for about three seconds. Electricity was cut for around 10 seconds to the No.3 reactor, which is under regular maintenance inspections.
 
◎ ANN:伊方原発でトラブル相次ぐ 全電源が一時喪失(20/01/26)
 → こちら https://www.youtube.com/watch?v=UbJCj8ItCUs
 
Screenshot46 Screenshot47
 
◎ 東京新聞: 伊方原発 一時全電源喪失 停電トラブル、10秒後復旧
 
Screenshot48
 ・ 二十五日午後三時四十五分ごろ、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)で3号機の定期検査中、発電所内が一時停電するトラブルがあった。非常用ディーゼル発電機が起動するなどして約十秒後に復旧した。四国電は「ほぼ全ての電源が一時的に喪失した」と説明している。原因は不明。外部への放射能漏れはないとしている。
 
 ・ 四国電によると、停電は電気を供給する送電線の部品の取り換え作業中に発生。送電線を保護するため異常な電流が流れた場合に電線を遮断する装置が作動し、停電が起きた。作動した原因は分かっていない。運転停止中の1、2号機はすぐに別の電源から受電し、3号機も非常用ディーゼル発電機が起動した。3号機で自動で起動したのは初めて。
 
 1号機は廃炉が決定していて燃料が搬出済みで、2、3号機の使用済み核燃料プールの水温にも異常はなかった。
 
 3号機は昨年十二月二十六日に定検入り。今月十二日には制御棒が誤って約七時間引き抜かれた状態になった。同二十日には使用済み核燃料プール内で、燃料の落下を示す信号が発信されるなど、定検中のトラブルが相次いでいる。

 

続きを読む "【伊方原発 一時電源喪失】25日、3号機の定期点検(電気を供給する送電線の部品取り換え作業)中に停電、一時全面電源喪失 送電線を保護するため異常な電流が流れた場合に電線を遮断する装置が作動 原因不明 「廃炉作業が行われている1号機と廃炉が決まっている2号機は3秒程度、定期検査中の3号機は10秒程度電源を喪失」(NHK)★ 12日に起きた「3号機制御棒・7時間引き抜き」は軽微なトラブルではなく、送電系にダメージを及ぼすものだった!?"

Posted by 大沼安史 at 10:52 午前 |

2020-01-24

【フクイチ核惨事の今】◆ 大気中水分のトリチウム濃度 大熊町夫沢で昨年6月(1か月)59mBq/m3 / 放射性降下物セシウム濃度 双葉町郡山で同6月、(Cs137:700+Cs134:49)合計749Bq/m2――を測定 ◎ 福島県庁資料で判明 ★ トリチウム、セシウムの呼吸被曝の恐れはないのか?

 ◇ フクイチからの風向きにもよるだろうが、このような周辺被爆地での聖火リレー、ランナーらの被曝も心配だ。空間線量による判断で大丈夫なのだろうか?
 
 ◇ 原子力規制委の発表資料(定期降下物モニタリング → こちら https://radioactivity.nsr.go.jp/ja/list/195/list-1.html)から、「福島・双葉郡」が昨年4月分から消えているのは、東京五輪を前にした隠ぺい狙いでは?
                                       ◆
 
 ◎ 福島県原発周辺環境放射能測定結果(速報)令和元年/9月測定分まで→ こちら
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/358809.pdf
                                       ◆
20200124-024705
Screenshot12

Posted by 大沼安史 at 10:37 午前 |

2020-01-23

【フクイチ・グローバル核惨事】韓国と米国がフクイチ放射能汚染水太平洋投棄/海洋環境保全で局長級協議 今月16日、ソウルで ★ 太平洋の両サイド、韓米2国間の協議の場で、ついにフクイチ汚染水問題が公式に話し合われた! 包囲網、着々と……

 ◇ フクイチ放射能汚染水海洋投棄処分は、安倍政権が考えるほど、軽い問題ではない
 
 ◇ 米韓ソウル協議の場に、日本は当事国でありながら、オブザーバーとしても排除されたのではないか
 
 ◇ 安倍政権が国際世論を顧みず、汚染水投棄を強行する挙に出たときは、米韓はもちろん環太平洋など世界各国から猛烈な抗議が殺到、日本ボイコット運動にエスカレートする可能性もある
 
 
◎ 韓国KBS:S. Korea, US Discuss Fukushima Wastewater, Marine Issues
 (2020/01/17)→ こちら http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=e&Seq_Code=150721
20200123-112340

 

