2018-08-17

〔東電原子力大災害〕◇「福島で搾取と被曝(exploited and exposed)の危険」◆「難民やホームレスたちも被曝リスクを騙され、搾取されていると報じられている」/「貧しい者、女性や子どもたちらが有毒放射能に曝されているが、事態を改善する力を持つ大半の政治家、消費者らには見えないものとなっている」―― ◎ 国連人権理事会(ジュネーブ)で有害物質や廃棄物の管理・処分と人権への影響を担当する特別報告者ら3人が16日、日本政府(安倍政権)に対し、数万人に上る労働者を保護するため緊急対応を要求! 

Screenshot13593

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◇「福島で搾取と被曝(exploited and exposed)の危険」◆「難民やホームレスたちも被曝リスクを騙され、搾取されていると報じられている」/「貧しい者、女性や子どもたちらが有毒放射能に曝されているが、事態を改善する力を持つ大半の政治家、消費者らには見えないものとなっている」―― ◎ 国連人権理事会(ジュネーブ)で有害物質や廃棄物の管理・処分と人権への影響を担当する特別報告者ら3人が16日、日本政府(安倍政権)に対し、数万人に上る労働者を保護するため緊急対応を要求! "

Posted by 大沼安史 at 08:47 午前 | | トラックバック (0)

2018-08-16

〔東電グローバル原子力大災害 関連?〕◇ フクイチ・放射能プルームが北極経由で流れる北欧のフィンランド南部、コトカ(Kotoka)のモニタリングポストで、ことし2018年の春、臨界マーカーのヨウ素131をはじめ、中性子によるコバルト60、さらにはジルコニウム95といった極めて稀な人工核種を検出! ―― ◎ 在米ベルギー人MPウォッチャーが突き止める ★ 7月初めにはチェコ南部のMPで、2,000,000 Bq/m3 of Cesium-137のスパイクを観測している! 放出源がフクイチでなければよいが……

………………………………………………………………………………………

Screenshot13551

………………………………………………………………………………………

Screenshot13552

Screenshot13553

Screenshot13554

続きを読む "〔東電グローバル原子力大災害 関連?〕◇ フクイチ・放射能プルームが北極経由で流れる北欧のフィンランド南部、コトカ(Kotoka)のモニタリングポストで、ことし2018年の春、臨界マーカーのヨウ素131をはじめ、中性子によるコバルト60、さらにはジルコニウム95といった極めて稀な人工核種を検出! ―― ◎ 在米ベルギー人MPウォッチャーが突き止める ★ 7月初めにはチェコ南部のMPで、2,000,000 Bq/m3 of Cesium-137のスパイクを観測している! 放出源がフクイチでなければよいが……"

Posted by 大沼安史 at 08:18 午前 | | トラックバック (0)

2018-08-14

〔東電原子力大災害〕◎ (現代美術作家ヤノベケンジさんが制作した巨大モニュメント「サン・チャイルド」が今月から、JR福島駅近くの教育文化複合施設「こむこむ」入り口に展示されているが)「フクシマの人々が、2011年のフクイチ核惨事で、地域が人間が住める地域ではなくなったとの印象を与えるとして、防護服すがたのこども像の撤去を求める」―― ◎ 世界的な権威紙、『ガーディアン』も報道 ★ 「被曝地のダビデ」の行方に国際社会の関心が集まっている! フクシマではアートさえも禁止される!?

Screenshot13512

Screenshot13513

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◎ (現代美術作家ヤノベケンジさんが制作した巨大モニュメント「サン・チャイルド」が今月から、JR福島駅近くの教育文化複合施設「こむこむ」入り口に展示されているが)「フクシマの人々が、2011年のフクイチ核惨事で、地域が人間が住める地域ではなくなったとの印象を与えるとして、防護服すがたのこども像の撤去を求める」―― ◎ 世界的な権威紙、『ガーディアン』も報道 ★ 「被曝地のダビデ」の行方に国際社会の関心が集まっている! フクシマではアートさえも禁止される!?"

