2018-09-22

〔東電原子力大災害〕◇「東京電力福島第1原発で汚染水を処理した後に残る放射性物質トリチウムを含む水について、敷地内で保管するタンクの放射性物質濃度を、東電が今年2月から測定していたことが21日、分かった。「タンクの濃度は調べていない」と繰り返してきた従来の説明と異なり、情報公開に対する姿勢が問われそうだ」―― 1リットル当たりの最大濃度はトリチウムが126万4000ベクレル、ヨウ素129が22.44ベクレル ◎ 河北新報がスクープ報道

 ★ 東電もまた「息を吐くように嘘をつく」会社だったわけか?

Screenshot15135_2

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◇「東京電力福島第1原発で汚染水を処理した後に残る放射性物質トリチウムを含む水について、敷地内で保管するタンクの放射性物質濃度を、東電が今年2月から測定していたことが21日、分かった。「タンクの濃度は調べていない」と繰り返してきた従来の説明と異なり、情報公開に対する姿勢が問われそうだ」―― 1リットル当たりの最大濃度はトリチウムが126万4000ベクレル、ヨウ素129が22.44ベクレル ◎ 河北新報がスクープ報道"

Posted by 大沼安史 at 04:07 午後 | | トラックバック (0)

2018-09-19

〔東電原子力大災害〕◇ 「3号機」の「使用済み核燃プール」に「ある」とされる「566体の核燃料」の「取り出し」――「機器や設備に不具合が相次ぎ、原因の調査に時間がかかっていることなどから」、11月中の作業開始を延期! 14日の原子力規制委会合で東電が報告 原子力規制庁 : 「東京電力の品質管理はこんなレベルなのかという話だ。会社のトップマネジメントができているかどうかだ」と厳しく批判 

 ★ 東電は3号機核燃プール(SFP)に核燃料が残っている、と言った以上、形だけでも「取り出し作業」を演出しなければならないが、それさえも高線量地獄を前に、できないでいる!

  東電は「11月中の作業開始は難しい」としているが、ではいつになったら着手できるのか、そのメドすら立っていないようだ(すくなくとも、このNHKの報道では示されいない)。

 お手上げ?

………………………………………………………………………………………

Screenshot14978

 

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◇ 「3号機」の「使用済み核燃プール」に「ある」とされる「566体の核燃料」の「取り出し」――「機器や設備に不具合が相次ぎ、原因の調査に時間がかかっていることなどから」、11月中の作業開始を延期! 14日の原子力規制委会合で東電が報告 原子力規制庁 : 「東京電力の品質管理はこんなレベルなのかという話だ。会社のトップマネジメントができているかどうかだ」と厳しく批判 "

Posted by 大沼安史 at 03:51 午後 | | トラックバック (0)

2018-09-18

〔泊原発・関連〕◇ 「泊原発」のような「加圧水型原子炉(PWR)」でも「兵器級プルトニウム(WGPu)」製造可能! / 中国の研究グループが同じくPWRの「高浜原発3号機」をベースにシミュレーション・モデルを構築 ◆ 「4.7 MWd/kgU」以下の「低燃焼(low burnup)」で「WGPu」を生成 ◎「PWR低燃焼核燃WGPu」で重大な核拡散(核武装)の脅威、と警告

 ★ 「北海道地震」前の8月、「泊原発」に、再稼働審査中にもかかわらず、なぜか新燃料が20体運び込まれた! 

 まさか何者かが、泊の加圧水型原子炉を使ってWGPuの密造作業を始めていたわけではあるまいな!?

………………………………………………………………………………………

 ・ When the burnup of a UO2 fuel rod is no more than 4.7 MWd/kgU, it contains WGPu.

 ・ The calculation results indicate that the spent nuclear fuel with low burnup brings huge proliferation risk, of which the supervision should be strengthened.

 ・ The simulation models and operation history are based on the configuration and parameters of Japanese Takahama-3 unit.