続きを読む "【フクイチ・グローバル核惨事】韓国と米国がフクイチ放射能汚染水太平洋投棄/海洋環境保全で局長級協議 今月16日、ソウルで ★ 太平洋の両サイド、韓米2国間の協議の場で、ついにフクイチ汚染水問題が公式に話し合われた! 包囲網、着々と…… "

Posted by 大沼安史 at 11:30 午前 |

2020-01-18

【フクイチ・グローバル核惨事(関連)】EU(欧州連合)のエリザ・フェレイラ地域政策担当閣僚(regional policy Commissioner)は14日、2050年を目標として域内後発国の「気候中立」実現を支援するグリーン・ディール移行メカニズム基金(1000憶ユーロ)の交付対象から「原子力(原発)」を外す、と明言した。ハンガリーやチェコなどに「脱原発」で「脱石炭」で促すもの。

 ◇ 旧東側の後発国側が交付金抜きで原発稼働をエネルギーミックスに取り込む道は残されたが、311後のドイツの決断に始まった欧州の脱原発の流れは、これでいっそう進むものと見られる。

          ◆
 
 The EU’s regional policy Commissioner Elisa Ferreira revealed on Tuesday (14 January) details of the €100 billion Just Transition Mechanism, a key financial component of the European Green Deal that should make the bloc climate neutral by 2050.
 
          ◆
 
 ◎ EURACTIV.com:Nuclear ‘excluded’ from EU’s new Just Transition Fund(原子力、EUの新移行ファンドから“排除”)
 (2020年1月15日付)→ こちら https://www.euractiv.com/section/economy-jobs/news/nuclear-excluded-from-eus-new-just-transition-fund/?fbclid=IwAR1MwOgw9fcrvIwuSsoIgkFK8_xUWvM5K8DgcL49VHjSvia2FfQ6aiUWYEU
20200118-204842
 
          ◆
 
 
 ◇ 安倍政権の下、日本は「原発ガラ系/放射能ゾンビ国家」として、このまま破滅に向かうのか?
 
 
 ◇ 小泉進次郎環境相は育休も結構だが、フェレイラ大臣から欧州の状況を学ぶなど、もっともっと学んでほしい。
 SEXYだFUNだと抜かしているときではない!

Posted by 大沼安史 at 09:02 午後 |

2020-01-17

【フクイチ・グローバル核惨事】全米で最も健康な州といわれる西部コロラド州で、2010/2011から2015/2016の5年間に、心臓疾患死がなんと25%増――◎ フクイチ・ウオッチングを続けるマジア・ナデサン(アリゾナ州立大学)教授がプルームによるフクイチ放射能被曝による可能性を(も)指摘し警鐘鳴らす ★ フクイチ・プルームはアラスカで枝分かれし、北米へ流れ込むルートがあります。コロラドは高原の州。直撃?

 ◇ フクイチ核惨事は矮小化/隠蔽キャンペーンの結果、現場の局限された、もう終わった話と思われているようですが、そんな生易しいものではないようです

 ◇ ベーリング海のフクイチ放射能汚染も、むしろ逆にひどくなるなど、地球規模のものとして現在進行中です

 ◇ 日本政府はフクイチ現場の総埋め立て/巨大石棺化など、国際社会の支援を得ながら、持てる力をすべて投入し、まるで核の活火山のように噴き上げが続くフクイチを、なんとか抑え込まねばならないでしょう 嘘とごまかし、先送りは致命傷をもらたします

           ◆
20200117-115035  ◎ マジアのブログ: Death from Cardiovascular Disease up 25% in Colorado between 2010-2011 and 2015-2016 (2011/11から2015/16の間にコロラドで心臓病死25%増
 (2019/01/16)→ こちら http://majiasblog.blogspot.com/2020/01/death-from-cardiovascular-disease-up-25.html
20200117-121702
           ◇
 ◎ ウォールストリート・ジャーナル: Heart Disease Strikes Back Across the U.S., Even in Healthy Places  Middle-aged people are increasingly dying from heart disease in cities across the country—including exercise-mad Colorado(心臓病が米国を再攻撃/ 体力づくりに熱心なコロラド州をふくむ都市においてさせも、心臓病で死亡する中年の人々が増えている
(Jan. 14, 2020) → こちら https://www.wsj.com/articles/heart-disease-strikes-back-across-the-u-s-even-in-healthy-places-11579015880
20200117-121815
           ※
 ◎ 同: Heart Attack at 49—America’s Biggest Killer Makes a Deadly Comeback(心臓病が49歳のアメリカ人最大のキラーとなってカムバック)
 (June 21, 2019 )→ こちら https://www.wsj.com/articles/after-decades-of-progress-america-backslides-on-heart-disease-11561129106?mod=article_inline
           ※
 ◎ 同: Heart-Failure Deaths Rise, Contributing to Worsening Life Expectancy (心臓病死、増加 最悪の寿命悪化要因に)
 (Oct. 30, 2019)→ こちら https://www.wsj.com/articles/heart-failure-deaths-rise-contributing-to-worsening-life-expectancy-11572411901?mod=article_inline