Posted by 大沼安史 at 07:54 午前 | | トラックバック (0)

2018-08-13

〔原子炉級プルトニウム軍事利用問題〕◇ 原子力委員会の検討小委で、(原子炉級プルトニウムなど「純度の低いプルトニウムでも軍事転用が可能」と評価! ◇ 「この原子炉級プルトニウムの核拡散リスクを過小評価し、それを根拠に核燃料サイクルの正当性を主張すればするほど、……日本の「非核政策」についての疑念もかえって高まるだろう」―― ◎ 前・内閣府原子力委員会委員長代理で現・長崎大学核兵器廃絶研究センター長の鈴木達治郎さんが「核兵器廃絶日本NGO連絡会」への寄稿、「プルトニウムと核拡散リスク」で明言! 

  安倍政権による原発再稼働で、核兵器化可能な「原子炉級プルトニウム」の「死の山」はますます積み上がるばかりだ!


 安倍首相がヒロシマ、ナガサキで、被爆者たちの訴えに応えず、「核兵器禁止条約」に背を向けたのは、「原子炉級プルトニウム」による核武装を狙っているからではないか!?

 核保有国と非保有国の『橋渡し』とは、原子炉級プルトニウムという死の灰で橋を築いて、核武装国へ、とっとと渡りたい、ということではないのか!?

………………………………………………………………………………………

Screenshot13466

 

 

続きを読む "〔原子炉級プルトニウム軍事利用問題〕◇ 原子力委員会の検討小委で、(原子炉級プルトニウムなど「純度の低いプルトニウムでも軍事転用が可能」と評価! ◇ 「この原子炉級プルトニウムの核拡散リスクを過小評価し、それを根拠に核燃料サイクルの正当性を主張すればするほど、……日本の「非核政策」についての疑念もかえって高まるだろう」―― ◎ 前・内閣府原子力委員会委員長代理で現・長崎大学核兵器廃絶研究センター長の鈴木達治郎さんが「核兵器廃絶日本NGO連絡会」への寄稿、「プルトニウムと核拡散リスク」で明言! "

Posted by 大沼安史 at 06:59 午前 | | トラックバック (0)

2018-08-12

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 「LWR(軽水炉)で8ヵ月ほど燃やした核燃料は、その90%が兵器級のプルトニウム239になる。ウラニウム燃料・トンあたり、2キログラムのPu239。150キロのPu239で、核爆弾を約30発、製造可」―― ◎ 米国の「核不拡散教育センター」の専門家チームが、フクイチ核惨事の7年前に警告! ★ フクイチ4号機で密造疑惑が指摘されているように、定期点検中などに原発の原子炉(軽水炉)を使えば、兵器級プルトニウムは製造可能なわけか!? 

 ★ 原発の原子炉は、廃炉にしなければ、いくらでも兵器級プルトニウム製造工場になり得るわけか!

 安倍政権が「再稼働」を進めるのも、このあたりに狙いがあるのかも知れない。

 ことしのヒロシマ、ナガサキの日で、首相が「核兵器禁止条約」に加盟しない意志を明確化した理由も、あるいはこのあたりにあるのかも知れない。

………………………………………………………………………………………

Screenshot13458

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ 「LWR(軽水炉)で8ヵ月ほど燃やした核燃料は、その90%が兵器級のプルトニウム239になる。ウラニウム燃料・トンあたり、2キログラムのPu239。150キロのPu239で、核爆弾を約30発、製造可」―― ◎ 米国の「核不拡散教育センター」の専門家チームが、フクイチ核惨事の7年前に警告! ★ フクイチ4号機で密造疑惑が指摘されているように、定期点検中などに原発の原子炉(軽水炉)を使えば、兵器級プルトニウムは製造可能なわけか!? "

Posted by 大沼安史 at 02:56 午後 | | トラックバック (0)

2018-08-11

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 北欧の原発が今夏の熱波で冷却海水温が上昇、運転停止などに追い込まれているが、こうしたげ事態の到来を7年前に予言・警告した、英国で学ぶウクライナ人女性学者、ナタリー・コピトコさんが、3年前に、「クラゲによる原発攻撃激化を警告」していた! ★ 日本ではすでに2011年に島根原発、翌2012年に大飯原発が、クラゲ大量発生で取水口がふさがれるトラブルが起きている! 海上自衛隊が出動などという事態にならなければよいのだが!