………………………………………………………………………………………

Screenshot14944

続きを読む "〔泊原発・関連〕◇ 「泊原発」のような「加圧水型原子炉(PWR)」でも「兵器級プルトニウム(WGPu)」製造可能! / 中国の研究グループが同じくPWRの「高浜原発3号機」をベースにシミュレーション・モデルを構築 ◆ 「4.7 MWd/kgU」以下の「低燃焼(low burnup)」で「WGPu」を生成 ◎「PWR低燃焼核燃WGPu」で重大な核拡散(核武装)の脅威、と警告"

Posted by 大沼安史 at 06:08 午後 | | トラックバック (0)

2018-09-17

〔東電原子力大災害〕◇ 東電がいまごろ(14日)になって、「新たな防潮堤」建設を発表 / 1~4号機 600m / 政府の地震調査研究推進本部が昨年12月、北海道沖でM8・8以上の「超巨大地震」が30年以内に最大40%の確率で起きるとの見解を発表……してから、9ヵ月! おまけに「高さや着工時期、建設費などの詳細は未定」★ 津波だけではない。台風過激化、海面上昇にともなう「高潮」の脅威もある!

Screenshot14904

 

 ★ こういうのは、フクイチ前にしておくべきことだった!

   これはもう、すでに「想定内」だから、高さが十分にある完璧なものを、早急に造る必要がある!

 虚言癖を持つらしい安部首相の、あの「アンダーコントロール」発言の呪縛にとらわれ、金縛りにあっていたというのか!

 「新防波堤」なしで東京オリンピックを迎えることは、国際社会への背信行為である。

………………………………………………………………………………………

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◇ 東電がいまごろ(14日)になって、「新たな防潮堤」建設を発表 / 1~4号機 600m / 政府の地震調査研究推進本部が昨年12月、北海道沖でM8・8以上の「超巨大地震」が30年以内に最大40%の確率で起きるとの見解を発表……してから、9ヵ月! おまけに「高さや着工時期、建設費などの詳細は未定」★ 津波だけではない。台風過激化、海面上昇にともなう「高潮」の脅威もある!"

Posted by 大沼安史 at 10:50 午前 | | トラックバック (0)

2018-09-12

〔東電原子力大災害〕◇ 1・2号機排気塔(筒)の本体、筒(身)から、焦げ茶色のタールような漏れ出し(?) 筒本体に亀裂が走り、雨水の流入で、内部の放射能煤が滲出? 腐食などによる支柱破断に加え、筒本体の劣化も進行 ★ 排気塔(筒)から「閃光」が走る現象も、米国のウォッチャーがスクショ公開している。東電は12月から、上半分の撤去工事を始める予定だが、その間、暴風や地震がないことを祈るばかりだ。

 ★ この筒本体からの漏れ出しは、毎朝、東電ライブカメラでフクイチ・ウォッチィングを続ける小生が視認し、スクショした。

 1号機側カメラのレンズ・カバーが最近の風雨で洗浄されたせいか、画面がクリアになり、視認することができた。

………………………………………………………………………………………

Screenshot14660

Screenshot14684

Screenshot14658

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◇ 1・2号機排気塔(筒)の本体、筒(身)から、焦げ茶色のタールような漏れ出し(?) 筒本体に亀裂が走り、雨水の流入で、内部の放射能煤が滲出? 腐食などによる支柱破断に加え、筒本体の劣化も進行 ★ 排気塔(筒)から「閃光」が走る現象も、米国のウォッチャーがスクショ公開している。東電は12月から、上半分の撤去工事を始める予定だが、その間、暴風や地震がないことを祈るばかりだ。"

Posted by 大沼安史 at 09:41 午前 | | トラックバック (0)

2018-09-11

〔東電原子力大災害 トリチウムの脅威 ロザリー・バーテル博士論文〕① ◆ 「トリチウム水は、水)のあるところ、動くところ、どこにでも入り込む」/ 人体の約70%が水 そして人体の原子の約80%が、トリチウムに代置されうる水素原子 ―― ◎ 2006年のカナダ原子力規制委への提出論文で警告 

Screenshot14647_2

………………………………………………………………………………………

Screenshot14646

続きを読む "〔東電原子力大災害 トリチウムの脅威 ロザリー・バーテル博士論文〕① ◆ 「トリチウム水は、水)のあるところ、動くところ、どこにでも入り込む」/ 人体の約70%が水 そして人体の原子の約80%が、トリチウムに代置されうる水素原子 ―― ◎ 2006年のカナダ原子力規制委への提出論文で警告 "

Posted by 大沼安史 at 01:17 午後 | | トラックバック (0)

〔東電原子力大災害〕◇ トリチウムなど「死の灰汚染水」問題に加え、新たな環境汚染要因が表面化! フクイチ構内に保管しているセメント化濃縮廃液や防護服の焼却灰などを詰め込んだ「低レベル放射性廃棄物ドラム」の腐食、進む / 18万7千本のうち、約8千本で腐食を発見 ―― ◎ まさか、公園や道路に埋めて「リサイクル」しようなどとは考えていまい。密封性の高いコンテナに詰め替えるなど早急な対策が必要ではないか!