続きを読む "【フクイチ・グローバル核惨事】全米で最も健康な州といわれる西部コロラド州で、2010/2011から2015/2016の5年間に、心臓疾患死がなんと25%増――◎ フクイチ・ウオッチングを続けるマジア・ナデサン(アリゾナ州立大学)教授がプルームによるフクイチ放射能被曝による可能性を(も)指摘し警鐘鳴らす ★ フクイチ・プルームはアラスカで枝分かれし、北米へ流れ込むルートがあります。コロラドは高原の州。直撃? "

Posted by 大沼安史 at 12:25 午後 |

2020-01-12

【フクイチ核惨事の今】◇ フクイチ60キロ圏、セシウムを濃厚に含んだ放射性マイクロ粒子 爆心北東の地域の土壌から、グラムあたり22個から101個も検出/ 南西区域では1~8個 ◇ 土壌セシウムのそれぞれ、15~37%、27~80%がこのホットパーティクルによるもの ◇ 土壌降下放射性マイクロ粒子、最高グラム1011ベクレル ―― ◎北欧フィンランドのヘルシンキ大学(ガレス・ロー教授)も参加した、九州大学主導の国際研究チーム(仏・米の研究者も参加)が突きとめ、国際学術誌に公表

Screenshot4781

Screenshot4783

………………………………………………………………………………………
 ・ In two regions to the northwest of the damaged nuclear reactors, the number of cesium-rich microparticles per gram of soil ranged between 22 and 101, and the amount of total soil cesium radioactivity associated with the microparticles ranged from 15-37%. In another region to the southwest of the nuclear reactors, 1-8 cesium-rich microparticles were found per gram of soil, and these microparticles accounted for 27-80% of the total soil cesium radioactivity.

          *

 ・ The microparticles have a very high radioactivity per unit mass (~1011 Bq/g),

………………………………………………………………………………………

 ◇ 問題は「空中線量」ではなくて、この「放射能ホットパーティクル」なのだ。これが農作物を通じ、人間が摂取し、風に巻き上げられたものを吸引し、内部被曝することが危険なのだ。

          *

 ◇ これら「放射能ホットパーティクル」を含む「除染土」などは、徹底した漏洩防止策を施した場所で当面、保管管理するしかなかろう。それをまた土に戻す?……地下水汚染など二次汚染を拡大するだけだ。
 

………………………………………………………………………………………

 ◎ ヘルシンキ大学 Gareth Law教授 Abundance and distribution of radioactive cesium-rich microparticles released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant into the environment(福島第一原発から環境に放出された、セシウムを大量に含有する放射性マイクロ粒子のおびただしさと分布)
 ⇒ こちら https://researchportal.helsinki.fi/en/publications/abundance-and-distribution-of-radioactive-cesium-rich-micropartic

          *

 ◎ 上記、ガレス・ロー教授が参加した、九州大が中心の国際研究チーム論文の紹介記事(科学サイト「サイエンス・デイリー)
 (2019/10/16付)⇒ こちら https://www.sciencedaily.com/releases/2019/10/191016111125.htm

          *

 ◎ ガレス・ロー教授が参加した、九州大が中心の国際研究チーム論文: Abundance and distribution of radioactive cesium-rich microparticles released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant into the environment
 国際学術誌「ケモスフィア(Chemosphere)」(2019年2月号)⇒ こちら 
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0045653519322581?via%3Dihub

Screenshot4780

 

………………………………………………………………………………………

Screenshot4773


          *

 ◇ 上記の論文掲載マップを見て驚いたのは、フクイチ爆心から離れたところでの放射性マイクロ粒子土壌セシウム汚染寄与率が高いことだ。

 プルームでそれだけ遠くに運ばれたということか?