 ★ ナタリーさんはクラゲだけではなく、藻(algae)の大量発生にも警鐘を鳴らしている。

 2003年と2005年に、カナダ・オンタリオのピカリング原発がシャットダウンに追い込まれている。

 2005年の被害はとくに大きく、4機ある原子炉のうち3機が運転停止を余儀なくされた。

………………………………………………………………………………………

Screenshot13427

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ 北欧の原発が今夏の熱波で冷却海水温が上昇、運転停止などに追い込まれているが、こうしたげ事態の到来を7年前に予言・警告した、英国で学ぶウクライナ人女性学者、ナタリー・コピトコさんが、3年前に、「クラゲによる原発攻撃激化を警告」していた! ★ 日本ではすでに2011年に島根原発、翌2012年に大飯原発が、クラゲ大量発生で取水口がふさがれるトラブルが起きている! 海上自衛隊が出動などという事態にならなければよいのだが!"

Posted by 大沼安史 at 03:16 午後 | | トラックバック (0)

2018-08-10

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 欧州熱波、北欧などの原発も直撃 ◎ 「原発は気象変動に非常に弱いかもしれない」/ 「海岸線の気象変動はダイナミック。嵐は襲来、海面は上昇、海岸は動く」 ◇ フクイチ核惨事が起きた2001年5月、英国の大学で学ぶウクライナ出身の女性研究者、ナタリー・コピトコさんの行なった警告は、正しかった! ★ 日本も海温が上昇、「冷却水」として使えなく前に、「脱原発」に進むしかない!

Screenshot13378

………………………………………………………………………………………

Screenshot13377

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ 欧州熱波、北欧などの原発も直撃 ◎ 「原発は気象変動に非常に弱いかもしれない」/ 「海岸線の気象変動はダイナミック。嵐は襲来、海面は上昇、海岸は動く」 ◇ フクイチ核惨事が起きた2001年5月、英国の大学で学ぶウクライナ出身の女性研究者、ナタリー・コピトコさんの行なった警告は、正しかった! ★ 日本も海温が上昇、「冷却水」として使えなく前に、「脱原発」に進むしかない!"

Posted by 大沼安史 at 07:49 午前 | | トラックバック (0)

2018-08-08

〔東電原子力大災害 関連〕◇ フクイチ核惨事を受け、スイスの稼働原発周辺地域で、カメムシやタガメなど昆虫(カメムシ亜目)の奇形調査! 半径5キロ以内で、14.1%の奇形を発見 / 半径5キロ超でも6.8% ★ 稼働原発周辺では、世界初の昆虫調査だそうだ! 原発は「事故」を起こさなくとも、いのちの正常な発育を阻害する! (再)稼働原発の脅威を、スイスの昆虫たちが身をもって国際社会へ訴え!

Screenshot13298_2

Screenshot13300

Screenshot13299

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ フクイチ核惨事を受け、スイスの稼働原発周辺地域で、カメムシやタガメなど昆虫(カメムシ亜目)の奇形調査! 半径5キロ以内で、14.1%の奇形を発見 / 半径5キロ超でも6.8% ★ 稼働原発周辺では、世界初の昆虫調査だそうだ! 原発は「事故」を起こさなくとも、いのちの正常な発育を阻害する! (再)稼働原発の脅威を、スイスの昆虫たちが身をもって国際社会へ訴え!"

Posted by 大沼安史 at 06:19 午前 | | トラックバック (0)

2018-08-07

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 英国の(計画中を含む)原発19ヵ所のうち、12ヵ所もが、海面上昇による洪水の危機に直面 ◆ 12原発のうち、なんと9原発が……そしてそのうち新規計画中の8原発が、(将来ではなく)今現在(!)、脆さ抱える/ 海岸線の浸食リスクも / 英政府秘密報告書で明らかに ―― ◎ 英紙ガーディアンが6年以上前にスクープ報道 ★ 日立が建設を計画する「ウィルファ・ニューウィッド原発」も名指しされている! なんて無謀な安倍政権(経産省)なのだろう? 

★ こんなリスクが英政府自身も調査で指摘されていた。

 日立は「ウィルファ・ニューウィッド原発」で、「ババ」を引かされそうになっているわけではないか!