Screenshot14644

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◇ トリチウムなど「死の灰汚染水」問題に加え、新たな環境汚染要因が表面化! フクイチ構内に保管しているセメント化濃縮廃液や防護服の焼却灰などを詰め込んだ「低レベル放射性廃棄物ドラム」の腐食、進む / 18万7千本のうち、約8千本で腐食を発見 ―― ◎ まさか、公園や道路に埋めて「リサイクル」しようなどとは考えていまい。密封性の高いコンテナに詰め替えるなど早急な対策が必要ではないか!"

Posted by 大沼安史 at 10:42 午前 | | トラックバック (0)

2018-09-05

〔東電原子力大災害〕◇ 世界的な人気動画配信サイト、《Netflix》の「ダーク・ツーリスト」シリーズで、ニュージーランドのジャーナリスト(デイヴィッド・ファリエ氏)が「フクイチ核惨事被曝地」入りして報じたレポートに対し、復興庁と福島県庁が「風評被害を助長する表現や不適切な撮影があるとして」法的対応を検討中と、豪やNZのテレビが報道 ▽ ジャーナリストとその自由を守る国際組織、「ICPFJ」も関心示す ★ 海外のジャーナリズムのフクイチ被曝地報道に対して、安倍政権が横ヤリを入れ始めた!

Screenshot14331

Screenshot14332

Screenshot14333

Screenshot14319

Screenshot14320

Screenshot14328

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◇ 世界的な人気動画配信サイト、《Netflix》の「ダーク・ツーリスト」シリーズで、ニュージーランドのジャーナリスト(デイヴィッド・ファリエ氏)が「フクイチ核惨事被曝地」入りして報じたレポートに対し、復興庁と福島県庁が「風評被害を助長する表現や不適切な撮影があるとして」法的対応を検討中と、豪やNZのテレビが報道 ▽ ジャーナリストとその自由を守る国際組織、「ICPFJ」も関心示す ★ 海外のジャーナリズムのフクイチ被曝地報道に対して、安倍政権が横ヤリを入れ始めた!"

Posted by 大沼安史 at 09:40 午前 | | トラックバック (0)

2018-09-03

〔東電原子力大災害 安倍政権の暴走再稼働、許すまじ〕◆ 気象過激化による海面上昇(ESL)が臨海原発を直撃へ! ▽ IAEAのグローバル基準は2100年まで最大59センチの上昇だ、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は「1m上昇」と予測 / これをベースに台風による高潮、地震による津波リスクが加わるが、ESLの脅威はすでに現実のものに! ▽ 南極のアイス・キャップ(冠氷)解氷加速の重大ファクターも  ―― ◎ 米国の環境保護専門誌『エンシア(Ensia)』が警告レポート

  原子力規制委は、「フクイチ・トリチウム&残留死の灰汚染水」の太平洋垂れ流し・安上がり処分などという、「規制放棄の犯罪的暴挙」にかまけてばかりいないで、「気象過激化/海面上昇」の新たな脅威に立ち向かう対策強化に乗り出すべきだ。

 原子力ムラの寄生虫では困る! 「規制」という本来業務に取り組んでほしい!

          *

 しかしながら……日本の臨海原発は、とりわけ津波リスクがあるから、洪水カタストロフを回避するには「脱原発」の道しかなさそうだ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot14215

続きを読む "〔東電原子力大災害 安倍政権の暴走再稼働、許すまじ〕◆ 気象過激化による海面上昇(ESL)が臨海原発を直撃へ! ▽ IAEAのグローバル基準は2100年まで最大59センチの上昇だ、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は「1m上昇」と予測 / これをベースに台風による高潮、地震による津波リスクが加わるが、ESLの脅威はすでに現実のものに! ▽ 南極のアイス・キャップ(冠氷)解氷加速の重大ファクターも  ―― ◎ 米国の環境保護専門誌『エンシア(Ensia)』が警告レポート"

Posted by 大沼安史 at 04:41 午後 | | トラックバック (0)