 

 

 

Posted by 大沼安史 at 12:34 午後 |

2020-01-11

【フクイチ・ウォッチング】新年2日 午後6時48分から10分間に、1号機側カメラ ペア・スパーク(1発)を含め、スパークを7発とらえる 米ウォッチャーが確認 

 ◎ カフェ・ラドラボ ⇒ こちら http://caferadlab.com/thread-3752.html 

………………………………………………………………………………………

★ 1号機建屋上のペア・スパーク 間に中心(核)があるような、水平に翼のようなものを広げる、これまで見たことのない形状です

………………………………………………………………………………………

Screenshot4770 Screenshot4769

 

Posted by 大沼安史 at 11:27 午前 |

2019-12-31

【フクイチ核惨事の今】豪ABCテレビは、廃炉ロードマップの最大10年、先送りと、行方不明の溶融核燃880トン回収などの困難さを報じるAP通信記事に添えて、牛越仮設住宅/双葉町小学校など現地動画ルポを公開した ★ 日本のマスコミが封印したフクイチ周辺の苛酷な現実。豪メディアが報道! なにが「アンダーコントロール」なものか!

◎ ABC:Japan revises Fukushima cleanup plan, delays key steps
(2019/12/27) ⇒ こちら https://abcnews.go.com/Technology/wireStory/japan-revises-fukushima-cleanup-plan-delays-key-steps-67938821
………………………………………………………………………………………

Screenshot4640 Screenshot4637 Screenshot4689 Screenshot4690

………………………………………………………………………………………

 ◆ 牛越仮設にはいまなお180人が暮らしているそうだ。

 

Posted by 大沼安史 at 09:48 午前 |

2019-12-30

【フクイチ核惨事のこれから】◆ 廃炉ロードマップ、核燃料取り出し開始、「最大5年遅れ」と、日本マスコミ、一斉に大本営発表報道……◎ しかし、AP通信(東京支局/山口真理記者)だけは、「当初は2018年に開始予定だった」として、最初のロードマップよりも「最大10年遅れ」であることを指摘 / フクイチはいま溶融核燃880トン、放射性廃棄物77万トン、放射能汚染水120万トンを抱えていると、廃炉の厳しさを指摘 ★「延びても5年」――洗脳マジックに楽観しているのは日本人だけだ

 ◎ AP通信: Japan revises Fukushima cleanup plan, delays key steps(日本、フクシマ廃炉計画を改定 重要ステップに遅れ)
 (2019/12/27)⇒ こちら https://apnews.com/d1b8322355f3f31109dd925900dff200 
………………………………………………………………………………………

 ◆ More than 4,700 units of fuel rods remain at the three melted reactors and two others that survived the 2011 earthquake and tsunami. They pose a high risk because their storage pools are uncovered and a loss of water in case of another major disaster could cause the fuel rods to melt, releasing massive radiation. Their removal at Units 1 and 2, after repeated delays, is now postponed by up to 10 years from the initial target of 2018, with more preparation needed to reduce radiation and clear debris and other risks.

          *

 ◆ 880トンもの行方不明/溶融核燃(880 TONS OF MELTED FUEL)の回収は、「廃炉作業の中でも、最も厳しく、先行事例のない挑戦である」と、APの山口記者は指摘する。

 1979年の米スリーマイル島原発事故の場合、核燃はその6分の1。それも部分的な炉心溶融で、幸いにも原子炉内にとどまった。

 フクイチは炉外行方不明メルトダウン。

 ・ Removing an estimated 880 tons of molten fuel from Fukushima’s three melted reactors is the toughest and unprecedented challenge. It’s six times the amount dealt with in the aftermath of the 1979 Three Mile Island partial core melt in the United States.

………………………………………………………………………………………

Screenshot4679 Screenshot4677

 

Posted by 大沼安史 at 12:03 午後 |

2019-12-29

【フクイチ核惨事の今】廃炉ロードマップを伝えるNHKのニュース映像 5/6号機エリアで「黒煙」が上がっている? これが廃炉作業、またも先送りの原因? ロードマップ改訂理由とされている「放射能を含む粉塵対策」とは、こうした「噴出」のことかも知れない

Screenshot4647 Screenshot4645

………………………………………………………………………………………

Screenshot4644

 

………………………………………………………………………………………
  ◎ NHK福島ローカル(福島 NEWS WEB ) 核燃料取り出し 最大5年遅れに
 (12月27日 15時41分)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20191227/6050008471.html

 ・ 福島第一原子力発電所の廃炉の今後の工程が2年ぶりに見直され、1号機と2号機の使用済み燃料プールから核燃料の取り出しを始める時期について、放射性物質を含む粉じんの飛散対策などを行うため、最大で5年遅らせることが決まりました

          #

 ・ NHK全国 福島第一原発の廃炉工程見直し 核燃料取り出し 最大で5年遅れ
 (2019年12月27日 11時53分)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20191227/6050008471.html