………………………………………………………………………………………

Screenshot13279

………………………………………………………………………………………

Screenshot13280

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ 英国の(計画中を含む)原発19ヵ所のうち、12ヵ所もが、海面上昇による洪水の危機に直面 ◆ 12原発のうち、なんと9原発が……そしてそのうち新規計画中の8原発が、(将来ではなく)今現在(!)、脆さ抱える/ 海岸線の浸食リスクも / 英政府秘密報告書で明らかに ―― ◎ 英紙ガーディアンが6年以上前にスクープ報道 ★ 日立が建設を計画する「ウィルファ・ニューウィッド原発」も名指しされている! なんて無謀な安倍政権(経産省)なのだろう? "

Posted by 大沼安史 at 03:00 午後 | | トラックバック (0)

2018-08-06

〔東電原子力大災害〕◇ フクイチ沿岸の「海中浮遊物」から「高濃度放射性セシウム微粒子(highly radioactive Cs particles )」を検出! / セシウム137、㎏あたり最大2079Bq / 底生生物相放射能汚染減が進まない理由の一因か?―― ◎ 東京海洋大学を中心とした研究チームが国際学術誌に発表 ★ 前浜の海の中でもフクイチ死の灰が浮遊していた! 「常磐もの」といわれるらしいヒラメなど底魚は大丈夫か?

Screenshot13232

Screenshot13235

………………………………………………………………………………………

Screenshot13233

 

 


        *

 ・ The subsequent resuspension of highly radioactive Cs particles has been suggested as a possible reason for the delay in radioactive Cs depuration from benthic biota.

………………………………………………………………………………………

 2014年1月から2015年8月までのサンプリング検査。

 フクイチから排出された放射能汚染水による海水汚染が進んでいる?!

          *

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◇ フクイチ沿岸の「海中浮遊物」から「高濃度放射性セシウム微粒子(highly radioactive Cs particles )」を検出! / セシウム137、㎏あたり最大2079Bq / 底生生物相放射能汚染減が進まない理由の一因か?―― ◎ 東京海洋大学を中心とした研究チームが国際学術誌に発表 ★ 前浜の海の中でもフクイチ死の灰が浮遊していた! 「常磐もの」といわれるらしいヒラメなど底魚は大丈夫か?"

Posted by 大沼安史 at 07:03 午前 | | トラックバック (0)

2018-08-04

〔東電原子力大災害〕◇ 東電がフクイチを「過激にイメチェン(メークオバー)」 「しかし、アッピビート(イケイケどんどん)なメッセージ攻勢は、東電が直面するフクイチ廃炉の途方もなさを偽るものだ」―― ◎ 仏AFP通信の東京特派員、アンヌ・ベアドさんが上辺を繕ろっているだけの東電のやり口を暴く批判報道! ★ 膨大な汚染水、行方不明の溶融デブリ……いくら装っても、「マルチ爆発メルトダウンの真実」は糊塗できない!

Screenshot13206

続きを読む "〔東電原子力大災害〕◇ 東電がフクイチを「過激にイメチェン(メークオバー)」 「しかし、アッピビート(イケイケどんどん)なメッセージ攻勢は、東電が直面するフクイチ廃炉の途方もなさを偽るものだ」―― ◎ 仏AFP通信の東京特派員、アンヌ・ベアドさんが上辺を繕ろっているだけの東電のやり口を暴く批判報道! ★ 膨大な汚染水、行方不明の溶融デブリ……いくら装っても、「マルチ爆発メルトダウンの真実」は糊塗できない!"

Posted by 大沼安史 at 05:15 午後 | | トラックバック (0)

2018-08-03

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 1000発以上の核実験が行なわれたネバダの実験場跡地、ネバダ・セキュリティー・サイト(3500平方キロ)でワイルド・ファイア(山火事/野火)が発生 / すでに10平方キロ)を延焼 ★ 放射能山火事がネバダ核実験場跡地で発生した! フクイチ被曝地でも昨年春、浪江町の十万山火災が起きている。風下プルーム被曝が心配される。

Screenshot13142

Screenshot13147

Screenshot13143

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ 1000発以上の核実験が行なわれたネバダの実験場跡地、ネバダ・セキュリティー・サイト(3500平方キロ)でワイルド・ファイア(山火事/野火)が発生 / すでに10平方キロ)を延焼 ★ 放射能山火事がネバダ核実験場跡地で発生した! フクイチ被曝地でも昨年春、浪江町の十万山火災が起きている。風下プルーム被曝が心配される。"

Posted by 大沼安史 at 06:28 午前 | | トラックバック (0)

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 熱波による冷却水水温上昇で、原子炉シャットダウンの可能性 ◎ フランスのローヌ川に立地するサン・タルバン、ビュジェの2原発の計4機 / 3日には最高気温が40℃まで上昇するとの予報 ★ 原発もまた酷暑に脆いものであることが明らかになった! 

………………………………………………………………………………………

 ★ サン・タルバン原発

Screenshot13133

Screenshot13137

 

 

………………………………………………………………………………………

 

★ ビュジェ原発

Screenshot13136

Screenshot13138

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ 熱波による冷却水水温上昇で、原子炉シャットダウンの可能性 ◎ フランスのローヌ川に立地するサン・タルバン、ビュジェの2原発の計4機 / 3日には最高気温が40℃まで上昇するとの予報 ★ 原発もまた酷暑に脆いものであることが明らかになった! "

Posted by 大沼安史 at 06:00 午前 | | トラックバック (0)

2018-08-02

〔東電原子力大災害 関連〕◇ フィンランドのバルト海に面した臨界原発、「ロヴィーサ原発」で、冷却用の取水海水温が華氏75度(約24℃)以上に達し、慎重稼働を迫られる!  スウーデンやドイツでも熱波による冷却水温上昇で出力削減に追い込まれる! ★ 過激化する気象変動が、原発を危機に追い込んでいる。日本の場合、若狭湾などで赤潮の発生が心配されるが、何よりも怖いのは、南極やグリーンランドの氷床が一気に解氷する突然の「海面上昇」だ。

Screenshot13109_2

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ フィンランドのバルト海に面した臨界原発、「ロヴィーサ原発」で、冷却用の取水海水温が華氏75度(約24℃)以上に達し、慎重稼働を迫られる!  スウーデンやドイツでも熱波による冷却水温上昇で出力削減に追い込まれる! ★ 過激化する気象変動が、原発を危機に追い込んでいる。日本の場合、若狭湾などで赤潮の発生が心配されるが、何よりも怖いのは、南極やグリーンランドの氷床が一気に解氷する突然の「海面上昇」だ。"

Posted by 大沼安史 at 07:52 午前 | | トラックバック (0)

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 安倍政権(内閣府原子力委員会)が保有プルトニウムの「削減方針」を示したことに対し、AP通信がTOKYO発で、「どう削減するか、具体的なスケジュールも目標もなし」と、批判報道! さっそくワシントン・ポストも転載 ★ このままでは、米国をはじめとする、国際社会での「日本核武装疑惑」は、ますます根深いものになるだろう。しっぺ返しが待っている。

Screenshot13103

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ 安倍政権(内閣府原子力委員会)が保有プルトニウムの「削減方針」を示したことに対し、AP通信がTOKYO発で、「どう削減するか、具体的なスケジュールも目標もなし」と、批判報道! さっそくワシントン・ポストも転載 ★ このままでは、米国をはじめとする、国際社会での「日本核武装疑惑」は、ますます根深いものになるだろう。しっぺ返しが待っている。"

Posted by 大沼安史 at 06:43 午前 | | トラックバック (0)

2018-08-01

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 米サウスカロライナ州のウエスチングハウス社核燃料工場で、酸を使用しているコンクリート床に開いた穴からウラニウムが地中に漏洩 / 地下水汚染の恐れ 公共水道の脅威に ★ 死の灰の地中浸透・地下水汚染! 安倍政権の放射能汚染土埋め立て処分のそら恐ろしいリスクがここにある! 日本の規制当局は国内の同様施設の緊急査察を行なうべきだ!

Screenshot13076

続きを読む "〔東電原子力大災害 関連〕◇ 米サウスカロライナ州のウエスチングハウス社核燃料工場で、酸を使用しているコンクリート床に開いた穴からウラニウムが地中に漏洩 / 地下水汚染の恐れ 公共水道の脅威に ★ 死の灰の地中浸透・地下水汚染! 安倍政権の放射能汚染土埋め立て処分のそら恐ろしいリスクがここにある! 日本の規制当局は国内の同様施設の緊急査察を行なうべきだ!"