 ・ 記事・映像とも、福島ローカルと同内容  

Posted by 大沼安史 at 11:32 午前 |

【フクイチ核惨事の今】◆ 「廃炉ロードマップ」5回目の「見直し」 1・2号機の使用済み核燃料プールにある燃料の搬出開始目標を、現行の2023年度から最大5年、先送りを「正式決定」 / 溶融核燃料取り出し 2号機から2021年中に始める「方針確定」 先送りは「放射性物質を含む粉じんの飛散対策などを行うため」★「関係閣僚会議」出席者の、この深刻な顔、顔。所詮「国民洗脳未来図」に信頼性はないが、先延ばしせざるを得ない事態はリアルである 

 ◎ NHK福島ローカル(福島 NEWS WEB ) 核燃料取り出し 最大5年遅れに
 (12月27日 15時41分)⇒ こちら  https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20191227/6050008471.html

 ・ 福島第一原子力発電所の廃炉の今後の工程が2年ぶりに見直され、1号機と2号機の使用済み燃料プールから核燃料の取り出しを始める時期について、放射性物質を含む粉じんの飛散対策などを行うため、最大で5年遅らせることが決まりました。

Screenshot4633 Screenshot4629 Screenshot4628 Screenshot4626

          #

 ・ NHK全国 福島第一原発の廃炉工程見直し 核燃料取り出し 最大で5年遅れ
 (2019年12月27日 11時53分)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191227/k10012229971000.html

 ・ 福島ローカルと同内容

          *

 ◎ 毎日新聞: プール燃料搬出、最大5年遅れも 福島第1原発の廃炉工程表、5回目の改定
 (2019/12/27)⇒ こちら https://mainichi.jp/articles/20191227/k00/00m/040/072000c?pid=14509

 ・ 政府は27日、東京電力福島第1原発の廃炉・汚染水対策の関係閣僚会議を開き、1、2号機の使用済み核燃料プールにある燃料の搬出開始目標を、現行の2023年度から最大5年遅らせることを正式決定した。溶融核燃料の取り出しを2号機から21年中に始める方針も確定させ、廃炉工程表「中長期ロードマップ」の5回目の改定をした。 ( 「方針」を「確定」とは!?……

Screenshot4642

 

続きを読む "【フクイチ核惨事の今】◆ 「廃炉ロードマップ」5回目の「見直し」 1・2号機の使用済み核燃料プールにある燃料の搬出開始目標を、現行の2023年度から最大5年、先送りを「正式決定」 / 溶融核燃料取り出し 2号機から2021年中に始める「方針確定」 先送りは「放射性物質を含む粉じんの飛散対策などを行うため」★「関係閣僚会議」出席者の、この深刻な顔、顔。所詮「国民洗脳未来図」に信頼性はないが、先延ばしせざるを得ない事態はリアルである "

Posted by 大沼安史 at 11:03 午前 |

2019-12-27

【フクイチ核惨事のこれから】◇ 東電 19日に1号機建屋全体を覆う大型カバー設置を発表 「高さ65m、縦65m、横50m/ がれき撤去に伴う放射性物質を含む粉じんが飛散するリスクを下げることや雨の流入を防ぎ、汚染水の発生を抑えるため ◆ ところがなんと完成時期未定、これから詳細設計だそう ★ そろそろ9年目になるのに、メルトダウン核燃料の行方、いまだ不明。 廃炉を東電にまかせてよいのだろうか? 

 ◆ 完工時期を見通せず……? 被曝リスクで、工事そのものが立ち往生する恐れがあるということか!

          *

 ◆ 新年は東京オリンピックの年。これまでどうして大型カバー、つけなかったのだろう? 

          *

 ◆ いい加減すぎる東電が、こんな状態で放射能汚染水、太平洋投棄処分を始めれば、国際社会から「ジャパン・死の灰・バッシング」が出ても不思議なかろう。

………………………………………………………………………………………

◎ ・ NHK(日本語)福島第一原発1号機 建屋全体覆う大型カバー設置へ
(2019/12/20)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191220/k10012221721000.html

  ・ NHK(英語版)Fukushima Daiichi No.1 reactor to be covered
(同)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20191220_12/
………………………………………………………………………………………

Screenshot4590 Screenshot4589

 

続きを読む "【フクイチ核惨事のこれから】◇ 東電 19日に1号機建屋全体を覆う大型カバー設置を発表 「高さ65m、縦65m、横50m/ がれき撤去に伴う放射性物質を含む粉じんが飛散するリスクを下げることや雨の流入を防ぎ、汚染水の発生を抑えるため ◆ ところがなんと完成時期未定、これから詳細設計だそう ★ そろそろ9年目になるのに、メルトダウン核燃料の行方、いまだ不明。 廃炉を東電にまかせてよいのだろうか? "

Posted by 大沼安史 at 08:08 午後 |