Posted by 大沼安史 at 07:31 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-31

〔東電原子力大災害 ヨウ素129汚染〕◇ 半減期1570万年もの「ヨウ素129」が「フクイチ沖の海底で初確認」されたことで、この核種による半永久放射能汚染対策がフクイチ被曝地で急浮上しているが、これをガラス化して地中に隔離する方法を、米ラドガース大学のインド人研究者、 Ashutosh Goel教授が開発! / 燐灰石(アパタイト)化 ★ ハンフォードでも2022/23年に、プラントが動き出すというから、フクイチ(被曝地)でも実施すべきだ! 安倍政権は「フクイチ核惨事」を「なかったこと」にしてはならない!

Screenshot13030_2

Screenshot13031

続きを読む "〔東電原子力大災害 ヨウ素129汚染〕◇ 半減期1570万年もの「ヨウ素129」が「フクイチ沖の海底で初確認」されたことで、この核種による半永久放射能汚染対策がフクイチ被曝地で急浮上しているが、これをガラス化して地中に隔離する方法を、米ラドガース大学のインド人研究者、 Ashutosh Goel教授が開発! / 燐灰石(アパタイト)化 ★ ハンフォードでも2022/23年に、プラントが動き出すというから、フクイチ(被曝地)でも実施すべきだ! 安倍政権は「フクイチ核惨事」を「なかったこと」にしてはならない!"

Posted by 大沼安史 at 06:34 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-30

〔東電グローバル原子力大災害〕◇ 「フクイチ放射能台風」の侵入を、「HAARP」を使った気象操作でロシア、さらには米国が阻止?! ―― ◎ 今回の「台風12号」、そして2016年の「台風10号」の「ありえない迷走」ぶりをみると、米国の地球科学者、ローレン・モレット博士の警告がにわかに現実味を帯びてくる! ★ 今回の12号が北日本に抜ける「通常コース」ではなかった(あるいは「回避」された)背景には、フクイチ放射能「活火山」の脅威があるのかもしれない。

Screenshot13017

Screenshot13011_2

続きを読む "〔東電グローバル原子力大災害〕◇ 「フクイチ放射能台風」の侵入を、「HAARP」を使った気象操作でロシア、さらには米国が阻止?! ―― ◎ 今回の「台風12号」、そして2016年の「台風10号」の「ありえない迷走」ぶりをみると、米国の地球科学者、ローレン・モレット博士の警告がにわかに現実味を帯びてくる! ★ 今回の12号が北日本に抜ける「通常コース」ではなかった(あるいは「回避」された)背景には、フクイチ放射能「活火山」の脅威があるのかもしれない。"

Posted by 大沼安史 at 06:18 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-29

〔東電グローバル原子力大災害〕◇ フクイチ沿岸海域の海底での「ヨウ素129」の集積を初確認! 海床への総降下量、0.36 ± 0.13 GBq / 大陸棚外縁で蓄積増大(2013年10月時点) / 再移動蓄積の恐れも ―― ◎ 日本原子力研究開発機構(東海村)と環境科学技術研究所(六ヶ所村)の合同チームが国際学術誌に発表 ★ 「ヨウ素129」の半減期は半減期はなんと1570万年。死亡率リスクは「131」の3.1倍と言われる! 魚介類の濃縮汚染リスクに加え、陸上汚染の度合が気になる。

 ★ フクイチからは「ヨウ素129」も大気プレーム、海洋プルームになって放出され、カナダ太平洋岸、アメリカ西海岸などで観測されたほか、遠くスペイン南部でも検出されている。

 わたしたちは、「放射能セシウム」だけは一応、知らされているが、それ以外の毒性の強い核種は封印されているのが実情だ。

 フクイチ沖で「発見」されたからには、陸上汚染も当然ありうるわけだから、安倍政権は東京を含む風下被曝地全域で、「ヨウ素129」調査を実施すべきだ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot12972

Screenshot12970

続きを読む "〔東電グローバル原子力大災害〕◇ フクイチ沿岸海域の海底での「ヨウ素129」の集積を初確認! 海床への総降下量、0.36 ± 0.13 GBq / 大陸棚外縁で蓄積増大(2013年10月時点) / 再移動蓄積の恐れも ―― ◎ 日本原子力研究開発機構(東海村)と環境科学技術研究所(六ヶ所村)の合同チームが国際学術誌に発表 ★ 「ヨウ素129」の半減期は半減期はなんと1570万年。死亡率リスクは「131」の3.1倍と言われる! 魚介類の濃縮汚染リスクに加え、陸上汚染の度合が気になる。"

Posted by 大沼安史 at 07:20 午前 | | トラックバック (0)